戸建てリノベーション、中古住宅リフォーム、二世帯住宅リフォーム、スケルトンリフォーム、 新築そっくりリフォームなら-創業大正8年の株式会社ハイウィル

  • ホーム
  • ハイウィルの誓い
  • 施工事例
  • サービス一覧
  • お客様の声
  • 会社案内
  • スタッフ紹介
  • 5年延長保証について

創業大正8年 4代目稲葉高志の社長ブログ 住まいづくりは生き方づくり

社長ブログ 一戸建てスケルトンリフォームの際に構造の傾きを補正するケース (北区Y邸①着工前)

一戸建てスケルトンリフォームの際に構造の傾きを補正するケース (北区Y邸①着工前)

2015.06.12

一戸建てスケルトンリフォームの際に構造の傾きを補正するケース  (北区Y邸①着工前)



創業大正8年のハイウィルでは、年間を通じ、

常に順番待ちになっている工事があります。


その最も多い工事のご依頼の一つが、

リフォーム一戸建ての全面工事です。


リフォーム一戸建ての費用価格で損をしない虎の巻』では、

一戸建てリフォームを検討している皆さんに、

ご予算の中で理想としている工事をどのように実現していくか?

価格費用をどう捉えれば良いのか?

どのような業者に依頼すべきか?


についてお話ししていますが、


今回は、家が傾いている??


といったお悩みです。


家が傾いている?

といってビックリされる方もおられるかと思いますが、

実は、弊社のように改築工事を毎日やっておりますと、

その度合いに差こそありますが、

かなりの頻度で傾きを気にされておられる

方も多いのも現実です。


そもそも木造の住まいは、

基礎の上に木構造体が乗って建物を構成していますが、

傾きにも、

基礎より下の部分、

つまり

地盤自体が傾いているケースと、

基礎より上の木構造部分での傾いているケースが

ございます。


地盤自体が下がってしまっているケースでは、

近くに高層のマンションが建って地盤に影響が出てしまうケースや

もともと地盤がゆるく、隣の家が新築をした際など

傾いてしまうなどのケースがあります。


基礎より上の木構造体部分が傾いている場合は、

築年数とともに木が痩せてしまってという自然なケース

(この場合度合いはひどくはないケースが多い)

