戸建てリノベーション、中古住宅リフォーム、二世帯住宅リフォーム、スケルトンリフォーム、 新築そっくりリフォームなら-創業大正8年の株式会社ハイウィル

  • ホーム
  • ハイウィルの誓い
  • 施工事例
  • サービス一覧
  • お客様の声
  • 会社案内
  • スタッフ紹介
  • 5年延長保証について

創業大正8年 4代目稲葉高志の社長ブログ 住まいづくりは生き方づくり

社長ブログ 2013年07月

ユニットバスのリフォームの価格費用相場を知りましょう。

2013.07.24

浴室お風呂(ユニットバス)リフォームをする際に、

システムバス・ユニットバスを選ぶ基準は何ですか?

「デザイン」「価格」「機能」などの基準があるかと思いますが、

最近はやっぱり「エコ」という声もよく聞きます。


「エコ=地球にもお財布にやさしい」ということで、

消費者からニーズも高く今後ますます重要視されてくると考えられます。

システムバス、ユニットバスのどこがエコになるのか、

ということになりますが、

大きなところで

「保温性の高いユニットバスシステムバスを選択する」ということがあげられます。


商品でいえばサーモバス(INAX(LIXIL))や魔法びん浴槽(TOTO)などが

その代表です。

追炊きをする回数が激減しますし

利便性とそこにプラスαとして、

エコなシステムバスユニットバスをセレクトしてみてはいかがでしょうか。

そして、

タイル張りのいわゆる在来浴室からお手入れのしやすい

システムバス(ユニットバス)に変更される方がたくさんいらっしゃいます。

弊社ハイウィルでもたくさんのお客様がいろんな会社のチラシを持ってきて

くださいます。

「このチラシは〇%OFFって書いてありますよ~。

これくらいでできるんですか?」

いう御相談です。

いろいろ見させてもらうのですが、たいていの業者が配布しているチラシは、

浴室お風呂(ユニットバス)リフォームの商品価格に対する割引率です。


浴室お風呂(ユニットバス)リフォームをする際は、

商品の費用の他に、現在お使いいただいている浴室の解体工事

やその処分費用、給水・排水の切りまわし工事、

電気工事さらに商品の搬入組立工事費、

そして付帯工事が必要となります。


特に工事費用込みと掲載されているチラシの大半が、

現状がユニットバスで、そこからシステムバスユニニットバスへの

浴室お風呂リフォームになっている事がほとんどであるということです。

マンションのタイル張り浴室はかなり昔のマンションになりますが、

戸建て住宅は築20年弱までは在来浴室(タイル張り浴室)であることが

ほとんどになります。

それなのに、

タイルをはつったり、土間にコンクリートを打設する工事が含まれていない

ケースがほとんどになりますので、

金額の見方にはくれぐれも注意ください。


ハイウィルでは、そこまでを見て掲載しております。

これらの工事費を含めてチラシに掲載している会社は

まだまだ少ないと思います。

そのため、

チラシを見てリフォーム会社に問い合わせたが、現場を見てもらったら、

かなり費用が高く浴室お風呂(ユニットバス)リフォームができなかったという声も

多く聞きます。

ただ浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム単体で見た際に、

工事費にはある程度相場があります。


工事費が圧倒的にたかいところは候補から外した方が賢明ですね。

我々もお施主様が浴室お風呂(ユニットバス)リフォームをする際に全体でかかる

価格費用について目安になるものを作れればという思いがあり、

弊社では工事費コミコミでホームページに価格を掲載する

ようにしました。


価格は、

全国5000社の工務店・リフォーム会社に浴室(バスルーム)を卸売している

弊社の仕入力をいかし、

浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム採用率人気№1商品のINAXユニットバス

「キレイユ」の浴室お風呂(ユニットバス)リフォームを工事費用込み価格で商品化しました。

詳しくは一番下のバナーをクリックしてみてください。


なお、これから浴室お風呂(ユニットバス)リフォームを検討している方に浴室お風呂(ユニットバス)リフォームする前に知っておきたい内容をまとめておりますので、参考にしていただければと思います。





安心価格で良質施工なら

LIXILシステムバス「キレイユ」シリーズを激安浴室リフォーム

は水周りリフォーム館

人気ユニットバスを激安・格安価格をリフォームしたい!
人気ユニットバスを激安・格安価格をリフォームしたい!
590x210_kireiyu.jpg


浴室お風呂リフォームの費用価格について

2013.07.22



浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム安心価格で良質施工なら

LIXILシステムバス「キレイユ」シリーズを激安浴室リフォーム

は水周りリフォーム館

人気ユニットバスを激安・格安価格をリフォームしたい!
人気ユニットバスを激安・格安価格をリフォームしたい!
590x210_kireiyu.jpg




風呂・浴室には、「在来工法」と「ユニットバス」の2種類があります。

「在来工法」は、木造在来工法と呼ばれるように、

今なお木造の主流となっている軸組工法のことをさし、

浴室、お風呂に関しても今までは在来工法で施工されていました。

他の部屋との違いは防水処理をされているだけで、工法は他の居室と

同様の方法で施工されていました。長年の使用で水漏れのリスクがありますが、

ユニットバスが登場するまでは、当たり前の工法として普及していました。


ユニットバスとは、

工場であらかじめ天井・浴槽・床・壁などを成型された部材を現場に

搬入し、その後にそれらを組み立てることができる浴室の事を言いますが、

現在のシステムバス、ユニットバスに繋がるFRP製のユニットバスは、

日本で開発されましたた。

1964年の東京オリンピックを控え、急ピッチで建設が進められていた

ホテルニューオータニで、内装工事を出来る限り省力化するために

考案されたと言われています。

特徴として、在来工法のタイル張り浴室と比較し、低コストで工期が短いと言えます。

昔は狭くて快適性が低いというイメージがあった「ユニットバス」ですが、

近年は配管の工夫により広い浴室を確保することが可能になったほか、

テレビやスピーカー、照明といったオプションも充実してきており、

リラックスできる空間として快適性が向上しています。

半身浴のできるステップやミストサウナが採用されるようになったほか、

換気乾燥暖房機の充実、さらに浴槽の形状やカラーバリエーションも充実してきており

ユーザーのニーズに合った商品の提供が可能になってきています

サイズは、0.75坪 1坪 1.25坪が一番多いですが、

サイズが大きくなればなるほどユニットバス本体の価格はあがります。

上記のような

テレビ、スピーカー、照明、浴槽、乾燥暖房機、壁パネル、シャワー

などの機能を充実させることで金額があがります。


既存の浴室お風呂が在来工法なのか?ユニットバスなのか?

また浴室お風呂リフォームを在来工法で行うのか?ユニットバスで行うのか?

在来工法の浴室お風呂から、在来工法への浴室お風呂リフォームなのか?

在来工法の浴室お風呂から、ユニットバスへの浴室お風呂リフォームなのか?

ユニットバス浴室から、ユニットバス浴室への浴室お風呂リフォームなのか?

