戸建てリノベーション、中古住宅リフォーム、二世帯住宅リフォーム、スケルトンリフォーム、 新築そっくりリフォームなら-創業大正8年の株式会社ハイウィル

  • ホーム
  • ハイウィルの誓い
  • 施工事例
  • サービス一覧
  • お客様の声
  • 会社案内
  • スタッフ紹介
  • 5年延長保証について

創業大正8年 4代目稲葉高志の社長ブログ 住まいづくりは生き方づくり

社長ブログ 2006年

仕事納め

2006.12.29

今年も残すところあと3日となりました。

私自身は今年一年全国を飛び回りほとんど会社にいる日がありませんでした。

疲労もかなりピークですね。。毎年、この時期になると緊張の糸が切れるというのか

だいたい寝こみます。今年も年末を待っていたのかのように具合が悪くなり、

本日の幹部会議も集中できるかどうか・・・最後の最後なので頑張ります。

お正月だけが唯一、心身ともに休める休暇となりますのでしっかり寝てから、普段

まったく世話を出来ていない家庭サービスをしようと思っています。

ドゥスタジオをオープンして丸一年、営業本部を練馬区大泉学園に移し少し

ずつですが、新たな環境に慣れつつあります。

工事の実績も自社の得意とする増改築中心へとシフトができた年であったと思います。

来年も木造増改築とマンションリノベーションに特化した会社として頑張っていきます

のでよろしくお願い申し上げます。


株式会社リブウェルは明日から冬期休暇を頂きます。

【年末年始休み】
12月30日(土)~1月8日(月)

【始業日】
1月9日(火)~ 通常営業

となります。

来年も更に進化し続けて参りますので、宜しくお願い致します。

それでは皆様よいお年を。

白蟻駆除

2006.12.25

「匠」は1989年創業のアイジーコンサルティング社との共同開発商品となっております。アイジーコンサルティング社は旧社名が井上白蟻研究所という名称で白蟻駆除に関しては中部地区ではかなり名の通る老舗です。

白蟻駆除のノウハウは、ほぼ100%アイジーコンサルティング社の推奨する施工方法で施工させていただきます。


【蟻道】
白蟻は光に弱いため、自分たちが通る道を砂で作って暗闇を作ります。
被害のある住宅の多くはこの蟻道が発見できます。
蟻道③

【被害】
シロアリは光に弱いため、
基本的には木材の内部(柔らかい)部分しか食べません。
従って見た目には被害があるかどうかはわかりませんので、専門家の調査が不可欠になります。

内装をいくらきれいにしても、外観をどれだけお洒落にしても、どれだけ地震対策をしても、シロアリに食べられては、もともこもありません。必ず消毒は必要です。

またベタ基礎だからと言ってシロアリがでない訳ではありません。
シロアリはコンクリートを溶かして内部に侵入していきます。

スケルトン時には、
必ず白蟻消毒を実施します。

白蟻被害④ 白蟻被害⑤
↑ここまで被害を受けていると消毒では手遅れです。
↓土台や柱も差し替えとなり、新設した土台、柱の上から消毒となります。
白蟻被害⑩ 
白蟻被害⑦

一戸建てリフォーム(増改築専門)のお悩み解決特設サイト
増改築.jpg

耐震補強~火打土台・火打梁~

2006.12.25

【火打材新設】

木造建物で、水平に直交する部材の接合部・交差部がしっかりと固定されるよう、
斜めにかけわたされた補強材のことをいいます。

地震の時などに建物の角がゆがまないように、土台面、床面、梁面などに必ず入れる部材のひとつです。土台の交わるところに入れるものを「火打ち土台」、胴差し
や梁まわりに取り付けるものを「火打ち梁」といいます。

過去の建物(特に昭和56年以前)は火打ち土台が入ってなかったり、火打ち梁も
不足しているものがありますので、「匠」では標準仕様で解体時、スケルトンになった状態で設置します。

火打② 火打④

一戸建てリフォーム(増改築専門)のお悩み解決特設サイト
増改築.jpg

耐震補強~筋交い&耐力壁~

2006.12.25

【筋交い・壁新設】

軸組構造で、台風や地震などの横から建物にかかる力に耐え、軸組の変形を防ぐ
ために対角線方向に入れる部材。

筋交いをいれることで、建物は横から押される力に突っ張って抵抗します。
建物全体を強固にするために必ず入れ、釣り合いをよく配置し、ねじれが生じな
いようにします。

過去の建物(特に昭和56年以前)はこの筋交いが不足していたり、壁(耐力壁)が現在の基準量に満たしていない場合があるので、「匠」では解体してスケルトンなった状態で筋交い補強・壁の新設を致します。

筋交い① 筋交い②
筋交い③ 筋交い④

壁量が足りず耐力壁を新設する必要があるが、窓からの採光を考慮し、窓を残し、筋交いをあえて露出させることもあります。
耐力壁を新設することで、採光が取れなくなる場合には、このようなご提案をすることも可能です。

デザイン筋交い① デザイン筋交い⑦

一戸建てリフォーム(増改築専門)のお悩み解決特設サイト
増改築.jpg

耐震補強~アンカーボルト&ホールダウン金物~

2006.12.25

【アンカーボルト・ホールダウン金物】

建物を支える基礎から土台や柱が抜けないように、柱と土台を緊結するための特
別なボルトで、住宅の四隅など、特に重要な部分に使うもの。

地震の揺れによって柱が土台から引き抜かれないように設置します。
1階と2階の柱の接続にも使われることもあります。
建築基準法では、柱と土台など構造上重要な部分に、
ホールダウン金物やアンカーボルトをはじめとする金物を使うことを義務づけて
います。

過去の建物(特に昭和56年以前)はこのボルトが足りなかったり・緩んでいたり
・なかったりするので、「匠」の施工の際には標準で補強をさせて頂いております。

アンカー&ホールダウン① アンカー&ホールダウン②
アンカー&ホールダウン③ アンカー&ホールダウン④
アンカー&ホールダウン⑤ アンカー&ホールダウン⑥
アンカー&ホールダウン⑦ アンカー&ホールダウン⑧
アンカー&ホールダウン⑨ アンカー&ホールダウン⑩

一戸建てリフォーム(増改築専門)のお悩み解決特設サイト
増改築.jpg





断熱材選びが重要

2006.12.09

改築をする場合、避けては通れないのが断熱材選びとなります。
それは、日本の住宅の歴史は常に結露との戦いの歴史といっても過言ではないからです。
結露を防ぐ為に、どんな断熱材を使うのか。そしてどのように施工するのか。
改築を終え、その後安心して何十年とお住みいただく為に重要な選択となります。

寿命の長い「いい家」のポイントは「断熱」です!

結露の怖さ

住まいの寿命は断熱材にかかっている!



現在、日本の住宅の寿命は、平均26年と非常に短いです。

木は、強度と耐久性に優れた構造材ですが、水によって腐ったり、強度をなくします。
水まわりが痛みやすいことは誰でもご存知だと思います。「目に見える水」だからわかりやすいと思います。

しかし、住宅の寿命を短くした犯人は、実は、「目に見えない水」であることを知る人は、大手ハウスメーカーでも、工務店でも、意外に少ないという事実があります。

・・・・それと「断熱」といったい何の関係が・・・?
断熱と聞けば、その名の通り「熱を断つ」もので、「夏にも冬にも左右されず、室内の温度を保つこと」と思っている人が大多数だと思います。
それはプロであるハウスメーカー・工務店でも同じだったんです。その程度の認識しか持っていませんでした。
ですから、とにかく断熱材を入れれば、「夏涼しく、冬暖かい」とか、「省エネ住宅」だと思っているのです。

確かに、温度調節は、断熱の大きな役割のひとつです。
しかし大切なことを忘れてはいけません。
人が生活する住宅内部には、大量の湿気が継続的に発生します。
加えて日本の高温多湿な気候によって、間違った断熱は内部結露(壁の中で汗をかく現象)を引き起こすのです!

エアコンの室外機のホースから外に流れる大量の水を見たことがありますか?
あれは、すべて室内の空気に含まれていた湿気なんですから、「目に見えない水」がいかに多いかわかると思います。

内断熱でも、厚い断熱材を使用すれば、室温を保つことは可能です。
しかし、内部結露の危険性は依然として減っていません。
例えば冬、湿気を含んだ室内の空気が、室内側の壁に防湿処理が不十分な箇所があれば、壁の中に入った水蒸気が冷やされて内部結露を起こす可能性があります。

夏は、高温多湿の外の空気が、エアコンで冷やされた室内の冷たい空気と壁の中で出会って結露を起こします(逆転結露)

温度を保つことは、隙間が出来やすい内断熱でも可能ですが、少しの隙間でも、空気が入り込めば、結露は起こるのです。

結露が発生すれば、断熱材は、水分を含んで、断熱材としての役割を果たさなくなり、直接接する柱などの木材を腐らせたり、カビ、シロアリ等の発生原因となります。

ベニヤなどは、湿気を大量に含むと、張り合わせた層がはがれ始め、板材としての機能を完全に失います。

充填工法では 隙間の無い断熱・防湿層の施工が完璧でない限り、結露の心配が離れません。
これは 現場で施工する業者の知識や技術力まかせとなり、品質にもバラツキが出ることになります。

どんなに優れた構造・厳選素材を採用しても、結露を起こす家では意味がなく、長持ちしません。

ハイウィルでは、内部結露を防ぎ住まいの寿命を長持ちさせる家をコンセプトに
「ダブル断熱工法」を推奨いたしております!

東京のリフォーム・増改築は1919年創業のハイウィル

補強工事~金物~

2006.12.09

木造軸組住宅の家の補強は、本来の柔構造の良さを生かすことが大切です。

よく頑丈な金物で、接合部分をガチガチに固めてしまうという方法があります。

しかし木造軸組住宅は、基本的に柔構造なのです。
すべての関節を固定すれば、力は柱に集中し、最終的には折れてしまいます。
その為一方向にしか効かない補強では困るわけです。

巷で使われている一枚板の金物は、二次元にしか効きません。
平面の方向の力には耐えますが、直角方向の力には、簡単に曲がってしまうでしょう。

ではこの金物をあらゆる方向に備えて多数取り付ければどうでしょうか。

金物の固定は、スクリュークギやふつうのクギで行なわれます。
1つの金物を止めるだけでも何本ものクギが打たれることになります。
もうお分かりかもしれませんが、見方を変えれば、これは柱に穴を開けたり
裂いたりしているのと同じことになってしまいます。
打てば打つほど柱の耐力は弱くなってしまいます。

そのうえ、サビて腐る鉄製の金具ではそう長くはもたないでしょう。
条件によっては、20年でサビて腐ってしまうケースもございます。
ハイウィルでは多少高価となりますが極力ステンレス製の金物を推奨致しております。
ビスもすべてステンレスです。

台風・地震の多い地方や、木造3階建住宅の多い都市部で、横ゆれやネジレにおける対策が求められています。
これまで、この水平面に対する補強はほとんど打つ手がなかったのが実情です。
そこで当社では、水平面への補強を解消する為にネダレス工法(剛床)を採用し、厚さ24㎜の合板を各階のフロア下地にはることで対応しています。、
また、天井の四隅を対角線上に結ぶ水平ブレース工法をオプションで用意いたしております。ただし建物全体として三次元の補強効果を発揮するために、一階、二階のタテの壁面を補強を強化しておくことが大前提となります。


施工例の一部を紹介します。

こちらのお住まいは、2軒の建物を1軒にするというとても難しい現場です。
2軒は2軒でも、それぞれが扇形のような形で交わる形となり、現在は漢字の
「八」のような形をしております。

このようなケースの場合、ガチガチに補強をしてしまうと、地震の際に構造上
耐力的に逃げ場がなくなりますので非常に危険です。
間取りも不規則な形になりますので、柱も2本ほど抜かないと納まらない現場でした。
柱を抜いた箇所は、鉄梁補強をご提案させていただき、耐力的な逃げ場は金物に
細工をすることでクリアさせていただきました。

お施主様も1級建築士の方でしたので、こちらからご提案させていただく内容等の
打ち合わせもスムーズでした。

補強4
↑柱を抜いた箇所に鉄梁を、老朽化していた鉄梁を支える柱も鉄柱に差し替え。
本来は鉄梁を使いたくなかったのですが、木の梁の場合、さらに梁せい(高さ)
が必要になる為、天井高が低くなってしまうことを踏まえ、鉄梁を採用させて
いただきました。

補強1
↑火打ち材が入っていなかった為火打ち金物と水平ブレースで水平耐力に備えます

一戸建てリフォーム(増改築専門)のお悩み解決特設サイト
増改築.jpg

「匠」の目的

2006.12.09

当社の強みは、何と言っても前身の母体である親会社から引き継いでいる
木造建築のノウハウです。

87年木造一筋で社寺仏閣を含めた新築・増改築を行なってきました。
「リフォーム」という言葉は造語ですが、この言葉が出来るずっと前からずっと施工してきました。

現状、当社で行なっている工事も80%以上が木造の増改築です。
何千棟とその時代時代の住まいを大規模に解体させていただくなかで、本当に
多くの欠陥もみて参りました。

信じられない事ですが、柱が無い家、断熱材の無い家、梁が固定されていない家、雨ざらしになっていて放置したままの家、シロアリに住まいの構造材のほとんど食い荒らされてしまっており倒壊寸前の家などなど、本当にたくさんの木造建築を見て参りました。

結露 構造体の腐食
↑結露は身体にも有害です。  ↑断熱材が入っていない!結露により構造体が腐食

雨漏り1 雨漏り2
↑雨漏りを放置。          ↑下屋部分の雨漏りを放置

シロアリ被害 本来は火打材を!
↑シロアリに食い荒らされた土台  ↑本来であれば火打材で補強すべき箇所!
                       ボルトの穴は空いているのですが金物はな
                     く、その穴を利用し電気配線が!明らかに意図的な悪質施                工です。
                       とても許しがたい!


これらの写真はごくわずかな例です。
数々の木造住宅を見ていく中で、さまざまなご相談をお受けし、その度に、
自社熟練の技術者と都度、ひとつひとつ適切に問題解決をしてまいりました。
これらの経験は当社にとってかけがえのない財産であると思っております。

弊社のの考えるリフォームの根本はここにあります。
お客様の悩みを解消するということ。そしてプロの立場として適切な方法で
施工することです。何度も申し上げますがデザインが先行するのではなく絶対的
な安全の上にデザインは成り立ちます。

弊社でもデザインリフォームは手掛けておりますが、基本となる構造や工法は

完璧にクリアした上でこそデザインが映えるものであると確信しております。

住まいの寿命を縮める原因はさまざまですが、共通して言える事は

構造体を早く痛ませてしまっているという事。構造体を痛ませる要因は

結露であったり、補強方法であったり、工法の欠陥であったりといろいろです。

増改築する場合、どの解決方法が最も最善かは、そのお住まいの状態により変わっ

て来ます。

結露なのか?雨漏れなのか?構造体の継手や仕口の欠陥なのか?補強方法の不備なのか?

その住まいに最も合った解決方法を探すことになります。

弊社のの蓄積されてきた木造建築のノウハウ・エッセンスをすべて盛り込んで出来た商品が「匠」です。

テーマは「構造体を守るリフォーム」です。

当社は、単なるリフォーム会社という立場ではなく、

住まいの悩みの本質を解決する技術をもっていると自負いたしております。

今後も、技術集団として地域貢献も含め本物の建築を追及していく方針です。

一戸建てリフォーム(増改築専門)のお悩み解決特設サイト
増改築.jpg

リフォームではなく改築

2006.12.07

創業1919年の株式会社リブウェルと創業1899年の株式会社アイジーコンサルティング(オーパス横浜都筑店)との改築共同開発商品のご紹介をさせていただきます。

その名も「匠」。

「匠」は根本的に戸建住宅向けの商品となりますが、戸建住宅は戸建住宅でもこちらの工事は通常のリフォームとは違います。
障子や壁紙の張替えなどの表装工事、水廻りの設備機器交換などの営繕工事が対象ではありません。

都心ならではのお悩みの筆頭に挙げられる「築年数は経っているが新築できない」
状況のお客様専用の改築商品といえます。

建て替えは諸事情によりできないが、改築で間取り変更を含めもう一度構造を見直したい!そういうお客様の為の工事商品となります。

デザインデザインと叫ばれる時代でございますが、構造を無視したデザインなどはリフォームはもちろん改築において絶対にあってはならないことであると当社は考えております。

元来、弊社は木工事(大工)系出身の工務店である為、木造の改築には特に気を使って参りました。創業87年の実績があり今まで積み上げてきたノウハウがございます。
リフォーム屋ではなく工務店が本気で取り組む改築とお考えいただければと思います。

そもそもリフォームや改築自体はお客様の人生の中で、数少ないイベントの1つであると思います。その為、この先20年30年と安心して快適に暮らしていける住まいをご提案させていただきたいというのが当社の考えです。

安全が第一です。安全の延長にデザインがあるというのが当社の考え方です。
木造では特にここが重要だと考えております。

注文住宅であれば、以前建てられたときの職人さんの姿や住まいの建てられていく様子を御覧いただいている方も多いと思いますので、ご自分のお住まいの良いところ悪いところなどお分かりいただいている方も多いのですが、もし今のお住まいが施工中を拝見していない建売住宅であれば解体後にさまざまな問題が出てくることも多いのが実情なのです。

「匠」は、既存住宅の躯体や構造はもちろん敷地内に新たな基礎を新設したり、
給排水の配管移設工事はもちろん、間取り変更に伴う柱の位置変更や梁のかけ替えなど
構造的にも複雑になりますので、現場の管理能力の高さ、職人の技術のかなり力量が問われる内容となります。

私がお世話になっていた父の工務店で現場管理をさせていただいていた頃、抱えていた
案件がこのような現場ばかりでした。この技術力をお客様に提供できないだろうか。
そんなことを考えながら3年の月日が経ってしまいましたが、
そのようなとき、弊社と同じ思いを抱かれていたアイジーコンサルティング社との強い共感が生まれこの度商品化の運びとなりました。

優秀な現場管理者と優秀な職人に恵まれていたからこそ提案できる改築商品であると
自負いたしております。

当然新築よりも手間もかかりますし難しい工事になります。
費用も新築以上にかかることもございます。

その為、なんとかコストダウンできないかを考えておりました。
もちろん工事としてかかってしまう費用(手間)は省くことができませんので違う形で
コストダウンができる方法を模索しているところ、施主支給という手法を導入する運びとなりました。

工事費は職人さんのレベルにもよりますがある程度は決まっております。
そこをコストダウンしてしまうので欠陥工事になるのであり、定価がある商品については安いところからお客様が直接仕入れ当社に支給していただくシステムなら技術レベルを下げることなくコストダウンできるのではないかという考えです。
当社は施工を生業としている会社ですので、定価のある商品であれば、少しでもお安いところからご購入いただき、お施主様の負担が少なくなるほうが良いと考えております。デザインを取り入れたければ建築家に、しっかり施工してほしければしっかりした工務店に、定価のある商品は安いお店から購入。
これが本来の建築業界の姿であるべきであると我々は考えております。

両社が考えるローコストな住まいとは格安工事ではありません。
お施主様の為に正しい事をそのまましている。それだけなのです。

両社では、総工費の中でも比較的大きな価格ウェイトを占める住設機器につきましては
特に施主支給を推奨いたしております。

現在ではインターネットショップやアウトレットショップなどでもお安い商品をお客様が自由に選択できる時代となっておりますので
積極的にご利用されることをお勧めいたします。

また、弊社は技術優位の会社としてプライドを持っておりますので、営業マンという人間は存在しません。すべて現場を経験した施工管理やプランニング・積算などができる精鋭スタッフ(女性も)です。

社内の職人につきましても高度な施工の品質を維持する関係から、創業以来直接施工をモットーとしております。

ご縁がございましたら何卒宜しくお願い申し上げます。

一戸建てリフォーム(増改築専門)のお悩み解決特設サイト
増改築.jpg

ダブル断熱の本当の凄さ

2006.12.07

【ダブル断熱の冬は快適のお話】


さて、これからの時期、どうしても暖房費が

かかってしまうもの・・・

皆様、一体毎月いくらくらい使われていますか?

オーパスのダブル断熱の住宅なら、

暖房費がめちゃくちゃ抑えられます!

日本で一番ポピュラーな組み合わせである、【グラスウール】+【サイディング】

の住宅(寿命30年)に比べ、年間で約8万7千円も浮くんです!!

50年間住むと仮定すると、その差は何と430万円・・・

快適に暮らせて尚且つ430万円得をする。

さらに!

メンテナンスの必要な外壁だとメンテナンスコストが痛いですよね・・・

10年に1回足場を組んで補修すると??

約100~150万円くらいはかかります。

10年で100万円×5回=500万円。

理由は目地部分のコーキングが紫外線で必ず痩せるから。などなど。

ということは、目地部分を全て覆ってしまうフレックス工法・ガルバ工法仕上げだ

と・・・目地がな~い!

つまり、コーキング部分の補修の必要がないのです。

それでも50年も住めば、2回くらいは補修の必要がでてくるかもしれません。

100万円×2回=200万円


その差は300万円!


よく、通常の内断熱グラスウールの家とダブル断熱を比較して、

「ダブル断熱いいんだけど、高いもんなぁ~。」

とおっしゃられる方もみえますが、これでもまだそう思われるでしょうか。

確かに初期のコストは少し高いです。

でも、建てた後のランニングコストこそが命。

つまり・・・電気代、メンテナンス費用を考えると、


合計:約730万円もお得なんですよ!


さらに、オーパスのダブル断熱工法だと火災保険が最大30%も割引き


木造でも保険会社が安心だと認めた工法なのです。


日本で唯一の防火認定番号も取得していますので、安心&安全。

200万円のコストダウン!

2006.12.01

現場見学会のご案内

ダブル断熱を採用した超高気密高断熱の住まいの現場見学会が、明日12月2日(土)
12月3日(日)の2日間で行なわれます。

こちらのお客様は住宅設備機器について施主支給を利用されましたので、

同じ仕様で200万以上のコストダウンが成功しております!!

当日ご来場のお客様には、施主支給応援企業「株式会社ライブウェーブ」より

特価の適用と弊社よりモニターキャンペーンのご案内をさせていただきますので

奮ってご参加下さい!

耐震補強工事~基礎編~

2006.11.22

「既存建物の耐震補強工事」   過去、大地震と共に建築に関する法律が改正されてきました。 良くいわれるのが、1981年(昭和56年)の改正から新耐震という一線を引かれ、それ以前の建築された建物は阪神大震災でも大きな被害が報告されています。

その後、阪神大震災後の教訓より数多くの改正がされ現在に至ってます。
また建築基準法以外にも色々な法律が整備されてきているのが現状です。

リブウェルでは数多くの改築(柱残しの改築)をしてきましたがその建物のほとんど
が新耐震以前に建てられた築30年以上の建物です。
具体的にどのような補強をしているのでしょうか?
補強工事について触れてみたいと思います。

まず現場調査にお伺いして診断させていただくわけですが、基礎について述べると

1:基礎の立上り部分のクラック(不同沈下が原因の場合が多い)
2:無筋(鉄筋が入っていない)の基礎コンクリート(ブロックの場合もあります)
3:建物の外周部のみ基礎がある。
4:基礎の立ち上がりが低く、土台が腐っている

 上記のようなケースが過去にかなり多いのが実情です。

こうなってしまっている場合、建て替えしてしまった方が安くあがるケースもあります
。しかし新築したくないとおっしゃるお客様がおられます。理由はさまざまです。
純粋にこの家に住み続けたいというお客様もおられれば、セットバックはしたくない、長屋で隣家と重なってしまっていて新築には出来ない。などいろいろなお客様が
おられました。

上記のケースのような場合、耐震補強工事に欠かせない構造計算も正確に出来ない
ので構造計算が出来る状況にのせることが必須事項となるわけです。
 
まずはひび割れ部分の補修方法です。
コンクリート基礎のひび割れの対処方法として、軽微なヘアークラックの場合、
エポキシ樹脂を充填して強固に固める方法で施工します。
またある程度大きなひび割れで、構造上影響のありそうなものは、エポキシ樹脂で固めた上にコンクリートを打ち増しします。
その際既存の基礎にはケミカルアンカーを打ち込み、しっかりと鉄筋で緊結することが重要です。

次に、無筋コンクリート基礎やブロック基礎の補強方法です。
上記のような基礎の場合、一体化されていないため水平方向の地震に非常に弱いといえます。まず、基礎を一体化する補強が必要です。
無筋コンクリート基礎とブロック基礎の場合、既存基礎に抱き合わせる形で外側に、コンクリート基礎を作ります。その際既存の基礎にはケミカルアンカーを打ち込み、しっかりと鉄筋で緊結し、新しい基礎と土台はアンカーでしっかり緊結することが必須です。

また弊社では、通常の簡易基礎であっても地震が来ても耐えられるベタ基礎を標準仕様としております。
 方法は、既存基礎にケミカルアンカーを200ミリピッチで千鳥状に打ち込み、そのケミカルアンカーに新設する基礎の立上りの鉄筋を差し込んで、新しく作るベタ基礎の鉄筋と一体化させて軟弱基礎を支える工法です。ベースコンクリート(耐圧盤)を打設後、立上りコンクリートを打設します。
火打① 火打②
火打③

 
 
↓↓↓↓業界初地震補償付きの制震ダンパーの紹介です!↓↓↓↓
bnr_bamper.jpg

一戸建てリフォーム(増改築専門)のお悩み解決特設サイト
増改築.jpg

商品名は「匠」

2006.11.22

もうまもなく発表できる木造改築商品の商品名が決定しました。

その名も「匠」!

ベタだなぁ~と思いましたが、匠と呼ばれて恥ずかしくない工事を提供する自信が

あります。今回はあのアイジーコンサルティングさんと共同開発商品となります。

両社の優れているところを抜き取ったような商品の為、弊社としてもかなり気合が

入っております。

この商品をリフォームとは呼びたくありません。あくまで「改築」と呼ばせていただき

たい。そう思います。

仕様は、住まいの表装を施工するリフォームではなく、柱や梁など構造材のみを残し

あとはすべて解体する工事となります。

対象となるお客様は、新築かリフォームか真剣に悩まれておられるお客様。

新築したいけど、セットバックなどの条件がありリフォームという選択肢しか残されて

おられないお客様です。

リブウェルの87年の木造ノウハウとアイジーコンサルティング107年のシロアリ

・耐震ノウハウの集大成となる商品です。

いつか商品化したいと思っていたことが、アイジーさんのご協力もあり仕様も完成し

つつあります!

超INAX祭!予約満員御礼です!

2006.11.18

明日、弊社グループのライブウェーブ主催で開催される「超INAX祭」が

完全予約制50組様招待となっておりましたが、50枚の予約優待券もすべて

ご郵送され施工会社として、施主支給をバックアップする当社としても非常に

楽しみです!


今日は、久しぶりに親父を連れて現場調査にお伺いいたしました。

内容は、オール電化を含む増改築工事でした。親父を連れて行ったのは、増築の際

に抵触してしまう屋根の納め方を相談したかった為です。おかげで問題は解決でした。

ご選定されておられる設備機器(キッチン・バスルーム・洗面化粧台・トイレ便器

など)のグレードが高い商品でしたので施主支給システムをお勧め致しておりました。

金額的にもご納得いただけたようでうれしかったです。

通常、1500万を超える増改築のボリュームでしたが、同じ仕様で約1200万

まで下がりました。弊社は本格的な施工をしたいので、これだけ商品で下がると

そこからいろいろな提案ができます。

明日の超INAX祭にもご参加されるとの事で商品については、スペシャルプライス

が期待できそうです。

検索エンジン

2006.11.17

リブウェルは設立した際より、お客様の集客業務というものをチラシを使わず
に一貫してホームページを使った方法で行なっております。

チラシはチラシのやり方というものがありますが、インターネットにはインターネット
のやり方というものがあります。
リブウェルはWeb人口の多い東京で営業活動をしておりますので、ホームページを
媒体とした方法は経費的にも効率が良いので、その分お客様へ利益として還元が
可能となります。

基本的にみなさんは検索エンジンというものを使うと思います。
その検索エンジンで検索するキーワードを打った際に、どれだけ上位に表示されて
いるかが重要となります。
web人口の多い東京では、キーワード戦略も激戦区です。

しかしこのたび

Yahooで「リフォーム 東京」で半月前くらいから1位に!

グーグルでは「リフォーム 東京」でなんとか5位。。

Yahooで「リノベーション 東京」でも1位に!

グーグルでは「リノベーション 東京」で5位!

アクセスも快調に伸びており、あとはホームページ自体をそろそろリニューアルしない
といけないかなと思っております。
(溜まっている施工事例がいっぱい・・・汗)

あとはそろそろ真剣にグーグル対策に取り組みます!!

Web2.0

2006.11.17

昨日は船井総研の五十棲氏とシップ小松社長のセミナーに参加!

Web2.0を象徴する商品を拝見しました。

楽天とmixiを組み合わせたような、まさに時流に乗った仕組みだなぁ~と

関心させられました。

その後、予定が入っていた為、懇親会には参加できませんでしたので、コアな

お話を聞く機会はなかったのですが、今後に注目だと思います。

伝統の系譜

2006.11.14

 弊社、株式会社リブウェルは1919年に曽祖父が創業した瓦専門工事業いなば屋
[現在の加和楽建設株式会社]の流れを汲む会社です。
私自身も職人の中で育ち、幼少の頃の遊び場は、瓦の下小屋でした。
木工事に技術にこだわるのも原点はここにあります。
その歩みを辿っていきたいと思います。


創業者 初代

初代 稲葉市太郎    稲葉市太郎
初代 稲葉市太郎   石岡尋常小学校卒業式最前列左から2番目(明治41年3月)

初代創業者の稲葉市太郎が誕生した、明治26年5月5日ごろの時代背景(1893年)

明治維新により幕藩封建支配が終わり、大正・昭和時代へ続く近代的統一国家の形成・確立期。全般的に見れば、列強が民族国家として独立し、帝国主義の段階に入った大きな転換期であり、国内的には資本主義が成立し、立憲政治が開始され、列強に対しては条約改正によって国際的平等をかち得、諸同盟によって国際的連繋を結び、世界列強と比肩するまでに発展した時代です。ちなみに1893年は日清戦争が起こるまえの年です。

創業者市太郎は茨城県の石岡(現在は筑波学園都市あたり)で幼少から青年期を過ごしました。教育に熱心な家であったようです、甥に会計学では有名な黒澤清先生がいます。

曽祖父は明治41年に制定された学制の一番乗りで当時石岡でははじめての尋常高等小学校を卒業することになりました。しかし高等学校には進みませんでした。曽祖父は古代瓦に異常なほどの興味をもたれたそうで、奈良・京都にはよく出かけたそうです。18歳のとき単身東京に赴き、宮大工の紹介で社寺瓦職人のところへ住み込んで修行したそうです。
1919年稲葉瓦店として瓦専門工事業を創業。社寺の屋根工事を中心に営業を開始
しました。

曽祖父がよく言っていたことがあると祖父から聞いたことがあります。
この世の中のものは全て不完全だから、安定と調和を常に目指さなければいけない、それが進歩するということだと。「昨日よりは今日、今日よりは明日、ましな人間になること」すばらしい教えだと今頃になって気がついております。

全てのもが不完全、確かに森羅万象停止しているものは何もない、まして人間に至っては不完全そのものです。ボールが転がって安定を求めるように、どこまでも転がり続ける、その転がり続けるそのことが進歩なのではないかと。目の前の問題を一つ一つ解決していくことこそが進歩していくことだ。
曽祖父は瓦葺師というよりは今で言うアーティストに近かったのではないかと思います。瓦の持つ造形美のとりこだったようです。

板橋建築業組合
終戦後まもなくの板橋区建築業組合発足記念写真・・・昭和22年11月9日


40周年式典
昭和34年・・・稲葉瓦店の創立40周年記念式典

二代目
稲葉輝男    稲葉輝男3
二代目 稲葉輝男

私の祖父である稲葉輝男が誕生した、大正10年1月1日ごろの時代背景(1921年)

明治以来の幕藩支配体制が揺らいで、政党勢力が進出した。
いわゆる大正デモクラシーです。爵位を持たない平民宰相原敬が内閣を組織した。
しかし期待されたほどの改革もしないままに終わり、大正10年に東京駅頭で暗殺される。大正12年には首都を壊滅的なまでにしたあの関東大震災が起こりました。
未曾有の大災害に東京は大きな損害を受けるが後藤新平が辣腕を振るって。
震災での壊滅を機会に江戸時代以来の東京の街を大幅に改良し、道路拡張や区画整理などを行いインフラが整備され大変革を遂げた。震災復興であった。

祖父はこのような大正期を過ぎて昭和12年日中戦争開戦の年に高校を卒業し曽祖父の下で働くことになりました。
18歳という年は多感な年でもありいろいろなものに興味をもったそうです。その中でも特に吉川英治の作品は寸暇を惜しまず読み耽ったそうです。それが後々の人生に大きな影響を与えることになりました。

稲葉輝男学生時代
学生時代から神社仏閣の建築美に魅せられる・・昭和15年

23歳の時、昭和17年12月に召集令状が届くまでの5年間、昼間は祖父と仕事し夜は町の青年団のリーダーとして満州建国のことや治安維持法のことについて大いに議論をしたそうです。

昭和18年から2年半海軍に入り終戦をむかえるまで命を擲って米軍と戦いました。そのときかたときもはなさず持っていたのが「歎異抄」だったそうです。吉川英治の親鸞の影響を受けたのでしょう。

海軍出征1 海軍出征2 海軍出征3
左:創業者市太郎との最後の別れ 中央:辻堂演習の帰途鎌倉大仏で撮影(後列右から4番目)右:妻との別れ

終戦後曽祖父(当時55歳)は第一線から退き地域の建築組合設立や古代瓦の研究に力を注がれました。

祖父は敗戦後の荒廃した都市と人心に明るい息吹を吹き込むべく、衣食住の住の部分に都市の片隅である地域から復興を叫び、若干27歳で瓦友会を結成し後に全国地域の瓦組合の礎を築いたそうです。
瓦友会  瓦友会2
左:瓦友会発足式(中央右が二代目)・・昭和27年 右:瓦友会社寺仏閣見学

また祖父は瓦職人として曽祖父ゆずりで神社仏閣の瓦葺きに興味をいだき廃寺になりそうな屋根を見ては無償で修理をしたそうです。親鸞の教えである利他行に専念したのでしょうか、お金がなくて雨漏りで困っている人を見ては、率先して修理をしてあげ、あるとき払いの催促なしです。そのような祖父を持った私は幸せであり尊敬しております。
祖父半纏
昔は屋号が入っている半纏を着て作業しました。紺色の半纏をまとうことが縁起担ぎでもありました。・・・昭和24年

建て舞       総檜
昭和24年の建舞風景:(左)当時は建舞というと棟木のてっぺんに角樽を乗せました。
             (右)木の不足している戦後まもない時代に総檜の平屋造を施工

昭和42年現場風景
当時は2段はしごも機械もなく1階と2階にはしごを分けて架けていました。

昭和44年のことでした。祖父の念願であった宮造り屋根の本格的な建造物(菊池邸)の新築を施工しました。この工事は3年に及ぶ長期なものとなりました。
現在、こちらの建造物は埼玉県に移譲されており、年に1度開放されております。
その際には多くの外国人が見学に訪れております。
その施工風景が会社の金庫に保管されておりましたので掲載いたします。

丸太足場組     スタッフ
(左)丸太足場組・・当時としてはいち早く機械はしごを採用して施工に取り組んでいます。荒木田土は右下の一輪車で屋根まで運ばれました。
(右)当時のスタッフです。中央が二代目の祖父で左が3代目を継いでいた叔父です。

瓦組立作業  
祖父の瓦組立作業です。(切隅瓦の組立細工・・高度な施工技術が要求されます。)

入母屋 東殿大棟 門 
(左)入母屋のみのこ破風刃根丸、化粧棟、隅棟の取り合い写真(現在はこのように葺ける職人が少なくなってきています)
(中央)東殿大棟(京丸伏間瓦)大棟十一辺積(箱心立施す)
(右)本葺瓦葺・・本葺とは平瓦と重ね葺きしその重ねに須丸を葺くことをいいます。

西殿千鳥破風 東殿化粧棟より 千鳥破風
(左)西殿千鳥破風(ニノ平本葺瓦。片切りは袖丸瓦使用。)
(中央)東殿化粧棟より大棟を望む
(左)東棟より千鳥破風を望む・・角棟(切隅瓦・経ノ巻一文字瓦)使用

佐々木大工
この現場で運命的な出会いがありました。
祖父が佐々木宮大工の技術に感銘を受け師事。
10年後に木工事集団として建設業者となるまでの礎となります。

菊池邸1 菊池邸2 菊池邸3

菊池邸5 菊池邸6 感謝状授与風景

三代目
叔父は大学卒業と同時に祖父の片腕として職人の世界に入りました。
はじめは母校の社会科の教員として従事しようと思っていたのですが、大学でサッカーをしていたほどの体育会系でしたので、職人を束ねた世界に身をおいてどこまで自分のリーダーシップを発揮できるか試したかったのでしょう。また叔父は非常に正義感が強く有り余る精力を地域のボランティア活動に向けるようになりました。
仕事が終わるとすぐに叔父が結成した社会福祉団体に多くの青年を集め、町の発展や地域の活性化に心血を注いでいました。
いつしか多くの人から信頼を集め、大きなパワーとなり政治の道へ進むことになりました。
36歳という若さで区議会議員に初当選をして、49歳で都議会議員になりました。
叔父が政治の道へ進んだため、叔父の弟であった私の父が祖父の後を継ぐ決心をしたそうです。26歳のときです。
稲葉悟
3代目 稲葉悟

それまで私の父はトヨタ自動車の営業マンをしておりました。
トヨタから教えていただいた営業の鉄則「条件セールスにならず、人間セールスになれ」これを守って営業することは大変な努力を強いられたそうです。
父は「人間セールス」の信念を持って営業をした結果トップセールスの称号を2度経験しております。

そのような自信をもって後を継ぐ決心をした父でしたが、祖父の頑固なまでの職人気質はその時代の父にはなかなか理解できにくくなってきていたと聞いております。

そこで父のとった行動は職人にならないで営業活動をさせてくださいと言うことでした。

祖父は快く認めてくれたそうです。
「お前の選んだ方法で試してみるがいい、結果はどうであれ一生懸命自分の道に精進してみろ」と言われたときは嬉しかった反面、責任の重さを感じたといいます。

