戸建てリノベーション、中古住宅リフォーム、二世帯住宅リフォーム、スケルトンリフォーム、 新築そっくりリフォームなら-創業大正8年の株式会社ハイウィル

  • ホーム
  • ハイウィルの誓い
  • 施工事例
  • サービス一覧
  • お客様の声
  • 会社案内
  • スタッフ紹介
  • 5年延長保証について

創業大正8年 4代目稲葉高志の社長ブログ 住まいづくりは生き方づくり

社長ブログ 2007年05月

自分をお払い箱にしてみる。

2007.05.25

私は、サラリーマン時代も含め、自分に言い聞かせてきた言葉があります。
自分で自分の仕事を無くしてしまおう!という言葉です。
課せられた仕事は、ボトルネックの改善に努め出来る限り自分の作業を無くしてしまう心構えで取り組もうという精神です。

私の仕事が無くなる頃にはノウハウは蓄積されていますので、それを次の担当に引き継ぐという形で仕事をしてきたつもりです。

自分で自分の作業を無くす。つまり自分をお払い箱に追い込むことが会社への一番の貢献になると考えていたからです。
事実、サラリーマンだった頃は、かなり早いペースで役職が上がっていきました。

もともと新しいもの好きの性格でしたので、淡々と同じ作業を繰り返すことが自分のスタイルではないこともありますが・・

会社を設立してからも常に同じ姿勢で臨んでいます。
今の自分をもっと追い込んでいこう、と。
経営していて、あらためてこの考えは正しいことだったと思っています。社員がこの姿勢で働いていれば、その社員の存在価値はあきらかに会社にとって価値のある人間だからです。

弊社にもそういう人材がおります。

彼らが自分をお払い箱に!と考えているかはわかりませんが、少なくとも日々ボトルネックの改善に努めており、明かに業務が改善されたりと
確実な進化を体感することができるからです。

この思考をもっている人間とそうでない人間とでは、日を重ねるごとに、雲泥の差がでるのは明らかですね。


↓20代前半の社員に是非読んでもらいたい本です。

「まどりむプライス」のプレスリリースです。by株式会社シップ

2007.05.24

このたび、弊社ライブウェーブとして賛同させていただきました共同プロジェクト「まどりむプライス」のプレスリリースがシップ社より発行されていますので抜粋をさせていただきます。

■まどりむプライスの特長
「お客様が値引きの話をしなくなる提案方法」「仕入れ価格がグンと下がる調達方法」「営業の生産性を上げる標準化手法」の3つポイントを、住宅関連会社に利用していただくことで、価格競争からうまれる薄利多売傾向と粗利低下からの脱出を実現し、健全な取引のできる業界を創るという点にあります。

----------------------------------------------------------------------

近年、徹底したコスト管理によって、比較的所得の低い層にも手の届きやすい「ローコスト住宅」が大量供給されています。郊外地価の下落に低金利もあいまっての買い得感が、購入者の強烈な支持を集めています。その「ローコスト住宅」は大手住宅メーカーの供給商品より、1000万~1500万も低い価格設定をしているため、固定費を下げない限り、利益を上げるためには住宅の販売棟数を倍増しなければなりません。
しかし、集客に悩む業者が多くいる中、薄利多売のための多売を実現する集客を確信できる業者はごく一部に限られてしまうという現状です。

そこで、弊社は薄利多売傾向に対して、

 ①お客様ごとに個別性のある提案書
 ②国内一流メーカーの住設機器の仕入れ価格をグンと下げ、お客様に少しお得な価格で販売する
 ③営業マンが行っている提案書作成を、仕組み化により作成時間大幅削減

この3点をノウハウ化して活用いただくことで、適正粗利を確保するという結論にいきつきました。

仕入れ価格に関しては、株式会社ライブウェーブが運営する「住建館」を通し行います。「住建館」とは、生活者向けディスカウント住宅設備機器の販売を行っている「住設・建材百貨店」で培ってきた、インターネットで設備を安く買いたい生活者に施主支給を行うという流れを、業者向けに、その価格を下回る価格で卸売りをするWeb販売サイトです。