これらの現況の状態としたい、浴室の種類によって費用価格が大きく変動します

のでまずは、現況の確認と希望する浴室の種類を決定しましょう。


どちらでやるかで工事の内容と費用価格が変わってきます。

特に「在来工法」は、オリジナルで自由度が高いため、

あれもこれもと要求が多ければ多いほど費用価格はあがります。

ユニットバスは、選定するユニットバスのグレード、

既存の状況(在来工法なのか、ユニットバスなのか)、選ぶ機能によって

費用価格は変動します。在来工法の浴室お風呂からユニットバスへの浴室お風呂リフォーム

の場合、在来工法の浴室の解体、洗面所側の壁を解体するケースも多くなりますので、

現況がユニットバス浴室(マンションの場合は多いが戸建ではレアなケース)から

ユニットバス浴室お風呂リフォームするよりも費用価格は高くなります。




浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム安心価格で良質施工なら

LIXILシステムバス「キレイユ」シリーズを激安浴室リフォーム

は水周りリフォーム館

人気ユニットバスを激安・格安価格をリフォームしたい!
人気ユニットバスを激安・格安価格をリフォームしたい!
590x210_kireiyu.jpg



浴室お風呂(ユニットバス)リフォームの問題点

2013.07.19



安心価格で良質施工なら

LIXILシステムバス「キレイユ」シリーズを激安浴室リフォーム

は水周りリフォーム館

人気ユニットバスを激安・格安価格をリフォームしたい!
人気ユニットバスを激安・格安価格をリフォームしたい!
590x210_kireiyu.jpg



毎回お聞きするのですが、だいたい以下のような内容です。

■築年数が12~15年を経過している
■脱衣所の床がブカブカしている
■浴室内部や壁にカビがひどくなってきた
■排水口が流れにくくなってきている
■シャワー水栓や浴槽水栓の温度サーモ機能がきかなくなってきている
■浴室に収納がない
■浴室の浴槽がせまい
■浴室の床がなかなか乾かない
■お風呂の壁や床割れてきた
■冬場のお風呂が寒い
■お風呂掃除が大変
■お風呂でのんびりくつろげない
■お風呂のドアや枠が腐ってきた
■ご両親との同居が決まった
■お子様やお孫様がお産まれになった
■以前リフォームに失敗した経験がある
■安心できる会社に任せたい
■長く付き合える会社に任せたい
■他社から見積もりをとったが高かった

この中でも一番切実な悩みとなっているのが、

現在タイル張りの浴室の方でタイルの剥がれや目地の割れ、ヒビが
ヒドイ状態の方です。
経験として、この割れやヒビから少しずつ水が漏れて、
浴室の土台、さらに状態が悪い場合は柱までを腐食させている場合
があります。
その腐食が原因となって、
白アリの被害にあっているお住まいも見てきました。
実際に木造一戸建て住宅のタイル張りの在来浴室を解体してみると、
土台、柱が腐っているといったケースは少なくありません。

あげてみます。

■土台が腐食している
■タイルの中にゴキブリ、ネズミの巣を作っている 

業者でも予想はつくものの解体してみないと、
傷み具合はわかりません。
腐食している場合、土台差し替えを必ずする必要があります。
ネズミやゴキブリは漏水が原因となり、稀にこういう現場にも遭遇します。
床(タイル)から少しづつ水漏れが起きている場合がありますので
注意が必要です。床(タイル)が浮いている場合は漏水の可能性が
あります。
床下のジメジメの原因として、他に考えられるケースは、
配水管のはずれの場合も稀にあります。
その他、給水管の経年劣化で管の外側からの腐食により、
そこから穴が開いていくピンホールが起きている場合もあります。


を検討される場合、木造を熟知している会社に
依頼をする方が良いと思います。
土台の話をしましたが、土台工事をするくらいの、
状態の場合、脱衣所の床もぷかぷかしていることが多いです。
このような場合、
脱衣所の根太の工事を一緒にやることをオススメします。
浴室と洗面脱衣所は、隣り合っている場合が多く、
2度にわけてフォームすると経費が倍になるため、
費用も結果として高くつきます。
出来れば一緒に工事をする方が良いですね。


安心価格で良質施工なら

LIXILシステムバス「キレイユ」シリーズを激安浴室リフォーム

は水周りリフォーム館

人気ユニットバスバスを激安・格安価格をリフォームしたい!
人気ユニットバスを激安・格安価格をリフォームしたい!
590x210_kireiyu.jpg



浴室お風呂(ユニットバス)リフォームを激安格安費用価格で 相場以下の工事費でおさめる方法⑤

2013.07.17

浴室お風呂(ユニットバス)リフォームを激安格安費用価格で相場以下の工事費でおさめる方法⑤


安心価格で良質施工なら

LIXILシステムバス「アライズ」シリーズを激安浴室リフォーム

は水周りリフォーム館

人気ユニットバスバスを激安・格安価格をリフォームしたい!
人気ユニットバスを激安・格安価格をリフォームしたい!浴室リフォーム 金額
LIXIL(リクシル)のアライズで浴室リフォーム 金額・価格を比較するならこちらへ





コストダウンの核心に迫っていきたいと思います。


≪その4≫のお話で、さまざまなリフォーム会社の形態をお話ししましたが、

さまざまなメーカーなどの冠を付けていても、

実際に商品を安く提供できるかは、

ズバリ!商品の販売力に比例するという当たり前の常識が、

浴室お風呂(ユニットバス)リフォームする際にも当てはまります。


家電量販店が安さをアピールしているのも、

どれだけ仕入れているかで勝負が決まるのと同じ原理です。



つまり、皆さんが欲しいお風呂

(ユニットバス・システムバス)浴室をどこが最も大量に仕入れているかを探す!

これがポイントになります。


仕入力というと当然大きな会社を連想するしてしまいますよね?


大手リフォーム会社は確かに仕入力があります。


ですから会社としての仕入れ値は、当然安いんです。

弊社でも全国の建築会社へ卸売りをしていますので、

大量に仕入れている会社は、かなり安いことがわかります。


では、その仕入力を活かし、浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム

でそのままお客様に価格メリットを還元できるのか?


と言われるとはたしてどうでしょうか。


大手の見積もりを取ってみた方は、

すでにお分かりかもしれませんが、

かなり価格が高いことにお気づきいただけると思います。


これは、大手は大手といわれるだけあり仕入力もあり売上もありますが、

それに伴い、巨大な展示場やたくさんの社員、きれいな会社案内、

カタログ、TVCM、チラシなど膨大な経費がかかっているのも事実だからです。


そのため、

大手で安くお風呂(システムバス・ユニットバス)浴室激安で販売している会社は、

皆無に等しいといっても良いですね。

むしろ、大手は浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム 単体というよりは、

その他も含めた複合工事、全体改修を事業のメインとして、

デザイナーなどを常駐させ提案力を武器に付加価値の高い営業をしてきます。



では、地元のリフォーム会社や地域の工務店はどうでしょうか?

お客様の地元の業者になりますから、地元で業歴の長い会社さんは、

近くということで非常に面倒見の良いサービスをしてくれると思います。

こちらは、大きなショールームも経費がかかっていないのですが、

お客様への価格メリットを与えられるかと言うとどうでしょうか?

地域密着で工事をしているため、そこそこの仕入力しか持っていない

ことが大半です。

そのため、ためなかなか安くは販売できていないと言えるでしょう。




どこへ頼むのが一番有利なのでしょうか??


仕入れ力があって、経費がそれほどかかっていない、

要はハウスメーカー並みの仕入れ力がありながら、

工務店なみの少ない経費で運営できる会社になります。



つまり販売力を、経費を大手ほどかけずに、持っている会社となります。


そんな会社があるのでしょうか?