昭和26年倉庫1   倉庫風景2
昭和26年当時の父が生まれた頃の社屋(作業場)

父が会社に入り、しばらくして会社は大きく変わりました。転換期を迎えます。
昭和57年、父が31歳のときに今までの瓦専門工事店から建築総合請負業に事業を
拡大いたしました。そして二代目の祖父は65歳で現役を退きました。
社名を「加和楽建設株式会社」と改め新築工事を専門にスタートを切りました。
改組後初めての新築工事は私も良く知っている父の先輩のお宅でした。
父はこの先輩には足を向けて寝ることはできないといつも言っておりました。
それもそうでしょう。父が新築の右も左もわからない時に、「俺の家でしっかり木造住宅のノウハウを覚えておけよ!」と言ってくれたそうです。
父はこのような先輩をもてた幸せと利他行を実践している先輩に心から感謝しておりました。その工事を皮切りに親戚・友人・知人と新築工事を本格的に施工していくこととなりました。

四代目
稲葉高志

私、稲葉高志が四代目となります。
幼少の頃より、たくさんの職人に囲まれて育っていたので、この世界に入ることはごく自然な流れだったように思います。

中学の頃から休みとなれば、仕事を手伝うようになりました。当時は祖父が現役でしたので材木を運んだり、屋根に登っていろいろ教えてもらったり、時にはこっぴどく叱られたりと祖父からは、仕事に対する誇りと面白さを教えてもらったように思います。
いつかは祖父のようになりたいなぁと、子供ながらに惹かれていきました。

大学中退後、大手のディベロッパーでの不動産販売を経験後、私は父の経営する工務店に就職することになりました。入社した頃には、祖父は現役を退き父が経営が経営する総合建設業となっておりました。

文殊院3     文殊院
文殊院2     文殊院4
↑入社して初めて管理させていただいたのが板橋区にある文殊院でした。
 難易度がかなり高く職人さんに怒られながらやっていたのをよく覚えております。

祖父は職人タイプの人間でしたが、父は経営者でした。
大工の専門学校に通いながら、不動産、新築、そしてリフォームとさまざまな仕事を経験させてもらいました。
やはりそれぞれの仕事に難しさや面白さがあり、同じ住宅関連の仕事であっても考え方やノウハウがずいぶん違うんだなぁと実感しました。
中でも私がもっとも面白いと感じた仕事はリフォームでした。

入社当時   入社当時2
↑加和楽建設入社当時・・(左)二代目の祖父に縄の縛り方から習いました。

リフォームの仕事は、お客様の現在の住まいを改修することで、新しいライフスタイルを実現するのが仕事です。現在のお住まいの構造を考えて、残すところと変えるところをプランニングしていきます。さらにお客様は引越しすることなく、住みながら工事を進めていかねばならないことも数多くあります。
お客様の要望を引き出すコミュニケーション能力、理想の住まいをつくりだすプランニング能力、円滑に工事を進めていく管理能力のすべてが求められます。
その難しさを感じる一方で、そのやりがいに私は引き込まれていったのです。

現場管理時代
↑広尾マンションスケルトンリフォームにて

リフォームの仕事の面白さとやりがいに取り付かれていく一方で、困った問題が出てきました。父の工務店では、リフォーム以外にも新築の仕事もあれば、公共工事、下請けの仕事もし<ています。
同じ住宅関連の仕事ではあるのですが、仕事の進め方、原価率、収益構造、対象となるお客様、期待される要望など、それらは全く別です。
私はリフォームをもっと積極的にやっていきたい、でも会社の方針は違う…
そんなジレンマを感じるようになっていったのです。
工務店のリフォーム事業部としてできることには限界がありました。
お客様により良いサービスを提供し、ご期待に応えていくためには独立するしかない!>

父とは何度も話し合いました。
援助なし、仕事や取引先などの紹介も一切なしという条件で、私は自己資金だけで自分のやりたいリフォームの仕事をするために独立したのです。
私は2001年、ついにリフォーム店として独立しました。
とはいうものの、お金がなかったので借りた事務所はバラックというか、馬小屋みたいなところでした。(東京にもそんな物件があったのです。笑)
お客様ゼロの状態からの創業ですので、まずはお客様さがしから始めなければなりません。チラシを印刷するための印刷代も、新聞に同封してもらうためのオリコミ代もありませんでした。手書きで原稿を書いて、輪転機を使ってチラシを作りました。(いわゆるガリ版印刷です)そして、昼間は打ち合わせや施工管理の仕事がありましたので、夜中に1人で作業着姿で一軒一軒ポスティングをして回りました。
不審者に勘違いされて怒られたり、犬に吠えられたり、今となってはいい思い出ですが、当時は必死でお客様探しをしていました。
その結果、少しずつですがお仕事をいただけるようになっていったのです。

少しずつ仕事がいただけるようになってくる中で、とても記憶に残っている仕事があります。Wさんのお宅の全面改築の仕事です。
Wさんは、大手のリフォーム店さんとも相見積をされていらっしゃいました。
大手のパソコンで出力したきれいなプランに対し、当時の私が用意した提案書は、方眼紙に鉛筆で手書きした平面図とパース。さらに、創業して間もない私のような小規模のリフォーム店となれば、結果は見えているような気もします。
しかし、私の情熱を買っていただくことができました。

私の人柄を信じてご契約いただくことができたのです。
しかし、それからが正念場です。
それまでいろいろな仕事を経験し自信もありましたが、部下が一人もいない状況での打ち合わせ業務、プランニング業務、受発注を含めた施工管理業務はあまりに過酷を極めました。過労で倒れ救急車に運ばれたことも何回かありました。

また同時にたくさんのお客様を担当していた為、必然的に段取りが悪くなり、スケジュールが狂ってしまったり、最悪の事態で住まいの電気がストップして真冬に暖房が使えなくなり、自宅のストーブをお客様のお宅に持っていき、毛布に包まって寝ていたこともありました。今では考えられないようなトラブルです。

そんな際、連日お伺いして、対処させていただいた記憶があります。
さまざまなトラブルはありましたが、ついに工事が終わり引渡しの日がやってきました。Wさんにとっても私にとっても、やっと終わった!という感じだったのですが、苦労が多かった分、その感動も大きなものでした。
工事が終わったあとにWさまからいただいた手紙を読んで、思わず涙してしまいました。いろいろご迷惑をおかけしたけど、喜んでいただけて本当によかった!
これからも喜んでいただける住まいづくりをしていくぞ!そう心に誓いました。

ちなみに今でもWさまとはお付き合いいただき、「塩辛つくったから食べにおいで」とか「中国のお土産があるから…」とお声掛けいただいております。
つい先日もWさまのお母様が高齢でW様のお宅に引っ越してこられるので素敵なお部屋に改装して!デザインは稲葉さんにお任せするわ!といっていただき施工させていただいたばかりです。そんな縁ができるのもリフォームの仕事の面白さかもしれません。
W様邸
↑お母様のお部屋のリフォームも。

リブウェルでは、デザイン性の高い工事のご依頼が増えるとともに、戸建住宅の改築でも難易度の高い木工事の技術を要求される工事のご依頼が増えてきておりました。
当社の職人も優秀な職人が非常に多いのですが、デザインに特化した表装的な施工技術だけでは、対応が難しい構造を熟知する優秀な棟梁の必要性が出て参りました。
デザインリフォーム
↑デザインを強調する工事は紹介を中心に増え続けていきました。

そこで、優秀な匠集団を抱える父の工務店(加和楽建設株式会社)に相談を致しました。父は技術提携に快諾してくれました。
デザインと伝統工法を武器に、本当の住まいづくりができるようになりました。
父の工務店にいるのは、私を育ててくださった職人さんばかりです。

木造改築  木造改築2
↑(左)台東区M様の柱残しの改築工事
 (右)豊島区目白Y様の柱残しの改築工事

しかし悩みはつきません。
リブウェルでのリフォームをメインとした営業を日々している傍らで、いつも疑問に感じることがありました。
どうして、こんなに住宅業界は不透明でわかりにくい業界なのか!と。

日本は他の先進国と比較しても流通体系が非常に複雑で製造者から一般の施主へ商品が渡るのに何社もの中間業者が入りマージン
を取るという体系となっています。


      【製造メーカー】
          ↓
     【販売代理店(商社)】
          ↓
    【地域有力販売店(一次問屋)】
          ↓
      【地域販売店(二次問屋)】
          ↓
       【工務店・リフォーム店】
          ↓
         【施主】

という流れが一般的です。
不透明でわかりにくい、建築業界の現状がこれです。

車を購入する場合、トヨタや日産などのショールームへ行き、メーカーから当たり前に商品を購入するのに、この業界だけは違う!
リブウェルはこの流通体系を打破すべく、とりわけ住まいを構成する建材の中でも金額的なウェイトの高い住宅設備機器の流通を変えよう!
という目的で住設販売部を設置しました。そして業界でも先がけて「施主支給」というシステムを採用採用しました。
いくつもの商社に相談し、最初は門前払いでだった交渉も情熱が伝わりお取引していただける商社が出来てきました。
これにより住まいに関わる商材に関してマージンがよりかからない形でご提案が可能となったわけです。
この体制を取りいれている施工会社は、現在もまだ少ないと言えるでしょう。

その後、リフォーム事業と住設販売事業を行なう会社として、2003年5月に個人事業から念願の法人組織へ改組。
2004年3月に板橋区前野町に事務所を移転しました。
より多くの方に「施主支給」という手法を知っていただきたいという強い思いと共感していただける方のバックアップもあり
「施主支給」というシステムを本格的に体系化しよう、そして流通を変えよう!という有志が集い、
2004年10月、株式会社ライブウェーブを設立。株式会社リブウェルより住設販売業務を移管しました。
これが現在のライブウェーブです。

限りなく経費を抑えた形が理想であったため、インターネットを媒体として営業を本格化。
確かに経費は今までのようにかからないモデルでした。
しかしインターネットならではの弊害もありました。
インターネットという顔の見えない相手に高額なキッチンやバス(お風呂)を購入するだろうか。
少なくとも私は不安だと思ったのです。顔が見える実店舗が必要だと!

そこで2005年11月には、デザインリフォームと施主支給の相談にお気軽にご来場いただけるサロン『Doux Studio』を株式会社リブウェルと共同で東京都練馬区大泉学園町にオープン。

スタジオ
↑ドゥ・スタジオ

私は“住まいづくりは、生き方づくり”をモットーにしています。
物理的なモノとしての家ではなく、家族みんなが生活する場としての住まいをご提供していきたいのです。そのために必要なのは、どんどん出店して多店舗化していくことでも、単純に売上を伸ばしていくことでもありません。お客様の要望をお聞きして住まいづくりがご提案できるスタッフ、すなわち人づくりが私の仕事だと考えています。

曽祖父から祖父へ、祖父から父へ、そして父から私へ言い伝えられてきた言葉があります。「忘己利他」という言葉です。
自分の利益を考えず、お客様の利益に徹することが最終的には自分の生きがいに通じるということ。生きているという実感がそこにあるんだ。と教えられてきました。
逆に考えれば、お客様に対する姿勢が自分の人生の成長の糧なのだと思います。

これからも自然体でお客様に接していける会社を目指して従業員と共に日夜研鑽していきたいと思います

京都へ

2006.11.08

今日は、大阪のリフォーム会社「システムユニオン社」の舘本社長よりお誘いを
では
受け、京都&大阪へ!

リノベーションにかなり注力されておられる会社ですので、よい情報交換ができれば

と思います。「鶏と鯨はどっちが好き?」と言われ「う~ん鶏ですかね~」と言って

食い物にまたまたつられてしまいましたが・・

有意義な時間が過ごせそうです。では行ってきます!

これぞ!デザインリフォーム

2006.11.02

カーポート&外装をメインとしたリフォーム工事が竣工しました。


渋谷現場2

施工前の既存の状態

そして↓↓↓

渋谷現場施工後 渋谷現場施工後2

施工後(After)です。

お施主様が建築デザイナーということで、弊社デザイナーの八田とも意気投合し
非常にデザイン性の高い工事となりました。

こんなカーポート欲しいです。

楽しい2日間

2006.10.25

昨日は、久しぶりにオーパスの澤田オーナーがスタジオへ来社され

住宅検査会社をご紹介いただきました。

その後、夜に茨城の突貫小僧”もひ”さんも合流し、食い倒れの一夜を過ごしました。

おでん→焼き鳥→ラーメンと覚えていないくらい食べてしまいました。。

<a href=

↑写真はオーナーの秘蔵っ子「三橋君」と!もひ君のブログから頂戴しました。

若者同士で飲むのも楽しいですね。(オーナーにはかなり迷惑かけましたが・・)

一夜明けて、本日はアイジーコンサルティングの精鋭男衆が来社されました。

アイジーコンサルティング社には、兄弟のようにお付き合いいただき当社にとっては

かけがえのない会社様です。立田部長美和店長、菊池課長いつもお世話様です。

来社の目的は、107年の伝統を持つアイジーコンサルティングと87年の伝統を受け継ぐ

リブウェルの技術やノウハウの集大成をお客様に提供する木造専門の共同改築パッケ

ージの最終打ち合わせを行なうことです。

安心で安全で尚且つコストパフォーマンスにも優れた商品になることは間違いありません。

年内には発表できるかと思いますのでご期待下さい!!

再構築

2006.10.21

今日は、お客様よりクレームをいただきました。

弊社ではコーディネーターにも現場を経験させる為に、女性であっても現場管理を

させています。一流になる為には、現場を知らないでは何も出来ないからです。

今回は、柱残しで布基礎以外は、新築という当社の定番工事でクレームを

いただきました。

原因は、営業担当者通しの伝達ミスから起こったものでしたが、即日に私もお伺い

させていただき迅速に対応させていただきました。

私自身の管理が甘かった事にも反省いたしております。

ありがたい事に、たくさんお仕事をいただきうれしい限りなのですが、少し消化不良

を起こしているのも事実としてございますので、工事品質を絶対に落とさない為にも

自社で抱えられるボリュームを意識して営業活動をしていきたいと思っております。

今回の件でまた勉強させていただきました。

今後に活かす為にも会社全体の再構築化をしていこうと思います。

アメーバ経営

2006.10.18

一昨日だろうか、珍しく自宅でTVをつけると私の最も尊敬する経営者である

京セラの「稲盛和夫」名誉会長が出演されていた。

稲盛会長の著書はほとんどといっていいほど読みつくしているし、講演会なども講話集

なども読みあさっているので、TVで見る、それだけで感動しました。

今回、出版された「アメーバ経営」もかなり前に出版された「実学」という本の中で

触れたアメーバ経営の部分をより詳しく書かれたものです。(即買いでしたが・・)

私が「人間として正しいことかどうか」を判断基準とした経営哲学を学んだのも

この本のおかげです。

7年前に、経理の知識もまったくない状態で個人創業した際に管理会計というもの

を学んだのが「実学」という本でした。

なぜか家にあり(たぶん親父が読んでいたのでしょう・・)

相当、ボロボロの本でしたが、バカな私は1回読んだのでは意味がわからず、

何度も読み返したのを覚えています。

さすがに今では改訂版を買い、今でもたまに読み返すことがあるほどです。

その際、アメーバ経営というものに本質を感じ、4年前に法人化した際も自分なり

の「アメーバ」というものを意識し組織を作っていきました。

うちには2社、会社がありますが、1社はここにきてやっとアメーバ経営の基礎が

出来つつあるのかと思えるようになってきましたが、もう1社は、まだまだで、

私の力の無さを痛感しています。毎日が勉強ですね。

自己の研鑽に励みます。

リノベーション事業に強い味方!

2006.10.11

昨日は、大阪でリノベーションを勢力的に推進されているシステムユニオン

舘本社長が当スタジオへ来社されました。

東京でリノベーションを推進している当社によっても非常に参考になるお話を

聞けたと思います。さまざまな意味で、お互いに情報を共有していこうということ

になりますます面白くなっていきそうです。

お酒を呑んでいて人間力のあるお方であることも実感いたしました。
(苦労されて、ここまでこられたんだなぁ~と強く感じました。)

初めてお会いしたとは思えない程、お互いにオープンに出来てお話できて、本当に

良いご縁をいただいたなぁ~と感謝しています。

かなり深酒になりましたが、楽しい時間を過ごせました。有難うございます!

システムユニオン舘本社長

満員御礼

2006.09.29

弊社リノベーションサイト「リノベーション 東京」がアップされ早くもお客様より

反響が!今回は店舗のデザインリノベーションのご相談ですが、何よりも弊社の理念に

共感していただけるお客様からの反響というのが一番うれしいですね。


柱(躯体)残しの改築工事の方も続々と契約、ご相談をいただき、来年春までは

いっぱいの状況です。

弊社の推進しているダブル断熱工法の改築もまもなく竣工を迎えます。

本当に快適な住まいになりそうです。

新築・リフォームそれぞれの部門で、アイジーコンサルティング社の横浜との

業務提携が決定しているので、今後は首都圏に柔軟に対応できる仕様を完成させ

商品化していきたいと思っております。ますます楽しみです。

年末へ向けて!

2006.09.18

年内に15キロ減量と心に誓い本日で1週間が経ちました。

結果は4キロダウン!(ちょっと食事制限しただけで・・ついている重りも多いので痩せるのも早いのかも・・ちなみに見た目の変化はまったく。)

この調子で必ず達成させます!


当社の新しいプロジェクトの新築事業も好調で、記念すべき1棟目の現場も熟練棟梁

設計サイドで完璧な仕様に!これをモデル化していきたい。新築住宅は通気が命だと

心底考えております。

リフォーム・増改築部門では根津のお神楽工事、池袋の医院併用住宅のプレゼンも終

わり、良い年末が迎えられそうです。

リノベーションサイトリニューアル!!

2006.09.16

マンションスケルトンリフォームの決定版

まるっと!スケルトンリフォーム

マンションリノベーション.jpg

本日、弊社のリノベーションサイト「リノベーション東京

がリニューアルアップ致しました。

施工事例など間に合わなかったので随時入れていく予定です。

過去の事例では、六本木・青山・広尾などが多いです。

デザイナーに頼むのもひとつの方法ですが、一味違った提案が出来ますので

是非お試しいただければと思います。


マンションスケルトンリフォームの決定版

まるっと!スケルトンリフォーム

マンションリノベーション.jpg

今度は鉄骨

2006.09.13

木造の柱残しの改築とマンションリノベーションがメイン事業となっている

当社ですが、今回は鉄骨の改築が入ってきました。

現状は倉庫兼住居なのですが、今回倉庫部分も住居にしたいという内容です。

問題なのは、既存の倉庫部分の屋根勾配が住居部分と違っていて下がっている

ということです。その為、倉庫部分の鉄骨屋根を解体し棟上をする工事となります。

正直、私自身が木造畑で育ってきましたので、鉄骨のスペシャリストではございませ

ん。そこで親会社よりスペシャリストを要請し協力いただくことにさせていただきま

した。

早速、ご契約いただき10月7日着工となります。H様やりがいのある工事をご依頼

いただき誠にありがとうございます。

広告宣伝費

2006.09.12

久しぶりの更新です。

弊社では、昨年の8月よりチラシや雑誌等の紙媒体を一切使用してきませんでした。

(試験的な意味も含めて・・)紙媒体の代わりにwebに全面投資をしてきました。

9月に入り、昨年からの販管費を見ていると、広告宣伝費の項目は一気に圧縮、

その他の販管費に変動はなかった。

売上げはどうだろうか。驚くことに2千万程増えていました。

紙面媒体がダメだということではなく、間違いなくwebの中に、確実な市場があるの

だということが確信できました。今後ますますこの傾向は高まっていくことは

間違いないと思われますので、更に力を入れて行きたいところです。

紙面媒体の良さもあるので今後はうまく使い分けて行きたいと思います。

アイジー軍団来襲!再び!

2006.09.06

昨日は、私の尊敬する井上社長の会社、アイジーコンサルティング社

精鋭男衆である立田部長美和さん、戸川さん、菊池さんが4人で

弊社の狭いスタジオに来襲!!

かなり濃い内容のお話ができました。

オーパス店として同志の為、腹を割って話を!

横浜店と練馬店は仕様等で業務提携を決定!

さらに横浜店と弊社戸建増改築部門でリフォーム共同商品をつくることに!

夜はお約束の呑みで深夜まで・・・

相変わらず仲間と呑む酒はうまい!

今日から気合入れて商品化に入ります!

ジョイアス西武池袋本店2F 本日無事オープン!!

2006.09.01

いや~ご苦労様でした。

ジョイアス池袋西武本店

弊社、八田と山本が徹夜で施工管理していた西武百貨店のアパレル工事が終了し

、本日ジョイアス西武池袋百貨店池袋本店2Fにジョイアスが無事オープンを

迎えました。。

ジョイアス2

ジョイアス3

現在、山本はスタジオで爆睡中です。お疲れさま。

わずか一週間の工事でここまでやってしまうのは本当に素晴らしい段取り力だと

思いました。次は百貨店ではなく路面店がいいですね。

木造改築

2006.08.31

現在、工事中のM様邸の現場へ。

こちらのお住まいは、2軒の建物を1軒にするというとても難しい現場です。

2軒は2軒でも、それぞれが扇形のような形で交わる形となり、現在は漢字の

「八」のような形をしております。

このようなケースの場合、ガチガチに補強をしてしまうと、地震の際に構造上

耐力的に逃げ場がなくなりますので非常に危険です。

間取りも不規則な形になりますので、柱も2本ほど抜かないと納まらない現場です

柱を抜いた箇所は、鉄梁補強をご提案させていただき、耐力的な逃げ場は金物に

細工をすることでクリアさせていただきました。

お施主様も1級建築士の方でしたので、こちらからご提案させていただく内容等の

打ち合わせもスムーズです。

補強4
↑柱を抜いた箇所に鉄梁を、老朽化していた鉄梁を支える柱も鉄柱に差し替え。
本来は鉄梁を使いたくなかったのですが、木の梁の場合、さらに梁せい(高さ)
が必要になる為、天井高が低くなってしまうことを踏まえ、鉄梁を採用させて
いただきました。

補強1
↑火打ち材が入っていなかった為火打ち金物と水平ブレースで水平耐力に備えます

一戸建てリフォーム(増改築専門)のお悩み解決特設サイト
増改築.jpg




今度は美容室

2006.08.28

只今、百貨店工事真っ只中でスタジオ内も騒然と致しております。

百貨店の工事は、非常に条件が厳しく搬入、搬出等もかなりの規制がございます。

搬入、搬出の時間は分単位で百貨店監理室の方へ連絡しなければならず、現場管理の人間や

職人も入退場する際は、道具をすべて検査されたり、ボンドを持ち込め無かった

り、油性のマジックを持ち込め無かったりと住宅のリフォームでは考えられない

ほどの制約があります。従って家具工事などは、現場で組立というよりは、

社内で組立し、現場へ搬入というケースが多いです。

ジョイアス1

ジョイアス2
 ↑ショーケースが百貨店(ジョイアス)に搬入されます。

今回は地方の家具製作会社や金物会社より部材を一斉に当社スタジオ内に搬入し

組立を行なっております。組みあがったものを予め決められた搬入時間通りに

搬入するという段取りです。本当に大変です。


また最近、リノベーション工事から派生しているのか、店舗の改装工事が増え

てきております。少人数の会社の為、お急ぎのお客様につきましては、すべて

お待ちいただくお願いを致しております。

お待ちいただいているお客様、大変ご迷惑をお掛けいたしております。

私自身の考えとして、今の仕事の質を落としたくないということが1番にあります

ので、無意味に事業を拡大してくつもりは毛頭ありません。

まだまだ身の丈にあった仕事量をこなし、安定した技術を提供できる会社で

ありたいと思っております。本日は美容室の改装のご相談やまたまた建築家の

先生のデザインするオフィスの施工相談が来ております。

住宅では、ダブル断熱が好評で、木造の柱残しの大改装のご相談がまたまた

入って参りました。スタッフ総出で現場に入っておりますので、スタジオの電話

が繋がらない時間帯などもあり、ご迷惑をお掛けいたしておりますが

事務員もいない非効率な会社の為、何卒ご容赦の程お願い申し上げます。

お神楽工事

2006.08.25

弊社スタッフの北畠が、以前担当させていただいたお客様の紹介の紹介

で、増築工事のご依頼をいただきました。

今週末に現場調査となりますが、今回の工事は「お神楽(おかぐら)」です。

「お神楽(おかぐら)」とは 階数を増築するという意味の建築用語です。

弊社では、この手の工事はかなり多くの実績がありますので自信もあります。

お神楽工事をする場合には注意点がございます。

平屋建てを2階建てにするのは、容易に構造的補強をすることで可能ですが、

2階建て住宅を3階にするのは、構造計算による安全性を確認し、それに対応した

工事が必要となりますし、用途地域・建ぺい率・容積率など法的チェックも

必要です。また、3階建て住宅は準耐火構造としなくてはならない場合もありま

す。2階建てと3階建てでは、構造の安全性・耐火性能の 基準が大きく異なります

ので、構造補強(柱・梁)を含め 大掛かりな工事になると思います。

費用も相応にかかってきます。

まずはしっかりとした調査からです!さあ頑張ろう!!

今度は総合病院!

2006.08.24

本日、出張から戻るとまたまた建築家からのご指名工事が!

こちらの建築家の先生は以前、劇的ビフォー&アフターに出演されていた

原田正史先生です。こちらの現場でコラボレートさせていただいた先生です。

今度の施工内容は、総合病院の内装工事です。もちろんデザインリフォームです。

クリニックの工事はさせていただいたことがありましたが、総合病院は初めてです。

私自身は、以前お世話になっていた会社で総合病院の改修を現場管理した経験が

ありますが入札だったのを覚えております。民間の総合病院ではありますが、

徐々に旧態依然の体質も変わりつつあるのかと思いました。

joias(ジョイアス)

2006.08.22

いよいよ24日から池袋の西武百貨店内のアパレルショップの工事に入ります。

ブランドはjoias(ジョイアス)。女性誌のJJやRAYで有名ですよね。

この度池袋店オープンに伴い工事となりました。

担当は、弊社デザイナー兼ディレクターの八田と山本です。

この2人はアパレルや宝石ブランド、化粧品ブランド等の施工監理出身の為、

待ってました!とばかりに気合が入っております。

百貨店の為、工事時間は、夜の9:00~朝6:00までで昼夜逆転の生活となり

ます。すでに段取り等で相当時間をかけておりますが・・。

店舗の工事の場合、工期も短い上に、オープンに必ず間に合わせなくてはいけない

為、失敗が許されません。それもかなりタイトなスケジュールとなっております。

何かの部材1つでも納期が間に合わなかったりしてしまうだけで、致命的となり

ますので段取りがすべてとなります。工事が始まるまでに90%は決まってしまう

というのが店舗工事の基本となります。

昨日、八田からは「なんとか段取りつきそうです!」と報告をもらっています。

施工後が楽しみです。

人間力

2006.08.21

昨晩は、お休み中のオーナーに同行し、千葉ロッテ対日本ハムの試合を観戦しに!

渡辺俊介

目的はオーナーの友人の渡辺俊介投手を観戦しに!オーナーが観戦すると負けるというジンクス

があるので心配しながら観戦しておりましたが、恐れていた通り大乱調となって

しまいました。

イライラしている殿

途中イライラされている場面もありましたが、

俊介づくし

最後は俊介グッズづくしでご満悦でした。

試合後、そのまま居酒屋へ行き、私は相談したいことが山ほどありましたので、

ひとつずつお話させていただきました。(お休み中にすいません・・・)

いまさら聞けない初歩的な相談を含め長時間にわたりご指導いただくことができ

ました。

オーナーの人間力にはあらためて脱帽です。

少なくとも私の人生では、ここまで温かく人間味のある人には会ったことが

ありませんでした。・・というか、ないです。

どんな角度から覗き込んでも普通の人間ではありません。

真の意味で筋の通った生き方を本当に貫いている方だと思います。

私も人間としてそして男としてオーナーの人間力に少しでも近づけたらと思います。

殿と!

お休み中に無理矢理同行の上、SS席のチケット代、さらに帰りのタクシー代まで

お世話いただいてしまい本当に恐縮です。

これに懲りずまた誘っていただけるのを楽しみに致しております。

4軒も・・

2006.08.20

昨晩は、オーパスの澤田オーナーランリグのザビエルこと渡辺社長と新橋で

腹を割って話を。

また勉強をさせていただきました。渡辺社長は年も近いのでいままでも何度も

ノミニケーションさせていただいておりますが、本当に社員思いの社長さんです。

オーナーには徹底的に本質というものをあらためてご指導いただき有意義な時間

が過ごせました。それにしても4軒もハシゴするとは・・

そして今日は夜よりオーナーと野球観戦へ。。

長屋デザインアパートプロジェクト

2006.08.18

今日は、デザイン建築事務所より長屋デザインアパートプロジェクト(新築)

の施工担当会社としてご指名をいただき、デザイン事務所まで打ち合わせに。

サッシから建具、家具に至るまで特注のものが多いので積算も時間がかかりそうです。

着工予定は10月、竣工予定は4月と長期戦になりますのでさらに気合をいれなけ

ればと思っております。木造でデザインアパートという発想が、オーパス練馬と

して営業している当社にとってもマッチングするところがあり、是非工事させて

いただきたいと思っております。

今回の図面をみて感じたことは、空間と空間のつながりを重視し、

間仕切りや扉を極力減らす設計をしたり、外部空間と室内を一体化させるなどの

手法はフランク・ロイド・ライトの建築を強く思わせる印象を個人的に受けました

通常デザイン住宅ですと詳細の納まり等で施工泣かせの箇所が多々ある

のが通例なのですが今回の建物は、そのような箇所はそう見受けられません。

早速工事会議を開かなくては・・・

セコム

2006.08.16

当社のスタジオにはセコムが入っています。

以前から防犯対策でさまざまな商品を新築やリフォームでご提案してきました。

ここに来て、本格的な防犯対策として、セコムを付けたいとのご相談もかなり

多くなってきています。それもセコムとメーカー名を名指しで(さすがの認知度)。

我々もセコム商品の知識が無かったので、まずは自社にと思いスタジオオープン後

取り入れてきました。

正直びっくりしました。最近の防犯システムはここまで凄いのかというのが

感想です。人感センサーもかなり高感度で、なれない当初は操作を間違え

2度ほど警備員の方が来てしまい泥棒に間違えられてしまいましたが・・・

その際、警備員の方とのお話で当スタジオ周辺は空き巣が多いことや周辺の住民の

方はセコムを導入されている方が多いということもあり、工事のご依頼もそうです

が、防犯の要望も多い理由がわかりました。

そして本日、セコムの取次店として登録させていただきました。

今後は、リフォームや新築にも防犯システムを結び付けていきたいと思います。

構造体を守るリフォームの必要性

2006.08.11

結露無縁の自然素材住宅として新築のご提案を開始いたしましたが、

早速、新築のご依頼も何件かいただき、非常にありがたいと感謝の日々です。

それ以上に、驚いているのがダブル断熱工法を使ったリフォームのご相談が激増しています。

これもうれしい悲鳴です。

当社の強みは、1919年の創業以来、引き継がれている木造建築のノウハウです。

長年木造一筋で社寺仏閣を含めた新築・増改築を行なってきました。

「リフォーム」という言葉は造語ですが、この言葉が出来るずっと前からずっと施工してきました。

現状、当社で行なっている工事も80%以上が木造の増改築です。

何千棟とその時代時代の住まいを大規模に解体させていただくなかで、本当に

多くの欠陥もみて参りました。信じられない事ですが、柱が無い家、断熱材の無い

家、梁が固定されていない家、雨ざらしになっていて放置したままの家、シロアリ

に住まいの構造材のほとんど食い荒らされてしまっており倒壊寸前の家などなど、

本当にたくさんの木造建築を見て参りました。

結露 構造体の腐食
↑結露は身体にも有害です。  ↑断熱材が入っていない!結露により構造体が腐食

雨漏り1 雨漏り2
↑雨漏りを放置。          ↑下屋部分の雨漏りを放置

シロアリ被害 本来は火打材を!
↑シロアリに食い荒らされた土台  ↑本来であれば火打材で補強すべき箇所!
                       ボルトの穴は空いているのですが金物はな
                     く、その穴を利用し電気配線が!明らかに意図的な悪質施                工です。
                       とても許しがたい!


これらの写真はごくわずかな例です。

数々の木造住宅を見ていく中で、さまざまなご相談をお受けし、その度に、

自社熟練の技術者と都度、ひとつひとつ適切に問題解決をしてまいりました。

これらの経験は当社にとってかけがえのない財産であると思っております。

私の考えるリフォームの根本はここにあります。

お客様の悩みを解消するということ。そしてプロの立場として適切な方法で

施工することです。デザイン、デザインと叫ばれる時代となりましたが、

絶対的な安全の上にデザインは成り立ちます。

弊社でもデザインリフォームは手掛けておりますが、基本となる構造や工法は

完璧にクリアした上でこそデザインが映えるものであると確信しております。

住まいの寿命を縮める原因はさまざまですが、共通して言える事は

構造体を早く痛ませてしまっているという事。構造体を痛ませる要因は

結露であったり、補強方法であったり、工法の欠陥であったりといろいろです。

増改築する場合、どの解決方法が最も最善かは、そのお住まいの状態により変わっ

て来ます。

結露なのか?雨漏れなのか?構造体の継手や仕口の欠陥なのか?補強方法の不備なのか?

その住まいに最も合った解決方法を探すことになります。


これらの経緯を踏まえ、ハイウィルでは構造体を守る工法である

ダブル断熱工法を使った全面改修を商品化しようと考えております。

この商品に自社の蓄積されてきた木造建築のノウハウをすべて注入しようと

思っています。まもなく発表いたしますので、お楽しみしてくださいね。

テーマは「構造体を守るリフォーム」です。

当社は、単なるリフォーム会社という立場ではなく、

住まいの悩みの本質を解決する技術をもっていると自負いたしております。

今後も、地域貢献も含め本物の建築を追及していく方針です。

一戸建てリフォーム(増改築専門)のお悩み解決特設サイト
増改築.jpg

敷地調査

2006.08.08

本日は、3階建の建替えのご相談があり、荒川区の現場敷地調査へ。

ご家族のご要望をお聞きしましたので、計画に入りたいと思います。

ダブル断熱の「萌樹」をベースに3Fのプランで計画できればと考えております。

また、外断熱「風家」の戸建てフルリフォームの計画中であったお客様のへの

プレゼンもお喜びいただき、受け入れていただけました。ローン確定後着工と

なります。

地鎮祭

2006.08.06

一昨日はアイジーコンサルティング、オーパス横浜都築の美和さん

と情報交換をさせていただきました。


そして本日、結露無縁の自然素材住宅(萌樹)の地鎮祭を迎えました!

地鎮祭2 地鎮祭1

明日よりいよいよ着工です!ダブル断熱工法を採用しますが、
構造見学会完成見学会を予定致していますので、

東京都内、埼玉県南部にお住まいでダブル断熱工法を採用した自然素材住宅

にご興味がある方は奮ってご参加いただきたいと思います!

事業体制の確立

2006.08.03

本日より新築事業部(オーパス東京練馬)が本格始動いたしました。

今までは、新築施工はリピートのお客様やご紹介のお客様のみしかお受け致しており

ませんでしたが、今後は新規のお客様へも営業活動を行なっていく方針です。

といっても既に着工いただいているお客様などの現場をお借りして現場見学会形式で

オーパス東京練馬の構造や素材の素晴らしさをお伝えしていくのがメインの営業活動

となります。

新築事業を展開するにあたって、もともと私が現場監督時代にお世話になった父親の

87年伝統工法で木造一筋の工務店の木工事業部とも業務提携を果たし、技術面でも

万全な体制となりました。

弊社リフォーム事業部も従来通りの木造改築専門事業部の他にマンションリノベーショ

ン事業部を新たに設置し、掘り下げていきたいと考えております。

伝統工法を含む木造住宅デザインリフォーム。どちらも弊社の1番得意とするところ

です。得意なものを更に強化し掘り下げる。

当たり前のことですが、リブウェルでは今後もこの体制で邁進して行きたいと思います。

「風家」リフォームバージョン

2006.08.01

今日は朝から現場調査に伺いました。

以前スタジオにお越しいただいたお客様で、自然素材をふんだんに使った

ローコスト住宅「風家」という商品をリフォームできないかというご相談をいただいた

お客様の現場調査です。

柱残しのスケルトンリフォームを想定した上でお伺いしたところ、

やはり、リフォーム特有の問題点が・・・

基築40年とお聞きしていたので覚悟はできていましたが・・・基礎が・・

基礎がかなり痛んでおりました。

水切が使用されていないので、トタンがGLギリギリで巻き込まれていた為、

土台は一部しか見ることができなかったのですが、かなり痛んでおります。

土台差し替えも想定しておかなくてはなりません。

早速、耐震補強対策として、既存基礎に大きい地震が来ても耐えるベタ基礎を抱かせる

工事の提案をさせていただきました。

既存基礎にケミカルアンカーという材料を200ミリ間隔で上下千鳥でかなりの本数を

打ち込み、そのアンカーに新しい基礎の立上りの鉄筋を差し込んで、新しく作るベタ

基礎の鉄筋と一体化させて軟弱基礎を支える工法です。

今回は、ベースコンクリート(耐圧盤)を打設後、新規基礎の立上りコンクリートを打

設する提案をさせていただきました。

その後、スタジオに来場いただき、「風家」の構造の確認を体感ルームでご確認いた

だき仕様のイメージを膨らませていただき、ご納得をいただきました。

あとは一番大切な金額の問題だけですね。

これから積算に入ります!!