また「住建館」では設備を安く提供するだけではなく、事業者に対して「提案書サービス」を行います。つまり、安く卸すから安い商談になるのではなく、逆に値引きされにくい商談をサポートするというわけです。

これが「まどりむプライス」です。

これまで、仕入れ値を安くできるのは、大口顧客を持つ大手企業のみでした。また、こういったシステムを構築のための膨大なコストを負担できるのは一部の大手企業に限られていました。しかし、インターネットの活用で、何社もの企業がひとつのシステムを同時利用可能にしたシステムの実現によりコストを大幅に削減することが可能になっています。

----------------------------------------------------------------------
【まどりむプライス】

■サービス概要

住宅関連業者のための価格競争・粗利低下からの脱出を図るインターネットを活用したサービス

■特徴:
1.お客様ごとに個別性のある提案書をサイト内で作成可能、そのまま送付できる
2.国内一流メーカーの住設機器の仕入れ価格をグンと下げ、お客様に少しお得な価格で販売する
3.営業マンが行っているお客様への提案書作成を、仕組み化により作成時間大幅削減

■価格:
お問い合わせ下さい

■対象:
住宅関連業者全般

■サービスを作った経緯
現在の住宅業界では、相見積りになると契約をとるために価格を下げるため、結果的に粗利が減少しています。それを補う為には多売が必要になってきますが、集客に困る会社が多い中、多売は困難な手法となっています。
そこで、多売を必要としない仕組みを作ることで、中小の住宅関連会社でも利益を上げることができるようにしようというところからスタートしたサービスが「まどりむプライス」です。

----------------------------------------------------------------------
≪関連サイト≫

■まどりむ:http://www.mydreamhome.jp/
■住建館:http://jukenkan.com/modules/zox/


■お問い合わせ
・株式会社シップ 
〒113-0033 東京都文京区本郷1-33-4ヘミニスⅠビル5F
TEL*03-3868-9621 FAX*03-3868-9622 MAIL*info@shipinc.co.jp
WEB*http://www.shipinc.co.jp/
担当:企画部 児島

・株式会社ライブウェーブ
〒174-0063 東京都板橋区前野町6-46-18
TEL:03-5916-0320  FAX:03-3965-9763
MAIL*info@livewave.jp
WEB*http://www.livewave.jp/
担当:大谷

ギブ・アンド・ギブン

2007.05.19

弊社は企業自体が「利他の精神」を持つということを最大の目標として営業活動を
行なっております。

会社自体が利他の精神を持つ為には、各社員自身にも利他の心をもつ必要があります。
人間には必ずエゴがありますが、利己の欲望を少しでも抑えることで利他の精神が芽生えるのだと考えております。

そのためには代表の自分がと思い、日々反省しながら生きております。

ウェブ2.0革命が起き、ますます利他の精神が重要視される時代がやってきたのだと
毎日考えさせられます。

毎日反省して生きていると、いろんな発見があります。
今までの自分が恥ずかしくなるような事ばかりで、結局きれいごとを言っていても自分の事を優先して考えていたのだなぁ~とか
自分のダメな部分を日々矯正している感覚がします。

今までの自社のあり方までを考えさせられることがあります。
新しい取り組みに常にチャレンジをしてきましたが、その取り組みの根本にある思想や意義まで深く考えることが多くなりました。

日々の氣づきの中で、取り組むものの価値や社会的意義が日々進化しているのが自分自身の中で理解できるようになってきました。

自分の中での確固たる価値や社会的意義を確信できる事業は、必ずといっていいほど
成功するということです。

弊社は、たまたまインターネット事業を行なっていますが、この業界こそ「利他の精神」が必要な業界なのだと思っております。

弊社でもいろんなシステムを作っておりますが、そのうちの半数以上が、オープンソースでフリーのエンジニアが無料で提供するシステムを組み合わせて作っております。
当社のシステムも無償で提供し(寄付をいただける場合もありますが・・)さらにフリーの技術者がバージョンアップして無償でまた提供するといった形です。
システムは、タダで手に入る時代です。
システムを売っていても商売にはならないんですね。システムに自社のメソッド(ノウハウ)を入れて商品化することで初めてお金になります。