少なくとも10年前まで、

こういう会社を見つけることは難しかったと思います。

しかし、インターネットという媒体がこの業界の常識を壊し始めているのです。


私の会社は、

2003年にこの業界で初めて、

システムキッチンとお風呂(ユニットバス・システムバス)浴室

インターネット販売を開始しました。


そして、

業界内で施主が施工会社に商品を支給する『施主支給』という手法を作り出し、

広めリーディングカンパニーとして現在も販売を続けており、

すでに10万人の施主の皆様のコストダウンを成功に導く実績もいただくことができました。


今では、この販売力を活かし、

全国5000社以上の工務店・リフォーム会社様へ、

の卸売り販売までお手伝いをしております。


これらはインターネットというネットワークが可能にした21世紀型のビジネスですが、

これからリフォームをされるお客様に少しでもコストダウンしていただきたい!!

という強い思いがあります。

浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム の総工費はお風呂浴室という商品と、

それにまつわる施工費で構成されますが、

従来は商品に利益をたくさん載せて、リフォーム会社が施工するという

のが当たり前の業態でした。

しかし、これからは、自分が欲しい商品は、

探して安いところから買える時代が間違いなくやって来ます。


つまり、欲しい商品が安く買え、なおかつ施工が良質な会社を探す、

ことが出来ると思います。


材料と商品を分けるという発想は、

まだまだ日本にはない発想かもしれません。


ただ私も日本に材工分離モデルを住宅設備に関して、

最初に公開し全国を飛び回ってきましたが、

新築では、商品を施主支給するという発想がだいぶ浸透しましたが、

リフォームについては、よほどの大規模改築、改修以外では

工務店やリフォーム会社自体も利益をとられてしまうという

発想になってしまうため、キレイに導入とはなかなかいかないのも事実。


そこで材工分離ではないが、商品を限りなく安く購入でき、

施工力も担保される仕組みはできないかを考えました。


先ほどお話したように、

仕入れ力がありながらも、経費がそれほどかかっていない、

要はハウスメーカー並みの仕入れ力がありながら、

工務店なみの少ない経費で運営できる仕組みを全国的につくれないか?

という試みです。


技術優位のそこまで規模の大きくない会社を全国探しました。

全国飛び回り結果として160社の会社を見つけました。

すべての会社にヒアリングしたところ、

技術はあり、経費も大手のようにかからない会社です。

しかし、仕入れが高い。

予想していたことです。


全国的に施主支給として住宅設備機器を卸していた弊社は、

彼らの1社では大手に到底歯が立たない仕入れ力ですが、

この小さな力を私の会社と共同でメーカーに仕入れ交渉することで

160社の力と弊社の販売力の力を合わせ、

大手並みの仕入力を手に入れることに成功しました。

そこで生まれたサービスが、

水周りリフォーム館というサービスです。


メーカー交渉万全で激安卸売価格が実現!
5年間の商品延長保証サービスと
5年間の24時間365日緊急出動サービス!
水まわりリフォームが得意な優良会社160社で
全国対応する水周りリフォーム館!!


水周りリフォームを安心価格で良質施工なら

水周りリフォーム 費用が明確な水周りリフォーム館

住まいのことならなんでもお任せ 水周りリフォーム館




ここでは、浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム の得意な小回りのきく工務店が

全国対応であつまり、仕入力をそのまま施主に還元する

いままでにないモデルとなります。

第三者保険会社とも提携し、設備機器の延長保証も完備。

小さな会社にはない保険を第3者機関との提携で払拭しております。


おかげさまでオープン依頼5年以上の月日が経過しておりますが、

小さなサービスとして開始したモデルが、

今では毎月200件以上のご相談をいただく、

水まわりリフォームの代表的なポータルサイトになりました。

是非、一度アクセスいただければ幸いです。


5回にわたり、

私が創業大正8年の工務店の4代目の代表として、

お風呂浴室を全国へ安く販売しながら、

自社の施工エリアでは、浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム を数多くしてきた経験から、

コストダウンという面において知っていることをシンプルにお話ししたつもりです。



これから浴室お風呂(ユニットバス)リフォームを検討している方に少しでも参考になればと思います。




安心価格で良質施工なら

LIXILシステムバス「アライズ」シリーズを激安浴室リフォーム

は水周りリフォーム館

人気ユニットバスバスを激安・格安価格をリフォームしたい!
人気ユニットバスを激安・格安価格をリフォームしたい!浴室リフォーム 金額
LIXIL(リクシル)のアライズで浴室リフォーム 金額・価格を比較するならこちらへ

浴室お風呂(ユニットバス)リフォームを激安格安費用価格で相場以下の工事費でする方法④

2013.07.16

浴室お風呂(ユニットバス)リフォームを激安格安費用価格で相場以下の工事費でする方法④



安心価格で良質施工なら

LIXILシステムバス「アライズ」シリーズを激安浴室リフォーム

は水周りリフォーム館

人気ユニットバスバスを激安・格安価格をリフォームしたい!
人気ユニットバスを激安・格安価格をリフォームしたい!浴室リフォーム 金額
LIXIL(リクシル)のアライズで浴室リフォーム 金額・価格を比較するならこちらへ



≪その3≫までの内容で浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム をコストダウンする

という意味での基礎的な簡単なポイントをお伝えしています。

≪その4≫では、いよいよどこまでコストダウンを追求していけるか,

そして、最終的な業者選びの極意についてお話しします。


このブログをお読みの皆様とも何かのご縁です。

皆様に、是非浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム でのコストダウンを成功され、

後悔のないリフォームをしていただきたいと考えております。



≪その3≫までのお話で、浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム する際に、

商品が安い会社を選びましょう。

さらに工事はわかりにく箇所ですから、

業者より提出される見積もり書の項目について、

ポイントを絞り解説させていただきました。


では、さらにコストダウンを追求していくにはどうすればよいのか?

ここを見極めましょう。

業者を呼んで現場調査してもらう前に、

みなさんが押さえなければならない要素をお伝えしていきます。


相場以下の工事費にするために必要となる要素ですので、

必ず押さえておいていただきたい内容になります。



まず大前提として、業者に依頼する前に、皆様がどんな商品を設置したいのかです。

いくらコストダウンをしたいといっても、安かろ悪かろの商品を設置し、

激安価格浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム が出来たところで、

それが皆様にとってはたして満足いくリフォームであるかは疑問ですよね。


当然ご予算がおありだと思います。

そのご予算の中で、いかに自分の希望に合った商品を選び、

良質な工事で収められるかが大事だからです。


どんなお風呂浴室 を希望しているのかを漠然とではなく、

明確に決めておくことです。

昔は、

どのメーカーも同じような商品ばかりで違いがよくわかりませんでしたが、

最近は、メーカーによって本当にさまざまなデザイン、

機能、特徴があります。


≪その1≫からのお話しで、

浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム をお値打ち価格でおさめる上で、

必要な考え方はまず、商品を決めることでした。


それは、浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム費用のかなりのウェイトを占めるのが

お風呂浴室 本体の価格だからというお話しでしたよね。


ここで、コストダウンするための大前提をお教えします。



自分はどんなお風呂浴室が良いか!