木造の補強って・・

2006.07.31

木造軸組住宅の家の補強は、本来の柔構造の良さを生かすことが大切です。

よく頑丈な金物で、接合部分をガチガチに固めてしまうという方法があります。

しかし木造軸組住宅は、基本的に柔構造なのです。
すべての関節を固定すれば、力は柱に集中し、最終的には折れてしまいます。
その為一方向にしか効かない補強では困るわけです。

巷で使われている一枚板の金物は、二次元にしか効きません。
平面の方向の力には耐えますが、直角方向の力には、簡単に曲がってしまうでしょう。

ではこの金物をあらゆる方向に備えて多数取り付ければどうでしょうか。

金物の固定は、スクリュークギやふつうのクギで行なわれます。
1つの金物を止めるだけでも何本ものクギが打たれることになります。
もうお分かりかもしれませんが、見方を変えれば、これは柱に穴を開けたり
裂いたりしているのと同じことになってしまいます。
打てば打つほど柱の耐力は弱くなってしまいます。

そのうえ、サビて腐る鉄製の金具ではそう長くはもたないでしょう。
条件によっては、20年でサビて腐ってしまうケースもございます。
当社では多少高価となりますがステンレス製の金物を推奨致しております。
ビスもすべてステンレスです。

台風・地震の多い地方や、木造3階建住宅の多い都市部で、横ゆれやネジレにおける対策が求められています。
これまで、この水平面に対する補強はほとんど打つ手がなかったのが実情です。
そこで当社では、水平面への補強を解消する為にネダレス工法(剛床)を採用し、厚さ24㎜の合板を各階のフロア下地にはることで対応しています。、
また、天井の四隅を対角線上に結ぶ水平ブレース工法をオプションで用意いたしております。ただし建物全体として三次元の補強効果を発揮するために、一階、二階のタテの壁面を補強を強化しておくことが大前提となります。

↓↓↓↓業界初地震補償付きの制震ダンパーの紹介です!↓↓↓↓ bnr_bamper.jpg

一戸建てリフォーム(増改築専門)のお悩み解決特設サイト
増改築.jpg

オーパス東京練馬の構造

2006.07.29

■ベタ基礎標準仕様

基礎はすべてベタ基礎を採用しています。ベタ基礎は床下全体に鉄筋入りの厚いコンクリートを打つもので、コンクリート盤全体で建物を支え、重さを地盤に均等に伝えるため、地震時にも安定します。防湿を目的として薄いコンクリートを施工する、いわゆるベタコンクリートとはまったく違うものです。ベタ基礎は普通、軟弱な地盤にしか使われておりませんが、当社ではこれを標準仕様として採用しています。また、ベタ基礎は湿気や白蟻をシャットアウトする効果もあります。

■剛床(根太レス)仕様

床組は、1、2階とも24㎜の構造用合板(FC0)を大引(梁)の上に引く根太レス工法(剛床)を採用しています。
剛床(根太レス)仕様は文字通り根太を施工せずに、厚い合板により床で面を支える工法で、耐震性に優れた床鳴り防止の施工方法です。
床鳴りの原因の多くは、根太とフロアの間に隙間(根太の痩せ)が生じるために発生します。
根太レス工法はその原因となる根太を使用せず、梁に直接厚い合板と床材を敷き、水平剛性を高めます。
床の強さ(水平剛性)は地震や台風などの外からの力に対抗する大切な要素の一つです。床の水平剛性が低いと壁の弱いところに大きな圧力がかかり、損傷の原因となります。
根太レス工法の耐震性(水平構面としての性能)は、火打ち梁で水平構面を形成する従来の床組工法の1.5倍の水平耐力があります。たわみが減少し、床鳴りが発生しにくくなり、耐火性能が上がります。
また、床束には強度のある鋼製束を使用し、大引と基礎への固定をより強固にします。

■在来軸組工法+枠組壁工法
優れた特性をもつ木造軸組工法の構造躯体に、無垢材の1.5倍以上の強度がある集成材と、耐力壁として大建工業ダイライト壁倍率3倍12㎜を使用し、耐震性能を高めて、内部耐力壁と併せて壁倍率4倍の耐力壁を設け、床には構造用面材を使用し、地震による揺れを面で受け止めます。地震時の横からの応力に対応しており、枠組壁工法と同様安定した強度を持っています。在来軸組工法の垂直荷重への強さと、枠組壁工法の水平荷重への強さを持ち合わせた工法です。また、これらの構造材は専用工場でプレカットされるため狂いがなく、強く精度の高い構造体が実現します。

オーパス東京練馬『萌樹』 基本仕様

2006.07.28

■外部仕様

基礎:砕石100 ベース150 逆スラブ 鉄筋D13@250 立上がりH450
   コーナーハンチ有 刷毛引き仕上有 換気口なし(基礎パッキン)

外壁:ベースコート+フィニッシュコート(アクリル樹脂)

屋根:S型瓦仕様

軒裏換気:4箇所

サッシ:アルミ製ペアガラス 網戸付 雨戸なし

断熱材: 床・スタイロフォーム40㎜  天井・セルローズファイバー200㎜(乾式)   壁・外断熱パネル+セルローズファイバー(乾式)

玄関ドア:アイカ製


■構造仕様

土台:ヒバ105×105 通柱:集成材120×120
管柱:集成材105×105 横架材:米松 105(KD材)


■内部仕様

床:24㎜合板(下地)+フィンランドレッドパイン28㎜シッケンズ塗装(仕上)
壁:強化P.B12.5㎜(下地)+インナーコート(仕上)
天井:フィンランドレッドパイン12.5㎜ 無塗装 梁現し


■設備仕様

キッチン:ミカドシステムキッチン「ジェニック」I型2550(オーパスオリジナルモデル) 
風呂:INAXシステムバス「ルキナ」1616
洋便器(1F&2F):INAX製 洗浄便座付
洗面化粧台:メキシコシンク埋込モザイクタイル貼天板
洗濯機排水類:INAX製
ペーパーホルダー:オーパス製
タオルリング:オーパス製
タオルバー:オーパス製

■その他
住宅10年保証有り

■別途工事
外部給排水宅内引込工事 照明器具 地盤調査 浄化槽
外部給排水配管工事 エアコン カーテン

構造体感ルームまもなく

2006.07.26

構造体感ルームがまもなく完成します。

これを見ていただければ、自然素材の良さ・本当の断熱の意味・構造の大切さ

そしてオーパス東京練馬の仕様がお分かりいただけると思います。

より長くお住みいただけるよう基本性能はかなり高い仕様となっておりますが、

自然素材のお住まいに興味のある方であれば、ご納得いただけるものだと思います。

下手にご説明するよりも見て、感じていただけるスペースであると確信いたして

おります。完成に向けて準備を急がなくては・・・

セルローズファイバー凄いです。

2006.07.25

今日もダブル断熱で自然素材の住まいを求めているお客様がオーパス練馬

来場されました。構造体験&実験ルームはまだ完成していないのですが

途中経過の状態ではありましたが、体感していただくことができました。

早速、現地調査のお約束をいただきました。

いつも使っている防音実験器具がなかったので急遽、搬入時の袋に入っている状態

セルローズファイバーに携帯電話の音をレベルをMAXにして、試してみた。

私もビックリしましたが、セルローズの袋に携帯を埋め込むような感じで入れて

みたのですが、音量はほとんど吸音されてしまいました。

もちろんお客様もビックリでした。

やはり凄いです、セルローズ!!

超INAX祭!大盛況!

2006.07.24

昨日の超INAX祭は、大盛況!!

4回目を迎えINAXと当社のコンビネーションも熟成されてきたと

実感いたしました。

超INAX祭1

第1回、2回と会場がパンクしてしまい、多大なご迷惑をおかけしていたイベント

ですが、今回は驚くほどスムーズに、待ち時間も少なく対応ができたと思います。

待ち時間を利用して、コラボレーションしたネイルアートのスペシャリスト集団の会社

さんにもご協力いただき、女性のお客様にはかなりお喜びいただけたと思います。

ネイルアート


今回の趣旨は、あくまで8月末までにINAX商品の購入予定があるかたのみ完全予約

制で40組様ということでした。ほぼすべての方が時間通りにご来場されました。

建築家やデザインナーが好んで使用することが多いINAX商品だけあって、

お客様のご希望のプランなどをヒアリングしてもデザイン住宅ばかり。。

機器のみの見積もり金額だけでも1日40組様のご選定商品で5000万は

越えていたと思います。これから、更に忙しくなりそうです。

相談会終了後は、INAXスタッフと恒例の打ち上げ!久しぶりに朝まで飲みすぎて

しまった。二日酔いになっている場合ではないので、朝から気合入れていきます!

ご来場された皆様、有難うございました。

超INAX祭

2006.07.23

今日は、当社で恒例となっているイベント、超INAX祭を銀座ショールームをお借りして開催いたします!

完全、予約制で行っておりますが、告知した日に40組様すべてが埋まってしまうほどの好評ぶりです。

さあ!気合い入れて行くぞ!

ロープレの徹底

2006.07.21

オーパス練馬の構造ルームの完成に向けて、営業スタッフは、お客様への対応

を完璧なものにする為、毎日1時間必ずロープレを実施している。

やってみて感じることは、毎日必ず新たな発見があるということです。

毎日の積み重ねは非常に重要なのですね。

そして商品自体の確立も急ピッチですすんでおります。

オーパス練馬の床構造は1F、2F共にネダレス工法です。

コスト高にはなりますが、下地合板の厚みは1Fと2F共に24㎜を採用し

水平耐力の確保と仕上げで採用するフィンランドパイン(無垢材)特有の暴れを

最小限に留める狙いがあります。

また、都内で家を建てたい人限定で、事前webアンケートを4000人に取ったところ

ダウンライトは必ず付けたいという要望が、大多数を締めた為、

1Fの天井も2Fの床をそのまま天井材とする仕様を変更し、天井の下地を組み直し、

基本仕様でダウンライト設置スペースを確保できるように致しました。

日々進化するハウスメーカーの構造レベルと引けを取らない構造はそのままに、

断熱は結露無縁のオリジナル工法『ダブル断熱工法』を採用。

そしてハウスメーカーでは絶対使うことのない自然素材(無垢材)を使った

南欧風自然素材の『住まい』を提供できる会社を目指していきたいと思います。

萌樹

2006.07.20

8月着工のダブル断熱住宅『萌樹』の詳細仕様の確認を設計担当者、当社専属棟梁

施工管理者、営業担当者で行なった。

根太レス工法を採用するので火打ち材の採用はなくなりました。

床下地は、1F、2F共24ミリの構造合板仕様に決定。

これで水平耐力の不安もなくなります。(もちろん構造材はプレカット材が原則と

なりますが・・)

対象となる土地も長方形ではないので、数箇所の入隅がでてしまいます。

そして下屋も・・・

これらのケースは都心では日常的なことなので柔軟に対応していきたいと思います。

商品開発

2006.07.19

オーパス練馬として、構造体感スペースが徐々に骨格を現してきた。

当社、専属棟梁と打ち合わせを入念に、一つ一つ仕様を決定しています。

構造材、とりわけ通し柱、管柱は4寸角を基本仕様とし、1F&2F床は

根太レス工法を採用することに。

首都圏では当たり前の防火地域による対応も兼ねて専属設計士とも詳細打ち合わせに

入ります。はやく結露無縁のダブル断熱工法を首都圏にお住まいの方へご提供して

いきたいです!

実験ルーム

2006.07.18

オーパス練馬の実験ルームの設置が決定。

早速スタジオ内で工事が開始された。

2週間後には木造住宅の構造説明を含めお客様に感動していただける空間が

完成します。

ダブル断熱工法は説明するよりも体感していただくのがベスト!論より証拠です。

今までの木造住宅の悩みを、お客さまご自身が紐解き、解消の手がかりをキャッチしていただければ

と思います。いいですよ、ダブル断熱は・・・

大正モダンスタイル

2006.07.17

私が独立後してまもない創業期に弊社で、まるごとリフォームされた

W様より電話がありお客様のお母様が同居されることになったので、

お母さんのお部屋をきれいに改装したいと。

早速、お伺いしお母様のお部屋となる和室4畳半スペースを拝見した。

確かにここに、ベッドを置いてしまうとかなり狭くなってしまう。

そこで、少しでも開放感をと思い、吹き抜け天井にされてはいかがですか?

とご提案させていただきました。

和室の真壁を大壁にしてしまうのではなく真壁の良さを活かしつつも

モダンなイメージで重厚感もあり、天井は開放的になるよう吹き抜け天井を提案させて

いただきました。鴨居や長押は柿渋塗装仕上げに壁は珪藻土、床は無垢のフロアを!

早速、工事していただくことになりました。

このお客様は、私が独立後、初めて契約させていただいた大型物件のお住まいで

私一人で営業、プランニング、施工管理とこなした思い出のお客様です。

お客様に手料理のミートローフまでご馳走になり、さらに太ってしまったようです。

W様ご家族とお食事を楽しんでいるうちに、当時の現場で辛かった思いなどが

こみ上げてきてしまい泣きそうになりました。

私を育ててくれたお客様ですので本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。

W様、うちは良い工事しますよ!!(知ってますね!)

汚れない!、ひび割れしない!魔法の塗り壁!!「フレックスコート」

2006.07.16

フレックスコートにはベースコートフィニッシュコートの2種類があります。

●フレックスコート(ベースコート)

水・砂・セメント・液体アクリルの合成樹脂でセメントと1:1で混ぜてフレックスパネル の下地に使います。

フレックスコートは「ナノ単位」の粒子からなる素材です。
ナノ単位の粒子の集まりは、雨や風は完全にシャットアウトしますが、フレックスコートよりも粒子の小さい水蒸気だけは通過させます。
【肉眼では見えない世界ですので当社スタジオでは実験器具でご説明しております】
そして、細かい粒子の固まりの為、接着性が強く下地の揺れや変形に対抗する弾性を持ち、耐衝撃性も高いのです。
この雨水は通さず、水蒸気は通す性能フレックスパネル の良い性能を妨げない)が壁内の結露を防止する為、構造体の腐食等を守り、家の寿命がのびる
ホルムアルデヒド1/es0.02ppm以下=基準値以下の為、安心です。
クラック目地切れが起こりにくいので施工性の効率アップでコストダウンにつながります。

アクリル系塗料と混ぜて使うのでクラックが入りにくい。
また塗りがのびるので施工性の効率アップしコストダウンにつながります。

アクリル塗料と混ぜて室内にも使用可能。基礎の刷毛引きを使用するとヘアラックの防止になります。透湿性がある(日本のメーカーのものは透湿性がありません)

●フレックスコート(フィニッシュコート)

主に外壁の仕上げとして使用する「フィニッシュコート」

フィニッシュコート分子イメージ










酸化チタンが配合されている為、メンテナンスフリーの働きを持ち、塗り壁にありがち
な雨だれ等の汚れが雨で洗い流され、汚れが付きにくくなっているのが特徴
です。
その上、先ほどのご説明どおりフレックスコートは「ナノ単位」の粒子からなる素材ですから、ナノ単位の粒子の集まりは、雨や風は完全にシャットアウトしますが、フレックスコートよりも粒子の小さい水蒸気だけは通過させるので、壁内の結露を防止し構造体を守ります。
更に、伸縮性にも優れているのでひび割れもしにくいメンテナンスレスの壁になります。

*日本のほとんどの塗料は、水蒸気を通さないので壁内結露を誘発する原因となり、躯体を腐らせることにもなりかねませんし、構造体が腐れば当然、家の寿命が
格段と短くなるので地震にも弱くなります。

フィニッシュコートをまぜた外壁材「塗り壁」は、珪藻土のような品のある
質感の仕上がりです。この壁の基本的なメンテナンスは、ご自身で可能な水洗い
のみ
で塗り替えの必要はほとんどありません。

フィニッシュコートの特徴。

★空気は通うのに水は通しません
★伸縮性があるのに粘着力も抜群
★ひび割れしにくくはがれにくい

フレックスパネル などの仕上げの塗り材。
お好みの色10色に配合可能
フィニッシュコート

*凍結して性能を害する可能性があるので、気温4℃以下では施工しないでください。
*フレックスパネル にフィニッシュコートを使用しない場合、フレックスパネル の空気は通すのに水は通さない性質の良さが消えてしまうのでお勧めできません。


フレックスコート施工例










旧態依然の体質にメスを入れる!

2006.07.15

旧態依然の体質とはなんでしょうか?



それは多重請負構造多重流通体系です。


一般的にハウスメーカーでお施主様が住まいを建てる場合を考えてみます。

           【お施主様(建主)】
           ↓
       【ハウスメーカー】
           ↓
        【元請工務店】
           ↓
        【下請工務店】
           ↓
        【孫請工務店】
           ↓
          【職人】


といった形です。住まわれるのはお客様です。実際作るのは誰ですか?
大工さんや水道屋さん、電気屋さん、内装屋さんなどですよね。
つまり、日本では家を建てるのに、お施主さまと職人さんとの距離が遠いのです。
その間に、たくさんの会社が入り利益を乗せています。


以前、ハウスメーカーで2000万の契約をされた工事の孫請をしている社長に
こんな話を聞ききました。1000万で工事を請けているというのです。


当然厳しい予算だと思います。どうしてそんな工事を請けるんですか?と私も社長に
申し上げました。それを請け負わないと生活できないから。とその社長は話していま
した。よくテレビなどで欠陥住宅の話題で騒がれた時がありましたが、このような日本
の請負構造がもたらした悲劇といえるのではないでしょうか?
材料費などを削って工事をせざるを得ない状況なのでしょう。


同じ2000万の住まいを建てるのなら、お客様は実際1000万で建てている
住まいを選びますか?1500万ですか?1800万ですか?


お金を払っただけの価値がある住まいを建てたいと考えるはずです。
もちろんリブウェルでは、丸投げ工事は一切行なっておりません。



先ほどの図で表せば、

          【お施主様(建主)】
           ↓
        【リブウェル】
           ↓
          【各職人】

という図式です。






流通構造にも同様のことがいえます。



日本は他の先進国と比較しても流通体系が非常に複雑で製造者から一般の施主へ商品


が渡るのに何社もの中間業者が入りマージンを取るという体系となっています。


例えば
            【製造メーカー】
          ↓
     【販売代理店(商社)】
          ↓
    【地域有力販売店(一次問屋)】
          ↓
      【地域販売店(二次問屋)】
          ↓
       【工務店・リフォーム店】
          ↓
         【施主】

という流れが一般的です。
不透明でわかりにくい、建築業界の現状がこれです。


リブウェルはこの流通体系を打破すべく、業界でも先がけて「施主支給」という


施主が工務店に商材を支給するシステムを容認しております。

当社より安い商品があれば、それを支給していただく方がお客様にとってよりメリットがあるからです。

我々は工事会社ですから技術を売ってその対価(報酬)をいただくのが生業であります
ので工事はしっかりと手間をいただきます。
しかし商品であれば必ず定価というものがありますので、安ければ安い方がいいわけです。

「住まい」とはそこに住まわれる方の大切な財産です。
本来われわれ施工会社はお客様の財産を提供する立場にいるはずなのです。
住まわれるお客様の住まいをより快適に、そしてより長くお住みいただけるよう常に
研鑽していかないといけないのです。開発するのはいつも大手ハウスメーカーで一般
の工務店はハウスメーカーからの下請けとして言われたことをすればいい。
工務店はいつもハウスメーカーののいいなり。
こういった構造が今現在も続いているわけです。

この体質が変わらない限り、欠陥住宅騒動は終わらないし、住まい対する業者の捉え
方も変わらないでしょう。本当の意味でのお客様の視点に立ち、住まいづくりをして
いる業者がどれだけいるでしょうか?

そこで我々が行き着いた答えは、原価・利益公開という斬新な手法でした。

結露の怖さ

2006.07.14

寿命の長い「いい家」のポイントは「断熱」です!

結露の怖さ

住まいの寿命は断熱材にかかっている!



現在、日本の住宅の寿命は、平均26年と非常に短いです。
特に戦後、アルミサッシが普及し、グラスウールなどの断熱材が普及してから
住宅の寿命が短くなりました。

木は、強度と耐久性に優れた構造材ですが、水によって腐ったり、強度をなくします。
水まわりが痛みやすいことは誰でもご存知だと思います。「目に見える水」だからわかりやすいですね。

しかし、住宅の寿命を短くした犯人は、実は、「目に見えない水」であることを知る人は、大手ハウスメーカーでも、工務店でも、意外に少ないという事実があります。

・・・・それと「断熱」といったい何の関係が・・・?
断熱と聞けば、その名の通り「熱を断つ」もので、「夏にも冬にも左右されず、室内の温度を保つこと」と思っている人が大多数だと思います。
それはプロであるハウスメーカー・工務店でも同じだったんです。その程度の認識しか持っていませんでした。
ですから、とにかく断熱材を入れれば、「夏涼しく、冬暖かい」とか、「省エネ住宅」だと思っているのです。

確かに、温度調節は、断熱の大きな役割のひとつです。
しかし大切なことを忘れてはいけません。
人が生活する住宅内部には、大量の湿気が継続的に発生します。
加えて日本の高温多湿な気候によって、間違った断熱は内部結露(壁の中で汗をかく現象)を引き起こすのです!

エアコンの室外機のホースから外に流れる大量の水を見たことがありますか?
あれは、すべて室内の空気に含まれていた湿気なんですから、「目に見えない水」がいかに多いかわかると思います。

大手ハウスメーカーが採用している壁の充填工法(内断熱)の材料は、グラスウールをはじめ、ロックウール、ポリスチレンフォームがほとんどで、この構造では、温度変化は壁の中でおきます。

内断熱でも、厚い断熱材を使用すれば、室温を保つことは可能です。
しかし、内部結露の危険性は依然として減っていません。
例えば冬、湿気を含んだ室内の空気が、室内側の壁に防湿処理が不十分な箇所があれば、壁の中に入った水蒸気が冷やされて内部結露を起こす可能性があります。

夏は、高温多湿の外の空気が、エアコンで冷やされた室内の冷たい空気と壁の中で出会って結露を起こします(逆転結露)

温度を保つことは、隙間が出来やすい内断熱でも可能ですが、少しの隙間でも、空気が入り込めば、結露は起こるのです。

結露が発生すれば、グラスウールやロックウールは、水分を含んで、断熱材としての役割を果たさなくなり、直接接する柱などの木材を腐らせたり、カビ、シロアリ等の発生原因となります。

ベニヤなどは、湿気を大量に含むと、張り合わせた層がはがれ始め、板材としての機能を完全に失います。

充填工法では 隙間の無い断熱・防湿層の施工が完璧でない限り、結露の心配が離れません。
これは 現場で施工する業者の知識や技術力まかせとなり、品質にもバラツキが出ることになります。

それでもまだ、「大手だから安心」と言えますか?

どんなに優れた構造・厳選素材を採用しても、結露を起こす家では意味がなく、長持ちしません。
グラスウールなどの内断熱材は、薄いポリエチレンフィルムで覆われているため、簡単に言えば家はビニールハウスのようになります。

当社では、内部結露を防ぎ住まいの寿命を長持ちさせる家をコンセプトに
「ダブル断熱工法」を標準仕様といたしております!

外気温をシャットアウトする「フレックスパネル」

2006.07.13

フォルテ.gif

●南極基地でも採用されているフォルテ

外壁塗り下地と断熱材を一体化したパネルです。

雨水は通さず、水蒸気は通す特殊な素材「特殊ビース法発泡ポリスチレンフォーム保湿板3号」を使用。

製造時にフロンが発生しないノンフロン発砲断熱材の為、エコ商品です

工場生産の為、品質が一定していますので安心 。

パネル自体に伸縮性があるので、ジョイントコーキングを使用しない為、従来の外断熱工法の欠点であった『目地コーキングの劣化』を解消!

断熱材の種類はこちら

●結露防止効果

外断熱工法に使用する「フォルテ」は、雨水を通さず水蒸気は通すので、内部結露を防ぎ、カビ・ダニの発生する要因を減少させます。

カビ・ダニの発生を抑えることでお住まいを健康な環境にします。

また、グラスウールなどのように吸水・垂下しないので、断熱性能の経年劣化は少なくてすみます。


●防カビ効果

雨水を通さず水蒸気は通す性質は外壁にも効果をもたらします。
カビが外壁表面に生えにくいということです。
湿気が壁表面にずっととどまるとカビは生えやすくなりますが壁構造自体が湿気をスカッと通す機能がありますので、塗り壁なのにカビにくい状態を保ちます。


●優れた耐久性

特殊ビーズ法ポリスチレンフォームという断熱材を使用しております。

外断熱にすることにより、構造体が外気温の影響を受けにくく、また壁内の結露を防ぐので構造体の劣化を大幅に防止します。

壁内で結露すると健康を害するほか、構造体を腐らせ家の寿命が格段に短くなります。当然、地震などにも弱くなります。




●省エネ効果

高い断熱性能で、建物が真夏や真冬の外気温に影響されにくく、室内温度がほぼ一定に保たれるので、冷暖房を省エネルギー化し、ランニングコストを抑え、快適な住空間を創ります。


●安全性に優れている

難燃剤が添加されているので、パネル自体で燃焼を継続しない性質(自己消火性)を持ちます。



●ひび割れしにくい=高いメンテナンス性

フォルテは弾性に優れ、塗り壁のクラック(ひび割れ)や剥離を防ぎます。また、サイディングの場合は、サイディング、胴縁、断熱材を構造体まで貫通する長いビスが施工上必要になりますが、フレックスパネルの場合、サイディングと違い軽いので自重で垂れないことから必要ありません。
その為、長期間良い状態を保ち、メンテナンスが楽です。
また素材が曲がることでRのデザイン等が容易になりますのでデザインの幅が広がります。



●ダイライトと同時使用で45分準耐火認定取得

外部の壁下地に大建工業「ダイライト」を使用し、内部壁下地に12.5㎜のプラスターボードを同時使用することで国土交通省の45分準耐火認定を取得していますので、首都圏で大半を占める準防火地域でも施工ができます。着火しても3秒以内に鎮火する自己消火性を持つ為火災が起きても延焼しにくい性質をもっています。


●結局ローコストなんです!

すでに下地処理がされているため、天候に左右されること無く施工できる。

工期を大幅に短縮できる。フォルテ自体に通気性があるので、通気層を必要とせず、胴縁が要らない。





内断熱(充填断熱)

2006.07.12

内断熱

内断熱の長所

・外断熱(外張断熱)に比べて、断熱材の材料も施工費も安い。
・外断熱(外張断熱)に比べて、壁厚が薄くできるのである程度重量のある外壁も張れる


内断熱の短所

・壁の中に断熱材を入れるため、筋交い、設備配管や配線、コンセントボックスなどの部分で断熱が途切れたり、
 隙間ができ、その部分は断熱できていない。
・薄い気密シートは壁の上下、端部など複雑な形状への張付けが難しく、確実に断熱するには、かなり高い施工レベル
 が必要。
・確実な施工がなされず、壁内で結露を発生させると、グラスウールなどの断熱材は、吸湿性が高く、放湿しにくい性質 を持つため、これに接している柱や土台などを腐らせる
・夏場は室内にて冷房をかける為に、通気孔から進入した高温多湿の空気が壁内で結露(逆転結露)を起こす恐れが   ある。


結露を起こさないためには・・・

・隙間をつくらないように断熱材を充填する。
・断熱材に内部結露を生じさせないよう、気密シートで気密化する。
・外壁と断熱材との間に通気層(15㎜程度の隙間)を設けて、断熱材の湿気を放出させる

魔法の最強断熱材「セルロースファイバー」

2006.07.11

セルローズファイバー.jpg

●地球環境を考えた断熱材「セルロースファイバー」

最近よく目にする断熱材“セルロースファイバー”。

60年前にアメリカで開発された新聞紙を原料にしたリサイクル製品です。

セルロースファイバーは欧米諸国が発祥の地で、米国の断熱材種別シェアを調べてみると最も多く使用されています。

ハイウィルでも以前から注目していましたが、コストや材質の面から足踏みしていました。

そして独自の仕入れルートを開拓、コストダウンに成功し、採用することが可能となりました。

セルローズファイバー(シェア)

●エコインクを使用した新聞のみ使用
ハイウィルのセルロースファイバーの原材料はエコインクを使用した
古新聞のリサイクルです。
えっ、エコインク以外の新聞はダメなの?というご質問にお答えしますと、

新聞紙の多くのインクは化学物質で使用しております。
ハイウィルでは扱うセルロースファイバーの新聞は大豆(ソイインク)またはトウモロコシの植物油をインクに使用しているので安心です。
多くの“セルロースファイバー”は硫酸アンモニアを含んでいますが、これは壁内の劣化や配線の腐食(漏電)の原因になるのです。
硫酸アンモニアではなく、ホウ酸(ごきぶりだんごなどに使うでんぷん質のもの)をハイウィルでは使用しています。

お客様にこれだけ優れた性能を持っているのに、
「なぜ日本で普及しなかったのですか? 」とよく質問を受けます。

まず他の断熱材は安価である事と施工が簡単な事など、断熱性能とは別の視点で普及していった事が挙げられます。
セルロースファイバーは専用の機械と専門の技術者によって施工が必要な為、
また価格が高くなる事を理由に採用されなかったのではないでしょうか。
何より住宅建築業に携わるハウスメーカーや工務店の勉強不足、固定観念があげられます。

●断熱と気密を高めます

セルロースファイバーの原料は100%が古紙のリサイクルで、アース・フレンドリーな断熱材です。

さらに、製造過程でも、多量の燃料で鉱物を溶かしてつくられるグラスファイバーなどと比べ、はるかに少ない製造エネルギーしか使いません。また、セルロースファイバー断熱材には、繊維同志のからまり合いで生じる気胞に加え、木繊維特有の無数の微細な空気胞があり、この二重の断熱効果で優れた性能を発揮します。

さらに、壁の間に吹き込む充てん工法で、柱間に完全に隙間なく、高い充填密度で吹き付けるため、空気の流通が止められ、断熱性のみならず気密性も高まります。


お客様よりセルロースファイバーが沈下する事はないのですか?
とご質問を受けます。

55kg/の高圧で充填していますので、沈下の心配はございません。壁内のセルロースファイバーは、過酷な加振動試験において沈降は認められませんでした。


セルロースファイバー、断熱効果の他に以下のような特徴を持っています。

1)防燃効果
2)防虫効果
3)調湿効果
4)吸音効果
つまり、セルロースファイバーは単なる熱を遮断するだけにとどまらないわけです。


●優れた火炎安全性

万一の火災には延焼を抑えるたくましい防壁です。
一般的なグラスウールは火災では熔けて、
炎や煙の通路を作ってしまいます。

セルロースファイバーにはホウ酸ホウシャが混ざっています。

ホウ酸は物に吸着すると一瞬にして相手から水分(正しくはマイナスイオン)を奪う性質があり、乾いた相手(この場合は新聞紙)はすぐ燃えます。表面だけ燃えると、今度はホウ酸がまた水を相手に戻す性質があるため、それ以上燃え広がらないのです。(類焼、延焼防止)

火を近づけてみても外側は黒炭化しますが、中側は全く燃えません。セルロースファイバーは柱間に注入するので、ある程度の厚みを持ちます。つまりセルロースファイバーが注入された壁は全く火を通さないということです。

木造建築物の重要文化財である「住吉大社」や「金毘羅宮」などにはこのホウ酸水が
噴霧器でかけてあり万が一の火災の被害の防止策として用いられています。
もし火災にあっても木材の表面が0.5㎜軽く炭化するだけで中まで燃えないからです。

※国に認められた確かな工法ですので火災保険料が割引になります。


●防虫・防カビにも万全。健康的な住まい環境を作ります

防火用に添加されるホウ酸系の薬品の持つ殺菌力は、眼科の洗顔に使われるほど安全ですが、(「タンスにゴ○」「ムシ○ーダ」のような化学剤で害虫を寄せつけない訳ではありません。)ゴキブリ用のホウ酸団子のように、カビや腐朽菌、ダニ、虫類やねずみを防ぎ、建物と健康を守ります。

一般的にはホウ酸の含有率5%前後のものが多いですが、ハイウィルではホウ酸含有率は22%、含有量が多いと殺菌消毒力が高いです

お客様より「ホウ酸、安全ですか?」とご質問を受けます。

ホウ酸は海水や土壌など自然界に広く分布し、環境にもやさしい為、目薬、うがい薬・化粧水・消毒などにも用いられ、家具の防虫にも広く使用されています。難燃性を持たせる為のホウ酸ですが、ゴキブリやシロアリなどに食害されない効果もあるとご説明しております。

●過剰な湿気を吸い取り建物の湿気や腐りを防ぎます

気泡は住宅内の過剰な湿気や臭気を吸着します。

同じ柱間充填断熱材でも、グラスウールやロックウールは
その調湿効果がありません。

「乾かない素材だから」だからです。グラスウールなどは、暖房室内の水分が壁に侵入し外壁で冷やされて水滴になり、住宅の腐りの原因になるため、防湿シートの施工が欠かせません。しかし、セルロース断熱の家ではセルローズが空気が乾燥するとその水分を放出しますのでその必要がありません。

例えば、秋田で冬、湿度80%に加湿しても、壁に結露は生じなかったという実験もあります。


●木質系の優れた吸音性が住宅にあきらかな静寂を!

セルロース繊維自身の多孔性とグラスウールの3~4倍の高密度充填のおかげで、交通騒音から話し声まで幅広い騒音を吸収し、はっきり差が分かるほどの静かな家を作ります。低周波の域や固体伝播音を小さくすることは困難ですが、高周波の域や空気伝播音においては、優れた吸音性によって音を和らげることができます。ピアノやカラオケの音などは十分吸音してくれます。現にアメリカでは空港周辺の住宅の防音材としても認可されています。

つまりセルロースファイバーは

「断熱性」「調湿性」「防燃性」「吸音性」「防虫性」を兼ね備え、建物全体を補完し、長持ちさせる役目を持つ地球の環境にも優しい最高の断熱材となります。


ハイウィルでは新築では標準仕様、リフォームでも内断熱工事としてご好評いただいております。

【その他の取得認定】

ファイバーエースは国土交通省の認定を受けた準不燃材料です。
ホルムアルデヒド等級F☆☆☆☆を取得しています。
ライフサイクル全体を通して環境保全に役立つ商品につけられるエコマーク商品認定を取得しています。
断熱材としてグリーンマーク表示の承認をとれたのは
セルロースファイバーだけです。(平成19年7月1日現在)

最後に3大断熱材を徹底比較してみます。

3大断熱材徹底比較
1石5鳥の最強エコ断熱材「セルロースファイバー」特設サイトはこちら
セルロースファイバー 断熱材 最強の一石五鳥

ダブル断熱で結露無縁「萌樹」

2006.07.10

本日、オーパス練馬店で「萌樹」が契約となりました。

三角の土地で多少入隅が多い住宅となりますが東京ではこのようなケースは多々

ありますので今後もうまく対応していきたいと思っております。

建て替えの為、既存住宅の解体から入りますが、8月上旬を予定しております。

構造見学会や完成見学会の予定も決まり次第、ご案内していきたいと思います。

当社スタジオ内にも実験ルームを設置予定としております。

イメージは出来ておりますので、早急に準備していきたいです。

ダブル断熱住宅は体感していただくのが一番です。

2棟を1棟に!

2006.07.09

本日は、大田区田園調布で2棟の建物を1つの建物に施工するという、

当社の棟梁の腕の見せ所ともいえる現場のご契約をいただきました。

多少、工程もゆるやかにさせていただいておりますので、じっくり取り組める

ことと思います。

ここ最近の弊社工事内容を見てみますと、ほとんどが、木造の構造残しのスケルトン

増改築とマンションリノベーションのどちらかで弊社のもっとも得意とする工事内容

となっており、それぞれの工期が長いこともありおかげさまで10月までは予定がいっぱいの状態です。

また、既に秋以降も同様の工事の着工が数件決まっております。

得意とする部分を披露できる場をいただける喜びは、本当にうれしいことだと

最近実感させていただいており、今までと会社としての充実感も違います。

当社としての今後の方向性がかなり明確となってきておりますので、今まで信じてきた

道を素直に歩み続けたいと思います。社員一丸となって頑張りますよ~!

リノベーション 東京スタイル

2006.07.08

超多忙で、久しぶりのブログです・・・

当社、八田の練りに練ったプランが成就し、お客様に共感をいただきました。

当社としてもうれしい瞬間です。おめでとう八田!

今回は水廻りのデザインにこだわっており、浴室内の洗い場ににガラスブロックで

造られたR壁のシャワーブースを併設。かなり個性的なデザインとなります。

今回の本格リノベーション物件は池袋です。

今後はより詳細なプランを提出し秋を目処に着工となります。

オーパス練馬店も早速、風家のリフォームバージョンの引き合いをいただき、

プランも提出、こちらも共感いただき喜ばしい限りです。

さぁ今日も頑張ろう!!

外断熱(外張り断熱)

2006.07.07

外断熱


外断熱の長所

・構造体の外側に張るので、断熱材の隙間がほとんどなく、壁内結露を発生させない。
・施工が容易で、断熱の確実さが高い。
・構造体も断熱材で包んでしまうので、熱的な変化を受けにくく寿命が長くなる。


外断熱の短所
・内断熱に比べて、イニシャルコストは坪単価10万円程度高くなる
・壁の中が空洞になるので、壁厚の活用はできるが、反響音が大きい。
・断熱材を構造体の外側に張るので、壁の厚みが増し、重量の重い外壁材は使えない。


外断熱の荷重を考えると、薄くて断熱性能の良い発泡プラスチック系の断熱材を
使うことになり、グラスウール等の断熱材よりもコストが上がります。
発泡プラスチック系の断熱材には、吸放湿性能が無いため、最低でも3cm以上の
通気層が必要で、断熱材の厚さプラス通気層の幅が必要になり、その先に重たい外壁
を施工することは難しいので、通常、外断熱の家の外壁は、比較的重量の軽い
サイディングになります。(乾式外断熱工法)

オーパス練馬店の住まい

2006.07.04

日本の住宅の平均寿命は約25年といわれております。



これは先進国であるドイツの平均80年、カナダ・アメリカの


平均90年など他の先進国とは比べものにならないほど短いのが現状です。


なぜ日本だけが、このように短いのでしょうか?


さまざまな理由があげられますが、最も大きな理由のひとつとして挙げられるのは


「日本の建築業界の旧態依然の体質」とその体質ゆえにもたらされた


「業者の住まいに対する捉え方」であると考えます。


旧態依然の体質とはなんでしょうか?



それは多重請負構造多重流通体系です。


一般的にお施主様が住まいを建てる場合を考えてみます。


【お施主様(建主)】→【ハウスメーカー】→【元請工務店】→【下請工務店】→


【孫請工務店】→【職人】



といった形です。住まわれるのはお客様です。実際作るのは誰ですか?