知識の価値が無くなる時代と叫ばれておりますがまさにそのとおりで、知識はタダで手に入る時代です。いかに知識を智恵にかえられるかということです。

「ギブ・アンド・ギブン」の考え方が基本となります。
つまり相手に与えることが喜びであり、誰かから与えられることもあるかもしれないが見返りを期待するものではないという利他の精神が基本なのです。

今後、弊社でもさまざまな事をやっていきたいと考えておりますが、基本となるのは
「ギブ・アンド・ギブン」。
この形を無くして、発展はありえないと考えております。


↓忙しい中でもなぜか本だけは読んでしまいます。

待望の業者様専用サイト「住建館」オープン!

2007.05.18

住建館

株式会社リブウェルが運営する一般小売サイト「住設・建材百貨店」の姉妹サイト
として、
本日業者様専用卸売サイト「住建館」を
オープンさせていただきました。運営会社は株式会社ライブウェーブとなります。

こちらのサイトは、住設・建材百貨店がオープンした当初から何度も工務店のお客様
やリフォーム会社さまからご要望をいただいていた企画が実ったもので、構想段階からいくとだいぶ遅れてしまいましたが、本日オープンさせていただきました。

住設・建材百貨店において既存の会員様8000人強の内訳で法人様が結構いらっしゃいます。こちらのお客様におかれましては、株式会社ライブウェーブより告知がいきますのでよろしくお願いします。

ライブウェーブとしましては、「住建館」が今後の柱サイトとなっていきますので、
メーカー交渉含めまして一層の努力をしていきたいと思っております。
また、弊社は商品価格の安さで注目を浴びております現状ですが、今後は価格は当たり前に安く
工務店様、リフォーム店様への提案という面でも力を入れて行きたいと考えており
ましたところ、工務店、リフォーム店への提案という部分でリーディングカンパニーと
名高い株式会社シップさんとお話をする機会があり、双方の目指すベクトルが同じであることから

このたび株式会社ライブウェーブは
株式会社シップと正式に業務提携をすることになりました。

株式会社シップが提供する提案ソフト「まどりむ」内で「まどりむプライス」という
コーナーがございます。こちらのコーナーで、弊社「住建館」と連動機能がございます。
弊社が提案する商品も「まどりむプライス」内に随時掲載していきますので、
まどりむプライス」につきましてもどうぞよろしくお願い申し上げます。

信念を貫く!やがて協力者は現れる。

2007.05.17

昨日、またまた施主支給をしたいという会社の社長さんが相談に見えました。
      
施主支給に関しましての相談は、私が記憶している限りで10社以上の社長様にアドバイスさせていただきました。

最初はどの社長様も「ラクそうだね。教えてよ。」とお話されます。
私は、皆様にはっきりとお伝えしています。

「表面的にはそううつるのかもしれませんが、そんなに簡単なモデルではないですよ。」と。


まして私が始めたのが、4年前で(この時のマーケティングはアナログでしたが・・)
弊社通販サイト「住設・建材百貨店」がオープンした当初は競合する会社はほとんどありませんでした。

しかし、この4年で50社以上は競合がひしめく中で、オペレーション体制をつくり効率化させ利益を出していくには、投資を含めたかなりの覚悟が必要です。

安い仕入が出来ても売る手立て(ノウハウ)が無ければ難しく、ネットにしても、アナログ販売にしても、それにかかる経費を考えた時にそんな楽なビジネスでないことに気がつきます。

特に思うことは、私が始めたころは、ネットは広告も費用がそれほどかかりませんでしたが、この数年で広告費用も数倍に膨れ上がってきています。
ネットの価値が上がっているんですね。