できれば、どこのメーカーの何シリーズと明確に決めておくことです。


商品は業者を呼ぶ前にある程度決めておくということです。


なぜそんなことをお話しするかというと、

リフォーム業者は、

すべてのメーカーを基本的に取り扱いはしていますが、

そのすべてのメーカーの販売を強化することは、

通常難しいため、お勧めされる商品は、

そのリフォーム会社が担いでいるメーカーになってしまうことに

なってしまうからです。


こうなってしまうと、

皆さまの希望のお風呂・浴室が何かというよりも

そのリフォーム会社の仕様に従わざるを得ない状況に

なってしまうからです。


ですから、

ご自分である程度メーカー名やシリーズ名などを

ピックアップしておくことが、結果的にコスト面でも納得面でも、

トータル的に満足いく浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム可能になるのです。


そのため、まずはインターネットなどで欲しいお風呂浴室 を探し、

たくさんあるメーカーより機能やデザインの中でも

候補となる商品をピックアップできたら、

お部屋の図面もしくは、入れたいお風呂浴室のサイズを図ってみましょう。

浴室は規格が決まっていますので、戸建て住宅であれば、1216サイズ(0.75坪)

もしくは1616サイズ(1坪)であることが大半ですが、

マンションや築年数の経過した住宅では、1116や1014などの規格になっていることもあります。

この1216や1616は何かというと、浴室内の長さになります。

12はお風呂浴室の短辺方向の長さ、16は長辺方向の長さを意味します。

1616の場合は、短辺方向も長辺方向も1600㎜という意味です。

これらを図り、実際に候補商品のメーカーショールームなどで見学して、

ショールームアドバイザーに定価のお見積りを作ってもらいましょう。



ショールームは大いに活用してください。

ショールームアドバイザーはセールスレディではありません。

お見積りをどれだけ作成するかが彼女たちのノルマとなります。

カーディーラーのショールームのように営業マンから電話営業の心配もございません。


ショールームでは、さまざまなお風呂浴室が展示されていますので、

混乱してしまうかもしれませんが、ご希望の仕様での定価のプランができたら、

次はそのお風呂浴室がどれくらい割引されているのかをチェックしましょう!


ネットで

『メーカー名(リクシル) シリーズ名(キレイユ) 

浴室リフォーム 激安

などと検索すれば、

ご希望の商品での浴室お風呂(ユニットバス)リフォームを安く提供できる

リフォーム会社は絞り込めると思います。


それぞれの会社で得意メーカー不得意メーカーがあります。

商品別にチェックしてみてください。



ここで大事なことは、ショールームで作成したご希望のプラン

【定価のお見積書】は、


全国どこで買っても同じ仕様だということです。


商品は安く買える会社から買うのが一番コストダウンになります。

安い会社を見つけることができたら、工事費も聞いてみましょう。



商品の価格を安くして、工事費を高くする会社もありますので

注意が必要です。



浴室お風呂(ユニットバス)リフォームのみで工事費を問い合わせる限りは、

工事費にそこまで差はつかないはずです。


ここで、あきらかに高いところは、検討から外した方が賢明です。



商品と工事費の合計が浴室お風呂(ユニットバス)リフォームの総合計となり、

お支払金額になります。

最後に合計金額でどうなのかを検討してみましょう。




システムバス、ユニットバスの割引率が高ければ高いほど、

当然合計金額が下がる傾向があります。


お風呂浴室の仕様、

メーカーのシリーズでもグレードが高くなればなるほど、

販売数が少なくなるため、普及品のように大量生産しておりませんので、

割引率は悪くなる(値引きが悪い)傾向がありますので、

商品の定価ではなく提供価格と工事費

しっかりと見極める必要があります。



でも、実際に星の数ほどあるリフォーム会社を調べ尽くすのは、

非常に難しく大変骨の折れる作業になります。

良い業者もたくさんいますが、

残念なことに悪い(悪徳業者)がいるということも事実だからです。


それでは、いったいどんな会社が良質で比較的安いのでしょうか?


リフォームをする会社は、

仕入という面で大きく分けると5つのタイプに区分け出来ます。

どの業者も技術的に良い会社もあれば悪い会社もあるのが現実ですが、

どんな会社があるかご紹介していきましょう。


まずは、誰もが知っているハウスメーカー系のリフォーム会社です。

○○ホームや○○ハウスといったこちらは大手のブランドを武器に、

営業している会社。

価格は高くなりますが、

メンテナンス体制を重視したいという方はおすすめかもしれません。


2つ目は、地元の地域密着の工務店です。

地元ということで、小回りのきくサービスがウリとなります。

工務店の中では、大手の下請けをしている会社もあります。

(私自身やっていた経験があります。)


3つ目は、リフォームを専業とするリフォーム専門業者です。

なかには、もともと工務店だった会社や異業種から参入してきた会社なども混在する

ここ15年でかなり数が増えたグループです。

さまざまな特徴を持っていることが普通で、

デザインに強い会社や水周り工事専門のリフォーム会社など

会社に個性があります。


4つ目は、3つ目のリフォーム専門業者にも関連していますが、

各水周り住宅設備メーカー系のフランチャイズや

ネットワークに加盟しているリフォーム会社です。

TOTO○○やクリナップ○○、リクシル(LIXIL)○○など、

工務店やリフォーム専業会社が

このようなメーカーの看板を利用し営業しているグループです。

特定メーカーに強いイメージがあるので、安く販売しているイメージがありますが、

基本的に安くできるかどうかは、

その会社がどれだけ販売しているかで決まってきますので

一概には言えない。ということがありますので、ここは注意です。


5つ目はガス会社系のリフォーム会社になります。

大手のガス会社が運営する会社を中心に、プロパンガスなどを販売している会社なども

このカテゴリーに入ります。


給湯器を設置する場合の配管工事のみですので、

お風呂浴室のみを取り換えるという場合は、

どれだけ設備機器を仕入れているかにも

よりますが、メインで採用するかは判断が必要だと考えます。


どこが、技術がしっかりしているかは、

それぞれに良い業者もあるし、大手ですらも下請けの質が悪ければ、

施工は悪いと言わざるをえませんので、

これだから大丈夫!ということがなかなかわかりません。


土台の腐食などを見落とすのが怖いですから、

担当する営業マンの知識、経験が浅いために、現場調査の精度が低く、

トラブルになることだけは避けたいものです。


担当する営業、

小さな工務店であれば現場監督が来ることもあると思いますが、

担当者がどんな人間なのかも大事なポイントになります。


≪その4≫のポイントを整理すると、

自分が欲しいと希望する商品を明確にして、

商品の定価を出してみることこと。

そして定価が出たら、

その商品がどれくらいで買えるのかをネットなどでチェックする。

安く買えそうな会社がピックアップ出来たら、

工事費を概算で聞いてみる。

ということです。

ここまできて、はじめて現場調査をお願いしてみましょう。

④はここまでとします。








安心価格で良質施工なら

LIXILシステムバス「アライズ」シリーズを激安浴室リフォーム

は水周りリフォーム館

人気ユニットバスバスを激安・格安価格をリフォームしたい!
人気ユニットバスを激安・格安価格をリフォームしたい!浴室リフォーム 金額
LIXIL(リクシル)のアライズで浴室リフォーム 金額・価格を比較するならこちらへ









浴室お風呂(ユニットバス)リフォームを激安格安費用価格で相場以下の工事費でおさめる方法③工事費の見方

2013.07.11

浴室お風呂(ユニットバス)リフォームを激安格安費用価格で相場以下の工事費でおさめる方法③工事費の見方≫





安心価格で良質施工なら

LIXILシステムバス「アライズ」シリーズを激安浴室リフォーム

は水周りリフォーム館

人気ユニットバスバスを激安・格安価格をリフォームしたい!
人気ユニットバスを激安・格安価格をリフォームしたい!浴室リフォーム 金額
LIXIL(リクシル)のアライズで浴室リフォーム 金額・価格を比較するならこちらへ





浴室お風呂(ユニットバス)リフォームを激安格安費用価格で相場以下の工事費でおさめる方法②


のお話で、浴室お風呂(ユニットバス)リフォームをする際は、


必ずバスルーム自体の商品の安い会社をまず選ぶこと!