大工さんや水道屋さん、電気屋さん、内装屋さんなどですよね。


つまり、日本では家を建てるのに、お施主さまと職人さんとの距離が遠いのです。


その間に、たくさんの会社が入り利益を乗せています。


以前、ハウスメーカーで2000万の契約をされた工事の孫請をしている社長にこんな

こんな話を聞ききました。1000万で工事を請けているというのです。


当然厳しい予算だと思います。どうしてそんな工事を請けるんですか?と私も社長に


申し上げました。それを請け負わないと生活できないから。とその社長は話していま


した。よくテレビなどで欠陥住宅の話題で騒がれた時がありましたが、このような日本


の請負構造がもたらした悲劇といえるのではないでしょうか?材料費などを削って工事


をせざるを得ない状況なのでしょう。


同じ2000万の住まいを建てるのなら、お客様は実際1000万で建てている


住まいを選びますか?1500万ですか?1800万ですか?


お金を払っただけの価値がある住まいを建てたいと考えるはずです。


先ほどの図で表せば、【お施主様(建主)】→【リブウェル】→【職人】という図式


です。




流通構造にも同様のことがいえます。



日本は他の先進国と比較しても流通体系が非常に複雑で製造者から一般の施主へ商品


が渡るのに何社もの中間業者が入りマージンを取るという体系となっています。


例えば【製造メーカー】→【販売代理店(商社)】→【地域有力販売店(一次問屋)】

→【地域販売店(二次問屋)】→→【工務店・リフォーム店】→【施主】
という流れ


が一般的です。


不透明でわかりにくい、建築業界の現状がこれです。


リブウェルはこの流通体系を打破すべく、業界でも先がけて「施主支給」という


システムを採用しております。これにより住まいに関わる商材に関してマージンが


よりかからない形でご提案が可能です。


この体制を取りいれている施工会社は、まだ少ないと言えるでしょう。


「住まい」とはそこに住まわれる方の大切な財産です。


本来われわれ施工会社はお客様の財産を提供する立場にいるはずなのです。


住まわれるお客様の住まいをより快適に、そしてより長くお住みいただけるよう常に


研鑽していかないといけないのです。開発するのはいつも大手ハウスメーカーで一般


の工務店はハウスメーカーからの下請けとして言われたことをすればいい。


工務店はいつもハウスメーカーののいいなり。


こういった構造が今現在も続いているわけです。



この体質が変わらない限り、欠陥住宅騒動は終わらないし、住まい対する業者の捉え


方も変わらないでしょう。本当の意味でのお客様の視点に立ち、住まいづくりをして


いる業者がどれだけいるでしょうか?


リブウェルでは「住まいづくり」とは「住まいに関するすべての概念の再構築化」と考えております。


そこに住む人たちのより豊かな生き方をお客様と一緒に探すプロセスであると思います


リブウェルは、物理的なモノとしての家をつくるのではなく、そこに生活する人達が


より豊かに生活する為の住まいづくりがしたいのです。


設計士やプランナーの思い込みやエゴなど、作り手の発想でつくったものは、お客様


に受け入れていただけるはずがありません。


お客様の話をじっくり聞いて、生き方をうかがった上で住まいづくりを行う。


それが私たちの「住まいづくり」の進め方です。


私は“住まいづくりは、生き方づくり”をモットーにしています。


物理的なモノとしての家ではなく、家族みんなが生活する場としての住まいをご提供


していきたいのです。そのために必要なのは、何百棟も建てて多店舗化していくこと


でも、単純に売上を伸ばしていくことでもありません。


お客様の要望をお聞きして「住まいづくり」がご提案できる会社でありたいと考えて


おります。


この確固たる理念を貫く為にリブウェルの住まいづくりでは、5つのポイントを設け


ています。それは、


①長持ちする住まいであること



②地震に強い住まいであること



③メンテナンスフリーの住まいであること



④自然素材・健康素材を使った住まいであるということ



⑤ローコストでありつつもハイパフォーマンスな住まいであること



この5つのポイントから外れるお住まいの工事はお受けいたしておりません。



オーパス練馬店としてお客様の価値ある「住まいづくり」を実現する会社になれる

よう、これからさらに努力してまいります。

オーパス練馬店

2006.07.01

オーパス練馬店をOPENさせました。

オーパスショップ本部をはじめ、各地のオーパスショップと違い、オーパス練馬店

ショップ的な要素こそありませんが、オーパス商品の素晴らしさや工法の素晴らしさを

体感できるスペースはございます。

東京の土地事情などを考えますとセットバックなどの問題から建替えするんだったら

リフォームでという声も多い現状を踏まえ、建替えは建て替えとして、リフォームは

リフォームとしてオーパスブランドを紹介していきたい。そう考えております。

東京にお住まいの皆さんにダブル断熱の素晴らしい住まいのを味わって欲しい!

それだけです。リフォームでダブル断熱の需要があるのは地域性から考えても

練馬店と横浜都築店くらいかもしれません。


今後はオーパス店同士の連携も考えながら、スピーディーに展開していきたいと

思っております。来週から萌樹のリフォーム版がいよいよ着工(スタート)します。

リフォームでも通常のローコスト新築住宅以上に費用がかかってしまいますが、

そこは比較して欲しくないところです。(中身・性能がまるで違います!!)

ダブル断熱工法の住まいは、それほど素晴らしい工法であると自負しております。

当社の新築事業部もこの工法の素晴らしさを知ってしまった以上、すべての

新築にこの工法を採用することを決めました。

本質を貫く工法で住まいづくりをされたいお客様、是非、オーパス練馬店に

ご相談下さい。

ローコストなんです!

2006.06.30

当社は「ローコスト」という考え方に明確な答えを持っています。

昨日もお客様より驚きの言葉をいただきました。

こんなに凄い提案なのに予算内に収まりましたね・・と。

またまた大手ハウスメーカーと相見積もりでしたが、分かりやすい結果がでました。

当社では「材工分離」の考え方を基本においております。

CM方式とは多少異なりますが、新築やリフォームにかかる材料(とりわけ比重の高い

水廻り機器)と施工費を完全に分離するというものです。通常は材料+施工費=総工費

という形で、ご提案されると思います。当社はそれを分離してお考えていただくと

いうものです。

お客様が材料を直接、安い会社から購入いただき、我々がそれを施工するという

スタンスを奨励いたしております。これを「施主支給」といいます。

通常は材料費に利益を載せて提案するのですが、我々は設計・施工会社という強い

プライドを持っておりますので、建材等はお安いところから買っていただくほうが

お客様にとってメリットが大きいのではと考えているからです。

業界ではタブーなことですが、我々は真の「ローコスト」の答えはここにあると考えて

おります。これって海外では当たり前のことなのです。

施工会社は施工の技術で提案で勝負をすれば良いのです!

私はそう考えております。

当社では卸小売販売をしている商社で住宅設備を激安で販売する会社と提携し

そちらで購入される方がほとんどです。

今回、総額約1900万の柱残しのまるごと改築工事の受注をいただきましたが、

当社は1400万円、住宅設備機器や建材で約500万という形です。

お客様がお安い会社を探し当社提携企業の他何社から購入されたとの事です。

ちなみに大手ハウスメーカーの見積もりでは2300万円相当の工事仕様です。

お客様にとってのこれ以上のスケールメリットはないと考えております。

これが当社の本質的なローコストの考え方(答え)です。

株式会社リブウェルはそんなお客様を応援します。

新築そっくり・・満員御礼

2006.06.29

昨日も日記で書いたとおり、ここに来てリフォーム部門の平均単価が一気に

上がっている。もともと工務店出身の為、増改築中心のご依頼が多かったのですが、

今年の春より明らかに増改築の比重がますます高くなってきている。

年内だけで1700万以上の物件がすでに3件も決まっています。

リフォーム会社で平均単価800万は、明らかに異常な数字であると思います。

しかも当社は、施主支給+工事という形を取っている為、800万の平均工事でも

住宅設備機器などはもの凄く割引率が高いですから、一般の総工費ですと

900万以上の内容となります。

工事の対象ををみると戸建てのまるごとリフォームが7割、残り3割はマンション

リノベーションです。

何が、変わったのかというと他社と差別化できる商品を持ったことがいえます。

商品力を持つことでおかげさまで対外的にも徐々にブランド化が浸透しつつあります。

また、自社に一番あっているスタイルもここに来て確立しつつある為、会社として

迷わず進んで行きたいと考えています。

本日も地元大泉学園で柱残しのダブル断熱工法採用まるごとリフォームのご相談が

ありました。これからART都市開発の疋田さんと現場調査へ!

業務フローの確立

2006.06.28

昨日、一昨日と名古屋小牧で研修でした。

両日とも為になることばかりで相変わらずお腹いっぱいの研修だったなぁ。

今のうちに無いのは、明らかにシステムであると痛感。

現在、おかげさまで、リフォーム部門は好調!年内中は予約でいっぱいの状態です。

もともとは本業であった新築部門もご依頼がチラホラと出てきており、

今後更に力を入れなくてはなりません。

リフォーム部門が年内の平均単価が800万円と、ここに来て更にお客様単価も

上がってきている現状を踏まえると、しっかりとした業務フローの確立が優先事項

になるだろう。リフォームの高額物件は熟練を要する為、かなりの比重で個々の

能力に影響される部分が多いのだが、まだまだ無駄が多いのが現状。

一気に業務フローの骨子を固めようと思う。大切なお客さまと大切な社員の為に!

オーパス横浜都築店へ

2006.06.25

本日は、昨日オープンしたオーパス横浜都築店にご挨拶に!

こちらの店舗は1F部分がリサイクルショップとなっており、

2Fにオーパスショップがあります。立田部長に集客方法や

今後の展開や指針をお聞きしました。

お客様のご来場数も好調ということで、非常に活気がありました。

うちも負けないよう頑張ろう!!

ショップでキャンペーンを行なっていた血液サラサラチェックをはじめて

させていただきました。。思ったよりサラサラ血液で安心しました・・


井上社長と

尊敬する井上社長と!

INAX システムキッチン 激安 格安

2006.06.24

弊社グループ会社「住設・建材百貨店(株式会社ライブウェーブ)」では、

INAX社と年間契約という形で特価契約することで、ハウスメーカー並み

の販売量を誇っております。

INAX社とは、株式会社ライブウェーブのオリジナルシステムキッチンの

開発まで着手致しており年内に発表の予定です。

とにかく住宅設備機器を購入予定のお客様は住設・建材百貨店まで!!

生命保険

2006.06.22

今日は鬼定先生の資金計画セミナー2日目。

お題は「生命保険」。

生命保険って本当に沢山の種類があって、自分自身、正直よくわかっていない分野

でありましたので、自分の立場にたって講習を受講いたしました。

本当に目から鱗状態!!自分の保険も見直してみたところ、4万円近くが保険の

掛け違い、賭け間違いであることが判明。将来のリスクに同様の保障レベルでも

正しくシンプルに、そしてスマートに掛けるあげることで、4万円が浮いてしまい

ました。知らないって本当に怖いですね。。

今後はお客様にも積極的に相談に乗ってあげたいと思い知らされました。

さあ明日はOFF!!奥さんと保険の見直しでもしよっ!!

住宅ローン

2006.06.21

今日はこれから、鬼定先生の資金計画セミナーへ!

一語一句聞き漏らさないよう気合いを入れていきます!

萌樹

2006.06.20

自然素材にこだわる。それが萌樹です。|風家をさらにグレードアップ。より快適に、健やかに。

風家がさらにバージョンアップしました。内断熱にセルローズファイバー、外断熱にはフレックスパネルを採用したダブル断熱が特徴。躯体の寿命を守った長持ちの快適住まいが実現します。


萌樹」は「風家」の良い所をそのまま、さらにバージョンアップさせました。
風家のこだわりの標準仕様の中で、窓と外壁がさらに優れた商品・素材になりました。

■OUTSIDE 形はシンプルな総2階建てが基本。シンプルだからこそコストを抑えることができ、そのうえ家も長持ちし、メンテナンスも少なくてすむのです。

■INSIDE
床・天井「パイン」、壁「塗り壁」は全室共通の仕上げです。床パインには、フィンランド製の木目の美しいものを使用。厚さは28mmもあります。 また塗料は水性塗料を使用しています


ダブル断熱が生む、快適住まいの空間。

萌樹シリーズの詳細を見る>>

リノベーション 東京

2006.06.19

マンションスケルトンリフォームの決定版

まるっと!スケルトンリフォーム

マンションリノベーション.jpg


リノベーションを予定されているお客様に、

リノベーションを成功する為のポイントいくつかお伝えします。

基本的に現状の状態からスケルトン状態に解体するのですが、超都心の場合、

築年数が相当経っているケースがありますので、今の分譲マンションのように

天井高がそう高くないお部屋も数多くございます。

天井を解体して少しでもスペースを確保しようと考えても、既に仕上面がコンクリ

塗装仕上の状態でクリアランスが取れず、予定していた家具などが入らないなど

そういった注意も必要です。

ただ、都心で金額的にも安く、すべての条件が揃ったところなどまず探しても無い

のが現状ですが・・・

今回の西麻布の現場も天井高で泣いた(現場サイドが・・)物件の1つでした。

西麻布リノベーション1 西麻布リノベーション2

西麻布リノベーション4


マンションスケルトンリフォームの決定版

まるっと!スケルトンリフォーム

マンションリノベーション.jpg

リノベーション 東京style スタジオ編vol.3

2006.06.18

マンションスケルトンリフォームの決定版

まるっと!スケルトンリフォーム

マンションリノベーション.jpg



リノベーション
という言葉も徐々にメジャーになりつつあります。

数年前までリノベーションを手掛ける会社は、数社しかなかったのですが、今では

何十倍もの数になっております。


当社がご提供するリノベーションとはあくまで「シンプルな空間」です。

また、当社デザイン事務所ではありません。設計・施工会社です。

施工会社が施工の立場から、数多くの施工経験から生み出される無駄の無いデザインを

ご提供いたします。もちろん施工を生業としている立場ですので、デザイン料等は

はいただいておりません。コストありきですので、あまりに現実化ができない、

デザインは施工の立場上、ご提案していません。コストパフォーマンスを重視した

リノベーションをご提供いたします。


ドゥ・スタジオ6
↑シンプルなリビング空間を意識してプランニングした空間です。

ドゥスタジオ5
↑重厚な応接間をイメージしてプランニングした空間です。当社では商談ルームとして利用しております。

ドゥ・スタジオ7

↑シンプル&モダンな当スタジオのレストルームです。


マンションスケルトンリフォームの決定版

まるっと!スケルトンリフォーム

マンションリノベーション.jpg

リノベーション 東京style スタジオ編vol.2

2006.06.17

マンションスケルトンリフォームの決定版

まるっと!スケルトンリフォーム

マンションリノベーション.jpg


リブウェルの企業理念は「住まいづくりは生き方づくり」

リノベーションの定義そのもののように思います。

既存の良さをを生かしたリフォームというものも当社では数多く手掛けて参りました。
リフォームにはリフォームの魅力があります。
私自身も新築畑から、その素晴らしさに魅了され会社を設立したのですから・・。

リノベーションは「住まい手の生き方探し」という言葉が一番ピンときます。

ライフスタイルに合わせ、したい生活をそのまま空間に新たに再現する。
すべては「私流・俺流」の生活です。
お風呂で本を読む人のが生活の一部という人もいるでしょう。
キッチンで勉強されるお客様もいらっしゃいました。


リノベーションをするお客様へは、すべての生活にまつわる
既成概念を一度捨てていただくようにしています。
寝室は寝るところと決まっているわけではない。キッチンは食事をするだけのところ
と決まっているわけではない。ということです。

住まいにまつわるすべての概念そのものをもう一度、再考するプロセスだと考えています。
今後もリノベーションのリブウェルとしてますます進化していきたいと考えています。


ドゥ・スタジオ2
↑写真の光るパネルは近未来のキッチンパネルを意識してデザインしたもので、
 当社では、スタッフがバーカウンターとして利用しております。

ドゥ・スタジオ3
↑元コンビニだった為、配管工事で床レベルが上がってしまう為、
レストルームはあえてアプローチ部分までを床上げし大理石調のPタイル
を貼り、そのクリアランスを利用し間接照明を埋め込んでおります。

                                 続く

マンションスケルトンリフォームの決定版

まるっと!スケルトンリフォーム

マンションリノベーション.jpg

リノベーション 東京style スタジオ編

2006.06.16

リブウェルがご提供するリノベーションのコンセプトはズバリ「シンプル」であること

です。そんなコンセプトをもとに、リノベーションを希望されるお客様に、

空間のイメージをお伝えしたくて作ったのが弊社スタジオ【doux studio】です。

ドゥスタジオ
↑リブウェルのリノベーションでは、石材・ガラス・間接照明を取り入れたプランニングを得意としております。

                               続く・・

リノベーション 東京style

2006.06.15

マンションスケルトンリフォームの決定版

まるっと!スケルトンリフォーム

マンションリノベーション.jpg

このお客様(I様)も当社がリノベーションさせていただいたお客様。
板橋リノベーション1


既存がホールとして利用されていた場所であった為、スケルトン状態にする

までの解体にはそこまで費用はかかりませんでした。(アスベストを剥がすのが大変

でしたが・・・)   ご結婚されて間もないご夫婦のお住まいです。
板橋リノベーション2

ご要望も広い空間をそのまま活かしたいとのご要望もあり、リビングは広さを活かし

開放的な空間にプランニング。ここではデザインというよりも採用された住宅設備機器

とりわけシステムキッチンや床材などかなり高額な商品であった為、グループ商社

より直接建材を格安でご購入いただくことで総工費を抑えることに成功しております。

安く買えるものは安く買い、質の高いデザインと良質な工事にお金をかけていただく

のが当社のリノベーションの目的です。このお客様も大手で見積もりを取られ

1000万を超える見積がでておりましたが、当社では、さらにデザインを加え

700万台で抑えることができました。

(建材の安さがかなりの差となっております!)

もちろんお客様にも大変満足をいただいております。

板橋リノベーション3

ちなみに完成前の既存状態はこんな感じでした。
リノベーション前 施工中

マンションスケルトンリフォームの決定版

まるっと!スケルトンリフォーム

マンションリノベーション.jpg

リノベーション東京スタイル!

2006.06.12

マンションスケルトンリフォームの決定版

まるっと!スケルトンリフォーム

マンションリノベーション.jpg

本日、麻布でのリノベーション現場が竣工し竣工写真が上がってきた。

38㎡とかなり狭いマンションの1室をスケルトン状態に解体し、お客様の

ライフスタイルに即したデザイン・機能性を加え、空間に新たな命を吹き込みました。

当社デザイナーの八田もプランニングにはかなり苦労したようでしたが、狭さを感じ

させない空間がご提供できたと思います。お客様にもお喜びいただき大変うれしく

思っております。

麻布リノベーション1  麻布リノベーション3

↑間取りも既成概念に囚われることなく、住まい手のライフスタイルに即したプラン。

麻布リノベーション2

↑下駄箱は、当スタジオの商談室のイメージを採用、ガラスがアクセントとなっております。

麻布リノベーション4  麻布リノベーション5

↑デッドスペースを利用しピンライトを使った化粧台を造作、奥様にお喜びいただきました。(写真右)

マンションスケルトンリフォームの決定版

まるっと!スケルトンリフォーム

マンションリノベーション.jpg

マニュアル

2006.06.11

本日より「商品力・マニュアル・教育・マーケティング」を題目に

勝つ為の方程式づくりに入ります。

当社にはリフォーム事業部と新築事業部がありますが、当社がいままでやってきた

リフォーム事業部の経験を基に、先立ってリフォーム事業の穴を生める体制づくり

を早急にまとめていきます。お師匠様よろしくお願いします。

商品力の差別化が既に確立しつつある今、重点項目はマニュアルだろう。

当社は今までマニュアルというものを作ってこなかったが、ここにきてマニュアルの

必要性を強く感じている。真のマニュアルというものを。

お客様にとって幸せを届けるのが目的だが、社員にとっても幸せなものにしなくては

いけない。今、強くそう思います。

お休みなさい

2006.06.10

ここにきて体力の限界に・・今日はひたすた寝たいんです。それでは、おやすみなさい!

オーパス練馬店

2006.06.09

本日も、お師匠様が練馬のスタジオへ

オーパス東京練馬店のオープンに向け、デザイナーの堀さん、みゆきさんも午後より

スタジオ入りされデザインの大枠を決定。オープンが楽しみです。

更に当社より先行してオーパス店を横浜と磐田でオープンさせるIGコンサルティングの

佐藤専務をはじめ、菊池さん、宮地さんもお見えになり、さまざまなアドバイスを

いただきました。その他、さまざまなプロジェクトのお話も・・・・・

今日はこの辺で・・今週はほんと体力的にも辛かった。明日は一日お休みいただきま

す。殿、本当に長時間有難うございました。ホワイトボードで講義までしていただ

き・・

たくさんの先輩社長から

2006.06.08

たった今、岐阜より東京へ戻りました。

それにしてもこの3日間は気付きの3日間そのものでした。

師匠のコンサルにはじまり、師匠のコンサルに終わったのは言うまでもないのですが

特に昨日の名古屋での師匠と秋野弁護士のWセミナーでは、「仕事は方程式」・「コンプ

ライアンスを打ち出した経営」は本質そのもので、自分自身にとって衝撃的な学びの

セミナーとなりました。

Wセミナー殿s1149677669.jpe

沖永君写真パクらせてもらいました)

その後、仲の良い社長連中が集まり恒例の大自然に囲まれたチロリン村での宴!

今回はあまりに大人数でしたので天然サウナのあとは外でバーベキュー!

深夜まで焚き火の火を眺めつつ酒を酌み交わし語り合いました。

お師匠様!厳しいご指導有難うございました!いただいた言葉を噛み締め即実行させ

ていただきます。

私にとっては学ぶことばかりで非常に楽しく感謝でいっぱいの時間を過ごさせていた

だきました。

建築家桜井先生、平井社長神田社長森社長堂脇社長立田部長鈴木常務そして井上社長お師匠様

たくさんの気付きを有難うございました。

さぁ~明日もIGの佐藤専務お師匠様が再び練馬へ!!

またまた凄いことになりそうです。。

覚悟しておかなくては。。

よろしくお願い申し上げます。

またまた感謝

2006.06.07

昨日は午後から小牧へ!

ベテランで素敵な堀さんと天然みゆきちゃんに、オーパス練馬店の間取り等の具体的

な提案及びアドバイスをいただきました。お客様の動線を意識した素晴らしいスタジオ

になりそうです。オーパス練馬店オープン日は9月16日に決定。

これからますます忙しくなりそうです。

その後は、尊敬するお師匠様に愛溢れるコンサルティングを!

今までの軌道修正と今後の動き方について、かなり詳細にご指導いただきました。

やっとマクロからミクロへと進化したという感じがします。

相変わらず、お師匠様の頭の回転の速さには翻弄されるばかりで、1分に一度休憩を

していただかないと理解できないほどスピーディーに本質の話に入られるので、

何度も何度も聞きなおしてしましましたが、今回はすべて理解したつもりです。

お師匠様も私の理解のキャパをオーバーする寸前で「今日はここまでにしよう!!

飯行こう!」といっていただきましたので、今日は漏らすことなくすべてを吸収する

ことができました。東京に戻ってからが楽しみです。本当に有難うございます。

さあ、明日はお師匠様の公演セミナーがあるので、名古屋へ!

その後は恒例のチロリン村へ!最強の男達が集うとのことでかなり興奮します!

それにしてもお師匠様のラーメンの食べ方には驚かされます!!

胡椒で麺が見えなくなるばかりか、どんぶりから盛り上がるほどの量を見て、目が飛

び出しそうになりました。スープを飲ませていただき、あまりの辛さに目が飛び出て

しまいました。。どう考えても異常です!!

Mr.リブウェル

2006.06.06

リブウェルのダンディズムを象徴する男、大谷正浩の紹介です。

大谷正浩

水廻り機器とりわけキッチンには造詣深く、もともとはシステムキッチン専門の

会社にいた人間で、15年以上のキャリアがあり各住宅設備機器メーカーにも顔が

すこぶる広い。

メーカー社員の商品や施工講習などの講師として指導していたほどの人物なので

メーカーに強いのですが、リブウェルの建材が安いのは彼の日頃の営業活動による

ものが非常に大きいです。

うちのスタッフも住宅設備機器などでわからないことがあるとほとんど彼のところ

に質問をすれば解決されてしまう水廻りのスペシャリストです。

彼の経歴もおもしろく、もともと国際A級ライセンスを保持したレーサーという

経歴の持ち主、40台半ばのいいオヤジなのですが、未だにMT車を乗り回す、危険な

男です。普段は全身黒スタイルで柴田恭兵を意識しすぎだと、スタッフからクレームが

絶えません。スケベなところがたまにキズですが・・・

オヤジギャグ連発で頑張っていただきたいものです。(言い過ぎたかな・・笑)

さぁ!今日は朝一番で契約とその足で岐阜へ出張の為、

文句を言われる前にはやく出発してしまおう!!

ローコストとデザイン

2006.06.02

「ローコスト」と「デザイン」というと、両社は同時に成立しない概念と思われがちです。

「ローコスト」をたてると「デザイン」はたたず、「デザイン」をたてると・・・

という形で、二律背反的な対極する概念としてとらわれがちです。

当社ではこれを同時に成立させることが可能です。基本理念そのものなのですが・・

ハッキリと申し上げます。

それは「ローコスト」という考え方に明確な答えを持っているからです。

何度もお客様から聞かれます。こんなに凄い提案なのに金額は思ったより・・と。

大手ハウスメーカーと相見積もりになると非常に分かりやすい結果がでます。

当社では「材工分離」の考え方を基本においております。

CM方式とは多少異なりますが、新築やリフォームにかかる材料(とりわけ比重の高い

水廻り機器)と施工費を完全に分離するというものです。通常は材料+施工費=総工費

という形で、ご提案されると思います。当社はそれを分離して考えていただきます。

お客様が材料を直接、安い会社から購入いただき、我々がそれを施工するという

スタンスを奨励いたしております。これを「施主支給」といいます。

通常は材料費に利益を載せて提案するのですが、我々は設計・施工会社という強い

プライドを持っておりますので、建材等はお安いところから買っていただくほうが

お客様にとってメリットが大きいのではと考えているからです。

業界ではタブーなことですが、我々は真の「ローコスト」の答えはここにあると考えて

おります。これって海外では当たり前のことなのです。

巷で「ローコスト」と騒がれておりますが、ここまでガラス張りにしている会社は

そうないのではないでしょうか。開始した当初は、方々から嫌がらせを受けたのも

事実です。(残念なことにこういう業界なのです、この業界は・・)

当グループ会社で卸、小売販売をしている商社機能をもった、

住宅設備を激安で販売する会社をもっております

のでそちらで購入される方がほとんどです。

これが当社の本質的なローコストの考え方です。

当社ではローコスト×デザインが成立するのをわかっていただけると思います。

株式会社リブウェルはそんなお客様を応援します。

大改造!!劇的ビフォーアフター出演建築家(原田正史先生)とのコラボ現場竣工

2006.05.31

劇的ビフォーアフターに出演された有名建築家の原田正史先生との

コラボリフォーム現場(目白)が本日竣工を迎えました。


原田先生とお仕事をさせていただき、デザインに走りすぎず非常に現場を重視

される先生のため、施工サイドといたしましても非常に良い仕事ができたのではないか

と思います。

施工期間中は、弊社の現場管理者がほぼ常駐で管理いたしました。


そしてY様、今回は誠に有難うございました。

Y様に喜んでいただけたことが我々の喜びです!

今後共よろしくお願い申し上げます。

目白現場1


目白現場3


目白現場5 目白現場6


目白現場7

新築そっくりにリフォーム

増改築を東京でご検討中のお施主様へ

新築そっくりに戸建リフォーム.jpg

一戸建てリフォーム(増改築専門)のお悩み解決特設サイト
増改築.jpg




必要性を作る

2006.05.29

先日、オーパスの澤田オーナーとアイジーコンサルティングの井上社長

食事をさせていただいた際、井上社長がお話してくださった内容で、

一流楽器メーカーとして名高いヤマハの話がありました。

ヤマハがピアノの製造販売を開始した時の話で、

当時の日本でピアノと言う商品は、それ自体が珍しい商品でしたので販売需要は

少なく販売自体もも伸び悩び試行錯誤したそうです。

そこで、ピアノと触れ合う機会を持ってもらおうと、今となってはどこにでもある

ヤマハ音楽教室を作り、まずはピアノがどんなものなのかを知る機会を増やした

といいます。

この教室を展開することで販売量は劇的に増加したというお話です。

井上社長からはビジネスは何でも「必要を作ることだ!」と教えてくださりました。

ピアノというものがユーザーに必要な状況(機会・場面)を作ることですね。

確かに、当たり前のことなのかもしれません。

でも難しいことですね。

まず、そこにある商品やサービスが魅力的で素晴らしく本質を貫くもの(ニーズや

ウォンツ、ベネフィットが明確化されたもの)が大前提となるでしょう。

我々も今後、必要を作る環境づくり、そして何より必要とされる会社になれるよう

より一層の精進していきたいと思います。

戸建て増改築【ダブル断熱バージョン】

2006.05.27

本日、世田谷区の戸建て増改築のお客様宅へ現場調査へ。

前回スタジオに来館いただいた際ダブル断熱のご説明や実験を拝見いただき

採用を決定していただいたお客様です。

今回は、見積もり精査の為に現場に当たって詳細をチェックさせていただきました。

若干の修正はあったものの、追加で屋根工事と外構まで予算内であればお願いしたい

という意向をいただき、着工時期の日取りまでお打ち合わせができました。

瓦はオールドテラコッタ瓦で提案させていただくつもりです。

柱残しで後はすべて新築仕様です。(現在布基礎ですがホールアンカー工法で

ベタ基礎に変更予定です。)

スタジオへ到着すると八田が新規のお客様と商談を・・

なにやら新築のご相談のようで挨拶させていただき、お話をお伺いすると

ホームページで当社の「風家」の紹介を御覧いただき興味をもたれたとの事で

75坪の土地で3世帯でお住まいになる予定との事でした。

ダブル断熱の説明と資金計画のご説明をさせていただき、もうすぐ着工となる

ダブル断熱住宅「萌樹」の現場見学会へのお誘いをさせていただきました。

日増しに忙しくなっている今日この頃ですが、一気に夏まで乗り切りたいですね!

東京のリノベーション

2006.05.26

マンションスケルトンリフォームの決定版

まるっと!スケルトンリフォーム

マンションリノベーション.jpg


現在、弊社デザイナーの八田と施工管理の山本が西麻布のマンションリノベーション

を施工中です。リノベーションということでスケルトン状態からすべて間取りも

新たにデザインされている。平面図をみさせてもらったが当スタジオの空間を

ミニマム化したような非常に素敵な空間でした。

デザインってすごく難しいと思います。

こちらが提案しようとしているデザインを無理強いして走りすぎてしまうと

作り手の自己満足に終わり、お客様本位の住まいは出来なくなってしまう。

限られた予算内でお客様が要望されているデザインを把握し表現するわけですから、

デザインは凄く大変な作業ですね。

当社の根底にあるデザインはあくまで「シンプル&モダン」が根底のテーマとして

ありますので、当社のスタジオの空間を見て「ビビッ!」と来る方は

是非、マンションリノベーションのご相談いただければと思います。

今後もお客様本位のデザインを意識して取り組んでいきたいと思います。

工事完了後どのようなイメージになったかは、またお伝えしたいと思います。

ドゥスタジオ

↑弊社スタジオです


マンションスケルトンリフォームの決定版

まるっと!スケルトンリフォーム

マンションリノベーション.jpg

真のローコストハウス

2006.05.25

今日は朝から住宅設備機器メーカー数社と入れ替わり立ち代りで値段交渉。

「良い商品をより安くご提供」+「良質な施工品質」+「お客様の心を動かす

デザイン」=「究極のローコストな住まい」をテーマとしている当社にとって、

メーカーとの交渉は非常に大切な場です。おかげさまで目標数字を更新することが

出来ましたので、今回も素晴らしい価格をいただけることが出来ました。

今回は工務店時代~個人創業時~会社設立と7年もの歳月をかけ交渉し続けていた

メーカーもやっとのことお力を貸していただけることになり

(いや~辛い道のりでした・・・涙がでそうです・・部長の拡販の賜物ですね!!)

エンドユーザーの皆様にはいままで以上のメリットをご提供できますので、

お楽しみに!!

商品力

2006.05.24

当社は、リフォーム専門会社として設立した会社ですが、

私自身が工務店施工管理出身ということもあり、創業当時から営繕工事というよりは

むしろ増改築工事を中心として営業をしてきております。

(営繕工事はやらない!ということではありませんよ!!そういった案件が極端に
 少ないということです。もちろん大歓迎ですよ!!)

現在も同様で、木造の柱残しの増改築、2階建の建物から3階建の建物への

増築、隣り合う2棟の建物を構造計算をした上で繋ぎ1つの建物にする工事、

マンションのデザインを取り入れたスケルトンリフォームなど

あまり他のリフォーム店がやらないような工事ばかりを手掛けております。

そのため相見積自体も少ないのが実際のところです。むしろ他社で、提案してもらえな

かったというケースが多いです。

昨夜プレゼンさせていただいたお客様も、既存の鉄骨造の倉庫付住宅の鉄骨屋根の

棟上げおよび鉄骨の増築でした。

しかし、今年に入り日々の営業活動でここにきて明らかに違うことがあります。

それはオーパスグループとの業務提携によりお客様が必要とする

「商品」をもったということです。とりわけセルローズファイバーやフレックスパネル

は木造の大改修が中心の当社にとっては最高の武器となっております。

その為、日々の営業活動は本当に楽になりました。本物の素材をつかった、

他社に無い工法でプレゼンができるというのは、工務店出身の私にとっては

革命的な事ですし、しかもさまざまなハウスメーカーの工法を見てきましたが

コストパフォーマンスから見ても、現在取り入れている工法は最高のもので

あると自負しております。

当社はかっこいい営業マンがいるわけでもなく、デザイン力と施工力だけが取り柄

といってもいいでしょう。

集客設計といってもチラシを巻いているわけでもなく、ただ口コミやホームページ

からの問い合わせのみで営業です。

7月には、セルローズファイバーを採用したアパート【レガーノ】

の着工、ダブル断熱を採用した新築【萌樹】1棟、リフォームでもW断熱を採用した

まるごとリフォームを1棟、てんぷら屋併用住宅増改築で店舗部分にセルローズファイバー

採用が決まっております。

おかげさまでリフォームでセルローズを使った工事を数件させていただき、

お喜びの声をいただいております。

「お客様の不安を解消して喜んでもらう」ということがこの仕事の醍醐味だと考えて

おりますので、我々と致しましてもこの上ない喜びを感じております。

今後もたくさんのお客様の不安や悩みを解消できる会社であり続けたいと思います。

夏にはいよいよオーパス東京練馬店としてオーパスショップもオープンさせて

いただける運びとなっております。地域の皆様に今後もますます貢献していければ

と強く思っております。

オーパスの澤田オーナーには毎度毎度、大変お世話になっております。

この場を借りてお礼を言わせてください。有難うございます!

最強ロジック完成

2006.05.20

本日、ついに私の最も敬愛するお師匠様が弊社スタジオへ!

今までに無いほど長時間にわたり、ご指導いただきました。

本当にお疲れ様でございます。

現状の問題点・弊社の強み・目標設定・リスクマネージメントetc・・・

ここには書ききれないほどのコンサルをしていただきました。

昨年コンサルしていただいた内容をそのまま本日までやってまいりましたが、

殿が当初予言していた通りの成果をだしているのに

驚愕する間もなく、軌道修正と更に新プロジェクトを開始することに・・・

内容自体も今の私では想像もつかないほどのスケールでタダタダうなずくばかり・・。

草案の作成にかなりの時間を要す内容の為、今後の動きも更にスピーディーに加速

すること間違いなしですね。

殿のますますの頭の切れ具合には、やはり付いていけず何度も聞きなおして

しまいましたが・・・・。それでもわからない部分は多分通訳が必要かもしれません。

(瞬時に通訳できるのは井上社長ぐらいでしょう・・・笑)

今更ですが、「本当の天才」です!!!

ご指導くださっている姿は、本当に真剣なんです!どうして他人に対しここまで

真剣に、優しく接することができるのでしょうか?

社員を愛するオーナーとして有名な殿です

が我々も殿の愛を感じずにはいられません。

ビジネス的な才能は当たり前に素晴らしいのですが、あまりにスケールが大きすぎて

正直、真の素晴らしさは未だ理解していないでしょう。

むしろ私は殿の「人間臭さ」「生き方そのもの」に憧れますし、一人の男として

尊敬に値すると思っています。

今後も一生を通じ、ご指導いただきたいお方なのであります。


殿、今日は、はるばる練馬までお越しいただき(実費で・・)

誠にありがとうございました。プロジェクトの方は本日より草案作成開始致します!

今日はワクワクして眠れなさそうです!!

そういえば明日から今年最初の2連休だ!!

おもいっきりリフレッシュ!!リフレッシュ!!

ロジカルな話

2006.05.19

昨日は「東海地区の雄」のアイジー軍団の立田部長美和さん、戸川さんが来襲!!

3人で来襲されると井上ismムンムンという感じでかなり熱気が・・・

肝心なお話は、志が同じもの同志ということで、時間は要りませんでした。

殿井上社長のお計らいですべてが即決!!いいですね。。

今後益々、アイジーさんとはパイプが太くなりそうです。(私の胴囲のように・・笑)

その後は井上大先生の待つ赤坂へ大移動!!

何度お話しても、あの頭の回転の速さに「怖さ」を感じるほどです。

何気ない話一つ一つがとてもロジカルで、頭の良くない私にも非常にわかりやすく

さまざまなことをご教授いただきました。いつもながら有難うございます。

(酒があんなに入っているのにあの頭の回転は恐ろしい・・)

明日は、信長様が来社!今度はどんなサプライズがあるのか楽しみです!!

大事な話

2006.05.18

さぁ~て、本日から週末にかけてVIPゲストばかりがスタジオに来社されます。

本日は「東海地区の雄」として名高いアイジーコンサルティングの幹部の方が3名いらっしゃいます。

夜は井上社長と合流予定となっております。ということは・・

そして土曜日は、私のお師匠様で最も尊敬する業界のカリスマ様です。

とにかくEMーXは要補充ということで・・・

内容はどれもシークレットですが、今後のリブウェルにとってはかなり重要な

お話合いになること間違いなしです。

一層の気を引き締めていかないと!

ローコストリフォーム

2006.05.16

本日、某日本最大の建材商社と商談。

なんとか取引開始の突破口を見出せそうです。

「より良い商品をより安く購入し、良質な工事を提供する」というのが、

リブウェル全体のスローガンとなっておりますので、今後がますますに

なってきました。

またしてもセルローズファイバー!