実際に、数社の社長様は始められましたが、そのうちの何社かはすぐに撤退されてしまいました。

価格面での訴求力だけでは難しい状態になっているのも事実ですね。

私個人の話をさせていただきますと、まず仕入れ経路を確立するまで苦労が絶えませんでした。
さらにインターネットで住宅設備機器の激安販売を行なう為、必然的に旧態依然のメーカー組織機能に弊害ができてしまうことはわかっていましたが、案の定、販売代理店である商社に圧力をかけ、商社を通じて弊社へ圧力がかかりかなり苦労しました。

事実、弊社は施主支給会社という点でかなり目立っていた為に、他の会社、これから開始する会社への見せしめとして弊社との取引を停止させるなどかなりの反発をうけながらやってきました。某一流メーカーであった事実の話です。

しかし、ここで諦めてはいけません。
私は、つらい時、いつも誰の為にやっているのかを考えながらやってきました。
それは施主の為だ!施主に貢献するんだ!そしてこの業界を変えるんだ!と。

その為、私は施主支給を始めたいという社長様から相談を受けた際、
一見しますと競合になってしまうかもしれない会社に見えますが、私が知っている限りのお話はさせていただいております。友人社長からは「バカかおまえは?」とよく言われるのですが、すべてはお施主様のため!業界を変えるため!なのです。

努力はするものです。さまざまな圧力に耐えながら徐々に風向きが変わってきております。一部のメーカーは直接取引をさせてほしいと言ってくるメーカーも出てきております。そのおかげで、さらに価格競争力を高めることもできましたし、業績も好調になりました。

施主支給の醍醐味は、「自分で選べることです!お仕着せでない自分仕様の設備機器を格安で購入できるということです!」その結果として、大幅なコストダウンが可能となるということです。


「自分で住宅設備を選ぶのなんて面倒だ!すべてプロに任せた方が安心だ!」というお客様へは絶対に向かないものです。そういうお客様がいるのも事実ですので、そういう方には、ハウスメーカーへのお任せコースを選択されることをオススメいたします。

時代は、新たなパラダイムシフトを迎えております。web2.0という概念に代表されるオープンな時代が到来しているのです。この変化に対応できない企業はこの先もどんどん自然淘汰されていくでしょう。

我々に必要な心構えは、変化のスピードに乗り遅れることなく愚直なまでに努力することだと思います。信念を貫いていれば、やがて協力者が現れるものです。

私は、今日ほどチャンスにめぐまれた時代はないと思っています。
不透明な時勢だからこそ、先を見通す力、難局を切り抜ける力、付加価値を生み出す力があれば、成功は向こうから転がり込んでくる。そう思っているからです。

施主支給応援サイト「住設・建材百貨店」のご案内

2007.05.16

    流通革命「施主支給」が日本の住まいを変える!!      
~ ネットワークの時代だからこそできた! ~        

弊社、株式会社リブウェルは施主支給(せしゅしきゅう)のリーディングカンパニー は、「より良い商品をより安くご提供する」をモットーに、住宅設備機器購入サイト『住設・建材百貨店』を運営している会社です。

こんにちは。住設・建材百貨店(株式会社リブウェル)の社長を務めております
稲葉高志と申します。

弊社は創業88年になる建築会社を母体とした会社です。
まず当社の紹介と施主支給をする上で有益な情報、施主支給を取り巻く業界の背景のお話をさせていただきたいと思います。

株式会社リブウェル会社沿革はこちら
   
住設・建材百貨店は、お施主様の興味・関心・満足にマッチした一流メーカーの住宅設備機器を取り揃えた「施主支給」支援ネットショップとして2003年に発足し、おかげさまをもちましてECサイトでは異例の月商5,000万円を超えるネット百貨店に成長することが出来ました。

私自身「施主支給」というシステムが広く認知され始めていることに素直に喜びを感じております。

私がこの業界に問いたかったのは「施主支給」という手法の確立です。

業界の複雑な流通構造を壊したかった。それだけです。
どの業界でも流通改革は起きています。

しかしながら、この業界だけは依然として多重構造となっているのです。
ここを何とかしたかった。

私個人の話をさせていただきますと、施主支給販売を開始した当初まず仕入れ経路
を確立するまで苦労が絶えませんでした。
さらにインターネットで住宅設備機器の激安販売を行なう為、必然的に旧態依然のメーカー組織機能に弊害ができてしまうことは理解していたのですが、実際行動に起こすと想像を超えるほどに。メーカーが販売代理店である商社に圧力をかけ、商社を通じて弊社へとその圧力がかかりかなり苦労しました。