という鉄則をお話ししたと思います。


これは、なんでも良いから安い商品ということではなく、


あなたが欲しい商品(ショールームで選定した商品)


を安く販売してくれる会社という意味での安さを言っております。




商品についてのコストダウンはわかった。しかし、


単純なバスルームを購入するだけで、


浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム


が完成してくれるならこんなに簡単なことはありませんし、


みなさんも迷うことはないのではないでしょうか。



浴室お風呂(ユニットバス)リフォームで難しいのは、


ここに施工という技術要素、


工事という見えない「要素」が入ってくるからなんです。



商品は1円でも安いところから購入することができますが、


ここに工事という見えない要素が入ってしまうことで、


価格をわかりにくくなっているのです。





では、この工事費についてお話しさせていただきます。



浴室お風呂(ユニットバス)リフォームは、


商品の価格と工事費の組み合わせで見積もりされますが、


わかりにくいといわれる工事費の中でも、


浴室お風呂(ユニットバス)リフォームに関して言えば、


まだ比較的工事費を明確にしやすいといえます。





私自身、日々、


浴室お風呂(ユニットバス)リフォームのお見積り書の説明を


日常的にお客様にさせていただいていますが、


お客様の顔が「??」となる個所が、


きまってこの「工事費」のところだからです。



普段、馴染みのない言い回しや言葉が出てくるんで当然かもしれません。



やっかいなことに、この見積もり、


その言い回しは業者によって異なったりもしますので、


比較しようにもこれが難しかったりします。



ただし安心してください。


浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム については、項目も少ないので、


覚えてしまえば、比較もしやすいと思います。



ここでは、浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム を例にとって、


どの業者の見積も比較できるようになる


浴室お風呂(ユニットバス)リフォームの工事費についての基礎となる指標を説明します。



ここを押さえれば、工事費を比較できる指標を持つことができますので、


どの業者に見積もりをとっても怖くはありません。


浴室お風呂(ユニットバス)リフォームの流れを把握しながら工事項目の解説を

していきますので理解しやすいと思います。



まず、この業界ならではのお話です。



水まわりり工事はカテゴリによって大きく分けて2つの違いがあります。


それは、


水周り商品は大きく分けて、


"ハコモノ"と呼ばれる


システムキッチンとシステムバスルームと


"品番商品"とよばれる


洗面化粧台やトイレ便器、給湯器などがあります。



"ハコモノ"商品は"品番商品"と違い、提供される商品が、


そのお客様の希望される仕様により、変わっていくもので、


車のようにいろいろなバリエーションを選べたりオプションをつけたりと


同じシリーズであっても、お客さまによって定価自体が異なるものです。



車を例にとるとわかりやすいです。


カローラを購入する人が100人いれば、100人が違う定価になりますよね?


カーナビを付ける人、付けない人、シートを革張りにする人、しない人、


ホイールのグレードを上げインチアップする人、しない人など、


特別色を選び、プラスの費用をかける方などなど


基本のシリーズのくくりの中で、基本価格はは決まっていても


加えるものによって価格が異なりますよね?



業界で"ハコモノ"商品といわれるシステムキッチンやシステムバスは、


住宅設備機器の中でもこの範疇に入ります。


同じシリーズでもそのお客様の付加したい仕様で価格が異なります。


この点がトイレや洗面化粧台や給湯器と違ってくるところです。



また、ハコモノ商品の特徴として、


浴室お風呂バスルーム 商品はそのメーカーに認定された業者の組立施工というものが、


必要であることが特徴です。



みなさんはリフォーム会社さんや工務店にリフォームを依頼すると思いますので、


みなさんには見えない部分になりますが、みなさんがリフォーム会社や工務店に、


工事を依頼したあとは、


リフォーム会社や工務店がその住宅設備メーカーに、


商品とその商品のメーカー組立施工というものを発注しています。


通常はメーカーは直接工事会社に商品を卸しませんので、


問屋に発注しています。



メーカー施工というのは何をするのかというと、


メーカーが指定する研修をを受けた専門業者が、


システムバスを現場に搬入し、組み立て設置をします。


当然、水道工事や電気工事などもバスルームを設置する際には必要になりますが、


メーカー施工部隊は、あくまで商品を現場で責任施工で組み立てるだけです。


ユニット屋という職種があります。


彼らは毎日メーカーの指示で様々な工事会社のユニットバスを組立しています。




トイレや洗面台、給湯器などの品番商品というものはメーカー施工という概念は、


基本的にありませんので、


リフォーム会社や工務店が依頼する水道設備工事会社(水道屋さん)が設置するのが、


一般的です。



冒頭でもお伝えしましたが、


わかりにくいといわれる工事費も浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム であれば


そこまで、工事項目も多岐にわたりませんので、ポイントを押さえていただければ


比較することも可能になります。



ここではお風呂浴室 の取り換え、浴室お風呂(ユニットバス)リフォームの際に、


一般的に見積もり書に掲載される項目の解説をしたいと思います。


工事の流れに従い、説明していきますので、わかりやすいと思います。




まず、工事に入る際の養生が挙げられます。


現場(お住まい)に出入りする関係から通路となる部分に養生をして


搬入搬出の際に傷がつかないようにします。


この費用は養生費などとして計上されているはずです。



マンションなどの場合、共用廊下やエレベーター内の養生が必要になるケース


超都心のマンションなどは、毎日現場作業が終わり次第、養生を剥がし


翌朝に、また養生をし直すよう指示がある場合などもあります。


お住まいの管理組合等に規約がありますので確認してみるとよいでしょう



次に、今あるお風呂浴室 を解体しなければいけませんので、


解体工事費がかかります。


一戸建てのタイル張りの浴室からシステムバスルーム


変更する浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム工事は、


タイルのハツリや床のハツリが必要になる場合があるため


ハツリやその解体した残材の処分に費用がかかるケースがあります。


システムバスルームを採用する場合、脱衣所から浴室までは、段差を付けず、


バリアフリーの状態で設置するのが普通ですので、現在の床を解体し、


レベルを調整する必要が出てきます。


よくリフォーム会社などのチラシでパック商品でコミコミ価格万円!などとありますが、


ここには、そのハツリ工事などを含んでいない場合が多いので注意してください。


マンションなど既にユニットバスが設置されているケースではハツリは発生することが、


ほぼありませんので、施工費は安くなります。チラシなどでは、


一戸建てでもこちらの施工費で見ている場合が多いので、


注意深く見てみると良いと思います。




さて、解体した後は、解体した発生残材の処分費がかかります。


こちらも産業廃棄物も認定された業者に処理を依頼し、


不法廃棄していないことを証明する必要があります。


こちらの費用は年々上がっている傾向にあります。


こちらは産業廃棄物処理業者が担当します。


これらが、主に発生材処理費残材処分費という難しい言葉で計上されます。



ここまでで、


お風呂浴室 が解体されて現場は空間になっている状態です。

(配管などがむき出しになっている状況です。)