2006.05.15

本日は午前中、上野の老舗天ぷら屋併用住宅の大規模改修の最終打ち合わせに

お伺いいたしました。最後の最後に当初からお勧めしていた断熱材「セルローズ

ファイバー」を採用する方向へ!!

着工は7月19日に決定、今月にご契約のお約束をいただきました。

こちらの天ぷら屋さんは、お施主様と出会ってから、もうかれこれ1年以上に

なります。出会った当初はいらっしゃらなかったお子様(かわいい赤ちゃん)まで

本日は、同席され月日が経つのは早いなぁ~と少し感慨にふけってしまいました。。

私は早く解体したくて仕方ないのですが・・・・

(既存の構造体がどうしても解体してみないとわからない箇所が今回は多々ある

のです。昭和初期の建物なんです。)

本当においしい穴子丼を出してくれるお店なので、はやくあの穴子丼がまた食べたい

です。

忙しい日々

2006.05.14

ここ何日か溜まった書類整理で追われ、非常に忙しいです。

もともと机に座っているのは苦手な方なので、ついつい目が外に向いて

しまいます。

本日は、家相をみた倉庫併用住宅のリニューアルのプレゼンをさせて

いただいたところ、大幅な修正が必要になり、増築なども必要になり、

再度練り直しとなりました。

お客さまの要望を今回はかなり長時間にわたりお聞きすることができたので

次回は、かなり良い提案が出来るのではと思います。

それにしても、忙しい毎日です・・・感謝いたしております。

自然素材で究極のローコスト住宅「風家」

2006.05.13

当社がお勧めする自然素材ローコスト住宅「風家」のご紹介です。

一言で言ってしまえば
「本物の素材を使用しながら高い基本性能をもち、尚且つローコストな住まい」
ということになります。

高い基本性能は以下の通りです。

■ 基礎をベタ基礎とし耐震性能を上げた
■ 断熱材を断熱・吸音・消化・防虫・調湿効果のあるセルローズファイバーを使用
■ 外壁を自浄効果のある塗壁材を使用することでメンテナンスフリーな住まいを実現
■ 構造は従来の在来軸組工法に構造用合板を全面に貼ることで壁倍率2.5を確保
■ 屋根を耐久性と美観に優れているカパラスを使用
■ 使えば使うほど味がでるフィンランドパイン材をふんだんに使用

本物の素材で高い基本性能でローコスト?
できわけないでしょ!と思われると思います。、
「風家」がどうして究極の自然素材ローコスト住宅なのか?
お若いご夫婦の方でも無理なく建てられるのか?
その種明かしをします。


建物を総2階とした(標準仕様)
形はシンプルな長方形の総2階建てが基本。
総2階とは、1階と2階の形状が同じということです。当然建坪も
同じということになります。
自然素材の家をローコストにできた秘訣のひとつがこの形となります。
総2階の方が、出隅、入隅が少ないので、基礎や土台の面積が少なくて
済みますし、屋根も切妻が基本となりますので面積が少なくてすみます。

1階の天井が2階の床を兼ねる
世間一般のお住まいの通常の床材は12㎜のカラー合板をつかいますが、
「風家」の床材は、全て無垢の30mmのパイン材を使用しています。
その床材が、1階の天井と2階の床を兼ねるという画期的な工法を採用
しています。
この工法の採用により2階の床を施工したときには1階の天井は仕上がって
しまう為、大幅な工期短縮が図れます。

■ 収納がオプション扱い
「風家」には収納が、標準では付いていません。
1室をウォークインクローゼットとして、使用しても良いですし
オプションで収納を作っても良いですし
予算の都合で、どうにでも対応できるように、と考えました。

住宅設備機器【水廻り機器】が格安
日本一特価宣言をしている「住設・建材百貨店」との完全提携により
最新機種を業者価格でご提供できる環境があります。

以上のような徹底した合理化により究極のローコスト住宅「風家」があります。

INAX銀座&柏ショールームイベント決定

2006.05.12

INAXの幹部の方とお酒を飲みに!

毎年恒例となっているINAX銀座ショールームイベントの日取りを押さえる

話し合いを。7月に銀座と千葉の柏にて1日ずつ開催できる運びとなりました。

当日は、最新のINAX商品の特価キャンペーンと資金計画相談、家相診断

などもあわせて行なう予定です。詳細は後日告知いたします。

新入社員

2006.05.11

本日、弊社に新入社員の山本が入社。

デザイナー兼施工管理がメインの仕事となります。

アパレル関係の店舗デザインと現場管理出身で、以前からラブコールを

していた人間です。弊社のマンションリノベーションの事業部への配属と

なります。既に空間デザインと内装の施工管理はかなりの実力をもっている

ので、弊社デザイナー八田の直属の部下として大いに力を発揮してくれることだと

思います。初仕事は六本木ヒルズ裏のマンションリノベーションの現場管理から

持ち前の内装知識を活かし頑張ってくれ!これで八田も少しは楽になるかな。

行動的知性

2006.05.10

人間には二つのタイプがある。思考型と行動型である。

思考型はじっくり考え、方向を決め、手段を考えるが、なかなか行動を起さない。

おっとりと机に座っていてはビジネスは動かない。

いくら考えても何もやらなければ、結果はゼロだ。

何かやればゼロということはない。

しかし、一面、忙しく動き回っているだけでは、成果は良くならない。

中小企業で、よく頑張っていながら業績が上がらない、という処には、

知識・知性の生産性が低い場合が多い。

労働の生産性を高め、付加価値を増大するものは、知識であり知力である。

頭を使わない行動は付加価値を生まない。会社は小さければ小さいほど、

行動の機動性は持っている。小回りがきくし、情報の伝達も早い。

人間に当てはめていえば、若いほど機敏な活動力を持っている。

これに知性・知識が加われば鬼に金棒である。

これからのビジネスを支配する型は知的行動派である。

行動的知性といっても良い。

これは企業の型としても、ビジネスマンのタイプとしてもいえる理想型である

本物は正直ですね。

2006.05.09

昨日、オーパス尾張店と本店に勉強にいきました、弊社の女子アドバイザー

の2トップである北畠佐藤が、案の定、感動して帰ってきました。

特に感動していたのは、実際のモデルハウスでの防音(消音)効果だそうです。

窓を閉めたときと窓を開けたときの音の聞こえ方がまったく違う(ほとんど騒音が

聞こえない)というのです。

私が昨年の冬、モデルハウスへ行ったときは雪が降っていまして、室内と屋外の

温度差にかなりビックリした記憶があります。

作山社長にマンツーマンで資金計画の講義などもお聞かせいただくなど、

店舗の雰囲気や実際の建物を勉強させにいったのですが、さまざまなノウハウまで

伝授いただき大変感謝いたしております。

「運がよければ、カリスマオーナーに会えるかもよ!」といっていたのですが、

本店にいらっしゃったようで、本物を見れて感動しておりました。

オーパス東京練馬店としてまだ、正式にオープンは致しておりませんが、

オープンに向けてやっと第一歩を踏み出した感じです。

現在は木造の増改築とマンションリノベーションがメイン事業となっておりますが

既に、木造増改築部門ではダブル断熱工法を使った住まいの提案で数棟の大改修や

同じくダブル断熱を採用した建売2棟、ダブル断熱を採用したパッケージ商品『萌樹』

が1棟それにダブル断熱を使った集合住宅まで工事が決定いたしております。

今後は徐々にスピードを上げていこうと考えております。

東京・埼玉南部で結露にお悩みのお客様へ是非お勧めしたいです。

当社の採用しているダブル断熱の住まいは本物です。是非体感しにスタジオまで

お越し下さい!

小牧城へ

2006.05.08

GW明けましたね。当社は休まず営業しておりましたが、さすがに来客者は

少なく、こちらからお伺いするケースが多かったですね。

今日からまた渋滞だと思うと気が重くなりそうですが、張り切っていこう!

今朝方、弊社女性アドバイザー2名が、オーパスの勉強会へ出発!

きっと感動して帰ってくるに違いない!私は個人的に、各務原の本店が

好きなので、本店も見学してくるように指示しました。

弊社としてはあの本店のミニマム版を練馬に作るのが目的です。

他のスタッフも現場を飛び回っているので、私は現場を1箇所とあとは

店番です。溜まった書類を整理しなくては・・・

あ、それと家相建築のブログを先日書いていたら、ブログを見た新しいお客様

より家相建築のご相談を受けました。

私は素人ですが、弊社には家相の専門家が社員におります。

というのも我々のグループ会社の社長が非常に家相方位学といった気学

非常に興味をもっておりまして事実、自宅もすべて家相家相家相で鉄骨

3階建なのですが、建物の形状もイビツというか、かなり変わっています。

(廊下が狭かったりと・・何もそこまでと言う程の本格家相建築です)

その社長が、気学の学校に20年前くらいから通いだした時の先生(師範)

を自社にスカウトしてしまったという経緯です。

従いまして弊社では、本格的な家相建築や方位などの他にもご結婚の日取りや

赤ちゃんの名付けなども行なっております。家相建築をされるお客様って

驚くほど遠くの方もお見えになられるんです。それぐらい真剣なのですね。

私自身も結婚の年回りなどを見てもらったことがありますが、果たしてうまく

いったのでしょうか・・・・(笑)

確か、おまけにハネムーンの方位までアドバイスいただいたかと思います・・

しかしながら旅行先で喧嘩して最終日に別行動になり、このまま置き去りにして

帰ろうかと思った記憶がありますが・・・(笑)

今後は当社でも新築やリフォームの相談会の際に、一緒に家相診断などもさせて

いただくつもりですのでお楽しみに!

クリーニング

2006.05.07

昨日は、夕方より夜半過ぎまで引渡しのI様邸のハウスクリーニングを

しに行きました。平屋で土台交換、柱も一部交換とほぼ新築同様のお宅です。

増築も5畳程度あり、全体的にペンション風のイメージとなっております。

木造大好き人間の私にとって最高の現場でした。

なのでクリーニングも自らやらせていただきました。

I邸解体時

解体時の松丸太





I邸化粧梁施工後

ケレン掛け塗装後





まだ外構工事が残っていますが、お客様には本当に喜んでいただけました。

さしいれまでいただき有難うございました。

I様、工期延びてしまいましてすいませんでした。

さぁ現場、現場へ!

2006.05.06

本日より着工リフォーム現場へ!

こちらのお宅は入るやいなや、Vシネマのポスターがぎっしりと張り詰められて

いまして、ファンなのかな?と思っていたら、撮影関係のお仕事をされている

とのこと。ようよく見るとさまざまなセットが置いてあり、よく任侠映画で出てくる

組長の部屋があり、剥製や象牙などの置物がたくさんおいてありました。

Vシネマではお約束の俳優さんもよく撮影にこられるとのことです。

今日あたりVシネマでも見てみようかな!結構楽しいんですよね!!

唯一の休日は子供と!

2006.05.05

子供の日だけは子供の為に!

と思い、今日だけは思いっきり子供と遊びました。

まだ、3歳と1歳の子供なので、遊園地に行ってもメリーゴーランドぐらいしか

遊ぶものがない。結局、公園になる。

今日は群馬県にあるドイツ村というところに羽を伸ばしてみた。

実はこのドイツ村、5年ほど前、夫婦で一度行ったことがあり、本場ドイツの

ビールやチーズが沢山売っているのです。もちろん私はそれが狙いです。。

子供と走り回った後、ドイツ料理と共に本場のビールといきたいところですが

車がマニュアル車で女房が運転できないので、ウインナーだけいただき帰りに

ドイツだけではなく、世界各地のビールを買って、ビールだけでは物足りず

粗挽きウインナー、サラミ、スモークチーズなども買って帰りました。

スモークチーズは本当においしいのでまたチーズだけでも買いに行きたいです。。

渋滞を予想していたので午後一番で東京方面へ車を飛ばし、地元のキッズセンター

で遊ばせました。(私はうたた寝をしてしまいましたが・・・)

子供の日でお約束のおもちゃも買ってあげて、今日のパパは100点だろ!

と思いながら買ってきた世界各地のビールをカナダ産から飲み始め、1晩ですべて

飲んでしまいました・・・だから太るんですね。。

いやぁ~まだ片言しか話せない子供と遊ぶのって体力いるんですね。。

現場の方が言葉が通じる分ずっと楽です。

女房に感謝です。

ここに来て疲れが・・・

2006.05.04

今日は朝から調子が悪い。。

2日酔いでもなく、純粋に頭痛が・・

冷汗をかいてきたのでスタッフにいったら、太っているから熱がりなんですね。

と言われ。言い返す元気も無く、仕事をしていましたが・・

ちょっと限界かも・・

今日はさっさと帰って寝よう!

寝るのが一番!もちろんたくさん食べから!

ダブル断熱で結露無縁な住まいへ

2006.05.03

大手リフォーム会社で3,4社で見積もりをとっていらした世田谷の

W様がスタジオにご来場されました。

先日、お住まいにはお伺いしていたのですが、スタジオでダブル断熱の説明と

実験を見て欲しかったからです。現状結露でお悩みになっておられますので

ダブル断熱をこちらもお勧めさせていただいたわけですが、実際に使用する素材

を肉眼でお確かめいただき、体感していただいたところ非常に感動していた

だきました。当初は、外張り断熱のみか、セルローズファイバーの充填断熱

だけにするかというお話もさせていただいておりましたが、やはりダブル断熱

でご提案することで決まりました。ダブル断熱工法を使用することで、既存の

壁等はすべて撤去するかたちになり費用はあがりますが、住宅設備機器や建材

等を分離発注(施主支給)することで大幅にコストダウンする方法をご提案

させていただき、予算的には全体でどれくらいのバランスになるのかこちらと

しても楽しみです。着工は7月とのことですのであまりゆっくりしている時間は

無いですが、より良いご提案ができればと思っております。

W様にはご年配のお母様がいらっしゃいますので、是非ダブル断熱の住まいで

快適な暮らしをご提供できればと思っております。

GW真っ只中!でも、がんばろ!

免許更新

2006.05.02

ゴールデンウィーク中だから空いているだろう

と失効ギリギリの自動車免許の更新にいったのに

大混雑でマイってしまいました。。毎回免許の

更新で思うことはゴールド免許だったらなぁ~

ということです。ほとんどが駐車違反で毎回アウト

です。都心の現場で駐車場がなく、そういう場合電車
を使えばいいのですが、荷物を積んでいる

ときなどは、どうしようもないことが結構あります。
これからますます厳しくなる現状を考えると、

この仕事をしているかぎりゴールド免許は一生

ないだろう。

ライバル

2006.05.01

現状に満足していれば進歩はない。

『日に進まざれば、日に遅れる』という言葉もあるように、絶えず、

マイナスサイドから見て自己を鞭打つ危機感が必要である。

この絶えざる刺激剤として最良なのがライバルを意識することだ。

人間は神様にはなれない。だから目標を生きた人間、自分の型や職業にあった

具体的ライバルを心に描いて励めば、成果をはっきり掴むことが出来る。

下位の者は目前の上位の者を常に意識して、それを追い越そうと努力する。

追いつ抜かれるところに進歩があり、成長があるのだ。

それだけに、ライバルの動きに注目し、ライバルより一手先を読んで進むこと

が必要なのである。ライバルは自己の危機感をあおる目標である。

同時に、人間の闘争本能とも言うべき競争心をあおることにもなる。

『負けるものか』という気迫が高まれば、意欲も高揚する。

歴史上でも、上杉謙信と武田信玄はお互いにライバル意識を高揚させ、

戦国諸国の中で最も強力な団結心を領内に固めることが出来た。

かつてアメリカも、ソ連をライバルとして冷戦を宣言し、少なくとも、

国民に結束を固めることに成功しました。

我々民間企業も、ライバルは当面の目標なのだから、自社より一歩先んじた程度

の企業を選ぶのが最良な策です。業界の中で、規模、業績、販売力技術力などの

点で、当社より、ちょっとだけ先を進んでいる企業を、ライバル視することも必要

です。従って、ライバル企業を持つことは危機感を抱くためにも必要不可欠なこと

です。

家相建築

2006.04.30

先日お伺いした、倉庫兼住居のリニューアル工事の相談をいただいた

お客様に、家相の相談を受けあらためて本日お伺いさせていただきました。

グループ会社に家相建築に詳しいスタッフがおりますので、同行させて

いただきました。

当グループでは、本格的な家相建築で新築を建てた実績も多く、家相を

気になさるお客様には好評をいただいております。

また、私の経験ですが、家相建築をご希望され、ご要望をお聞きした際、工事時期

を含め、妥当でないケースなどがあり、工事をお断りしたケースなどもあります。

家相を本格的に見る場合はこのようなことが多々ございます。

当社では、無料で家相に関する相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

今日も忙し・・

2006.04.29

先日の資金計画セミナーで席がとなりで意気投合した

ARTの匹田さんに、当社の建売物件2棟現場を風家仕様にしたい意向を

セミナー会場でお話したところ、アドバイスしていただけるということになり、

本日は午後、匹田さんが夕方来社されます。設計士であそこまで腰の低いお方は

見たことがありません。さすがオーパスグループ、人間性が違います。

きっと素晴らしい提案をしていただけることだと思います。

夜は、お客様がスタジオに来館予約が・・2棟の建物をひとつの建物にしたい

とのご要望みたいです。これも楽しみです。

たった今、匹田さん帰られました。

建売2棟のプランの他に、萌樹1棟、レガーノ鉄骨3階バージョンまでプラン

相談してしまいました。

建築家ネットワークコラボ

2006.04.28

本日は朝から大忙し!!

杉並でクリニック改修の現場調査を1件、そのまま午後は、

30名以上の建築家を抱えるコンペ主催会社とのコラボレーションの

契約に!!オーパス東京練馬店として絶大な商品力とコストパフォーマンス

を誇る「セルローズファイバー」を同社のカフェ&ショールームに展示して

いただくことになりました。

今後は著名建築家とコラボレーションしながら商品力と技術力を売って

行きたいですね。

詳細は、体制が整い次第告知いたします。

資金計画

2006.04.27

昨日はかねてから、ずっと受講したかった、

ファイナンス業界のカリスマ鬼定先生の

資金計画セミナーに参加させていただきました。

終始、目から鱗状態でした・・・

今まで当たり前に住宅ローンを取り扱って

きましたが、自分の無知さに反省させられました。

今まで住宅ローンは銀行の勧められる

がままの商品を使わせていただいておりました。

銀行が言ってるんだからまちがいないだろう。と!

しかし、住宅ローンの組み方ひとつで総支払い額

は1000万以上変わってくるということがいえます。

また、その責任は、ほかでもなく、組んだ本人にある
ということです。本当に怖い話ですね!

住宅ローンは正しい知識をもち、自分の意志で

どの商品を選ぶか決めることが大切です!

我々はお客さまの為に、住宅のプロとして、

今後は住宅ローンの正しい組み方をお伝えしていく

義務があると強く思いました。知らないって本当に

怖いですね。

やはり断熱!!

2006.04.25

昨夜、現場調査でお伺いしたW邸も何社かでお見積もりを取っていたようで

他社(某大手リフォーム会社)からは1700万円でご提案されていたようです。

ご相談内容を確認させていただいたところ、どう見ても当社ではそこまでいくような

内容ではないのです。間取りの変更も無し、外壁もローラー塗装、住宅設備機器の

比重が若干高い気もしましたが、それにしてもちょっと高すぎです。

弊社の断熱工事に興味をお持ちいただき、来週スタジオにお越しいただける運びと

なりました。住設機器等は施主支給されるということでかなりのコストダウンが

予測できますので、結露にお悩みとのことでしたので、W断熱でご提案させていた

だきたいところです。

またプロデューサーの八田が昨日、六本木ヒルズの裏の西麻布のマンションリノー

ベーションのデザインをお客様へ提出させていただいたところ、契約の運びとなり

ました。プランを確認させていただいたところ、かなりシンプルなのですが尖った

デザイン!!アパレルデザイン出身の真骨頂といった感じです。

こちらもGW明けには着工!竣工が楽しみです。

今日もまたまた現調

2006.04.24

本日も3件のお客様よりリフォームの相談が!

有難うございます。そのうち1件の戸建丸ごと改修を

本日、私が行くことになりました。場所は世田谷!25坪で

予算は1200万ということですが、どのような内容か楽しみです。

サッシを取り替えるとのご要望があったのでかなり大掛かりな工事

の予感が・・今後駐車場の問題があるので、駐車場があるのか気がかりです。

先日も文京区のお客様のところに行くのに駐車場にとめていたら、

わずか数時間で3700円とか取られてしまいました・・・・

かなり切実な問題です。駐車場があるならまだいいのです。

都心に行けば行くほど駐車スペースがなくなり、今後はますます大変に

なることでしょう。しっかりとしたインフラ整備を行なったうえで施行して

いただきたいものです。

現場調査

2006.04.23

本日は午後から現場調査!

既存倉庫兼住居の建物の住居スペースの拡張工事です。

倉庫ということもあって、断熱材が使用されていないため、

夏暑く、冬寒い生活が続いたと思います。私は迷わずセルローズファイバー

による断熱工事の提案をさせていただきました。

より多くのお客様に、住みやすく安全な住まいをご提案できればと思います。

いよいよ現場に!

2006.04.22

ありがたいことに、今月はたくさんのお客様にご契約いただき

弊社スタッフも一切無駄な動きもなく、それぞれがそれぞれの部署で

MAXレベルで仕事に取り組ませていただいております。

プロデューサーの八田は、建築家との戸建スケルトン増改築工事の管理

六本木ヒルズ裏マンションのリノベーション工事のデザイン

6月着工の老舗天ぷら屋の最終案作成、大改修その他アドバイザー

の改修工事の管理2件、アドバイザー北畠は木造の大改修4件の折衝、

まるごとマンションリフォームの契約2件。コーディネーター佐藤は

ガーデン工事の契約に、マンションリフォームの契約。当社紹介№1男の部長

大谷も紹介&リピート工事でほとんど会社にいない始末。。

少数精鋭が売りの弊社施工管理部もそろそろパンク状態。。

5月より既に着工が決まっている現場の施工管理を私がする形となりました。

久しぶりの現場でうずうずしてきますね。

昨日、作業着来たらパンツが入らない・・・確かXLだったはず・・

リフォーム時期チェック表

2006.04.21

人間とは違って、建物は竣工した時点から老化がはじまります。

部分的な故障や破損、磨耗や劣化も放置しておくと、他にも影響を及ぼし、家全体の寿命を縮めてしまいます。

病気になってしまう前に、毎日の管理が必要なのです。

あなたのお住まいが築何年になるのか?どこを補修しておけば、家が長持ちするのか?

お客様のお住まいをチェックしてみてください。

  2年目 3~5年目 5~10年目 10~15年
外壁 ひび割れ点検
葺き替え
サイディングのすきま、サビ 総点検
屋根 鉄板ペンキ塗り 瓦の割れ、ズレ点検 総点検
外まわり 鉄部はサビ注意 総点検 総点検
内装 カビ注意 たたみ替え、じゅうたんクリーニング、クロス張替え 塗装壁塗り替え しっくり壁塗り替え
設備 トイレタンク洗浄、浄化槽毎年点検 トイレパッキン交換 風呂バーナー交換 風呂釜交換、湯沸かし器交換
水まわり 水道蛇口パッキン交換 排水管総点検 給水菅総点検 給水菅総点検
建具 障子張替え ふすま張替え 戸の修理取替え 戸の修理取替え


あなたの住まいのリフォーム度チェック

2006.04.21

今の住まいにとってリフォームすることが最適ですか?

家族構成などの変化によるタイミング?

住まいへの不安がありますか?



実際にリフォームした人の理由をチェックリストにしました。

●ライフステージの変化


  • 子供のための個室が必要になった。

  • 子供が独立して家を離れた。

  • 親と同居することになった。

  • 同居している親の足腰が弱ってきた。


  • ●今の住まいに対する不満


  • 収納スペースが足りない。

  • 部屋全体が暗い。

  • 家族でくつろげる場所がない。

  • 来客にプライベート部分が見える。

  • 家事動線が複雑。

  • 浴槽が狭く、足が伸ばせない。


  • ●家の老朽化


  • 床がきしむ。

  • 外壁にひび割れがある。

  • 雨漏りがする。

  • 設備機器が耐用年数を超えている。

  • キッチンのシンクに傷がある。

  • 浴槽が水漏れをする。


  • 3つ以上あてはまる項目があれば、リフォームについて検討するスタートの目安です。

    お気軽にご相談ください。

    リフォーム会社を選ぶポイント

    2006.04.21



    リフォームで成功するためのポイントは“業者えらび”です。

    業者選びで失敗すると、せっかく苦労して貯めたお金を無駄にしてしまいかねません。ぜひ、参考にして下さいね。



    ●業者を選ぶためのチェックポイント


    ①具体的なアイデアの提案

    要望する内容について、具体的なアイデアを積極的に出してくれる提案重視の業者かどうか?



    ②どんな相談も聞いてくれる

    家族構成や日常生活など家族のライフスタイルに耳を傾け、便利に暮らせるリフォームの提案をしてくれる発想豊かな業者かどうか?



    ③コストを抑える工夫の提案

    希望するリフォームが予算を超えてしまった場合には、そのための妥協案やコストを抑える提案をしてくれる良心的な業者かどうか?



    ④資格を持つスタッフ、業界団体に加入

    住宅関連の資格を持つスタッフが多数いたり、業界団体に加入しているかどうかも信頼の目安になるかと思います。



    納得してリフォームをしたいという方は、複数のリフォーム会社に話をきいてみてはいかがでしょう?

    単純に金額が安いところを選べばよいのではなく、あなたが住まいに対して抱いている要望を叶えてくれるかどうかを基準にしてください。

    また、あなたは大丈夫!とお考えかもしれませんが、こんな場合には要注意!という参考にしていただきたいので、最近ニュースを騒がしている悪質リフォーム業者の手口について、次ページではご紹介します。

    タイプ別リフォーム業者の特徴

    2006.04.21

    あなたのリフォームの夢を叶えるための第一歩は、リフォーム業者えらびです。



    このページでは、どんなリフォーム業者があるのかをタイプ別にご紹介します。



    あなたの目的にあったリフォーム業者選びの参考にしてください。


    ●住宅メーカー、ゼネコンなど建築会社系


    大規模なリフォーム工事のノウハウを持ち、専門のコーディネーターがいることが多いため、お任せ工事が可能。

    一方、新築や大規模な工事物件を主に扱っているだけに、個人住宅の小規模なリフォーム工事など細かな対応までは行き届かなかったり、広告費や人件費などの問題から費用が高めです。



    ●電気・ガス会社系


    それぞれ得意な分野の設備工事が中心。

    直営店と地元の工務店と契約したフランチャイズ店があります。

    系列によって、システムバス、システムキッチンなど自社のオリジナル商品がありますが、それ以外のメーカーの設備機器は選びづらくなったりする場合もあるようです。

    ●建築家・設計事務所


    設計やコーディネートのみ行う事務所、施工まで行う事務所など多種多様です。

    一般的には新築が主ですが、大規模なリフォームや増改築を得意とする事務所もあります。設計料がかかるので、費用は高くなってしまう反面、デザインなどに凝ることができます。

    ●地元リフォーム会社


    全国的な知名度はありませんが、近所の評判を聞くことが出来、実績が分かるため安心。

    また、呼んだらすぐに来てくれるのも地元の業者の強みです。

    大手メーカーでは、対応してくれないような細やかな対応をウリにしているリフォーム会社もあります。






    リフォームとひと口で言っても、その種類はさまざまです。

    同じようにリフォーム業者もすべてのことに対応できるオールマイティ型のリフォーム業者もあれば、ある特定の分野に特化した専門業者まで多種多様です。

    次のページでは、リフォームを成功させる為の業者選びのポイントを紹介しています

    リフォームの仕事

    2006.04.21

    私どもは、お客様から住まいのご相談をお受けしています。



    図やパソコンをつかって、いろいろご説明するのですが、なかなかお客様にお伝えするのが難しいなぁと感じるときがあります。



    このページでは、リフォームの仕事について裏側までご紹介します。



    リフォームは一生に何度もするわけではないと思うので、いまいち分かりづらいのは当然だなぁと感じます。

    でも、あなたはリフォームのことがよく分からないまま工事を進めてしまって後悔されることが無いように、ぜひお読み下さいね。

    「値段」や「デザイン」だけでリフォーム会社を選ぶ前に、いま一度ご確認ください。

    リフォーム会社はコーディネートのプロ!


    先ほど「リフォームの種類」のページでご紹介したように、リフォームの工事は金額も内容もさまざまです。

    工事をするには、リフォームの種類ごとに専門的な技術が必要になるので、大工さん、塗装屋さん、ガス屋さん、水道屋さんなど、それぞれの専門家の力が組み合わさって、1つの住まいづくりをしています。

    お客様と施工業者・職人さんを橋渡しするリフォームの仕事は、とっても範囲が広く、苦労も多いですが、その分やりがいも大きいと感じています。


    ●お客様ごとにオーダーメイド!


    お住まいの構造やお客様の要望によって、リフォームの工事内容は違います。ですので、「○○○工事は、~~~円!」とはっきり価格はなかなか明示できないのです。

    お客様に合わせてオーダーメイドでリフォームプランを作成して、お見積りを出して、承認いただいてから工事をする、という手順になっております。



    ●住みながら、工事をする。


    家を新築する場合には、仮住まいを用意するのが一般的です。

    しかし、リフォームは基本的に、生活しながら工事をすることがおおいですね。

    もちろん全体改修の場合などは仮住まいが必要になる場合もございます。

    工事期間は、資材の搬入があったり、家族以外の施工業者の出入りがあったりしますので、できるだけ生活の妨げやストレスにならないように配慮せねばなりません。お客様も想像以上にストレスが溜まるものだと認識しておいた方がよいでしょう。



    以上のことを考えると、リフォーム業者はいろいろありますが、リフォーム会社がかかえる職人の腕やマナーによって、リフォーム工事の仕上がりに差がでてくるのはご理解いただけるかと思います。

    また、単に工事をすれば良いというものでもなく、お客様の要望を反映した住まいづくりの提案、工事期間中のトラブルを未然に防ぎ、工事が完了するまでしっかりフォローするのがリフォーム会社の仕事です。



    ●業者選びで失敗しないことが成功の秘訣!


    いろいろ申し上げましたが、リフォーム会社も千差万別です。

    「3社ぐらいは話を聞いて、リフォーム会社を選びましょう!」と言われたりもします。



    ・単純に価格だけで比較していいの?

    ・やっぱり創業○年!と歴史がある業者が安心なの?

    ・どこに頼んでも一緒なんじゃないの?



    いろいろ疑問も沸きあがってくるかもしれません。

    冒頭にお伝えしたように、このブログではあなたが“お金をムダにしないリフォーム”ができるように、業者を選ぶポイントや違いなどを紹介してまいります。

    途中、分かりやすいように私の会社の例も紹介していますが、別に「当社でご契約してください!」とお願いするつもりもありません。

    もちろん、ご縁があって私どもの会社をお選びいただけたら、とっても嬉しいですが・・・(笑)



    それでは、

    “お金をムダにしないリフォーム”への第一歩に向けて、次のページ以降をご覧下さい。






    タイプ別リフォーム業者の特徴
    リフォーム会社を選ぶポイント
    悪質リフォーム会社の手口
    あなたの住まいのリフォーム度チェック
    リフォーム時期チェック表
    リフォームの流れ


    リフォームの種類

    2006.04.21

    住宅リフォームと言うと、みなさんはどんなことを想像されるますか?

    ひと口に「リフォーム」と言っても、数千円で済んでしまう網戸の張替え工事もリフォームですし、家全体を増改築する1,000万円以上かかる工事もリフォームです。

    ここでは、初めてリフォームを検討されるというあなたのために、リフォーム工事の種類についてご説明したいと思います。

    ●水廻りリフォーム


    キッチン、トイレ、お風呂など水まわりのリフォームをする場合。

    システムキッチンやシステムバスなどの設備機器を入れ替えるだけでなく、水道管の位置を変えたり、給湯機器の入れ替えなどをしたりします。



    ●外廻りリフォーム


    屋根、外壁塗装をはじめ、ガーデニングや外構工事が含まれます。

    外まわりのリフォームは、大規模な工事になることが多いので比較的費用がかかるものが多いです。



    ●内装


    住宅の内部を工事するリフォームをまとめてしまいましたが、壁紙(クロス)の張替え、収納スペースの確保、床の張替えなどが該当します。

    最近では、とくに自然素材をつかったリフォームが注目を浴びています。弊社でもゼロホルム建材を使った工事にいち早く取り組んでおります。




    ●増改築(全面リフォーム)


    家を丸ごとリフォームしたり、間取りを変更したりするリフォームのことを指します。

    家を建替えるよりもリフォームした方が費用が安く済むだけではなく、都市部では法律の問題で、建替えると今より狭い家しか建てられなくなってしまう(セットバック)という方に人気です。

    テレビで話題になっているリフォームは、これに該当しますね。






    あなたのご要望に合わせてリフォームではいろいろなことができます。

    しかし、その反面、リフォームでどんなことが出来るのかが想像しづらかったり、そこにつけ込んだ悪徳リフォーム業者が出没したりします。

    そんな分かりにくいリフォームの仕事について解説したいと思います。

    悪徳リフォーム会社の手口

    2006.04.21

    昨今、住宅リフォームの悪質訪問販売業者が摘発され、マスコミなどで報道されております。

    住まいづくりの仕事をしていて、これほど悲しく腹立たしいことはありません。

    私どもは創業以来、まじめに実直にお客様に関わってきました。

    地元密着でリフォームに取り組んできたのに、今まで築き上げてきた信用を一部の悪徳業者に壊されるのは許せません!

    住宅リフォームで一番重要なのは業者選びです。

    あなたが業者選びで失敗しないように、危険な業者の共通点をまとめました。



    ①契約を急がせる。


    「社長に交渉したら許可がでて、今日なら○○万円安くできます!」とか「今日できなければクビになる」といった泣き落としなど。


    ②営業マンが住宅(工事)に関する知識を持っていない。


    家のために何が良いかよりも、契約することにしか興味をもっていないと感じてしまう。


    ③何でも「ハイハイ」と安請け合いをする。

    営業マンがとにかく契約をしたいために、安請け合いをして後で「やっぱり出来ません」と言われる。


    ④大幅な値引きをする。

    見積りと工事の質に自信が無いと感じてしまいますよね。


    ⑤施工業者、職人の説明ができない。

    営業マンが実際に施工する人間を知らずに「大丈夫です」と言っても、信頼できません。


    ⑥恐怖をあおる。

    「このままでは、家が崩れる」など、脅しに近い話をする。


    ⑦居座る

    契約するまで帰らない、夜遅くまで居座る、という場合があります。
    「帰ってください」と言っても、帰らない業者は警察に通報しましょう。



    被害を防ぐためには、契約をせかされてもその場で決めず、家族や知人に相談してください。また万が一契約してしまってもクーリングオフ制度などをしらべてみてください。

    みなさまが幸せで豊かに生活できるリフォームができますように。


    株式会社ハイウィル 代表取締役 稲葉高志

    ただ安いだけの失敗リフォームの話

    2006.04.21

    お客様から最も多くうける質問の1つに「他のリフォーム屋さんと、何がちがうの?」というものがあります。


    確かにインターネットや電話帳でリフォーム会社をさがすと、とてもたくさんの会社があって、いったい何を基準に選んだら良いか分からなくなってしまいますよね?


    さらに最近は悪徳リフォームの被害もよく耳にするようになりました。
    同じ業界で働く者として、とても残念で憤りを感じます。


    あなたが大切なお金をムダにしてしまわないよう、しっかりとリフォーム会社選びをされる参考になればと思います。


    ●こんな体験があります
    あるお客様からお問合せがあって、見積書をお渡ししてきました。
    下水道入替え工事ということで、トイレはもちろん、浴室をユニットバス、そして台所の改築工事でした。


    お客様の要望は「とにかく安く」ということでしたので、プランも一番お値打ちな内容でお持ちしました。
    しかし、そのお宅では、弊社以外にも相談されていて、弊社の見積は250万円、他社さんは210万円でした。


    お客様はびっくりされ、
    「お宅の見積りは高いね~。40万円も差があれば、ちょっと頼めないなぁ…」
    と他社でご契約されたのです。


    しかし、まだこの話には続きがありました。


    工事が始まり、床下の解体工事をしてみると、浴室と隣接する台所の床下の根太・土台がシロアリに侵食され、全く使えないどころか、その形すら無い状態だったのです。


    私は、既にシロアリの被害があることを見越しており、その分も含めたお見積を提出していました。

    しかし、契約された他社さんでは、当初の見積には含まれていなかったのです。


    事前に私も40万円の差はご説明はしたのですが、価格重視で業者選びをされてしまったのです。

    結局、そのお客様は60万円の追加工事をされたそうです。

    工事全体でみると、20万円も余計にお金を支払う結果となってしまいました。



    ●こんな失敗リフォームをしないためには
    リフォームは、お客様のお宅の状況に応じて工事内容がかわる、オーダーメイドの仕事です。

    工事内容によって、料金も異なります。



    国民生活センターにやってくる相談には、住宅関連のトラブルが数多いようですが、金額が大きいだけに事前の説明不足や認識の違いは大きなトラブルの元になってしまいます。


    ・どこまでの工事が対象となっているのか?
    ・どれだけアフターメンテナンスが充実しているのか?
    ・お客様にどれだけ喜ばれているか?





    をご理解いただき、値段のみにこだわらず、あなたが信頼できるリフォーム業者
    を選ぶことが、結局はローコストリフォームに繋がるのではないかと思います。

    新ブログへ以降

    2006.04.21

    本日より新ブログへ移行しました。

    8月のオーパス店に向けてイメージも南欧風にしてみました。

    まぁ書く内容はいままでと変わらないんですが・・・

    というわけで装い新たに今日から頑張るぞ!!