事実、弊社は施主支給会社という点でかなり目立っていた為に、他の会社、これか
ら開始する会社への見せしめとして弊社との取引を停止させるなどかなりの反発をうけながらやってきました。これは某一流メーカーであった事実の話です。

何度も諦めそうになりましたが、私には諦めることができませんでした。
つらい時、いつも誰の為にやっているのかを考えながらやってきました。
誰のためだろう?それは施主の為だ!施主に貢献するんだ!そしてこの業界を変えるんだ!と。

努力はするものです。さまざまな圧力に耐えながら徐々に風向きが変わってきてお
ります。メーカーのなかでは直接取引をさせてほしいと言ってくるメーカーも出てきております。

そのおかげで、さらに価格競争力を高めることもできましたし、業績も好調になりました。

施主支給の醍醐味は、「自分で選べることです!お仕着せでない自分仕様の設備機器を格安で購入できるということです!」その結果として、大幅なコストダウンが可能となるということです。

しかし、「自分で住宅設備を選ぶのなんて面倒だ!すべてプロに任せた方が安心だ!」というお客様へは絶対に向かないのも施主支給です。

そういうお客様がいるのも事実ですので、そういうお客様へは、ハウスメーカーへのお任せコースを選択されることをオススメいたします。

都市圏を中心に「最も安く思い通りの家づくりができる」施主支給が急速に認知さ
れていく中で弊社では、これまで住宅設備機器販売を中心に、北は北海道から南は沖縄まで住まいへのこだわりとコストダウンを目指すお施主様が求める商材をより安く提供してきました。

最近ではその波が国内だけにはとどまらず、台湾をはじめとしたアジア圏や、施主
支給(分離発注)のサービスが一般的になっている欧米各地(日本製のシステムキッチンをイギリスへ販売)へも商材を販売する実績をいただきました。

開設当初はトイレや洗面化粧台といった比較的施主支給をしやすい商品のネット販売からスタートしましたが、その後Web上での販売は難しいとされていた「システムキッチン」と「ユニットバス」販売に着手。

この取り組みは“前代未聞”として話題を呼び、一躍住宅設備機器ネットショップ間での第一人者の地位を築けたのではないかと自負いたしております。

以来これまでに培ってきた経験と実績を活かし、現在では一流メーカーの住宅設備機器をどこよりも低価格で提供し、お施主様本意の施主支給支援に力を注いでいます。
これはお客様の強力な支持をいただいたことに加え、ネットワークの時代だからこそできたことだと考えております。

今後も取り扱い商品を吟味し、住設と建材の『Web百貨店』の名に恥じないようなネットショップの展開とともに、『納得のいく低コストの家づくり=施主支給』の方程式を定着させるよう、お施主様の満足度を叶えるべく住宅設備機器のネットショップの第一人者として取り組んでいく所存です。

現在は数多くの施主支給会社が星の数ほど存在しますが、増えれば増えるほど施主
支給でのトラブルが多くなってきているのも事実です。非常に残念なことです。

今後は、施主支給を依頼する業者を選び方が重要になってきます。 安さだけが何かとクローズアップされがちですが、施主支給とくに水廻りのシステム商品(システムキッチン・ユニットバス)などは、施工側と密接に係わり合いをもつ関係上、施主支給する
会社にも相応の知識が求められます。

スタッフの対応が良いなどは当然のこととして、お客様に施主支給を成功させる第
一歩となる良い業者を見分ける指標となるポイントがいくつかありますのでここでお知らせしたいと思います。

ショールームやスタジオなどお施主様の相談スペースを持っている会社を選びましょう。  (インターネット通販がほとんどですから会社(実店舗)がないところなども見かけま  す。売りっぱなしで実際は店舗がないようなこともあります。)