続いて、工務店チフォーム会社がお風呂浴室 をメーカーに発注した際に、


業者に発行されるお風呂浴室の承認図というもの(要は図面です)に従い、


もともとあった給水、給湯管、雑排水管(排水)の撤去をして、


これから新設されるお風呂浴室 の給水・給湯・排水の位置を皆さんが購入した、


メーカー商品に接続するために指定する位置まで立ち上げる工事が必要になります。


(指定の位置に配管を立ち上げなくてはお風呂浴室 は設置できません。)



これらの配管工事ですが、お風呂浴室 の組立設置後に立ちあげた給水、給湯、排水と


浴室お風呂本体との接続工事もありますので、


これらを合わせて見積もり書では給排水切り回し工事費用などと明記されます。



ここでは今設置されていた位置とこれから設置される位置が同じ場合なのか、


それとも位置が変わるのかで、費用が変わってきますので注意してください。


既存の設置位置から新設されるお風呂浴室の位置が離れる場合など


間取り変更などが伴う場合の浴室お風呂(ユニットバス)リフォームでは


配管の距離が変わってきますので、これらの費用が当然増えることになります。


これらの工事は水道設備業者(水道屋さん)が工事します。



同じく電気配線の工事も必要です。


既存のお風呂浴室 の配線を処理し、新設されるお風呂浴室 への再配線と再結線し、


取回しする工事です。主に照明などですね。


電気配線取り回し工事費と表記されている項目がこれにあたります。


最近のシステムバスルームはテレビを付けたりするものもありますので、その場合には、


アンテナからの配線の引き込み工事なども発生してきます。



そして、換気工事です。


こちらは今ある換気扇から、新規の換気扇を設置するための換気工事です。


現状ダクトを新規換気扇用に接続する工事ですね。


一戸建て住宅などの場合は、お風呂浴室 に窓があって、換気扇はなく、自然換気


となっている場合が多いのですが、新規でお風呂浴室を設置する場合、


換気扇が付いてきますので、外壁面のどこかに換気口を設置します。 


また換気の出口の部分にベントキャップとよばれるものを外壁に設置して、


雨風もよけられるようにします。


換気扇ダクト結び工事、ベントキャップ取付工事などと表記されているはずです。


換気工事も、ただの換気扇ではなく、


最近では浴室換気乾燥暖房機などを付けることが増えていますので、その機器が、


100Vでおさまるのか、200V必要なのかで、配線計画が変わってきますので、


容量が、納まるのかどうかも相談してみましょう。


分電盤を変更する可能性も出てきます。



精度の低い会社は、ここを見落とすことが非常に多く、解体してから、想定と違うため、


追加費用が出ます!なんて事が無いように、技術力がある会社を探しましょうね。



ほぼ工程では、これが同時進行で行われていきます。


続いて、解体しハツリをした床に、土間コンクリートを打設する工事です。


こちらはあくまでもシステムバスの脚を脱衣所の床レベルに合わせるための


調整工事になります。


土間コンクリート打設工事などと表記されているはずです。


ここまでで、お風呂浴室を設置するための工事は終わりです。



これらが終わると浴室お風呂を組み立てる下地ができた状況になっています。


先ほど説明したお風呂浴室の組み立てができます。


ここで計上されるのが浴室の組立費ですね。


こちらは、メーカー施工が通常になりますので、各メーカーの施工班もしくは、


各メーカーの認定施工業者が行いますので、


原価はほとんど決まってますが金額の差は、


リフォーム会社や工務店がそのメーカーとどれだけ太いパイプでつながっているか


で決まると思います。仕入力がある会社でしたら、大量に仕入れておりますので、


メーカー施工費も安い(仕入先の会社が利益をそこまで載せない)のです。


こちらはシステムバス組立工事費などと表記されます。



ここでお風呂浴室が組み終わると、所定の位置に立ち上がっている配管を浴室本体と接続


ができますので、配管(水道工事)の結び工事、同時に配線(電気工事)の結線工事を行い、


はじめて浴室が使える状態になります。



最後に、開口部の工事が残っています。


脱衣所とお風呂浴室間の間仕切り壁も所定の間口で解体をしていますので、


この部分の補修工事があることが多いです。


大工工事になりますので、もし近いうちに洗面脱衣所のリフォームを予定しているならば、


本来は、同時にしてしまった方が、安上がりになります。


この工事は、浴室間仕切壁部分補修工事などと表記されます。


最近では、浴室側のドアまわりに部材をまわし解体部分を隠し間仕切り工事をしないで

すむような部材も出てきいます。



順序が前後しますが、ここで大工工事が出てきましたので、大工が必要になる場面を


浴室お風呂(ユニットバス)リフォームであげると、


木造住宅の場合、解体時に土台をみることになります。


木造のタイル張り浴室在来浴室)で、築15年程度も経つと土台が腐食している場合が


多くあります。この場合、システムバスルームを設置する前に、土台を差し替えてあげる


必要が出てきますので、注意が必要です。


業者に丸投げしてしまうようなリフォーム会社で、現場管理がしっかりしていないと、


見落として、そのまま設置されてしまうケースもあるようなので、


しっかりとした会社に依頼しましょう。



お風呂浴室リフォームを激安格安費用で相場以下の工事費にする方法③のポイントは、


浴室お風呂(ユニットバス)リフォームで想定される工事内容を明確に理解しましょう!


ということです。


これで、どの業者が見積もりを出してきても

どの項目がどの工事なのかをおわかりいただけるはずです。


比較する際の指標にしてくださればと思います。






安心価格で良質施工なら

LIXILシステムバス「アライズ」シリーズを激安浴室リフォーム

は水周りリフォーム館

人気ユニットバスバスを激安・格安価格をリフォームしたい!
人気ユニットバスを激安・格安価格をリフォームしたい!浴室リフォーム 金額
LIXIL(リクシル)のアライズで浴室リフォーム 金額・価格を比較するならこちらへ



浴室お風呂(ユニットバス)リフォームを激安格安費用価格で相場以下の工事費でおさめる方法①

2013.07.09

浴室お風呂(ユニットバス)リフォームを激安格安価格で相場以下の工事費でおさめる方法①


安心価格で良質施工なら

LIXILシステムバス「アライズ」シリーズを激安浴室リフォーム

は水周りリフォーム館

人気ユニットバスバスを激安・格安価格をリフォームしたい!
人気ユニットバスを激安・格安価格をリフォームしたい!浴室リフォーム 金額
LIXIL(リクシル)のアライズで浴室リフォーム 金額・価格を比較するならこちらへ



創業大正8年の老舗工務店、株式会社ハイウィル、

4代目の代表の稲葉です。


創業大正8年の弊社ハイウィルで年間を通じて最も工事数の多いものに、

浴室お風呂リフォームがあります。


弊社では浴室専門の工事部隊が施工するわけですが、

数え切れない程のお客様の浴室お風呂(ユニットバス)リフォームをさせていただく中で、

色々なお話を私自身も聞いてまいりました。


誰でも同じ商品を購入するなら、安いほうが良いに決まっています。

しかしこれは商品を購入するときには当たり前の指標として使える

考え方になりますが、

浴室お風呂リフォームは商品を買うだけではありませんよね。

職人の手(技術)が商品に加わります。

浴室お風呂に関して言えば、

現在はユニットタイプ、マンションであればユニットバス
戸建て住宅であれば、
システムバス浴室が主流となっておりますので、

ユニットを組み立てる職人の技術も関わってきます。


安いにこしたことはありませんが、
判断基準を価格だけにフォーカスしてったがために、

工事面で後悔をするケースがあとを断ちません。

そうは言っても、高い工事はしたくありませんよね。

従って、満足できる浴室お風呂(ユニットバス)リフォームをされ、

その中で最大限コストダウンできる

ことが一番良いことになります。



では、どのような指標を持って、

良質工事であることを前提としてコストダウンすればよいのか? 