    ハイウィルが考える「ローコスト」な住まい

    2006.04.20

    創業1919年のハイウィルではさまざまなブランドをご提供いたしておりますが、そのすべてに共通して目指しているものがあります。


    それは「ローコスト」であることです。


    ここでひとつ勘違いしていただきたくないのが「ローコスト」と格安工事を取り違えて


    欲しくないということです。


    ただの値引き工事的な格安工事、激安工事会社ではありません。


    明確な根拠をもった「ローコスト」をコンセプトにご提供いたしております。


    新築やリフォームの仕事は、お客様の大切な住まいを預かる仕事です。


    ハイウィルでは目先の売上をあげる為に、意味のない値引きはいたしません。


    値引きをすることで会社経営が厳しくなってしまい、お客様にご迷惑をお掛けしては本末転倒ですよね。


    そこでハイウィルでは、会社としてコストダウンに取り組み、お値打ちに施工していただける体制づくりをしました。


    お客様に安心していただける「ローコスト」な提案にどうぞご期待ください。




    ●最大の強みは建材商社との完全業務提携!


    新築・リフォームには、システムキッチンやユニットバスをはじめとする住宅設備機

    器、フローリングや建具などの住宅建材、塗料や木材などの建築材料をつかいます。


    当然、優れた商品、素材は金額的にも高価です。それと同時に程度の低い商品や素材

    は金額的にも低く、仕入れも安いといえます。



    どんな方でも、粗悪品を使って住まいを建てようと思っておられる方はいらっしゃらな

    いと思います。



    出来る限り優れた品質で安全、耐久性やデザインも優れている商品や素材を安く購入で

    きればいいと考えるはずです。



    住宅産業とりわけ建築業界には旧態依然の流通体系があり、通常のリフォーム店や工務

    店は、これらの仕入れに、メーカーより直接仕入れをしているわけではなく、地域の販

    売店から購入しています。



    良い例を挙げますと、車を購入するとき皆さんはお近くのショールームに行き、実車

    を見学、試乗などしてショールームにいる営業マンから購入すると思います。

    住宅の材料や商品はどうでしょう?

    住宅設備機器や建材のショールームは地域にございます。そこへ行き、アドバイザー

    に欲しい商品を選定していただくことはあっても購入された方はいらっしゃらないはず

    です。

    つまり住宅の場合、商品メーカーはお客様に「直売」はしないということです。

    では、どのような流通構造になっているのか?

    メーカーはどこに販売しているのでしょうか?

    メーカーはまず販売代理店と呼ばれる商社に販売します。商社は2次問屋へ販売、

    2次問屋は地域の建材販売店へ、地域の販売店が工務店やリフォーム会社へと販売

    します。お客様は工務店やリフォーム店から商品を購入する形となります。



    当社はこの流通で発生する中間マージンを出来る限り抑え商品をご提供できる体制

    づくりを徹底しております。


    グループ会社である株式会社リブウェルに日本一の安さを掲げた「住設・建材百貨店」というショッピングサイトを持っております。


    大手ハウスメーカー並みの商材取引を誇るグループ商社との完全業務提携により、そち

    らで購入された商材を使って工事をすることが可能です。


    もちろん住設・建材百貨店で販売されている建材は最近の流行であるアウトレット品やB級品ではなく、どれも最新の一流メーカー品です。


    また住設・建材百貨店ではお客様のご負担を減らせるよう随時、流通経路を見直し、メーカーから直接仕入れを行っております。


    なんといってもこれがハイウィルがご提供する「ローコスト」の考え方の最大の強みであります。


    我々の目的は適正なる施工力の提供であり、いままでも技術力を買われて営業して参りました。


    その為、同じ商品、同じ建材であれば少しでもお安いところから 購入されることをお勧めいたしております。













    ●業者へ直接発注して、施工費を削減!


    多くの建設業者や大手企業では営業は行いますが、実は工事はすべて外注に丸投げしています。

    下請け業者、孫請け業者などの中間業者があって、職人まで仕事が回っていきます。


    当社も以前は下請業者としての下積み時代がございました。


    私自身も遠方の現場の時などは泊り込みで現場管理した経験がございます。


    大体、30%ぐらい利益を乗せて契約されているみたいですね。


    ただ、大手もその分、広告費や人件費にお金がかかっていますので仕方の無いことなのでしょう。


    ハイウィルでは、ずっと創業87年以来受け継がれた常用の職人と共に施工していくシステムを守り続けています。


    中間業者を挟まないので施工費が削減できると共に、お客様の要望を施工する職人に直接伝えることが出来るので、仕上がりをみて(こんなはずじゃなかった…)という失敗も少なくなります。

    以上のようにして、ハイウィルでは「ローコスト」に取り込んでおります。

    こんなリフォームします!

    2006.04.20

    ●サプライズ!を実現するリフォームをします!


    稲葉高志



    リフォーム業は、お客様の現在の住まいを改修し、新しいライフスタイルを実現するのが仕事です。


    全面改修など大規模な工事になると、柱や梁などの構造材をそのまま残しながら構造計算をした上で柱を抜き、梁や金物で補強し間取りを変更するなど、全く別の空間を創造します。


    事前にプランやパース、提案書などで具体的なイメージをお伝えしているのですが実際に今までの住まいが変わっていく様は感動そのものです。


    テレビ番組でリフォームのビフォー、アフターが紹介され、施主さんが思わず涙する・・・


    そんな姿はテレビの中だけではありません。


    実際に私共がお仕事させていただく現場のなかでも、涙ながらに「ありがとう!」と言っていただけるのもしばしばです。


    そんな「サプライズ!」を実現する会社それが私共「リブウェル」なのです。




    ●サプライズ!を叶えるスタッフ


    リフォームの仕事は建築業はなく、私どもは“リフォームは専門知識をもったサービス業”だと考えています。


    リフォームの仕事では、お客様の要望を引き出すコミュニケーション能力理想の住まいをつくりだすプランニング能力、円滑に工事を進めていく管理能力のすべてが求められます。


    リフォームの仕事に必要なのは、そんな能力をもったスタッフなのではないでしょうか?


    リフォームの仕事はそれくらいのスキルや経験がなければできない仕事だと思っております。


    お客様との打ち合わせ時にいただいた質問に、無責任にお答えするなどもってのほか、「調べてから後でお答えします」というのもできるだけ排除しようと思っています。


    お客様の疑問に即答できる専門家集団


    それが私どもの考えるサプライズ!叶えるスタッフです。


    そのための採用基準の設定や、各種研修・勉強会などを実施しています。


    一見、華やかに見える女性スタッフも作業着を着て現場を経験してきたスタッフであり、新人に関しては必ず現場を長期間経験させております。


    即戦力になるまでにかなりの時間がかかり、一見非効率にみえますが、現場を知らない人間に工事は語れません。この体制は今後も会社として変えるつもりはありません。




    ●住まいづくりは、生き方づくり


    リフォームは、お客様の新しいライフスタイルを実現する住まいづくりが仕事です。


    難しい表現になってしまいますが、リフォームとは「住まいに関するすべての概念
    の再構築化」であると思っております。


    そこに住む人たちのより豊かな生き方を探すことだと置き換えてよいのではないでしょうか。


    リブウェルは、物理的なモノとしての家をつくるのではなく、そこに生活する人達がより豊かに生活する為の住まいづくりがしたいのです。



    設計士やプランナーの思い込みやエゴなど、作り手の発想でつくったものは、お客様に受け入れていただけるはずがありません。



    お客様の話をじっくり聞いて、生き方をうかがった上で住まいづくりを行う。



    それが私たちのリフォームの進め方です。


    株式会社ハイウィル 代表取締役 稲葉高志

    結露対策リフォーム!

    2006.04.19

    昨日、当社のダブル断熱工法を知ったお客様が当スタジオにご来場された。

    結露にお悩みのお客さまでしたが、セルローズファイバーによる、充填断熱

    と外張り断熱のご説明を当社スタッフが説明させていただきました。

    お客様のお話によるとセルローズファイバーに関しては、他社からも提案

    されたとの事です。

    しかしながらダブル断熱の説明は始めてということでご来場されたようです。

    このお客様は、数年後のご退職を期に、結露対策のリフォームをご希望で

    工事自体は2年後なのですが、断熱ついてかなり勉強されておられたようです。

    勉強されてこられたお客様も、ご納得されてお帰りになられたとスタッフから

    報告を受け、あらためてこの工法の力を実感しました。

    次は夏、お見えになるそうで、その時は実際の建物を御覧いただき、体感を

    していただきたいものです。

    オーパス東京練馬店

    2006.04.16

    いや~昨日は飲みすぎてしまった・・

    さすがに朝が辛いですが、そうも言ってられません!

    今日も一日気合で乗り切ろう!!


    現在、リフォームご依頼が殺到、おかげさまでご契約ラッシュ

    をいただいております。非常に有り難く思っております。

    今日も現場調査や契約でスタッフが飛び回っています!

    また、当スタジオも8月に予定しているオーパス東京練馬店

    のオープンに向けて徐々に準備をしていかないといけません。


    リフォームにするか建て直して新築するか悩んでいらっしゃる

    お客様が弊社にはよくいらっしゃるのですが、ダブル断熱

    ご説明&実験、セルローズファイバーの説明&実験をさせて

    いただきますと実に90%以上のお客様が関心をもたれます。

    まぁ当たり前ですね。私自身が、オーパス本店で同じ説明を

    受けた時、絶対にこの工法で自宅を建てたいと思いましたからね。

    今もそのつもりでおります。

    既にオープン前ですが、1棟は東京板橋区でお申し込みいただいて

    おりますので、お客様にもご協力いただき当社施工エリアの皆様にも

    本物の住宅を体感していただきたいです。

    建築家ネットワーク

    2006.04.15

    家づくり






    昨日は、20人以上の著名建築家を抱える、渋谷区にある団体からのオファー

    があり「住まいのショールーム&カフェ」に行ってきました。

    こちらの会社はお客様にとって「家づくりに関してなら、なんでも安心して

    相談できる店」としてかなりアットホームな雰囲気の佇まい。

    建築家の細かい要望に施工の面でバックアップしていただける会社を探している

    という意向があり、当社の実績などをお見せしました。

    こちらの団体のお客様が集中しているのは、渋谷区、目黒区、新宿区、世田谷区

    の戸建て住宅が多いということです。このエリアですと当社の場合は、専ら

    マンションが多かったのですが、戸建てが得意の当社としては是非、お手伝い

    させていただきたい気持ちです。

    建築家の作品も拝見させていただきましたが、どれもデザインに走りすぎず、

    住まいの安全を確保した延長にあるデザインであると、自分で捉えることが

    できたのが決め手でした。

    都心にダブル断熱の素晴らしさを伝えるいい機会でもあります。

    ノーリツ価格交渉

    2006.04.13

    「ローコスト」というキーワードが当社のキャッチフレーズとなってなって

    おります。

    新築やリフォームの総工費の中で住宅設備機器費用の占める割合はかなりの

    金額となります。その為、施工会社の弊社としては、極力「定価のある商材」

    については、よりお求め安い価格でご提供いたしております。

    その分、ご提案や施工に注力し、お客様にとってよりよいお住まいを

    ご提供したいと考えているからです。

    弊社におきましては、主要住宅設備機器メーカーさんとは、他社様にないほどの

    短いスパンで価格交渉を致しております。1ヵ月で何十台販売する!

    とかそういうレベルで契約いたしております。

    本日は給湯器で有名な「ノーリツ」さんとの価格交渉の日!こちらの条件も当然

    ございますがノーリツさんにもご協力いただき、今回は「システムキッチン・

    システムバス」について素晴らしい価格!!をいただくことができました。

    こちらとしては交渉大成功です。

    早速、5月に新宿のショールームでのキャンペーンに参加させていただく運びと

    なりました。今後のお客様にとって、よりよい商品をより安く、更にたくさんの

    メーカーからお選びいただける環境づくりも徹底していきたいと考えております。

    大泉学園

    2006.04.12

    当社も練馬区大泉学園にスタジオを出店してから、もうすぐで5ヶ月。

    徐々に地域に馴染んできたなぁと実感しています。

    ここ最近のご来場者様のリフォームのご要望をお聞きしていて、ベスト3

    に入るであろうご相談内容に造園やガーデニングというカテゴリーの工事

    があります。

    板橋で営業活動をしていた頃は、正直あまりご相談をお受けすること

    はなかったように思います。地域特性なのでしょうか、

    当スタジオ周辺は風致地区ということもあり、非常にお庭がひろいお住まいが多く、

    ウッドデッキやエントランスへのアプローチ等の外構のデザインのご要望が非常に

    多いです。

    一昨日もウッドデッキの工事のご注文をいただきました。

    スタジオのデザイナー軍団もかなり精が入っております。

    アドバイザーの北畠は本日ガーデニング研修に出かけていきました。

    より一層、外構工事の提案にも力を入れて行きたいですね。

    スタッフも感動する住まい

    2006.04.11

    先日、当社のグループ会社のヘルプ(私の親父)で新築のお客さまの

    折衝に同行した北畠より、お客様の反応はもちろんですが、今回ご提案

    したダブル断熱工法を採用した「萌樹」の商品自体について、聞いてみた。

    「ワクワクします!」という答えが返ってきた。

    私が最初にモデルハウスを見たときと同じ感想であった。

    お施主様の反応は聞くまでもなく、ワクワクされておられたということです。

    ワクワクするんです!この商品!私自身、現場監督時代にたくさんの新築

    を見てきましたが、この商品ほどワクワクする商品はなかっと思います。

    住まわれる施主様にとって、いままでの住宅の悩みを解消する工法が核となって

    使用される素材・デザインまでこれほど完成度が高い商品はないと言い切って

    いいでしょう。工務店を独立しリフォーム専業で営業を開始した当社リブウェル

    ですが、この工法を使った新築のみは取り組んで行こうと思っている理由が

    そこにあります。コーディネーターの北畠も商品をもっと知りたい!

    素晴らしさをお伝えしたいということになり、5月8日には、オーパスの

    本部の岐阜まで商品知識の勉強会に参加する運びとなりました。

    飯田専務2名(北畠佐藤)参加でお願いします!!

    きっと感動して帰ってくることでしょう!!

    壮絶!お殿様コンサル!!

    2006.04.08

    朝、いきなりお師匠様から電話が・・・

    「今東京、来れるか?」、私「了解です!」

    他社様のコンサル中でしたが、私も混ぜていただき、最高のシステムを

    説明していただきました。いうまでもなく一切の無駄が省かれた

    最強のシステムでした。しかも当社としては、まったくのノーリスク

    なのです。当然やればハイリターンということになります。

    毎回思うのですが、この方の頭の中はどうなっているのでしょうか??

    多分、というか絶対に、化物です。思考の次元が明らかに凡人の私とは

    違いすぎます。もちろんスケールも大きい!!

    このお方が作るシステムを何度か拝見してきましたが、どんなシステムを作っても

    共通して言えるのは、お客様を筆頭に、それに関わるすべての会社、人がみんな

    幸せになるシステムなんです。ここが凄いのです。

    「みんなが幸せになるしくみ」これを一瞬で作ってしまう。

    殿らしいといえば、殿らしいのですが・・・・

    今回も2時間お会いしただけなのですが、集客、商品の見せ方、収益構造に

    及びすべてコンパクトに本質だけを無駄なく伝授いただきました。

    早速実践です。本当に、本当に有難うございました。私は恵まれています。

    殿は、次のご予定が入っていたみたいで、急いで帰られましたが・・・

    すいませんでした・・・毎度、話を長引かせてしまって・・

    さ、酒まで・・・

    2006.04.08

    昨日は、6月以降に着工予定となっている老舗天ぷら屋さんの現調に

    現場監督の八田を連れて行った。こちらの現場は1F店舗と2F3Fの既存住居

    の総リニューアルです。今回は最終の金額の提示と最終の既存構造のチェック

    です。このお客様は初訪からもう既に1年以上も経っており、はじめて

    お伺いした頃、奥様はおなかが大きかったのですが、昨日お伺いしたときには

    かわいい赤ちゃんが生まれていました。自分の子供もこんなにちっちゃい頃

    あったなぁ~と感動してしまいました。。

    そして、現調が終わると店主のお父さんとお母さんより心温まる自慢の天丼を

    ご馳走になりました。そしてお酒まで・・・・

    (まだ契約もしてないのに・・のんびりと酒までいただくとは・・・)

    工事はかるく3ヶ月はかかると思います。もしかしたら、工事の場所から

    いっても今年一番の難しい工事になるかもしれません。

    それだけに楽しみです。

    それにしてもあの天丼とくに穴子がうまかったなぁ~!!あんな穴子食べたの

    はじめてです。Wさん有難うございました。工事の方もしっかりさせていただきます。

    利益/時間

    2006.04.07

    一昨日はオーパスの飯田さんと飲み、いろいろ話ができた。

    殿が主張するの利益/時間をもろに実行している1人だと感じました。

    毎回会うたびに意識が高くなっているので驚かせれます。

    自分だけが取り残されないよう私自身も今以上に意識を高くもっていないと!

    と反省しました。

    当社が目標を達成する為の最短距離がみえた気がしました。

    自社の強みを利用するという当たり前のことなんですが、日々の情報の多さ

    で本質がピンボケしてしまう事が多々あります。

    あらためて焦点を絞り、全力投球でいきたいと思います。

    殿、飯田専務有難うございました。

    オーパス飯田専務

    2006.04.05

    今日は、当社スタジオにオーパスの飯田専務が来ます!

    飯田さんとは年も30台前半と同世代の為、いろいろ話が合います。

    飯田さんも殿に仕込まれているだけあり、かなりの男前です。

    そろそろ向かわないと!!というわけで出発!!

    ヘルプ

    2006.04.04

    ここ数日、グループ会社へのヘルプ出社が続いている。

    私がいなくなった途端に、スタジオは満員御礼、工事依頼の電話が殺到、

    など、まるで私が疫病神でもあるかのような賑わいであります。

    しかもほとんどの案件がリフォームの大型案件ばかり!!

    六本木ヒルズ裏のマンションリノベーションや世田谷成城の戸建てまるごと

    リフォーム、上野の老舗てんぷら屋の店舗併用住宅まるごと改修を皮切りに

    全体改修系が一気に集中!!(まだ契約にいたっていないのでなんともいえませんが

    ・・・)スタッフもてんやわんやな毎日です。

    私の方でもダブル断熱工法を採用した新築を北区で一件受注、5月には着工できそう

    であります。本物の家を当社施工エリア内のお客様にどんどん伝えていきます!!

    ラスト1ヶ月

    2006.04.01

    多くの会社は今日から、新しい期が始まります。

    当社は4月決算の為、今月が決算月!ラスト一ヶ月、気合で乗り切ろう!!

    来期は新事業開始が事業計画に入っている為、それを踏まえたうえで、

    今期残り30日、1日、1日を大切に取り組みたいと思います!!

    ハイウィルの住まい

    2006.04.01

    日本の住宅の平均寿命は26年といわれております。

    これは先進国であるイギリスの平均75年、カナダ・アメリカの平均44年など

    他の先進国とは比べものにならないほど短いのが現状です。(国の白書より)

    アメリカは日本の1.7倍、イギリスは日本の約3倍長持ちしています。

    これは大手ハウスメーカーの家も含めた寿命です。

    高度経済成長時に建てられたプレハブの寿命は7年ぐらいだったとも言われています。

    もっと悲しいことに、だいたい住宅ローンの組み方で主流となっている組み方は、

    35年ローンという方が多いのですが、

    日本の住宅の平均寿命だったら住宅ローンを払い終えるまでに寿命が来てしまいます。

    住宅ローンを払い終えるまでに『資産価値はゼロ』(木造の減価償却)

    になってしまいます。

    ただ日本は土地の資産価値だけは残りますが。アメリカやイギリスでは、

    建物の資産価値が住めば住むほど上がる建物がたくさんあります。

    日本とは大きな違いなんです。

    「マイホームは一生に一度の大きな買い物」と言いますが、本当にそう思い、考え判断

    している人は少ないと思います。10年先、20年先のことなんて人は意外と想像が

    つかないものですから。そうすると目先のことでつい選びがちになっているようです。

    現在騒がれているあのアスベストの問題でも、20年前、30年前は誰も今のことを

    考えもしませんでした。

    そもそも、なぜ日本だけが、このように短いのでしょうか?


    さまざまな理由があげられますが、最も大きな理由のひとつとして挙げられるのは


    「日本の建築業界の旧態依然の体質」とその体質ゆえにもたらされた


    「業者の住まいに対する捉え方」であると考えます。


    旧態依然の体質とはなんでしょうか? →詳しくはこちら





    ハイウィルでは「住まいづくり」とは「住まいに関するすべての概念の再構築化」と考えております。


    そこに住む人たちのより豊かな生き方をお客様と一緒に探すプロセスであると思います


    ハイウィルは、物理的なモノとしての家をつくるのではなく、そこに生活する人達が


    より豊かに生活する為の住まいづくりがしたいのです。


    設計士やプランナーの思い込みやエゴなど、作り手の発想でつくったものは、お客様


    に受け入れていただけるはずがありません。


    お客様の話をじっくり聞いて、生き方をうかがった上で住まいづくりを行う。


    それが私たちの「住まいづくり」の進め方です。


    私は“住まいづくりは、生き方づくり”をモットーにしています。


    物理的なモノとしての家ではなく、家族みんなが生活する場としての住まいをご提供


    していきたいのです。そのために必要なのは、何百棟も建てて多店舗化していくこと


    でも、単純に売上を伸ばしていくことでもありません。


    お客様の要望をお聞きして「住まいづくり」がご提案できる会社でありたいと考えて


    おります。


    私たちは、本当に一生に一度の買い物にふさわしい、後悔を絶対にしていただかない

    ことを考えた住まいを提供していきたいと考えており、住まいづくりに5つの基準を

    設けています。それは、


    ①長持ちする住まいであること



    ②地震に強い住まいであること



    ③メンテナンスフリーの住まいであること



    ④自然素材・健康素材を使った住まいであるということ



    ⑤ローコストでありつつもハイパフォーマンスな住まいであること



    この5つの基準から外れるお住まいの工事はお受けいたしておりません。



    お客様の価値ある「住まいづくり」を実現するハイウィルになれるよう、これから


    さらに努力してまいります。

    東京のリフォーム・増改築は創業1919年株式会社ハイウィル

    価値創造型の人材

    2006.04.01

    いきなりこんなことを書くと驚かれるかもしれませんが。

    現在、株式会社リブウェル&株式会社ライブウェーブには空いているポジションは
    ありません。でも、とにかく応募してみて下さい。来社いただき、会社のために
    あなたができること、そしてどうやったら会社が、そのポジションをつくり出せるの
    かご提案ください。

    常に少数精鋭の体制は崩すことはありませんが、それでも他人からの干渉・管理が不要で、自らの意志で自由闊達に仕事をしていく元氣、やる氣があれば、ぜひ一緒に働いてみませんか?

    当グループが欲しい人材。
    それはズバリ!価値創造型の人材です。

    価値創造型人材に対してコスト型人材という言葉が良く使われますが
    弊社が望むのは明かに前者です。
    現状のスタッフも価値創造型人材が過半数を占めています。

    弊社には特別厳しい会社規定というものはあえて設けていません。
    自分がサラリーマン時代に仕事上邪魔であると感じていた常識的な規定は意図的に外したというのが正直なところです。出来る限り「コントロール」する経営をしたくない
    のです。

    私は、社員個人が自分の自主的な意思と裁量で、創造的に編み出す仕事やそのための勉強、準備活動を行なってもらいたいと思っています。上司や会社から指示されたのではなく、自分の問題意識や感覚から「どうしてもやらなければならない」「これが最善である」と判断して能動的に行動して欲しいからです。

    今、経済はモノ中心の経済からソフト中心の経済に移り、市場の速い動きに追随した素早い動きが企業に求められています。
    そして他社と同じスピードでは生き残れないこの時代に必要なのは、新しい価値、新しい商品、新しいサービスです。厳しい企業間競争を勝ち抜くには、自己主張が強くても、独自の視点で新しいもの生み出す価値創造型の人材が必要なのです。

    価値創造型の人間を見ていて思うことは、必ずと言っていいほど「自分なりに新しい価値を生み出したいという強い動機・情熱・願望をもっている」ということです。

    人間は強い願望を持つとそれは強い意志となります。

    強い意志をもつと、自分の志を達成するまでは何が何でもやり抜きます。
    それは「私利私欲を超えた何か」なのかもしれません。

    生き甲斐を感じられない仕事は仕事ではありません。

    アメリカの労働衛生学の実験で、同じ人に「やりたい仕事」と「やりたくない仕事」
    をやらせてその生産性と疲れを図った実験があります。
    結果は「やりたくない仕事」は3分の一の生産性で疲れは3倍。
    「やりたい仕事」は3倍の生産性で疲れは3分の1であったといいます。
    つまり同じ仕事をしているのでも「やりたいこと」か「やりたくないこと」かで
    9倍の生産性の差が出てしまうことになります。
    なのでやりたいことをやりたいだけやらせる!というのが私の主義です。

    私の仕事は、自ら組織の常識に疑問を投げかけることだと思っていますし、変革を体で示していくことだと考えます。
    その結果、会社に新しい価値が創造される風土が根付くと思っています。

    弊社の経営の目的は、社員が幸せに働けること。そして、その結果、クライアント
    へのサービスが向上し業績がアップすると考えています。

    こんな会社で働きたい情熱溢れる人材を待っています。
    仕事で何をするのではなく仕事を誰とするかです。


    ↓この本を呼んで熱くなった人は当社へ来てください!

    ↓そして面接前にこの本を読んできてください。
     弊社では「自分が立ちたければ、まず他人を立たせる」という精神を大切にしています。この精神を理解できる素敵なあなたと一緒に働きたいです。

    ↓当社が目指す企業の体系です。
     この本を読んで賛同できる方を募集します。


                            株式会社ライブウェーブ
                            株式会社リブウェル
                            代表取締役 稲葉高志

    新卒採用

    募集職種:インターネットマーケティング職・ECサイト運営職・建材卸業務職、住宅販     売職・リフォーム営業職

    募集人数:8~10名

    募集学科:全学部、全学科 平成20年3月卒業見込み者

    選考方法:筆記試験、面接

    初任給:250,000円

    勤務地:練馬区大泉学園DouxStudio Or 板橋区前野町オフィス

    休日休暇: 隔週週休2日制、年末年始休暇、GW、夏期休暇、有給休暇、リフレッシュ      休暇、バースデー休暇

    勤務時間:AM10:00~PM6:30(スタジオ営業時間)

    福利厚生:各種社会保険

    昇給・賞与: プロフィットシェア方式。
          業績が上がれば上がるほど収入が増える制度です


    中途採用

    募集職種:インターネットマーケティング、ECサイト運営業務、住宅販売、リフォーム     営業、現場施工管理(リフォーム・木造新築)インテリアコーディネータ      ー、一級建築士・二級建築士

    給与:能力、経験等を考慮の上当社規定により優遇(大卒初任給250,000 円)

    諸手当:交通費、職務手当て、資格手当て、役職手当て

    勤務地:練馬区大泉学園DouxStudio Or 板橋区前野町オフィス

    休日休暇:隔週2日制、年末年始休暇、GW、夏期休暇、有給休暇、リフレッシュ休暇
    バースデー休暇

    勤務時間:AM10:00~PM6:30(スタジオ営業時間)

    福利厚生:各種社会保険

    昇給・賞与: プロフィットシェア方式。
          業績が上がれば上がるほど収入が増える制度です


    お問い合わせ [e-mail]inaba@livewellgroup.co.jp
    [TEL]03-5387-4133

    夫婦木神社

    2006.03.31

    夫婦木神社















    昨日はお休みをいただき、家族4人で山梨県の夫婦木神社へ参拝にいった。

    この神社は子宝を授かる神様として有名で、5年以上前に(まだ子宝に恵まれない

    頃)夫婦でいったことがありました。おかげさまで今は、2人の子宝に恵まれ、

    御利益があったのかなぁと感謝いたしておりますが・・・

    そのお礼も兼ねて、5年前にいただいたお札を納めに行きました。

    神社は本当に辺境の地にあるのですが、境内に入ると本当に神秘的な御神木

    (入り口が女性の象徴その中に入ると大変見事なまでの男性の象徴があります)

    私はこのご神木を何度もさすり、お礼をしました。

    また数多くの絵馬が奉納してありました。

    ちょっと読んでみると、子供が出来ません。2人目ができません。

    とかやはりほとんどが子宝についてです。

    こんなに悩んでいる人がいるんだなぁと思ってしまうほどです。

    かなり、神秘的な空間です。是非お参りしてくださいね。

    帰りは、南大沢にあるアウトレットモール「ラ・フェット多摩」に寄って

    女房の買い物に付き合い、疲れ果てて帰途につきました。

    昨日の朝「朝マック」、昼「談合坂インターでラーメン&ハーゲンダッツ」

    夜「びっくりドンキー」ヤバイ!!

    コツコツとね

    2006.03.29

    弊社インテリアコーディネーターの佐藤奈津子

    1人で始めて折衝、積算、受注した現場を抜き打ちで覗きにいった。

    当社の優秀な職人の助けはあるものの非常に段取り良く管理しており

    感動しました。彼女の夢は住宅においてオールラウンドプレーヤーになること。

    そして最終的に優秀な家具職人になること。だそうです。

    夢をもっている人間は、仕事に対する取り組み方が違いますので

    すべてのことにつけて飲み込みも早い。

    独り立ちするにはまだまだですが、確実に力をつけてきて

    いることは実感できました。彼女は、今が一番辛いときかもしれない。

    夢に近道はない。がんばれコツコツと!奈津子!!

    さあ!現調だ!

    2006.03.28

    本日はアドバイザー北畠のヘルプで、世田谷区成城のお客様の現場調査へ

    これから出発!さあ缶コーヒー買っていくぞ~!!

    いや~環8が混んでいて、2時間もかかってしまった・・・

    それにしても今日は陽気もいいし、芝生でゴロゴロしたいところ。

    道中、うたた寝をしてしまいましたが、現場は成城大学の裏で、すごく

    高級なお住まいでした。リビングと子供部屋など改修がメインの工事。

    当社のシステムを力説し無事終了!未紀ちゃ~ん頼むぞ!!デザイン!!

    帰りも案の定、大渋滞に巻き込まれる・・・朝出て、戻ってくるのに何時間

    かかっているのだろう。たった17キロ先のお宅へお伺いするのに、もの凄く

    非効率だと感じました。この道路事情は深刻ですね。車多すぎ!!

    建築家とのコラボ現場

    2006.03.27

    いよいよ建築家とのコラボレーション現場がスタートした。

    今回この現場を担当する大工も当社自慢の大工!

    解体から大工にお願いする形を取りました。

    というのも既存残しという箇所が多々ありましたので、新規リフォーム箇所

    との取り合いが問題になると思ったので、費用はかかりますが、棟梁に

    解体から入ってもらいます。


    内部スケルトン2、
















    内部スケルトン













    既存残しのはずであった箇所も床を剥がしてみると、下地がかなりヘタっているので

    やり直す方向で決定。

    なんだかんだで、ほぼスケルトン状態になってしまいました。

    しかし当初の予定していた梁の状態が、解体してみると想定していた状態

    と違っている箇所などもあります。(リフォームでは日常茶飯事ですが・・・)

    予定通りの工程で安心です。八田、明日の定例頼む!!

    いざ出陣!

    2006.03.26

    今日は岐阜で、ある発表会があり、これから新幹線。腹と腰の調子がすぐれないのはさておき、いざ出陣!!

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    さっき発足会終了、懇親会終了

    いや~それにしてもこの協会は凄い!

    顧問も凄いけど、参加する会社もかなりすごいことになっています。

    超強力メンバーを目の当たりにして、このメンバーが1つの目標に向かって

    動き出したらどうなるのだろうか!と考えてしまった。凄いにきまってると!

    何よりもこんな素晴らしいメンバーと共に参加できたこと。

    澤田オーナーには、ますます頭が下がるばかりです。

    オーナー本当に毎回、良いご縁をいただき誠に有難うございます。

    ブルーハウスの森社長、日比野さん、アイジーコンサルティングの井上社長様

    立田部長美和さん平井社長前田社長高井さん、志田尾さん本当に有難うございました。

    今後ともよろしくお願い申し上げます。

    ヤバイ

    2006.03.24

    最近、本当に体が重い!!

    ちなみに見た目では明らかに半年前の体型と
    変わっている(もちろん確実にデブになっている)。

    怖いので体重計には乗っていない。

    なにがやばいって、ここにきて、自宅に何着かあるスーツの中で

    入るものが確実になくなってきているということです。(真面目に・・)

    5年前に着ていたスーツ(ズボン)を履こうと思ったら、モモまでしか入りません

    でした(ヤバイ!!!)

    ちなみに今着用しているのは、自分のスーツではなく体の大きい人からの

    いただき物。自分を認めたくないので、今までは買わないでなんとか

    やり過ごしてきました。

    しかし、もうこれ以上は・・・というところまで来てしまった。

    昨日女房に、いい加減、観念したら!男らしくない!とか言われて

    かなりヘコんでしまいましたが、風呂上りに鏡に写った自分を見て、

    これが淋しい現実・・・早く鏡よ曇ってくれぇ!!と思わずにはいれませんでした。

    よし!観念しよう!!今日からのテーマは「ストイック!!」これだ!!

    そこで痩せることを前提(!?)として、痩せるまでの着れれば十分という

    もの凄く安いスーツを購入しよう!

    フレッシュマンキャンペーンとかやってるはず!!

    インターネットを開くと、やはりやってました!そんなキャンペーンが山ほど!!

    悩むまもなく即買しました!(2着で3万台ですよ!!信じられません。スーツっ

    てこんな安いのあるんですね。これで私は十分です。)

    自分の中で現実を認める事は大切ですね。。

    マイ〇ロダイエットしかないっ!!

    戸建スケルトンリフォーム

    2006.03.22

    平屋のスケルトンリフォームの解体がやっと終了!

    土台差し替えまでを終え、本日は新規の床レベルの設定と

    既存柱が曲がっていたのでズレを直すと共に補強を行ないました。


    スケルトン状態


    柱残しのリフォームはこのような状態になります。
    (屋根は今回、リフォーム済みであったので残しております。)

    FL


    鉛筆で押さえているところが今までのFL(フロアーライン)です。
    左隣に墨をだしているのが新規FLです。結構下がりましたね。
    一番下の墨が大引、その上が根太、更にその上が捨貼でその上が仕上げ(FL)です。

    柱


    既存の柱が築40年ということもあり、反っている為、何本かは新規で入れなおす箇所もありました。その他は手直しをし補強を加えます。
    もちろん土台は差し替え済みです!

    一戸建てリフォーム(増改築専門)のお悩み解決特設サイト
    増改築.jpg




    ミーティング

    2006.03.21

    女性アドバイザーたちと現状の体制について臨時でミーティングをした。

    さまざまなことを考えていることに驚かされる。

    議題は効率化であったが、現場管理を含めたオペレーション体制について

    かなり良いヒントをもらうことが出来た。

    少し練れば必ず良いモデルがつくれそう。

    これが成功すれば今後ますます面白くなりそう!

    ではでは。

    有名建築家とのコラボレーション

    2006.03.19

    澤田オーナー紹介のお客様のリフォーム物件が受注となりました。

    有名な建築家の先生の設計&監理が入る物件で1700万を超える工事と

    なりました。オーナー、素晴らしいご縁をいただき有難うございました。

    外壁と屋根は工事しないもののほぼ全面工事となっており、柱を抜いて

    梁を補強する箇所や一部増築なども入っています。

    工期は2ヶ月以上を見ております。タダでさえ忙しい八田よ!今回はデザインナー

    としてではなく監督として頑張ってくれ!きっといい住まいができる!

    いい仲間

    2006.03.18

    本日は、殿からお呼び出しがあり、熊谷でミーティング!

    菅原さん、小笠原さん星さんと5人で焼肉→割烹→ロッテリア→ラーメン

    という前代未聞のはしごでおおいに語り合いました。みんな食いすぎて大丈夫かな?

    今日お会いした人たちに共通しているのは、みんないい人たちということ。

    本当に殿の周りにいる方たちは不思議といい人ばかり。

    はじめて会う方とも一瞬で友になれる。また、ブログで間接的に知っている方ばかり

    なので、はじめて会う瞬間がたまらなく楽しい。

    それにしても、会うたびにあの人の人間力に感服してしまう。

    人に対してあそこまで真剣に向き合える人は、やはりいません。

    心の熱い本当の男です。

    人として仕事以前にまだまだ教えていただくことが多いと感じました。

    もちろん仕事の方もお世話になりっぱなしで、何の恩返しも出来ていないのが

    恥ずかしいです。私もはやくあの人の心に近づきたい。そう思った夜でした。

    みなさんご馳走様でした。

    風家

    2006.03.14

    風が通う自然素材の家
    ~風家~

    風家概観

    風家室内









    ≪概観≫
    シンプルな形に南欧風の仕上げで優しくて暖かい雰囲気があります。塗り壁による仕上げは長い月日が経っても味わいある住宅のまま保たれます。
    ≪間取り≫
    2LDKの基本プランは約40種類。広々したLDKと将来的に3部屋に変更可能な2部屋が用意されています。自然素材を使用してローコストに仕上げました。


    風家の5つのこだわり

     [ローコスト]
    自然素材をふんだんに使いながらもコストダウンを追求。
    商品の仕入れや家の形を単純化するなどしてこの価格を実現。

    [素材]
    日本を含め、世界各国の厳選の自然素材を使用しています。

    [品質]
    もちろん品質にもこだわりました。当たり前のことですが、基礎や構造もご安心いただける商品です。

    [価値]
    歳を重ねても、住宅としての価値を落とさない。本物を使用したからこそ、何年何十年後も素敵な家であり続けます。

    [メンテナンス]
    必要不可欠なメンテナンスの面からもおすすめできる素材 を選びました。住み続けてこそその良さが実感できます。

    第三者性能表示機関による検査
    「風家」は、完成までに第三者機関(建て主様でも施工会社でもない全く別の機関)による施工管理を受けます。初期段階から完成まで、専門家の10回程度にも及ぶ検査を行い、その結果と100枚以上写真をまとめた検査報告書がお手元に残ります。自社商品に自信があり、お客様により安心して頂くために採用しました。




    標準装備一覧

    構造
    もちろん建築基準法をクリアした在来工法を採用。在来工法に2×4の構造をプラスしました。壁倍率は2.5倍もの強度があります。

    基礎
    耐震性の高いベタ基礎を採用。

    ひび割れしにくい
    質感の良い塗り壁

    外壁素材に含まれているのがフィニッシュコートです。
    ★空気は通うのに水は通しません
    ★伸縮性があるのに粘着力も抜群
    ひび割れしにくくはがれにくいのに通気性のある呼吸する優れた壁材です。
    フィニッシュコート


    屋根
    立体的なフォルムで風雨に強いS瓦(オールドテラコッタ瓦)。

    無垢材
    床・天井・ドアに無垢材を使用。木が持つ独特のあたたかさのある室内。本物だからこそ、時が経つほど味がでる自然素材。天然のエアーコンディショニング効果もあります。


    樹脂製ペアガラス窓
    断熱効果はアルミの約1000倍。
    結露しにくく、ランニングコストも下がり、防音効果も。快適な室内空間を保ちます。

    樹脂製ペアガラス








    スパニッシュタイル
    エントランスをあたたかく演出するスパニッシュタイル。
    カラーも豊富で個性的です。
    風家エントランス



    住宅設備機器(システムキッチン・システムバス・洗面化粧台・トイレ便器)
    につきましては
    グループ商社との提携によりお好きなメーカーより破格値でのご提供となります。
    弊社ではお仕着せの仕様での販売は致しておりません。
    メーカーショールームで選定いただき、お好きな商品をご選定いただきます。

    輸入アクセサリー
    おしゃれな輸入アクセサリーを標準装備。
    オークシリーズ

    まずは行動!!