個人業者でなく法人を選びましょう。  (インターネットという特性から個人でも簡単にサイトを持つことが可能だか
  らです。高額商品を扱いますのでメーカーや商社は法人の優良企業と取引をしたい   と考えています。)

建築業の許可を有していること  (施工を伴う関係上、建築業免許は必須です。モグリ業者と選別が可能です。)

メーカーとの共催で相談会などを経験している会社
(メーカー商品を扱う以上、メーカーの協力を得ているかどうかの判断が必要
です。メーカーの信頼なくして商談会等は開催できません。どれだけ多くのイベン
  トを開催しているかも、信頼の証拠になる。)

 ⑤長年の信頼と実績がある
  (何といっても長年の営業経験が信頼の証です)
 
 
上記の5つのポイントに注意し施主支給業者の選定の指標としてください。


施主支給という言葉をご存知ないお施主様にとっても、自分で好きな商品を予算に応じて選べる家づくりへの関心はいっそう高まり、これから「施主支給」はますます成長していくものと確信しています。

皆様にも施主支給を利用して思い通りの家づくりに参加し“すてきな生活”を始め
てみませんか。
不安なことや質問があればいつでも施主支給の専門家がアドバイスをいたしますの
でお気軽にご相談ください。


                                 株式会社リブウェル 代表取締役 稲葉高志

【東京・埼玉・千葉・神奈川のお客様に朗報!】

1都3県(東京・埼玉・千葉・神奈川)エリアで
住設・建材百貨店で購入した商品でリフォームが可能となりました。
 今後エリアを拡大していきます。


詳しくは住設・建材百貨店姉妹サイト【施主支給DEリフォーム】をご覧ください。

■施主支給とは
お施主様ご自身で住宅設備機器・建材等を直接激安で購入し、施工会社
(ハウスメーカー・工務店・リフォーム会社など)に支給して設置すること
です。

■施主支給が安いわけ
ずばり!仕入れの際に発生する中間マージンを排除したからです。通常の商品
仕入れルートは『メーカー→販売代理店→2次問屋→地域の建材販売店→地域の
工務店やリフォーム会社』となり最後にお客様が工務店やリフォーム会社から
商品を購入するという流れになっています。

そこで弊社では大手ハウスメーカー並の仕入れ量とインターネットを媒体と
した徹底的な固定費削減し、上記による流通で発生する中間マージンを出来る
限り抑えてお施主様に商品を提供するという体制づくりを確立しました。
その結果、卸価格(地方によっては一般企業よりも安く)でより安く商品を
販売することができたのです。

■施主支給の利用価値
お施主様自身で予算やメーカー、機能、デザインなど納得のいく商品を自由に
購入することで、住宅設備機器価格の透明化にもつながり設備機器の大幅な
コスト削減ができます。
お施主様は自分が欲しい商品を施主支給するだけで、建築費用も最小限に
抑えることができ予算も組みやすくなるはずです。そうすることによって最も
効率のよい住まいづくりが可能となります。

キャパオーバー!!

2007.05.10

GW明けから一気に忙しさにも拍車がかかり、早速予定よりも2日間も遅れを・・

混乱してくると何が何だかわからなくなってしまうので、私はマンダラ手帳という

手帳を使っているのですが、これを使っているおかげで何のどの作業が遅れをとって

いるのかがわかります。。それだけでもあり難い。。

マンダラ手帳に慣れるのにも時間がかかりましたが、マインドマップを書ければと

最近になって思います。

だいぶ前に、部下の田中が「マインドマップはいいですよ~。。」といっていたので

すが、その時は特に必要性を感じていなかった為、無視していたんですね。。

今からでも遅くはない!マインドマップを書く練習をしてみよう!!

そんな心境のGW明けです。。いや~疲れます。


↓以前、この本を読んでマンダラ手帳を使うようになりました。

↓最近は一度挫折したマインドマップを見つめ直しています。

コメントいただいていた皆様すいません!!