ここについて、お話したいと思います。



また、業者の立場からも、

正しいローコストの在り方を明確に示していきたいと思います。


特に住まいの中で最も老朽化が進みやすいのこの浴室お風呂になります。


在来浴室であれば、

築12~15年も経つと何らかの補修は必要になる部位になります。

ユニットバスの場合もカビ対策が必要ですね。

もしあなたが浴室お風呂(ユニットバス)リフォームを今検討されておられるならば、

次の条件に当てはまっているかを確認してください。


■築年数が12~15年を経過している

■脱衣所の床がブカブカしている

■浴室内部や壁にカビがひどくなってきた

■排水口が流れにくくなってきている

■シャワー水栓や浴槽水栓の温度サーモ機能がきかなくなってきている


この条件に該当するお住まいであれば、

そろそろ浴室お風呂(ユニットバス)リフォームの時期に差し掛かっていると考えて良いと思います。


脱衣所の床がブカブカしているとありますが、

特に戸建て住宅の在来浴室に関しては、浴室と脱衣所の間に

土台が入っています。ここで木工事との絡みが出てくる箇所ですので、

設備工事だけができてもダメで、木造を熟知している人間が必ず必要になります。



ここで価格だけのいい加減な業者に工事を任せてしまうと、

後々取り返しのつかない事になってしまう可能性もあります。


そこで、浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム激安格安価格

相場以下の工事費おさめるために知っておくべき判断基準、

指標をお伝えできればと思います。


長くなりますので数回に分けさせていただきますが、

浴室お風呂(ユニットバス)リフォームは決して安い買い物ではありません。

浴室お風呂(ユニットバス)リフォームをされるまえに是非しっておいて欲しい

内容となりますので、

是非、すべてに目を通して頂ければ嬉しいです。



どの業者を選べばいいのか?

また、どのようなコストダウン指標で、


実際にコストダウンに成功し相場以下で、

浴室お風呂(ユニットバス)リフォームできるのかをお分かり頂けると思います。



間違ったコストダウンをしてしまい、

そもそもの目的であったはずの

「より快適で豊かな住まい」どころか、

後悔の残るリフォームになってしまわないために、

過去の経験から正しい方法をお伝えしたいと思っています。


株式会社ハイウィルは、

もともと大正8年に瓦工事業者で創業し、

主に社寺仏閣の瓦工事を専門に行っていた会社です。


会社沿革はこちら

>> 株式会社ハイウィル 会社沿革 



戸建住宅にお住まいの方であればシステムバス

マンションにお住まいであればユニットバスの採用

を検討される方が大半を占めると思いますので、

まずここでは、コストダウンの前提にある商品選定のお話から

始めたいと思います。


ユニットバスシステムバスについて、

お話をさせていただきたいと思います。


ユニットバスとは、

工場であらかじめ天井・浴槽・床・壁などを成型された部材を現場に

搬入し、その後にそれらを組み立てることができる浴室の事を言いますが、

現在のシステムバス、ユニットバスに繋がるFRP製のユニットバスは、

日本で開発されましたた。

1964年の東京オリンピックを控え、急ピッチで建設が進められていた

ホテルニューオータニで、内装工事を出来る限り省力化するために

考案されたと言われています。

特徴として、従来のタイル張り浴室と比較し、低コストで工期が短いと言えます。

昔は狭くて快適性が低いというイメージがあった「ユニットバス」ですが、

近年は配管の工夫により広い浴室を確保することが可能になったほか、

テレビやスピーカー、照明といったオプションも充実してきており、

リラックスできる空間として快適性が向上しています。

半身浴のできるステップやミストサウナが採用されるようになったほか、

換気乾燥暖房機の充実、さらに浴槽の形状やカラーバリエーションも充実してきており

ユーザーのニーズに合った商品の提供が可能になってきています。

ユニットバスシステムバスの商品選定のポイントは

まず清掃性の高さを重視すること。

ユニットバス、システムバスは水垢やカビなどが発生しやすいため、

翌朝まで水分が残らないような排水性が高く乾きやすい床材を使用しているかどうか

オプションで追加になるようであっても、のちのちのことを考慮しここは追加しておきたい

ポイントです。

また、排水溝がゴミが取りやすいかどうかも確認するポイントです。

LIXILのくるりんポイなどゴミが取りやすい商品の開発がすすんでおります。

是非ここも押さえておきましょう。

さらに、
保温性能もユニットバスシステムバスには重要な要素になります。

近年は各社本性能の向上に力を入れてきており、

中には6時間経ってもお湯の温度が2℃しか下がらないサーモ浴槽などもあります。

また、浴槽だけでなくユニットの壁に断熱材を入れ、

浴室そのものを冷えにくくした構造の商品もオプションで選べる商品などがあります。

保温性の高さは光熱費の削減にもつながる重要なポイントなので、

しっかりチェックしておきましょう。


これらを押さえてほしいのですが、

本来の浴室お風呂(ユニットバス)リフォームの目的を考えてみましょう。

ただ、老朽化したから浴室お風呂(ユニットバス)リフォームされるのでしょうか?

ご自分で住まれない非実需としての浴室お風呂(ユニットバス)リフォームであれば、

このような要素を突き詰める必要はないかもしれません。

しかし、ご家族がお使いになるユニットバス、システムバスであり、

お金をわざわざかけて浴室お風呂(ユニットバス)リフォームをされるわけですので、

どのようなユニットバス、システムバスが良いのかを

激安格安費用価格浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム工事をするまえに、

明確にしておいて欲しいと思います。



相場以下の工事費でおさめる方法①

ではまずは浴室お風呂(ユニットバス)リフォームをするにあたり、

欲しい商品を明確にしておくというポイントをお伝えしました。

なんでもいいから激安格安価格でできればいいというのは、

本末転倒です。

欲しいユニットバス、システムバス

激安格安価格で買うことに、

本来のコストダウンの意味があるからです。

①は以上です。





安心価格で良質施工なら

LIXILシステムバス「アライズ」シリーズを激安浴室リフォーム

は水周りリフォーム館

人気ユニットバスバスを激安・格安価格をリフォームしたい!
人気ユニットバスを激安・格安価格をリフォームしたい!浴室リフォーム 金額
LIXIL(リクシル)のアライズで浴室リフォーム 金額・価格を比較するならこちらへ

浴室お風呂(ユニットバス)リフォームを激安格安費用価格で相場以下の工事費でおさめる方法②

2013.07.02

浴室お風呂(ユニットバス)リフォームを激安格安費用価格で相場以下の工事費にする方法②



安心価格で良質施工なら

LIXILシステムバス「アライズ」シリーズを激安浴室リフォーム

は水周りリフォーム館

人気ユニットバスバスを激安・格安価格をリフォームしたい!
人気ユニットバスを激安・格安価格をリフォームしたい!浴室リフォーム 金額
LIXIL(リクシル)のアライズで浴室リフォーム 金額・価格を比較するならこちらへ


弊社ハイウィルで年間を通じて最も工事数の多いものに

浴室お風呂(ユニットバス)リフォームがあります。


この浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム

は弊社の中でもお風呂専門の工事社員が施工するわけですが、

戸建ての浴室お風呂(ユニットバス)リフォームになると、

木造の土台等もみなくてはならない工事となり、木造に強い職人がいることから

順番待ちになるほどご依頼をいただくリフォームになっています。


浴室お風呂(ユニットバス)リフォームを激安格安費用価格で

相場以下の工事費にするには①でもお伝えしたとおり、

戸建てシステムバス、マンションユニットバスを採用することが大半な中で、

誰でも同じ商品を購入するなら、安いほうが良いに決まっています。

しかしこれは商品を購入するときには当たり前の指標として使える

考え方になりますが浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム

といった、施工や工事が付いている際の考え方について、


どのような指標を持って、良質工事であることを前提としてコストダウンすればよいのか? 