    2006.03.13

    食わず嫌いの人の味覚談義に耳を傾ける人はいない。

    食べてみた人の話だから、人は耳を傾けるのです。

    何事でも、やってみなければ結果はゼロ。

    やれば、どんなに下手にやっても、結果はゼロと言うことはない。

    理論は実験されて、初めて試験ずみの原理となるのです。

    物事は全て、理論だけでは何処までいっても解決つかない。

    理論を無視する訳ではないが、理論に頼り切っていては、何一つ実らない。

    マイナス面ばかり考えないで、70%のプラス面があったら、実行して見るように

    しています。

    実施の過程で、始め予想されたマイナスも消してしまうことも可能になります。

    やれば、道が拓けてくるものです。実行は成果を生む行動だと思います。

    経営について、何かにつけ理屈が多い人がよくいます。

    しかしこういう人に限って行動力が伴わないものです。

    理論と行動のバランスこそ、企業も個人にしても安定をもたらすものになります。

    しかし人間は、自分の欲求が達成されないとき欲求不満に陥ります。

    この欲求不満を避ける心のメカニズムとして、『合理化』というのがあるのです。

    理屈好きは往々にして、この“合理化”が巧みになり、益々実行力が衰える傾向

    がある。『理屈は後でくっつけろ、ビジネスは、まず成果で示せ』という言葉が

    あります。納得する言葉です。

    解体2日目

    2006.03.11

    I様天井解体後2

    増築部の外周壁の解体をしました。増築したときの屋根勾配は既存の勾配だとサッシの高さが確保出来ないので、一母屋下がりにして勾配をゆるくして施工する必要がありますね。

    勾配があまりに緩くなってしまうと、屋根の仕上げ材でお施主様が希望されているコロニアル瓦(平瓦)が雨仕舞の面で推奨できなくなってしまいます。カワラ棒ではご納得いただけないでしょう!

    アスファルトルーフィングで対応できるのか?過去には防水工事が必要になった現場の経験もございます。




    I様天井解体後3

    ここは完成後リビングになる部屋です。
    天井は吹き抜けでご提案、写真奥の松丸太は化粧梁として塗装で納めます。
    松丸太は残すのですが、母屋束は撤去したい。なのでここでも補強が必要になります。仕掛けを作らないといけません。現場ではこんな感じで開けてみての発見が数多くございます。また、屋根は断熱されていない状態ですので断熱工事も必須です!比較的新しい野地板(以前屋根工事を行なっている!)と仕上げ材の間に断熱工事を施工予定。(当社の看板工事であるセルローズファイバーでの断熱が予算的に難しかったので、グラスファイバーで今回は施工します。)




    I様浴室解体後
    実はここが、今回の工事での一番のポイント!こちらのお宅は、現状の床レベルがすべて0なんです!玄関と居室のレベルが同じということです。以前、車椅子のお方が住まわれていたとのことです。その為、私の方は土台を変更する工事を提案していたので、土台を既存の土台より100㎜程上げることで全体の床レベルを上げる提案をしています。(玄関框も施工できます!)天井を吹き抜けにして圧迫感を感じさせない提案をしたのはこの理由からです。
    ではこのバスルームの何が問題なの?
    なぜかここだけ、母屋が下がっているのです。これではユニットバスは入りません。無理やり入れるとタダでさえ床レベルを上げようとしているのに、相当床を掘ってかなりの段差が付くようになってしまいます。梁方加工でなんとか対応できるかどうかが鍵になります。  続く

    平屋フルリフォーム本日着工!!

    2006.03.10

    I様既存












    本日より築40年平屋、柱残しのフルリフォームが着工!!

    朝からあいにく雨・・・でも元気出して行こう!!

    近隣の方へのご説明もさせていただいたところ、近所の方が

    「駐車場俺がいないときは入れていいよ!」となんと親切なお方!

    本当に助かります。ご好意に甘えて駐車させていただくことに・・・

    土台も差し替えを提案しているので、既存のシタミの板も解体しなくてはなりません。

    もちろん木舞壁も!手前のサンルームは解体して増築を、手前に4尺5寸だす

    形で予定しています。


    I様天井解体後










    早速解体!!出てきましたね、松丸太が!

    この母屋を利用して、ロフトを作ります。

    さて、どう仕掛けるかですね。

    とりあえず、松丸太をスペース確保の為に、撤去したい!

    でも母屋束はどうするの?

    答えは、お楽しみということで!!ヒントは梁を飛ばしま~す!!

    木舞壁は解体すると近隣にかなりの迷惑となるので、窓を締め切り

    防塵マスクをセットして、部屋内から解体していきます。

    (凄いんです!砂埃が!!)

    解体は1週間見ているので、随時報告していく予定です。

    ではでは

    グループ創業物語

    2006.03.10

    ●すべては瓦職人の祖父から学びました。

    私の曾祖父は1919年より瓦職人の仕事をしていました。

     私は中学になった頃には祖父が社長で現場に出ていましたので、

    仕事を一緒に手伝うようになりました。


    産まれたときから、職人さんたちに囲まれて育っていたので、

    ごく自然な流れだったように思います。

    荷物を運んだり、一緒に屋根に登っていろいろ教えてもらったり、

    たまにはこっぴどく叱られたり・・・

    いろいろありましたが、祖父からは、仕事に対する誇りと面白さを教えてもら

    ったように思います。

    いつかは祖父のようになりたいなぁと、子供ながらに惹かれていきました。


    ●様々な経験を積んだ工務店時代

    住宅販売会社での不動産販売を経験後、

    私は父が社長となっていた工務店(現在の株式会社ハイウィル)

    に就職することになりました。

    曾祖父は研究者タイプ、祖父は職人タイプの人間でしたが、父は経営者タイプの人でした。

    もともと私が経験してきた不動産事業、そして未経験であった新築、そしてリフォームと

    さまざまな仕事を経験させてもらいました。


    やはりそれぞれの仕事に難しさや面白さがあり、同じ住宅関連の仕事であって

    も考え方や収益構造、ノウハウがずいぶん違うんだなぁと実感しました。

    中でも私がもっとも面白いと感じた仕事はリフォームでした。

    リフォームの仕事は、お客様の現在の住まいを改修することで、新しいライフ

    スタイルを実現するのが仕事です。現在のお住まいの構造を考えて、残すとこ

    ろと変えるところをプランニングしていきます。さらにお客様は引越しするこ

    となく、住みながら工事を進めていかねばならないことも数多くあります。

    お客様の要望を引き出すコミュニケーション能力、理想の住まいをつくりだす

    プランニング能力、円滑に工事を進めていく管理能力のすべてが求められます。

    その難しさを感じる一方で、そのやりがいに私は引き込まれていったのです。


    ●独立を決意!

    リフォームの仕事の面白さとやりがいに取り付かれていく一方で、困った問題

    が出てきました。

    父の工務店では、リフォーム以外にも公共工事、新築の仕事もあれば、下請けの仕事もし

    ています。

    同じ住宅関連の仕事ではあるのですが、仕事の進め方、原価率、収益構造、

    対象となるお客様、期待される要望など、それらは全く別なのです。

    私はリフォームをもっと積極的にやっていきたい、でも会社の方針は違う…

    そんなジレンマを感じるようになっていったのです。

    工務店のリフォーム事業部としてできることには限界がありました。

    お客様により良いサービスを提供し、ご期待に応えていくためには独立する

    しかない!

    父とは何度も話し合いました。

    援助なし、仕事や取引先などの紹介も一切なしという条件で、私は自己資金だけ

    で自分のやりたいリフォームの仕事をするために独立したのです。

    こうして、株式会社リブウェルは誕生しました。


    ●迷い続けた創業期

    私は2001年、ついにリフォーム会社として独立しました。

    とはいうものの、お金がなかったので借りた事務所はバラックというか、馬小屋

    みたいなところでした。(東京にもそんな物件があったのです。笑)

    お客様ゼロの状態からの創業ですので、まずはお客様さがしから始めなければ

    なりません。

    チラシを印刷するための印刷代も、新聞に同封してもらうためのオリコミ代も

    ありませんでした。

    手書きで原稿を書いて、輪転機を使ってチラシを作りました。(いわゆるガリ

    版印刷です)

    そして、昼間は打ち合わせや施工管理の仕事がありましたので、夜中に1人で

    作業着姿で一軒一軒ポスティングをして回りました。

    不審者に勘違いされて怒られたり、犬に吠えられたり、今となってはいい思い

    出ですが、当時は必死でお客様探しをしていました。

    その結果、少しずつですがお仕事をいただけるようになっていったのです。


    ●初めての大型物件の仕事

    少しずつ仕事がいただけるようになってくる中で、とても記憶に残っている

    仕事があります。

    Wさんのお宅の全面改築の仕事です。

    Wさんは、某大手のリフォーム店さんとも相見積をされていらっしゃいました。

    大手のパソコンで出力したきれいなプランに対し、当時の私が用意した提案書

    は、方眼紙に鉛筆で手書きした平面図とパース。さらに、創業して間もない

    私のような小規模のリフォーム会社となれば、結果は見えているような気もします。

    しかし、私の情熱を買っていただけました。

    私の人柄を信じてご契約いただくことができたのです。

    しかし、それからが正念場です。

    それまでいろいろな仕事を経験してきたとはいえ、部下が一人もいない状況での

    打ち合わせ業務、プランニング業務、受発注を含めた施工管理業務はあまりに過酷

    を極めました。

    同時にたくさんのお客様を担当していた為、必然的に段取りが悪くなり、

    スケジュールが狂ってしまったり、最悪の事態で住まいの電気がストップして

    真冬に暖房が使えなくなり、自宅のストーブをお客様のお宅に持っていき、

    自分は毛布に包まって車の中で寝たこともありました。

    今では考えられないようなトラブルです。

    そんな際、連日お伺いして、対処させていただいた記憶があります。

    (大変ご迷惑をお掛けしました。申し訳ありません)

    さまざまなトラブルはありましたが、ついに工事が終わり引渡しの日がやっ

    てきました。

    Wさんにとっても私にとっても、やっと終わった!という感じだったのです

    が、苦労が多かった分、その感動も大きなものでした。

    工事が終わったあとにWさまからいただいた手紙を読んで、思わず涙してし

    まいました。

    いろいろご迷惑をおかけしたけど、喜んでいただけて本当によかった!

    これからも喜んでいただける住まいづくりをしていくぞ!そう心に誓いました。


    ちなみに今でもWさまとはお付き合いいただき、「塩辛つくったから食べに

    おいで」とか「中国のお土産があるから…」とお声掛けいただいております。

    そんな縁ができるのもリフォームの仕事の面白さかもしれません。


    ●新しいステージへ

    その後リブウェルは、2003年5月に個人事業から念願の法人組織へ改組。

    2004年3月にバラック小屋の事務所から板橋区前野町に事務所を移転しました。

    そして、12月にはスタッフも増員し、ローコストリフォームをコンセプトと

    した事務所をオープンさせることができました。

    さらに2005年11月には、デザインに特化したリフォームスタジオ

    『Doux Studio』を東京都練馬区大泉学園町にオープンさせることが

    できました。

    ローコストとデザインの両立を追求していくなかで中で、どうしても納得のいかない、

    そして、変えたい業界の慣習がありました。

    それは、建築業界特有の恐ろしいほどの多重流通構造を見直したいということでした。

    当時から日本の住まいは高いというのが当時の常識でした。

    メーカーの商品を仕入れるのに、問屋から仕入れるわけですが、

    その問屋は代理店から仕入れているわけです。

    さらに代理店は商社から仕入れて商社がメーカーから仕入れる

    システムになっています。

    この多重構造の中で、利益が乗せられているので、我々が仕入れる

    商品を施主に提供するまでには相当な利益が乗っていることになります。

    ここを何とかしたい!

    当初は、価格も下げてもらえませんでしたが、欧米では当たり前になっている

    「施主支給」という手法をもっと認知させようと志し、

    インターネットを利用して全国各地に販売する【住設・建材百貨店のオープン】ことを決意しました。

    おかげさまで住宅業界にセンセーショナルを巻き起こし、店舗の名前もネット上では全国区で

    認知されるに至ったのです。

     

    さまざまなメディアなどで当社のモデルが紹介されるようになりました。

    この成果で、各メーカーで大量仕入に成功し、毎年価格を改定していた

    だくことができるようになりました。

    2007年9月、施主支給を利用して最大のコストダウンを追求する

    【施主支給deリフォーム】をオープン。300社の加盟会社と提携し、

    営繕工事は全国エリアでエリアをカバーする体制を整えることができました。


    2008年、施主支給をさらに推進してくために、

    株式会社リブウェルは、施主支給を本業とする事業モデルへ転換、

    従来のリフォーム事業部をもともと私が育った会社である父の工務店(当時の社名は加和楽建設)

    へ業務移管し、社名をハイウィルに変更し、創業大正8年の老舗工務店の4代目代表になりました。


    私は“住まいづくりは、生き方づくり”をモットーにしています。

    物理的なモノとしての家ではなく、家族みんなが生活する場としての住まいを

    ご提供していきたいのです。

    そのために必要なのは、どんどん出店して多店舗化していくことでも、単純に

    売上を伸ばしていくことでもありません。お客様の要望をお聞きして住まいづ

    くりがご提案できるスタッフ、すなわち人づくりが私の仕事だと考えています。

    お客様の住まいづくりを実現するリブウェル、ハイウィルになれるよ う、これからさらに努力してまいります。

    セルローズファイバー

    2006.03.09

    昨日は、家に帰ると子供が熱を出していて、遊びどころではなく

    娘と女房をつれていつものお買い物コースを1周してからは

    家でごろごろしていた。何もしない日もたまにはいい。

    暇だったので以前から読もうと思っていた断熱屋の本を読破した。


    最新版 この本を読んでから建てよう―「断熱」「防音」「結露」、現場からの真実


    セルローズファイバーを勉強するには数少ない著書の1つでかなり勉強になった。

    断熱、防音を専門で22年やっている著者の解説には説得力があり、ハウスメーカー

    や工務店の認識の甘さがいやというほど露呈されている。日本の断熱事情が明らかに

    遅れていることも理解できた。当社が推進しているダブル断熱が間違っていないこと

    もあらためて実感できた。これから住まいを建てようとされている方に是非読んで

    いただきたい本です。

    今日は仕事もお休み

    2006.03.08

    さあ、帰って爆睡だ~!!

    明日(もう今日か)はお休みだ!!いつも帰りが夜中。

    なんで、しばらく子供の顔も見ていない。(相変わらず駄目な親父・・・)

    今日は子供と思いっきり遊んでやろう!!

    天気がいいといいなぁ~。家族サービスの前に爆睡だぁ!!

    シンプル

    2006.03.07

    あの方に、あの方の会社の幹部会議でも!

    再三教えて、いただいてきた事。

    それがシンプルであるということ。

    なんでもシンプルにするということ。

    最初は何を言っているのか良くわかりませんでした。(最近まで・・)

    今になってようやくわかってきた気がします。

    お客さんの為になることを、いかにシンプルに、そして端的に訴求

    するかということです。これが簡単なようで難しい。

    シンプル→本質ということである。

    本質をデコレートせずに明確に伝える。

    独りよがりの脚色を加えてしまうので、伝いたいことが歪曲してしまう。

    そんなことは誰も望んでいないということです。

    自分に自信がなかったからかもしれません。

    これを考えていくと、すべての場面でシンプルの概念が必要になります。

    今、考えると当たり前なのかもしれません。

    しかし、その当たり前なことすら私にはわかりませんでした。

    自分の狭い視点から物事を考えていては、何も成果は生まれない。

    常に自分の伝えたい相手の視点から物事を考える習慣を身に付けたい。

    そう思います。

    増築&全面改修

    2006.03.05

    本日は木造平屋の全面改修工事を受注!

    間口に対して4尺5寸を前に出すかたちで増築をしつつ、既存の間取り

    変更を含む全面改修です。

    築40年を超える建物で土台もかなり痛んでいる為、外周部の土台すべて

    を差し替えるプランを提出既存の土壁も当然解体することに!

    (すごい量の廃棄物になりそう!!防塵マスク必携ですね。。)

    解体後の状態によってはジャッキアップして土台を差し替える施工も

    検討しなければならない。予算が当然ありますので、当社のダブル断熱

    は採用しなかったのですが、基礎と柱を残しほぼ新築状態の現場です。

    工期がかなり短いので、工程をしっかり管理しなくては・・・・

    少しは痩せるかも・・・

    結露対策万全

    2006.03.01

    本日、グループ会社の営業で、2件の木造フルリフォームを受注。

    2件共に1000万を超える大型増改築です。柱を残して耐震補強を

    施しつつ、結露対策として当社のダブル断熱工法を実験器具を使いご説明

    致しました。(少しずつこの素材の素晴らしさが伝えられるようになって

    きた。)2件のお客様共に感動され、1件のお客様に関しましてはダブル断熱
    もう一件のお客様は建物の境界があまりに狭く外からの外断熱フレックスパネル

    が施工出来ない為、内断熱(セルロースファイバー)のみの採用を決定。

    工事が楽しみです。ダブル断熱工法は新築のみならずリフォームにも使える

    商材です。是非結露にお悩みのお客様は、ご検討をお勧めいたします。

    リフォームご相談 満員御礼

    2006.02.28

    2月も今日で最終日。当社では例年通りの案件ラッシュ!!

    例年よりも少し早めかな。こんなにご相談の数が来るのは。

    非常にありがたいことです。より多くの多くのお客様に快適な暮らしを

    お届けしたい。一昨日もマンションのフルリフォームのお引渡しがあり

    施工管理の八田、アドバイザーの北畠佐藤が駆けつけ非常に喜んで

    いただけたとの報告を受けました。(ブログにまでコメントいただき有難う

    ございました。)リフォームは大変でハードな仕事だと思いますが、

    お客様に喜んでいただけた時の感動は何物にも変えがたいものが

    あります。私はこれからもこの仕事に誇りをもって望んでいきたいと思います。

    セルロースファイバーの威力!

    2006.02.27

    先週に見積もり中のお客様がスタジオに来館された。

    当初、外断熱でご提案させていただいておりましたが、当社が扱う

    セルロースファイバーの説明と実験をさせていただいたところ、目の色を変えて

    感動していただきました。採用決定です!

    我ながら素晴らしい商材であるなぁ~と感動してしまう。

    これらの商材を当社に全面的にご提供していただいているオーパス澤田オーナー

    には大変感謝いたしております。

    4月にはオーパス練馬店として、正式にオーパス店の東京第一号店として誇りを

    もってお客様に感動と快適な住まいを提供していくつもりでございます。

    どうぞ、本物の工法、建材を確かめに当社スタジオにお越しいただければと思いま

    す。

    テラコッタタイル

    2006.02.26

    テラコッタタイル
    テラコッタタイル










    テラコッタとは、のことです。

    テラコッタはイタリア語で「焼いた土」(装飾に用いる素焼きの陶器)という意味。
    粘土の素焼きにした赤褐色の内外装用のタイルや、屋根瓦として古くから広く使われてきました。古代ギリシャのタナグラ人形、ルネサンス期にドイツ・イタリアでつくられた胸像などにも使われているのが有名です。
    日本の埴輪などもこの一種。日本では明治より本格的に使用されるようになり、最近では、南欧風の住宅が広まるにつれ、テラコッタタイルが一般的になってきた。
    テラコッタタイルは、比較的大判で、半光沢の釉薬を施した自然の風合いのものが多い。玄関や水廻りの床に使用します。
    オーパス練馬店ではスペイン製を使用しワックス有りタイプと、ワックス無しタイプがあります。
    機械生産ではなく、職人が丹精込めて焼いたハンドメイドタイルで一枚一枚表情の違う自然の焼きむらで、独特な優しくやわらかい質感があり、暖かみのある空間を作ります。カラーも豊富に取り揃えておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

    オールドテラコッタ瓦

    2006.02.26

    オールドテラコッタ瓦

    オールドテラコッタ瓦





    オールドテラコッタ瓦

    オールドテラコッタ瓦とは・・・南フランス、イタリア、スペインでは、粘土中の成分が瓦表面に現れてくる白化現象や、瓦表面に発生したカビ・コケなどの有機物やホコリ、雨水の汚れなどによって屋根に表情が与えられ“色ムラ”となったテラコッタ(素焼き)瓦の屋根が美しい町並みを演出しています。こうした歳月を重ねた経年の美しさがオールドテラコッタ瓦の魅力です。

    南欧風諸国では、経年による変化を瓦に再現した「オールドテラコッタ瓦」が葺かれ、今でも街並み景観が維持されています。

    [パステルクレイ]は自然素材の粘土(=クレイ)を焼いた瓦が持つ温もりのある質感、瓦一枚一枚にパステル調の独特な“色ムラ”が特色。本格的な南欧風の色調と住宅設計を考慮したゆるやかなS型フォルムは、建物を温かみある南欧風、輸入住宅風外観にデザインします。
    「パステルクレイ」は輸入瓦に比べ、日本の気候条件に適した耐久性(風雨に強い)を持ち、南欧のバレル瓦を簡略化した形状は、機能の向上(重なりを深くした雨対策や浮き上がり防止設計)と費用を抑えることを両立しています。

    南ヨーロッパの明るい光にあふれた住まいをイメージされるなら、趣味のガーデニング楽しむ住まいをイメージされるなら、壁でなく屋根もで、南欧風にコーディネイトしてみてはいかがでしょうか。

    オーパス練馬店では、全国のオーパス会員との共同購入により、メーカー直接購入
    に成功!いいものをお安くご提供が可能です。

    レッドシダー材ウッドデッキ

    2006.02.26

    ウッドデッキ







    簡単施工!!
    1坪タイプ レッドシダー材ガーデンシステム
    上記写真価格¥74,700(税抜)

    【レッドシダー(米松)の特徴】
    レッドシダーはヒノキ科の針葉樹で美しい木肌が特徴です。
    独特の芳香があり害虫にも強く、衣類の虫除けにも利用されるほどです。
    天然の防腐性の油が機の奥まで浸透しているので腐りにくく、優れた耐久性を
    持っています。
    収縮率が低いので「反り」「曲がり」「割れ」などが生じにくく、表面に出る
    ヤニなどの樹脂が少ないことも特徴の1つです。

    【フリー設計】
    フリー設計ですので組み合わせが自由自在
    設置スペースとお客様のご予算に応じてお住まいに合わせた自由な空間が作れます。

    【抜群の耐久性!】
    天然の防虫・防腐効果の高いカナダ産レッドシダーを使用しておりますので
    雨や水による腐りやシロアリに対し強さを発揮できます。

    【移設・システム変更が自由自在】
    ボルト連結なので設置が簡単です。
    新たにデッキやラティスフェンスの追加をしたり、増改築による設置場所の変更や
    引越しなどにも気軽に対応できます。

    原状回復問題の強い切り札 「洗えるクロス」

    2006.02.25

    【原状回復トラブル根絶】
    洗えるクロスで原状回復トラブルとは無縁の賃貸物件に!

    今までは退去時にはクロスが汚れ「クロス貼替代」として敷金から支払われトラブルとなっておりました。最近では国土交通省「現状回復におけるトラブルとガイドライン」によりクロスの通常の汚れは自然損耗と位置付けられる事が多いです。
    「洗えるクロス」を使用致しますとクリーニングのみでタバコのヤニ、冷蔵庫裏の静電気焼け、油汚れなどが新品同様に戻り、退去時の負担が大幅に軽減!入居者、大家様皆様に大変喜ばれるクロスです。
    またシックハウスの原因といわれるホルムアルデヒド(VOC)を吸着し分解(=無害化) しますのでタバコやペットの臭いなども分解し良い室内環境をつくります。

    洗えるクロス








    【世界初!10年保証】
    12年以上の実績を誇る、自信ある10年保証です

    「洗えるクロス」は汚れ10年保証をしております。
    (キズ、やぶれ、穴、下地からのカビは保証対象外です)
    万が一汚れが落ちない場合は無料にてメーカーが貼替致します。
    1991年開発から今まで12年以上の実績を誇る「洗えるクロス」だからこそできる10年保証なのです。

    保証書









    【地球環境を考えて】
    貼替不要なのでゴミを減らし、限りある資源の有効活用を

    通常クロスの寿命は2・3年と言われております。
    一度退去されるとよほどきれいでない限り貼替え、貼替時に発生するゴミは
    産業廃棄物として捨てられてしまいます。
    「洗えるクロス」の寿命は10年以上(実際に12年以上貼替なしの物件も
    ございます)あり、その間貼替不要なのでゴミの排出を大幅に減少します。

    10年後、20年後の未来を考えた唯一のクロスが「洗えるクロス」なのです。

    地球環境

    オリジナルステンドグラス

    2006.02.25

    強化ガラスの三層構造のオリジナルステンドグラスです。
    外壁にも内壁にも使用可能です。
    真鍮の枠にカットガラスを丁寧にはめ込みました。
    デザインバリエーションも豊富で全16種類。
    1箇所入れるだけでアクセントが付き住まいの顔を変えます。

    ステンドグラス

    ステンドグラス







    ステンドグラス3

    ステンドグラス4

    *オリジナル商品のため、在庫切れの場合
    入荷に3ヶ月ほどかかることがございます。

    ロートアイアンフラワーボックス

    2006.02.25

    アイアンフラワーボックス








    南フランスの住まいを連想させる、アイアンフラワーボックス。
    窓の外に取り付けるのでお花や植物をあしらえば、
    建物がより一層引き立ち質感を増します。

    二色の焼き付け塗装があります。
    ロートアイアン(鍛鉄)は字のごとく叩いて模様をつけています。
    その為、質感が高く、錆に強く丈夫です。

    同様にロートアイアン製のバルコニースリットもお勧めです。

    アイアンバルコニースリット

    個性的且つ高級感UPの木製トリムボード

    2006.02.25

    木製トリムボード

    南仏プロバンスの家をイメージした、木製トリムボード
    窓廻りをグンと引き締め、強調するので個性的且つ高級感UP
    ワンランク上の装飾をお求めの方におすすめです。
    また、フレックスパネル の収まりも良く なります。
    施工は窓廻りに、窓を囲うように施工します。
    ポプラ材、赤松材に防腐処理加工 がしてあります。
    表面を粗く削って古木風に仕上げ てあります。

    メキシコ産デザインシンク

    2006.02.25

    メキシコ産デザインシンク













    メキシコ産のデザインシンクです。
    日本製にはないデザインで非常にお洒落です。
    柄のバリエーションが豊富で、個性的です。
    60種類以上の中からお選びいただけます。
    国内では2社しか取り扱いがないので(しかも値段は倍以上)
    個性をアピールできます。

    輸入パインドア

    2006.02.25

    パインの木製ドアは天然で健康。
    ログハウスだけじゃない、一般住宅にも使いたい素材です。
    リブウェルの住まいづくりに欠かせない素材の1つです。

    パイン


























    パイン2枚ガラス戸


























    パインLDKガラス戸


























    パイン親子ドア


























    パインクローゼット折れ戸

    木製ペアガラス窓

    2006.02.25

    木製ぺアガラス窓

    木製サッシペアガラス窓






    木製の窓枠は、アルミサッシの約1300倍の断熱効果があります。
    熱交換が激しい大きな掃き出し窓は、トリプルガラスを採用し、
    より断熱効果・防音効果・結露防止効果がアップしました。

    ※掃き出し以外の窓はペアガラスですが、窓枠が木製なので、樹脂製より断熱効果があがりました。

    フィンランド産レッドパイン

    2006.02.25

    リブウェル(オーパス練馬店)がご提案する自然住宅で絶対にかかせないもの
    があります。その1つが無垢材です。

    フィンランド産 レッドパイン

    フィンランド産 レッドパイン





    その無垢材の中でリブウェル(オーパス練馬店)はフィンランド産レッドパインを使用しております。
    カナダパインと比べ節が赤いレッドパインと呼ばれるもので、高級感をより引き立たせています。時が経てば経つほど、使えば使うほど味の出てくる素材といえます。

    床材の厚さは、12mm15mmが一般的ですが、リブウェル(オーパス練馬店)の住宅で標準仕様のフローリングはそれをはるかに上回る28mmを標準で採用しました。無垢材ならではの断熱・防音効果も倍増です。

    そもそも南欧風自然住宅なのに、なぜ北欧のフィンランドなのでしょうか?
    フィンランドは非常に寒い地域ですよね。冬が長く、春~秋が短いフィンランドでは
    木の生長が非常にゆっくりとしています。その為、木目(年輪)が詰まっていて
    美しく質が良いということがあげられます。またそのような木は害虫にも強いといえます。


    【癒し&アロマテラピー】

    無垢材には、たくさんの優しい効果があります。木の香りには「フィトンチッド」という成分が含まれており、抗菌・殺菌・鎮静などの作用がありますので、
    心身へのリラクゼーション効果があります。まさにアロマテラピーそのものですね。


    【優れた断熱効果】

    断熱効果も見逃せない効果の1つに挙げられます。
    無垢材は断熱性に非常に優れています。木は鉄に比べ約265倍(熱伝導率)
    もの断熱効果があります。
    熱を通しにくいので一年中一定の温度を保ちます


    【天然の調湿効果】

    無垢材には天然の調湿効果があります。
    木は呼吸していますので梅雨時は室内の湿気を吸収し、乾燥時には吐き出す
    天然の調湿効果
    あります。
    せっかく無垢材を使っていても無垢材の上から、カラー合板のフローリング
    のような樹脂塗料をしてしまうと、木が呼吸できなくなってしまう為、
    当社では、調湿効果を妨げず、健康にも配慮した天然の塗料を使っております。
    天然の調湿効果が望める一方で、無垢材の特有の収縮による反りや隙間が
    できやすくなるという性質も持っておりますのであまりに気になさる方には、
    無垢材のおすすめできません。


    【目に優しい素材】

    カラー合板と違い反射をしないので目にも優しいことがいえます。


    リブウェルではその効果を活かした住まいづくりをご提案しています。

    また自然素材は日ごろのお手入れが大変なのでは?という声も聞きますが、
    工事をされた方にお話を伺いますと、いつものお手入れは今までと一緒で
    あまり問題なく、柔らかい性質上傷がついてしまった場合、サンドペーパー
    などで研磨してお使いいただいているとの事です。
    (無垢は削っていっても芯まで本物の木ですから表面を薄く削ってれば、新品同様
    に生まれ変わります。)
    むしろ、そういうことよりも素材の持つ優しさや柔らかさを毎日実感し癒されている
    というご意見をたくさんいただいています。

    魔法の塗り壁「フレックスコート」

    2006.02.24

    フレックスコートにはベースコートフィニッシュコートの2種類があります。

    ●フレックスコート(ベースコート)

    水・砂・セメント・液体アクリルの合成樹脂でセメントと1:1で混ぜてフレックスパネル の下地に使います。

    粒子が細かい為、接着性が強く、耐衝撃性・弾性が高いので劣化しにくく耐久性が高い。
    雨水は通さず、水蒸気は通す(フレックスパネル の良い性能を妨げない)ので壁内の結露を防止する為、構造体の腐食等を守り、家の寿命がのびる
    ホルムアルデヒド1/es0.02ppm以下=基準値以下の為、安心です。
    クラック目地切れが起こりにくいので施工性の効率アップでコストダウンにつながります。

    アクリル系塗料と混ぜて使うのでクラックが入りにくい。
    また塗りがのびるので施工性の効率アップしコストダウンにつながります。

    アクリル塗料と混ぜて室内にも使用可能。基礎の刷毛引きを使用するとヘアラックの防止になります。透湿性がある(日本のメーカーのものは透湿性がありません)

    ●フレックスコート(フィニッシュコート)

    主に外壁の仕上げとして使用する「フィニッシュコート」

    フィニッシュコート分子イメージ







    二酸化チタンが配合されている為、光触媒の働きを持ち、塗り壁にありがち
    な雨だれ等の汚れが雨で洗い流され、汚れが付きにくくなっているのが特徴
    です。
    その上、雨水は通さず、水蒸気を通すので、壁内の結露を防止
    構造体を守ります。
    更に、伸縮性にも優れているのでひび割れもしにくいメンテナンスレスの壁になります。

    *日本のほとんどの塗料は、水蒸気を通さないので壁内結露を誘発する原因となり、躯体を腐らせることにもなりかねませんし、構造体が腐れば当然、家の寿命が
    格段と短くなるので地震にも弱くなります。

    フィニッシュコートをまぜた外壁材「塗り壁」は、けいそう土のような品のある
    質感の仕上がりです。この壁の基本的なメンテナンスは、ご自身で可能な水洗い
    のみ
    で塗り替えの必要はほとんどありません。

    フィニッシュコートの特徴。

    ★空気は通うのに水は通しません
    ★伸縮性があるのに粘着力も抜群
    ★ひび割れしにくくはがれにくい

    フレックスパネル などの仕上げの塗り材。
    お好みの色10色に配合可能

    *凍結して性能を害する可能性があるので、気温4℃以下では施工しないでください。
    *フレックスパネル にフィニッシュコートを使用しない場合、フレックスパネル の空気は通すのに水は通さない性質の良さが消えてしまうのでお勧めできません。


    フレックスコート施工例

    外気温をシャットアウトする「フレックスパネル」

    2006.02.24

    内断熱

    外断熱







    外壁塗り下地と断熱材を一体化したパネルです。
    雨水は通さず、水蒸気は通す特殊な素材
    「特殊ビース法発泡ポリスチレンフォーム保湿板4号」を使用。
    45分準耐火認定を取得しています。
    製造時にフロンが発生しないノンフロン発砲断熱材の為、エコ商品です
    工場生産の為、品質が一定していますので安心 。
    パネル自体に伸縮性があるので、ジョイントコーキングを使用しない為、
    従来の外断熱工法の欠点であった『目地コーキングの劣化』を解消!
    この特殊ポリスチレンフォームを製造しているのは日本で2社しかございません。他社では手に入りません。


    [結露防止効果]

    外断熱工法に使用する「フレックスパネル」は、雨水を通さず水蒸気は通す
    ので、内部結露を防ぎ、カビ・ダニの発生する要因を減少させます。
    カビ・ダニの発生を抑えることでお住まいを健康な環境にします。
    また、グラスウールなどのように吸水・垂下しないので、断熱性能の経年劣化は少なくてすみます。


    [優れた耐久性]

    特殊ビーズ法ポリスチレンフォームという断熱材を使用しております。
    外断熱にすることにより、構造体が外気温の影響を受けにくく、また壁内の結露を防ぐので構造体の劣化を大幅に防止します。
    壁内で結露すると健康を害するほか、構造体を腐らせ家の寿命が格段に短くなり
    ます。当然、地震などにも弱くなります。


    [省エネ効果]

    高い断熱性能で、建物が真夏や真冬の外気温に影響されにくく、室内温度がほぼ一定に保たれるので、冷暖房を省エネルギー化し、ランニングコストを抑え、快適な住空間を創ります。


    [安全性に優れている]

    難燃剤が添加されているので、パネル自体で燃焼を継続しない性質(自己消火性)を持ちます。


    [ひび割れしにくい=高いメンテナンス性]

    フレックスパネルは弾性に優れ、塗り壁のクラック(ひび割れ)や剥離を防ぎます。また、サイディングの場合は、サイディング、胴縁、断熱材を構造体まで貫通する長いビスが施工上必要になりますが、フレックスパネルの場合、サイディングと違い軽いので自重で垂れないことから必要ありません。
    その為、長期間良い状態を保ち、メンテナンスが楽です。
    また素材が曲がることでRのデザイン等が容易になりますのでデザインの幅が
    広がります。

    [45分準耐火認定取得]

    国土交通省の45分準耐火認定を取得していますので、市街等の準防火地域でも施工ができます。着火しても3秒以内に鎮火する自己消火性を持つ為火災が起きても延焼しにくい性質をもっています。


    [コストダウン]

    すでに下地処理がされているため、天候に左右されること無く施工できる。
    工期を大幅に短縮できる。
    フレックスパネル自体に通気性があるので、通気層を必要とせず、胴縁が要らない。

    フレックスパネル

    格安リフォーム?!

    2006.02.21

    弊社のブランドの1つであるローコストリフォームが絶好調!!

    明確な理念が伝えられたのだと思います。

    格安・激安リフォームとの違いを明確に説明することができたのだと思います。

    今後はこのローコストリフォームに加え、弊社注文住宅事業の新たな

    ブランドである感動商材(オーパス商材)を使ったリフォームを訴求して

    いきたい。

    結露で悩んでいるお客様、断熱でお悩みのお客様、外壁のメンテナンスで

    困っているお客様へW断熱を利用した工法をご提供していきたい!

    これこそ本質をついた本物の商材と考えています。

    オーパス練馬店

    2006.02.20

    ついに当社の最強新築事業部オーパス練馬店のOPENが決定しました!

    これもすべて岐阜の大王さまのおかげさまですね。

    本物の素材、最強の断熱、最強の工法、そして驚愕の価格設定!!

    当社ではこの最強のシステムのみを注文住宅にて承る方針です。

    より多くの方の役に立ちたい!悩みを解消したい!

    この住宅にはその答えがあります。

    より多くのお客様にこの住宅を体感していただきたい。今はそれだけです。

    当社施工エリアの中心である東京北部及び埼玉南部のお客様により訴求

    していきたい。オープンは4月29日を予定しております。

    現状のスタジオにも新たなブランドが入ることで、シナジー効果が期待

    できそうです。さっそくプロデューサーの八田とスタジオのラフプランを

    検討しよう!!テーマは「体感」

    私の思いをいつも理解してくれる師、オーパス澤田オーナーには感謝の

    言葉もございません。いつも有難うございます。

    3月にまた岐阜行きますんでよろしくお願いします!!