2007.05.09

只今、スパム系のコメントやトラックバックが1日当たり100件くらいあって、
実際いただいたコメントと整理をしていた矢先に・・・膨大なスパムコメントを削除していたのですが
あれ・・・全部消えてしまった??
ウソ?ヤバイ!!
ってなことで消えてしまったコメントがかなりあるかと思います。
コメントをいただいた皆様すいません!!!
今後は設定を変えましたのでコメントを随時書かせていただきます!!
よろしくお願いします!

やった~GWだ~

2007.05.02

やっと明日からお休みをいただけそうです。。

といっても予定も立てていないのでこれからどこいこうか決める
感じです。家族でのんびりできれば良し!としたいところですが
普段、家族サービスを怠っているので、ここはイイトコ見せないと!・・ですね。。

今回の休みは心身ともにリラックスして休養がとれそうです。
こんな年は、創業以来初めてではないかと思います。
これも今まで支えてきてくれたスタッフのみんなと当社をあたたかく見守っていただいたお客様のおかげだと思います。有難うございます!!

私自身、今までがむしゃらに走り続けてきまして「利他」という
言葉を日々意識し、とにかく誰よりも速く走るんだ!と思って
やってきました。
自分で与えられることは見返りを求めず与え続ける!
これに徹して来たつもりです。
たくさんの損はしていたのかもしれませんが、あまり気にせず、自分が力になれることは積極的に利他しています。
潜在意識まで到達するほど強く思い「利他」の精神を心を植えつけるのだ~!と日々反省しながら
生きております。
ここにきて、変化を感じるようになりました。成果が目に見える形で現れつつあるというか、今まで4年間積み上げてきたものがいよいよ形になろうとしております。

私のような青二才が「与える」と偉そうにいっても恐らく大したものではなかったのでしょうが、少なくとも私が与えることができうる最大のことそして与えることができたものの価値が数倍になって自分に帰ってこようとしております。
これが稲盛会長のいう「宇宙の法則」なのか~と一人で感動しております。そしてますます与えなければと思う今日この頃なのです。

今年、来年で大きな飛躍をしたいと考えております。

今後共、株式会社リブウェル・株式会社ライブウェーブをよろしくお願い申し上げます。

↓著者のような方が真の人格者なのでしょう。
 貯金法だけでも早速実践していきたいと思いました。

プロフィール

稲葉高志

生年月日:昭和51 年4 月5 日
血液・星座:A 型 おひつじ座
家族構成:奥さんと息子2人に娘1人
出身地:東京都板橋区
住まい:日暮里
【私が好きなこと】
趣味:読書・温泉・食べ歩き
好きな言葉:忘己利他
好きなタレント:菅野 美穂
好きなスポーツ:スキー・サッカー
好きなチーム:インテル
好きな色:モスグリーン
好きな動物:犬(ラブラドール・パグ)

稲葉高志Facebookはコチラ 
★友達申請お願いします♪

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

アーカイブ

ハイウィルの施工エリア

当社ハイウィルでは、施工後のアフターケアに素早い対応を心がけているため、当社所在地荒川区より60分圏内を施工可能エリアとしております。(その他地域については、ご相談ください。)


【東京都】
荒川区、台東区、文京区、北区、足立区、葛飾区、墨田区、江戸川区、江東区、板橋区、練馬区、豊島区、中野区、杉並区、新宿区、千代田区、中央区、港区、渋谷区、世田谷区、目黒区、品川区、大田区、武蔵野市、西東京市、東久留米市、清瀬市、三鷹市

【埼玉県】
八潮市、草加市、川口市、蕨市、さいたま市(大宮区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区)、三郷市、朝霞市、志木市、新座市、戸田市、和光市

【神奈川県】
川崎市(宮前区、高津区、中原区、幸区、川崎区)、横浜市(鶴見区、港北区、都筑区、神奈川区、西区、中区、南区、保土ヶ谷区、港南区、磯子区)

【千葉県】
松戸市

お問合せ・お見積もりはお気軽にどうぞ

フリーダイヤル 0120-246-991 電話受付時間 : 9:00~18:00(月~金)

お問合せはこちら