について、トータルで経験をもとにお話したいと思います。


水まわりリフォームには

浴室お風呂(ユニットバス)リフォームの他に

キッチンリフォームに加え、

洗面化粧台リフォーム、トイレリフォーム、給湯器リフォーム

などがありますが、すべてに共通している特徴が

あります。何だと思いますか?


そうです。


もし、すでにリフォーム会社で見積もりを取られていれば、

おわかりかもしれないですが、

リフォーム工事総額の内訳において、

商品費用のウエイトがかなり多くを占めているということです。

まずはここを確認し、理解したいと思います。


ここでは浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム 工事を例に取ってみましょう。

ご自分が定価で1,000,000-相当のシステムバス・ユニットバス

採用したとしましょう。

この見積もりを、100万円という定価商品に対して、

リフォーム会社毎に割引率が異なりますが、

ここでは仮に30%OFFとして70万円にしてもらったとしましょう。


既存の
お風呂浴室を解体して廃材を処分費、電気工事費、

水道工事費、傷んだ土台を差し替える大工工事がかかります。

ユニット工法のユニットバス・システムバスを入れる場合などは、

バスの脚を立てるために、水平にするための作業で、

下地をモルタルで調整する工事費がかかります。

最後にバスルームの組み立て費、

洗面所側の内装工事など費用としてあげられますが、

これらを含めて仮にここでは、40万だったとしましょう。


定価100万円のバスルームに入れ替えるのに、かかる総費用は、

割引された70万円の商品代と施工費が40万円で、

合計110万円となりますね。

(消費税や諸経費はここではわかりやすくするためにカットしてます)


このバランスをよく見てみてください。

7:4の割合でかなり商品の費用がボリュームを占めることがわかります。

もし、

ユニットバス、システムバスなどバスルームの商品を見学しに、

ショールームにいったことなどがあれば、

さまざまなオプションがあることに気づかされるはずです。

システムバス、ユニットバスは、車と同じで、

基本価格があってそこにオプションをつけていくような仕組み

になっています。

カタログに掲載されている価格はオプション品が含まれていませんので、

ショールームに実際に行って、

見てみると思った以上に定価が高くなってしまうことが、

よくあります。すでにメーカーショールームでお見積もりを作られた

方ならよくわかるはずです。



このようにしてご自分が選ぶ商品の定価が上がればあがるほど、

商品のグレードが上がれば上がるほどこの、

商品:工事の比率も商品が高くなっていきます。


150万円の商品を同じく30%OFFで提案されて105万に対して

工事は組み立て費が若干上がる程度ですので45万程度としましょう。

この時の比率は7:3となってより商品の費用負担が大きくなることが

おわかりいただけるかと思います。


これはバスルームのグレードを上げれば上げるほど、

顕著になっていきます。

どのメーカーもグレード別に2から3のシリーズを展開しています。



しかも、どのメーカーもグレードを上げれば上げるほど、

出荷台数も減りますので、卸価格も高いので、

割引率というのは悪くなるのが普通です。


浴室お風呂リフォームを激安格安価格で相場以下の工事費にするには②

でお話ししたいことは、ここです。



浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム を賢く激安相場以下で、

抑えるために、何を指標にすれば良いのかはもうお分かりですね?


そうです。

それは商品を安く提案してもらえる会社になります。


浴室お風呂バスルームという商品は、施工ではありません。


つまり、どこで買っても同じものになります。


ユニットバス・システムバスルームを開発しているメーカーは、

様々ですがメーカーショールームに行けば、

全国どこでも同じ商品をセレクトすることが可能です。

まったく同じ商品を買い物するのに、高いお店から買うのって

どう考えても損だとは思いませんか?



もしあなたが浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム を検討された場合、

最も激安格安かつ相場以下で、コストダウンが確実にできるのは、

欲しい商品を安く提供してくれる会社となります。



浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム のコストダウンの第一歩は、

商品を安く!

です。


ここまではご理解いただけたと思います。

欲しい商品を安く提供してくれる会社。

とここであえて言わせていただいているのは工費が安すぎる会社は、

見積もり精度が低いか、

どこかで、その削減された予算を埋め合わせようとしますので、

工事に必ずと言っていいほど影響が出てきます。


ここで問題となる浴室お風呂(ユニットバス)リフォーム には、

商品の購入ではありませんので施工が付きものだということです。

施工についてはその3でお話しします。



安心価格で良質施工なら

LIXILシステムバス「アライズ」シリーズを激安浴室リフォーム

は水周りリフォーム館

人気ユニットバスバスを激安・格安価格をリフォームしたい!
人気ユニットバスを激安・格安価格をリフォームしたい!浴室リフォーム 金額
LIXIL(リクシル)のアライズで浴室リフォーム 金額・価格を比較するならこちらへ

プロフィール

稲葉高志

生年月日:昭和51 年4 月5 日
血液・星座:A 型 おひつじ座
出身地:東京都板橋区
住まい:日暮里
【私が好きなこと】
趣味:読書・神社巡り・直会と称した食べ歩き
好きな言葉:忘己利他
好きなタレント:菅野 美穂
好きなスポーツ:スキー・サッカー
好きなチーム:インテル
好きな色:モスグリーン
好きな動物:犬(ラブラドール・パグ)

稲葉高志Facebookはコチラ 
★友達申請お願いします♪

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

アーカイブ

ハイウィルの施工エリア

当社ハイウィルでは、施工後のアフターケアに素早い対応を心がけているため、当社所在地荒川区より60分圏内を施工可能エリアとしております。(その他地域については、ご相談ください。)


【東京都】
荒川区、台東区、文京区、北区、足立区、葛飾区、墨田区、江戸川区、江東区、板橋区、練馬区、豊島区、中野区、杉並区、新宿区、千代田区、中央区、港区、渋谷区、世田谷区、目黒区、品川区、大田区、武蔵野市、西東京市、東久留米市、清瀬市、三鷹市

【埼玉県】
八潮市、草加市、川口市、蕨市、さいたま市(大宮区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区)、三郷市、朝霞市、志木市、新座市、戸田市、和光市

【神奈川県】
川崎市(宮前区、高津区、中原区、幸区、川崎区)、横浜市(鶴見区、港北区、都筑区、神奈川区、西区、中区、南区、保土ヶ谷区、港南区、磯子区)

【千葉県】
松戸市

お問合せ・お見積もりはお気軽にどうぞ

フリーダイヤル 0120-246-991 電話受付時間 : 9:00~18:00(月~金)

お問合せはこちら