と一部の構造体に過度な荷重がかかってしまい傾いてしまっているケースや

そもそも施工不良のケースなどさまざまです。


ここで紹介する事例は、

地盤自体が近隣のマンション等の建設をしていく段階で

傾いていたお住まいで、なおかつ築年数の古く、

無筋の基礎で、一部束がなかったりといった状態で

現場調査の段階では、床板がフカフカしている状態であった

お住まいの一戸建て内部スケルトンリフォーム(改築)をご紹介いたします。


今回ご紹介させていただく事例のお施主様である東京都北区のY様と同じお悩み

を持たれている方も非常に多いと思いますので、

参考になれば幸いです。


Y様の家族構成はご夫婦とお子さんが2人の4人家族。

そもそものリフォームのきっかけは、

家が傾いていて、隙間風があり冬場が本当に寒い。

というもの。

向って右半分(下の写真右)は、

昔賃貸で、当時は2世帯貸していて、

今は空き家になっていて使用してない空間になっているため、

賃貸までを解体してひとつの世帯用に間取りを変更したい。


というご要望でした。


築年数:40年

延べ床面積:約30坪

IMG_3162.JPG


下は現場で採寸後起こした既存図面です。


■既存図面

社ブロ 既存1階.jpg



社ブロ 既存2階.jpg



トイレは隅付便器で和式便所のタイル造り。

冬はとても寒くお掃除も大変です。


IMG_2334.JPG

社 ブロ1 北区Y様 既存洗面.jpg






浴室もタイル張りの在来浴室となっています。

IMG_2339.JPG




急こう配の階段


IMG_2344.JPG




1階のリビングは床が下地が無いかの様に

フワフワしました。私が飛び跳ねると

今にも割れそうな勢いです。


床下点検口より見てみました。


IMG_3149.JPG


解体前に床下をのぞいてみても見える範囲では

決定的な原因を断定できませんでした。


IMG_2304.JPG



IMG_2307.JPG


IMG_2308.JPG



IMG_2303.JPG


床を上げるまではわかりませんが、

下地は補強レベルではなくやり変えを提案させていただきました。



IMG_2361.JPG



IMG_2368.JPG


既存屋根は屋根勾配が違う為、セメント瓦と板金で納められてました。

セメント瓦の方は屋根勾配が3寸5分 板金側は2寸勾配

新規はガルバでおさめる提案をさせていただきました。


セメント瓦と板金屋根の境目の納まりに問題がありました。

こちらも下地からやり変える提案をさせていただきました。




IMG_2365.JPG



一戸建てスケルトンリフォームの際に構造の傾きを補正するケース  (北区Y邸①着工前)


一戸建てスケルトンリフォームの際に構造の傾きを補正するケース (北区Y邸②解体)


一戸建てスケルトンリフォームの際に構造の傾きを補正するケース (北区Y邸③解体工事)


一戸建てスケルトンリフォームの際に構造の傾きを補正するケース (北区Y邸④木工事)


一戸建てスケルトンリフォームの際に構造の傾きを補正するケース (北区Y邸⑤制震ダンパー設置)


一戸建てスケルトンリフォームの際に構造の傾きを補正するケース (北区Y邸⑥断熱工事)


一戸建てスケルトンリフォームの際に構造の傾きを補正するケース (北区Y邸⑦屋根工事)


一戸建てスケルトンリフォームの際に構造の傾きを補正するケース (北区Y邸⑧内装工事)


一戸建てスケルトンリフォームの際に構造の傾きを補正するケース (北区Y邸⑨外壁工事)


一戸建てスケルトンリフォームの際に構造の傾きを補正するケース (北区Y邸⑩竣工)



戸建改築なら

新築そっくりにリフォーム
ハウスメーカーで高いと思ったら
新築そっくりに戸建リフォーム.jpg

プロフィール

稲葉高志

生年月日:昭和51 年4 月5 日
血液・星座:A 型 おひつじ座
出身地:東京都板橋区
住まい:日暮里
【私が好きなこと】
趣味:読書・神社巡り・直会と称した食べ歩き
好きな言葉:忘己利他
好きなスポーツ:スキー・サッカー
好きなチーム:インテル
好きな色:モスグリーン
好きな動物:犬(ラブラドール・パグ)

稲葉高志Facebookはコチラ 
★友達申請お願いします♪

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

アーカイブ

ハイウィルの施工エリア

当社ハイウィルでは、施工後のアフターケアに素早い対応を心がけているため、当社所在地荒川区より60分圏内を施工可能エリアとしております。(その他地域については、ご相談ください。)


【東京都】
荒川区、台東区、文京区、北区、足立区、葛飾区、墨田区、江戸川区、江東区、板橋区、練馬区、豊島区、中野区、杉並区、新宿区、千代田区、中央区、港区、渋谷区、世田谷区、目黒区、品川区、大田区、武蔵野市、三鷹市

【埼玉県】
八潮市、草加市、川口市、蕨市、さいたま市(大宮区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区)、三郷市、朝霞市、志木市、新座市、戸田市、和光市

【神奈川県】
川崎市(宮前区、高津区、中原区、幸区、川崎区)、横浜市(鶴見区、港北区、都筑区、神奈川区、西区、中区、南区)

【千葉県】
松戸市

【大阪府】
北摂エリア(豊中市、吹田市、箕面市、池田市、茨木市)

【兵庫県】
神戸市(垂水区・須磨区・長田区・兵庫区・中央区・灘区・東灘区・北区・西区)、西宮市、尼崎市、宝塚市、川西市、伊丹市

お問合せ・お見積もりはお気軽にどうぞ

フリーダイヤル 0120-246-991 電話受付時間 : 9:00~18:00(月~金)

お問合せはこちら