    澤田塾は一期生として入学させていただきます!!

    一戸建て リフォーム

    2006.02.19

    今日は朝から現場調査。私の大好きな木造一戸建て、しかも平屋。

    私の夢は広い土地に広い平屋の家を建てて生活することです。
    (無理か・・・東京では・・・)

    今日のお住まいも恐らくは築30年以上経っているでしょう。

    予算もはっきりとおっしゃっていただけたので、予算内での

    アグレッシブなご提案ができると思います。

    フルリフォーム+増築なので、工期がお客様のご指定の入居時期

    から逆算しても3月初旬には入っていないと間に合いそうに無いので

    今日中に見積もりをあげなくては・・・

    ミキちゃ~ん!パース頼むぞ!!相見積もりの相手が○っくりさんだから

    勝てるぞ!!(今だかつて、負けなし!)

    きちゃった・・

    2006.02.18

    いや~
    オーパス沖永君からバトンが回ってきてしまいました・・・
    このまま、回ってこないだろうと思っていましたが、沖永君に狙われましたね・・
    でもちょっとうれしいww。。

    完全に乗り遅れです!!もはや回す人がいない・・・

    ま、いっか・・とりあえずいってみよっ!!

    Q1. あなたは何フェチ?  
                    
       アゴ。

    Q2. 好きな人を見てまずどこを見る?

       アゴのライン(ビビッと反応します!!)

    Q3. 最近プッシュできる部位?
     
       PUSH・・・それは・・・・
       ストイックさをまったく感じさせない
       たるみきったBODY全体でしょう!

    Q4. 異性の好きな部位?

       シャープなアゴのライン!これだけで私は落ちます!!

    Q5. フェチを感じる衣装?

       アゴが引き立つ衣装ならなんでもOKなのであります・・
       アゴがすべてを語ってくれるのです・・

    Q6. バトンを回す人?
       
       いや~参ったな・・・。すでにみんなに回っちゃってるし・・・
       知らない人にも回せないし・・・
       取り合えず・・・
       専務部長北さん奈津子小野ダイエットトレーナー
          
      頼むわ・・

    格安リフォームとローコストリフォームの違い

    2006.02.17

    一昔前までは、格安リフォーム、格安リフォームといわれてましたが

    さまざまな欠陥工事が検挙され、安かろ悪かろではなく、適正な工事価格で

    工事をされておられる会社が増えてはきました。

    当社で推奨している東京のローコストリフォームを良く格安リフォームと

    勘違いされてこられる方が、たくさんおられます。

    当社が推奨しているローコストリフォームはいかにコストダウンするかを

    念頭に置いております。ただの値引き工事的な格安リフォーム激安リフォームでは

    ありません。明確な根拠をもったローコストリフォームをご提供いたしております。

    稲葉高志プロフィール

    2006.02.16

    稲葉高志プロフィール


    稲葉高志ガッツポーズ_R.JPG
    稲葉 高志(いなば たかし)

    私は職人に囲まれて育ちましたが、


    子供の頃はよく、下小屋で遊んだものです。


    経営者タイプであった私の父親よりはむしろ、

    職人の祖父の背中を見て育ったため、

    将来は職人になるものだと勝手に思い込んでおりました。

    建築業界に入ったのは、

    大手不動産ディベロッパーより弊社ハイウィルへ入社して、

    主にリフォーム担当として、現場管理を中心に業務を行ったのが始まりですが

    実際に業界に中に身を置いてみると、

    ものすごくいい加減な業界であることを思い知らされたのです。

    技術優位の大工(棟梁)が多かったこともあり、

    私が担当するお客様も、

    増築や改築などリフォームといっても規模の大きい工事の

    管理をすることが多かったこともあって、

    必然的にお風呂浴室 など水まわり機器は,

    すべて入れ替えるお客様が多く、

    リフォーム総工費を見た時に、

    いかに住宅設備機器といわれるものの

    費用ウェイトが多くを占めているかをいつも痛感していました。


    現在は商品代が工事費の倍以上のケースがほとんどでした。

    職人集団の専門業者として創業している会社であったため、

    元請け会社の下請けとして使われる立場の経験もたくさんしてきました。


    その為、職人の手間の下請け・孫請け価格というものはよくわかっておりまので、

    工事での品質を保つ以上、手間の費用は下げるにも限界がある

    ことも同時にわかっています。

    大手元請会社の見積もりなどのリフォーム見積もりを

    当時見ていて思っていたのが、

    たいていの会社は、住宅設備機器や建材などにかなりの利益を載せている

    ということでした。

    大手はかなり仕入力がありますので、

    実際の商品の仕入れは、

    一般の工務店やリフォーム会社よりもかなり安いのが普通です。


    しかし、かなりの人件費、広告費、場合によっては大きなショールームなど

    相当な経費をかけているのも事実ですので、

    ここにたくさんの利益を載せているのです。

    当時は、元請けではなかったことと大手のような仕入れ力がなかったので、

    歯がゆい思いをしながら「もっと自社に仕入力があればなあ・・・」

    「お値打ち価格の施工費で真のローコスト住宅が提案できるのに・・・」

    と悔しい思いをしたものです。

    ここをなんとかできれば、施工品質を落とさずに、

    良質で安価なコストダウンができる方法が

    あるのではないかと考えていました。

    そもそも海外ではハウスメーカーというものは存在しないので、

    巨大なホームセンターで建材やお風呂浴室などの設備機器を選んで、

    施工、建築を専門業者に依頼します。

    どうして、日本の住宅業界は不透明でわかりにくい業界なのか!と。

    日本は他の先進国と比較しても流通体系が非常に複雑で、

    製造者から一般の施主へ商品が渡るのに何社もの中間業者が入りマージン

    を取るという体系となっています。


    【製造メーカー(INAXやパナソニックなど)】

    【販売代理店(商社)】

    【地域有力販売店(2次問屋)】

    【地域販売店(3次問屋)】

    【工務店・リフォーム店】

    【お客様施主】

    という流れが一般的です。製造メーカーからお客様へ渡るまでに

    同じ商品に何度もマージンが載せられお客様のところにやってきます。


    不透明でわかりにくい、建築業界の現状がこれです。

    大手ハウスメーカーなどは商社などから直接購入していることが多いので、

    マージンは低くなるため仕入れは安いのですが経費がかさむため、

    結局は、そのかなりの利益を上乗せし、

    かなり高額な状態で施主に販売されるのが普通です。

    ハイウィルではこの流通体系を打破すべく、

    とりわけ住まいを構成する建材の中でも金額的なウェイトの高い、

    住宅設備機器の流通を変えよう!定価のあるものは安いにこしたことはない!

    という目的でグループ会社である株式会社リブウェルにて住設販売部を

    設置したのでした。これが2003年です。

    そして業界でも先がけてこの時に「施主支給」というシステムを作り出しました。

    つまり、「施主」が施工会社に「設備機器や建材」を安く仕入れて、

    「支給」するモデルを全国に広め始めたのでした。

    もともと古い会社であったこともあり、地域レベルで見た時には、

    仕入れは、大手には勝てませんが、安かったため、

    ネットで全国のお客様に販売を開始した際は、

    注文が殺到したのを今でも昨日のように覚えています。

    この「施主支給」により住まいに関わる商材に関して、

    マージンがよりかからない形で、ご提案が可能となったわけです。

    我々もその間に、大手並みの仕入れ力を付けることが可能になり、

    よりお安く提案できる体制がますます構築されていったのです。

    施主支給販売をはじめて1年後には、

    全国の建築業者に『施主支給』で販売している当社の噂が一気に拡大し、

    地方の建築業者様からお風呂浴室やキッチンを卸してほしいという依頼が、

    殺到したこともあって、弊社ハイウィルにて全国の工務店、リフォーム会社へ

    住宅設備機器を卸売販売することになったのです。


    その施主支給販売サイトはこちらです。

    ≫≫ 施主支給専門店施主支給専門店住まい百貨店


    弊社の建築会社向け卸売サイトはこちらです。

    ≫≫ 住建館


    現在ではエンドユーザー様は10万人を超える会員様へ、

    卸売りでは5000社を超える工務店・リフォーム会社への販売体制が

    北は北海道から南は沖縄まで整備されていったのでした。


    つまり、大手ではない中小の弊社が、

    大手並みの仕入力をつけることが可能になったのです。


    現在株式会社リブウェルでは更なる施主支給の浸透を促進する活動と

    全国のwebマーケティング支援事業を本格化。会社の経営権を部下に委譲。

    現在は株式会社ハイウィルで、増改築の担当者として現場で汗を流しつつ、

    全国の技術優位の中小工務店との共生ネットワーク構築のため、

    全国をまわり技術優位の企業に対する「マーケティング3.0」への移行支援に

    全力を注いでいます。


    稲葉高志Facebookはコチラ 
    ★友達申請お願いします♪

    社長日記

    2006.02.16

    * * * 準備中 * * *

    企業理念

    2006.02.16

    【心のつながりをベースとした経営とともに全従業員の幸福を追求し透明かつオープンな企業を目指し弛まぬ努力する】

    当社の最終目標は、住宅業界の不透明だらけの古い慣習を打破し、透明でお客様へわかりやすい業界にすることです。

    当社はズバリ、オープンであること。それを一番に考えております。

    当然1社だけの力で業界と戦うことはできません。注文住宅(新築)についてはNPO法人日本マニフェスト住宅協会の理念に共鳴し会員として建築家と共に原価・利益公開住宅を推進いたしております。

    リフォームについては、いち早く材工分離を図り施主支給制度を導入することで
    当社で住宅設備機器が高ければ、他社から持ち込みであっても施工を受け入れる体制
    を取っております。最終的にこちらも原価・利益公開していければと考えております。

    自社施工エリア外のお施主様につきましても全国へ向けて住宅設備機器を中間マージン
    を大幅にカット(流通改革)する形で販売致しております。

    真の住宅のあり方を追求し透明性の高い企業を目指しております。
    どうぞお気軽にご相談下さい。

                                株式会社リブウェル
                                代表取締役 稲葉高志

    株式会社リブウェル会社概要

    2006.02.16

    【商号】 株式会社リブウェル


    【所在地】
         東京都練馬区大泉学園町6-12-44
         TEL:03-5933-2775 FAX:03-5933-2785

     
    【代表者】 代表取締役 稲葉高志


    【設立】 2003年5月29日


    【資本金】  10,000,000円


    【建設業許可】 都知事 許可(般-16)第122919号


    【営業内容】

    〇施主支給【材工分離】を利用者への住宅設備機器全国通信販売
    〇外構エクステリア商品の全国通信販売


    【取引先】株式会社ハイウィル


    【提供ブランド】          
                
    ・住まいのあらゆる商品を取り揃えた住宅専門モール【住設・建材百貨店
    ・施主支給の利用を希望するお施主様に施主支給受け入れ会社を紹介【施主支給deリフォーム
    ・リフォーム情報満載【リフォームjp】

    これから引越

    2006.02.15

    今日は会社にお休みをいただき自宅の引越しDAYです。

    それにしても我が家は引越しが多い、私は生まれてから今回でなんと

    10回目結婚してから数えても4回目!結婚後は賃貸生活をしていますが

    賃貸契約の更新をしたことがないです。更新料を払うなら、違う町に住みたい

    みたいなところがあったのでしょうか。子供が赤ん坊であったのも自由に動けた

    理由のひとつでしょう。今年は今回の土地で子供も幼稚園に行くので、そうは

    もう動けなくなることを予想し、女房の実家の近くへ引っ越します。

    普段、私が休みも不定休、帰りもかなり遅いので、これが一番ベストであろうと

    考えての引越しです。普段引越し会社を使ったことが無かったのですが、流石に

    今回は忙しく業者に依頼することにしました。家族4人分の荷物で10万円

    でした。(もちろん値切りましたが・・・)アリさんマークの引越社さんに決定

    かなり、対応もよくもし次もお願いするのならここにしようと思いました。

    最近の引越業者も大変なのですね。ライバルが多いですし、さまざまなサービス

    が用意されてます。至れり尽くせりでこんな楽な引越しははじめてでした。

    まだ、荷解きが残っているので今日中にあらかた片付けてしまおう!!

    引越しはアリさんマークの引越社へ

    東京のリフォームはリフォームドゥスタジオ

    自然素材を利用した理想の断熱材「セルロースファイバー」

    2006.02.10

    地球環境を考えた断熱材「セルローズファイバー」

    セルローズファイバー







    最近よく目にする断熱材“セルローズファイバー”。
    60年前にアメリカで開発された新聞紙を原料にしたリサイクル製品です。
    セルローズファイバーは欧米諸国が発祥の地で、米国の断熱材種別シェア
    を調べてみると最も多く使用されています。
    リブウェルでも以前から注目していましたが、コストや材質の面から
    足踏みしていました。
    そして独自に輸入し、コストダウンに成功し、採用することができました。


    セルローズファイバー(シェア)









    [アメリカ製新聞のみ使用(インクによって安全性が変わります)]

    当社のセルローズファイバーの原材料は安全基準に厳しいアメリカ製の古新聞
    のリサイクルです。
    えっ、なぜ日本の新聞はダメなの?
    日本の新聞はほとんどのインクを化学物質で使用しております。
    アメリカの新聞は大豆(ソイインク)またはトウモロコシの植物油をインクに使用しているので安心です。
    多くの“セルローズファイバー”はアンモニアを含んでいますが、これは壁内の劣化や漏電の原因になるのです。アンモニアではなく、ホウ酸(ごきぶりだんごなどに使うでんぷん質のもの)をリブウェルでは使用しています。
    アメリカにある80社近いセルローズファイバーの会社の中で安全性を国に認定
    されているのはわずか3社。
    そのうちの1社のものを使用。

    お客様にこれだけ優れた性能を持っているのに、「なぜ日本で普及しなかったのですか? 」とよく質問を受けます。
    まず他の断熱材は安価である事と施工が簡単な事など、断熱性能とは別の視点で普及していった事が挙げられます。セルローズファイバーは専用の機械と専門の技術者によって施工が必要な為、また価格が高くなる事を理由に採用されなかったのではないでしょうか。何より住宅建築業に携わるハウスメーカーや工務店の勉強不足、固定観念があげられます。


    断熱材の製造エネルギー


    [断熱と気密を高めます]

    セルローズファイバーの原料は100%が古紙のリサイクルで、アース・フレンドリーな断熱材です。さらに、製造過程でも、多量の燃料で鉱物を溶かしてつくられるグラスファイバーなどと比べ、はるかに少ない製造エネルギーしか使いません。また、セルロース断熱材には、繊維同志のからまり合いで生じる気胞に加え、木繊維特有の無数の微細な空気胞があり、この二重の断熱効果で優れた性能を発揮します。さらに、壁の間に吹き込む充てん工法で、柱間に完全に隙間なく、高い充填密度で吹き付けるため、空気の流通が止められ、断熱性のみならず気密性も高まります。
    お客様よりセルローズファイバーが沈下する事はないのですか?
    とご質問を受けます。55kg/㎥の高圧で充填していますので、沈下の心配はございません。壁内のセルローズファイバーは、過酷な加振動試験において沈降は認められませんでした。

    セルローズファイバー、断熱効果の他に以下のような特徴を持っています。
    1)防燃効果
    2)防虫効果
    3)調湿効果
    4)吸音効果
    つまり、セルローズファイバーは単なる熱を遮断するだけにとどまらないわけです。

    [米国政府機関の基準クラス1認証の優れた火災安全性]

    万一の火災には延焼を抑えるたくましい防壁です。一般的なグラスウールは火災では熔けて、炎や煙の通路を作ってしまいます。セルローズファイバーにはホウ酸ホウシャが混ざっています。そのため火を近づけてみても外側は黒炭化しますが、中側は全く燃えません。セルローズファイバーは柱間に注入するので、ある程度の厚みを持ちます。つまりセルローズファイバーが注入された壁は全く火を通さないということです。セルローズはアメリカのCPSC※、ASTM※などの延焼性試験やくすぶり試験に合格。併せて、その防火性能が長期に維持されることが多くの機関で確認されています。
    ※CPSC:Consumer Product Safety Commission
    ※ASTM:American Society for Testing and Materials


    セルローズファイバー難燃試験


    写真右は撥水試験。セルローズファイバーを水槽に水平に浮かし、
    一定時間放置した後に観察する。
    撥水剤を添加したセルローズファイバーは一時間後も何の変化もみられず
    水槽に浮いています。撥水処理がなされている為、雨もれがあっても、
    水がセルローズファイバーを通り抜け天井板に達するため、
    無機質繊維のように水を吸って天井が落ちるようなことはありません。

    [防虫・防カビにも万全。健康的な住まい環境を作ります]

    防火用に添加されるホウ酸系の薬品の持つ殺菌力は、眼科の洗顔に使われるほど安全ですが、(「タンスにゴ○」「ムシ○ーダ」のような化学剤で害虫を寄せつけない訳ではありません。)ゴキブリ用のホウ酸団子のように、カビや腐朽菌、ダニ、虫類やねずみを防ぎ、建物と健康を守ります。

    お客様より「ホウ酸、安全ですか?」とご質問を受けます。
    ホウ酸は海水や土壌など自然界に広く分布し、環境にもやさしい為、目薬、うがい薬・化粧水・消毒などにも用いられ、家具の防虫にも広く使用されています(安全性に厳しいドイツやアメリカの安全基準をクリアしています)。難燃性を持たせる為のホウ酸ですが、ゴキブリやシロアリなどに食害されない効果もあるとご説明しております。


    [過剰な湿気を吸い取り、居心地の良い環境を実現。建物の湿気や腐りを防ぎます]

    気泡は住宅内の過剰な湿気や臭気を吸着します。
    同じ柱間充填断熱材でも、グラスウールやロックウールはその調湿効果がありません。「乾かない素材だから」だからです。グラスウールなどは、暖房室内の水分が壁に侵入し外壁で冷やされて水滴になり、住宅の腐りの原因になるため、防湿シートの施工が欠かせません。しかし、セルロース断熱の家ではセルローズが空気が乾燥するとその水分を放出しますのでその必要がありません。
    例えば、秋田で冬、湿度80%に加湿しても、壁に結露は生じなかったという実験もあります。


    [木質系の優れた吸音性が住宅にあきらかな静寂をもたらします]

    セルロース繊維自身の多孔性とグラスウールの3~4倍の高密度充填のおかげで、交通騒音から話し声まで幅広い騒音を吸収し、はっきり差が分かるほどの静かな家を作ります。低周波の域や固体伝播音を小さくすることは困難ですが、高周波の域や空気伝播音においては、優れた吸音性によって音を和らげることができます。ピアノやカラオケの音などは十分吸音してくれます。現にアメリカでは空港周辺の住宅の防音材としても認可されています。


    つまりセルローズファイバーは
    「断熱性」「調湿性」「防燃性」「吸音性」「防虫性」を兼ね備え、
    建物全体を補完し、長持ちさせる役目を持つ地球の環境にも優しい最高の断熱材となります。

    リブウェル(オーパス練馬店)では新築では標準仕様、リフォームでも内断熱工事
    としてご好評いただいております。

    セルロースファイバー施工

    セルロースファイバー施工

    セルロースファイバー施工

    BIG3男祭り

    2006.02.10

    殿51稲葉

    昨日はBIG3と男祭り!殿から「EM−X持ってきて!」との連絡があり、

    あとわずかしかなかったEM−Xを持って神楽坂へ!!

    アイジーコンサルティングの井上社長(51さん)美和君と初対面!!

    井上社長はブログを拝見する限りかなり複雑な思考の方と思っておりましたが

    話は本質ズバリ!!系でした。。殿と似てますね。正真正銘の男です!

    いろいろ厳しい指導をいただき、自分を見つめなおすことができました。

    素晴らしい出会いに感謝です。美和君今度また飲もう!!

    その後、ワイキューブ代表のベストセラー作家、安田大先生の待つワインバーへ

    乱入!!あとはハチャメチャ!殿も宇宙語連呼で井上社長もほぼ宇宙語!!

    私も飲んだことも無い高いワインをいただき、半分記憶喪失・・・・・

    あまりにうるさかったので、まわりのお客様に迷惑がなかったのか心配です。

    息子の誕生日

    2006.02.08


    今日は体調も芳しくなく(EX-Xが切れたからからだろうか・・・)

    休みだったこともあり、家でゴロゴロと行きたいところですが、朝からTELが

    20件くらい続き、段取り、手配でいきなりグロッキー状態・・・・

    しかし今日は長男(陸斗)の3歳の誕生日。

    普段、ロクに遊んでやることも出来ずかわいそうな思いばかりさせている息子に

    ケーキでお祝いをしてあげることができた。

    誕生日にはじめて会社が休みだった事もあり、1日遊んでやることができた。

    年子で娘(天乃)がいるため、自然と娘に手がかかり息子にはかなり寂しい思い

    をさせていることが多いので、今日は思いっきり甘えさせようと思っていた。

    それにしても子供の発達の早さには驚かされます。この吸収力が大人の自分にも欲し

    いですね。明日からまた頑張ろう!!

    地域融和

    2006.02.07

    当社はリフォームチラシというものをここ数年まったく巻いていません。

    以前チラシを巻いていたことがありますが、ここ最近、反響が落ちた

    ということもありますが・・・

    おかげさまで仕事は、紹介やホームページを拝見されたお客様などで

    途切れず営業活動いたしております。

    当社ドゥスタジオについてはどうしようか、迷っています。

    昨年11月末にオープンして2ヶ月半が経とうとしてますが、認知度から

    いくとまだまだという懸念があります。カルチャー教室などを通じて

    地域融和も図っていきたいと思っておりますので、認知を目的とした

    チラシでも巻いてみようか・・・検討中です。。

    スタジオ見学

    2006.02.06

    本日、シップの清水さんが仙台の株式会社ファミリ工房東北の藤木社長と店長の樋口

    さんをお連れして、ドゥ・スタジオへ来場されました。藤木社長の理念をお聞きしていて逆

    に私の方が、教えられた事が多かったです。スタジオ見学というより、清水さんの

    プレゼン研修になってしまいかえって申し訳なかったなぁと思いますが、清水さん

    に来ていただいてよかったです。有難うございました。企画の方もお願いしたいとこ

    ろ。

    インフィルとスケルトン

    2006.02.06

    住まいづくりを提案させていただく中で、重要な事。

    それは建築のもつモチベーションを最大限に生かすということである。

    そこで重要な意義を持つのがインフィルとスケルトンの概念。

    インフィルとは内包を意味し、スケルトンは構造を表す。

    日本の建物はまだまだ、この境界が非常に曖昧であると思う。

    最近では建築家やデザイナーと呼ばれる方達が登場したことで、

    この考えの方の境界がはっきりと意味を持つものとして捉えられる

    建物も多いですね。

    建築家と呼ばれる人たちがとかく、スケルトンからインフィルへの

    ベクトルで思考されるのが多いのに対し、インテリアデザイナーは

    インフィルからスケルトンへ思考される場合が多いと言っていいと思います。
    (若干語弊がありますが・・)

    建築家の定義は別として、この考え方を無視してよい提案はできないと

    思うし、常にそこに立ち戻って思考する必要があると思います。

    また、リフォームの醍醐味はまさにそこにあると思います。

    増築

    2006.02.04

    2軒の住まいを繋げる増築したいという工事案件が入り、

    インテリアコーディネーターの佐藤がかなり遅くまで、

    ゾーニングをしていた。アドバイザーの北畠も持ち帰って

    ゾーニング。ゾーニングやエスキースはプランを作る上で

    一番大切だし、時間を掛ける部分です。以前狭小住宅の

    スケルトンリフォームの際に、お客様の要望を満たす為に

    まる2日間エスキースをしていたことがあります。
    (ホントです・・・)

    もうほとんどパズル状態でした。木造ですと抜ける柱、抜けない

    柱があり、抜いても補強するのにかかる費用も検討した上で

    予算に沿う提案が必要です。でも楽しいです。

    お客様に提案させていただいた時、びっくりされたり、喜んで

    いただく瞬間は我々にとってたまらない瞬間でもあります。

    この為に、やっているようなものです。リフォームを・・・・

    建築家

    2006.02.03

    今日は、殿からご紹介いただいたY様の現場で

    某人気リフォーム番組に出演した有名建築家の先生との打ち合わせです。

    きめ細かい仕様や図面を提案いただけたので積算

    もかなりしやすい。非常に助かります。

    当社もセルロースファイバーを使った内断熱工法を提案させていただきました。

    予算との兼ね合いもございますが、Y様にとってより良いご提案が

    できればと思います。それにしても目白はいい建物ばかり、勉強になります。

    語るスタジオへ

    2006.01.31

    弊社のスタジオはデザインは良い、もちろん自社でデザイン&施工しているので

    工事にも自信を持っています。みんな喜んで帰ってくれる。

    確かにうれしい。でもそれだけです。

    具体的にスタジオがお客様に語りかけるものとは呼べない。

    いろいろ考えてみた。うちのコアコンピタンスがまったく打ち出されていない。

    もっとお客様に気付いてもらえる要素がたくさんある。

    もっと喜んでいただけるスタジオになれると思います。

    そう思うと非常にもったいなくなってしまった。

    木曜の会議で議題にあげよう!!きっと凄くなる!!

    リフォームスタジオとしての役目

    2006.01.29

    本日は一日スタジオにいたので、よ~くスタジオ内をあらためて

    客観的に観察して見た。当初五感に訴えるスタジオをコンセプト

    に創ったスタジオでした。確かにデザインは良い、選曲も良い、

    センスも感じる、そんな空間で飲むコーヒーはおいしい。

    しかしスタジオ内に大切な「序・破・急」がない。

    スタジオ内に訪れるお客様のほとんどは必ず何らかのご要望があって

    スタジオに訪れる。うちのスタジオにはその「序」の部分である

    問題提起がない。さらに「破」にあたる解決策を促すものもない。

    「序」「破」がなければ当然「急」である裏づけもない。

    つまり、お客様が来場されても感動できるスタジオにはなっていない

    ということに、初めて気付きました。これも「感動力」という本の

    おかげです。21世紀は感動を創造し感動を提供する企業が成功する

    時代と著者は言っておりますが、まさにその通りであると共感できます。

    我々もお客様に感動していただき感謝していただける会社でありたい。

    ↓の本お勧めです。


    感動力

    千円札は拾うな。

    2006.01.28

    千円札は拾うな

    この本、昨日スーッと読み終えました。2時間もあれば読めます・・

    安田社長と酒を飲ませていただいた時の記憶が大きいのか、

    ギャップには驚かされます。

    この方の頭の中ってどうなってるんだろうとほんと思います。

    やることすべてダイナミックだし、人生楽しまれているし。

    本のテーマはズバリ「捨てる勇気」ですね。

    私は若いせいか、安田さんの考えには迷う無く賛同できます。

    もう少し会社が大きくなってからもう一度読みたいですね。

    まわし読み禁止だし。。

    デザインリフォーム専門スタジオ

    2006.01.27

    今日はシップのオセロの滝川ちゃんが

    長野県の株式会社大栄産業さんと栃木県の株式会社三成ホームさん

    をお連れして当社ドゥ・スタジオの見学に来られました。

    滝川ちゃんやっと来たね。。

    2社様にうちのスタジオがどう写ったか気になりますが、私からも

    スタジオを開店させた意味とターゲットユーザーなどについて話しました。

    かなりデザインを強調している尖ったスタジオなのでびっくりされてましたね。

    2社様とも素晴らしいスタジオができるといいですね。

    そうそう、やっとアマゾンに発注していたこの本が届きました。

    一気に読もう!!千円札は拾うな。

    ローコストリフォーム

    2006.01.26

    弊社のリフォーム事業の2つの柱のうちの1つ

    ローコストリフォームの方もエンジンがかかりだしてきている。

    こちらの事業部はもう1つの事業部のスタジオと違い、細かい

    工事も非常に多いので案件数も非常に多い。

    ローコストリフォームは当社のご意見番である名物部長が全権を振るい

    アドバイザーとして現場監督として日々奔走している。

    この人の特徴はリピート工事が非常に多いということです。

    (若作りして面倒見がいいからでしょうか・・・)

    今日の案件も以前工事させていただいたお客様の防水工事でしたね。

    スタジオに関しては、オープンしてまだ2ヶ月ですので流石にリピート

    はないか・・・でもお客様の紹介は既に北畠佐藤でいただいています。

    自慢ではないのですが、弊社スタッフは非常に優秀です。

    よくも優秀なスタッフが集まったと驚いていますが・・・社長が社長なだけに・・

    本日、私は自社のオーパス店候補地を地元で一番強い業者さんの社長と一緒に

    見に行きました。かなり良さそうです。。

    体調全快

    2006.01.25

    うちの若作り部長の大谷が勧めてくれた「ガ○ター10」を飲んだら、一気に胃の調子が

    良くなったのです。この薬品は凄い!あんなに痛かった胃が一日にして全快

    するなんて奇跡です。部長様ありがとう!!

    飲んだ翌日から食欲も全回復、食いまくりです。

    今まで食べれなかった分も取り戻さなくては・・・

    とか、今まで食べなかったから今日はカロリー大目でもいいかなぁ~

    とか考えている時点で肥満街道まっしぐらといった感じがしています。

    というわけで、今日から酒も解禁、いきなり飲んでます!!!

    明日、胃が痛くなっていたら?・・・考えるのはやめよう。。

    店舗併用住宅

    2006.01.24

    本日、上野で老舗のてんぷら屋さんをされておられる若夫婦が、スタジオへ

    来場されました。出会いは去年の夏であったのですが、1回のご訪問とご提案

    で当社での工事を決めていただきました。てんぷら屋さんの店舗部分を含めた

    全体の改築で総工費が当初2400万でお出しさせていただきましたが、

    ある程度の材料などを材工分離にすることと住設機器などのコストダウン等で、

    1900万程度まで絞ることができました。プラン契約を本日いただきました。

    有難うございます。6月着工にむけてこちらも準備を整えます。

    明日は劇的ビフォーアフターに出演された某建築家の先生と戸建て全体改修の

    打ち合わせと徐々にエンジンがかかってきて確かな手ごたえが・・・

    頑張ろう!!

    さまざまなコンセプト

    2006.01.21

    当社では、リノベーションやデザインリフォームをコンセプトとした

    スタジオ【Reform Doux Studio】とローコストリフォームを重視した

    ローコストリフォーム【只今ホームページ作成中】があります。

    2つのコンセプトを併せ持つリブウェルですが、どちらにご依頼いただく

    お客様もまったく違った目的でご相談を受けます。

    私自身は両方に顔を出しておりますので、その違いにびっくりしてしまうほど

    です。今年度中には、特許工法を使った新築部門の確立を考えておりますので

    その工法や素材を使ったリフォームもお客様の為に確立していきたいと思って

    おります。

    1月もそろそろ終盤、ご依頼案件もそろそろエンジンがかかってきております

    ので、頑張らなくては・・・・

    調子ワルッ!!

    2006.01.20

    今朝、起きてから今でもそうですが、今日は凄く体調が優れない。

    まず、胃がキリキリ痛い、そして肩が異常にこっている。

    午前中、八田と現場に行ったが帰りは結構限界になり、帰社後

    会社近くの整体へ!!

    かなりコリは取れ、あとは胃のむかつきだけ。。

    今日は早めに切り上げたいな・・・でも無理だろう・・

    クリナップ仕切り見直し

    2006.01.19

    弊社では、年に2度主要メーカーの商材の仕入値についての価格の見直しが

    メーカーと商社を通してございます。

    本日は商社とその価格の話し合いがございました。

    おかげさまで、主要商品の1部は更に安く仕入れられることとなり

    お客様へよりサービス面でのご協力が出来るのではないかと思っております。

    特にクリナップのシステムキッチンについては前年比300%以上の売上

    を達成いたしましたのでかなり下がっております。

    これをそのままお客様の利益として還元させ、次の見直しで更に下げられる

    ように勤めたいと考えております。

    女子社員

    2006.01.18

    うちの女子社員の携帯にはよくお客様からのメールが入ります。

    季節の挨拶であったり、内容的にはこんなことを言っては何ですが

    そんなに重大なことではないようです。男の私からするとTEL

    した方が早いのでは・・・と思ってしまうのですが、そういうことでは

    無いんですね。ちょっとしたメッセージ(気持ち)をメールという手段で

    キャッチボールするというのが安心を作るのだなぁ~と感心してしまいます。

    ドゥ・スタジオは女性中心のスタジオですので、わいわいと賑やかな会社ですが

    お客様への気遣いを忘れない会社ですので、お気軽にご来場ください。

    チームワーク

    2006.01.17

    今日は、京都でリフォームをされているプラスリフォームの側田社長

    からTELがあり、「今、東京来てるから飯でも食わない?」と

    誘いがあり、昼食を定食屋で食べました。

    新年明けてからお会いしていなかったので、池袋で契約をしていた私の

    ところへ来ていただき、しかも側田社長のおごりで・・(ご馳走様です・・)

    側田社長はリフォーム経験が私よりもはるかにあるし、関西でも1、2位

    を争う会社で幹部として会社を引っ張ってきた経験がおありなので

    言っていることにもさすがに説得力があります。

    私は、現在のリフォーム会社としての体制の相談とスタッフのチームワークに

    について相談しました。側田社長は今までの経験を踏まえて簡潔に相談に

    答えてくれました。

    私も側田社長も次の予定が入っていたので今日はここでお別れ。。

    そのまま、私は会議のため、会社へ・・・

    livewell

    2006.01.13

    いやぁ~昨日は楽しかった。。

    3時まで殿と飯田専務、やっこさん、インターン生のみなさんと呑みまくり!

    やばい遅刻かも!!急いでチェックアウトしなくては!

    あ~忙し!

    2006.01.11

    昨日のシップの新年会メンバーは実に濃いメンバーだったな。

    殿に紹介してもらった、寒スケさん、武さん西脇さん。

    皆さんいい人で最高にいい出会いをいただきました。殿有難うございます。

    また、オクタの奥田会長にもお会いできいろいろお話をさせていただき非常に

    良い日でした。


    今日は朝から、某エクステリア会社と取引契約!本格始動は5月GW頃!!

    今、喫茶店でweb会議中・・・・・

    新築を超えるリフォーム

    2006.01.09

    今日は現場調査!

    マンションの全体リフォーム工事のお客様のところにお伺いしました。

    早速ご契約のお約束をいただきました。H様、誠に有難うございます。

    〈お年賀までいただき誠に恐縮です・・・〉

    当社もいろいろなリフォームを手掛けてきましたが、今年のテーマは

    「新築を超えるリフォーム」です。なぜか当社はある程度まとまった工事

    をさせていただくことが非常に多いので、ちょうどいいテーマかと思います。

    既存の良さを残しつつそこに新たな価値を付け加えた空間というものを

    本腰を入れて手掛けて行きたいと考えています。

    今まで私自身は木造戸建て畑でかなり難しい増改築もやってきましたが、

    マンションリフォームもあなどれないですね。

    改修するには専有部分のみの工事の為、構造的な部分が抵触しない分

    頭を悩ませることが少ないと考えてきましたが、それだけデザインが

    要求されます。今となっては、優秀なデザイナーがたくさんいるので、

    自信がありますが、私はデザインでは一流にはなれないと実感してます。

    今後は会社としてマンションリフォームにも力を入れていこう!

    頼むぞ!みんな!!

    今年の新規事業

    2006.01.08

    当社は今年より新築事業を開始致しました。

    といっても私自身、工務店の現場管理出身なのでリブウェル

    設立するまでは、新築は月に数棟現場管理していましたのでノウハウは心得ています。

    では、そもそもリフォームを切り口に駆け出したリブウェル

    新築を扱いたいと切実に、切実に思ったか?

    今まで私が現場で管理していた新築住宅の既成概念から逸脱した、工法、素材を

    採用した商品で、なおかつそれが魅力的なコストパフォーマンスを

    誇るものがそこにあったからです。恐ろしいほどの商品力です。

    間違いなく大手ハウスメーカーには成せない商品です。

    その商品はオーパスの新築住宅です。

    既に以前、私がお世話になった父の会社では採用させていただいておりますが

    やはり理解すればするほど魅力的な住宅です。

    誰がこんな家考えたの?

    そんなことを考えられるのは、やはりこの人しかいません。

    先日、本社の岐阜で師匠の澤田オーナーに直接説明を受けましたが、

    まさしく本物の住まいがそこにはありました。

    私自身、当たり前に自分が住みたいと思ってしまいました。

    日頃いろいろな住宅は拝見しますが、一瞬で自分の負けを悟りました。

    こんな本物の住まいを取り入れない理由はどこにもありません。

    今後はリブウェルは本物の住まいをご提供していきます。

    やらなければいけないことはまだまだたくさんあります。

    スピード!スピード!

    さっさと会議

    2006.01.07

    今年はスピードです。

    ドゥ・スタジオでリブウェルの年間事業計画発表と定例会議を

    スピーディーに終えこれからリブウェルのもう1つの事業部

    (ローコストリフォーム)へ!

    八田店長!ドゥ・スタジオ頼むぞ!

    遅ればせながら仕事モードへギアチェンジ

    2006.01.06

    いや~今日は非常に疲れた一日でした。

    下賀茂温泉(南伊豆)の旅館で目が覚めるとあたり一面雪景色。

    女将さんに「ここら辺って雪降るんですか?毎年」と聞いたところ

    年に一回降るか降らないかと言っておりました。

    それだけ今年は厳冬なんですね。。

    雪が積もっては大変と思い東京までの帰路を西伊豆方面からぐるりと

    遠回りして帰りましたが、かなり混雑していました。

    途中、東名高速の厚木付近まで雪が降っていましたね。

    そのまま首都高で大渋滞に巻き込まれ結局8時間近く運転してかなり

    グロッキー状態。。しかも車はマニュアル車・・・・疲れますよぉ~!

    明日からリフォーム・ドゥ・スタジオの方が業務開始となります。

    今年は絶対に「スピード&チャージ!」でいきますよぉ~

    冬休み最後の家族サービス

    2006.01.05

    3e4afaf5.jpgいよいよ当社の冬休みも大詰め!といっても普通は今日ぐらいから

    仕事初めですよね。。当社の冬休みは長いのです。

    私は普段、休みはほとんど無し、朝早くの出勤&帰宅は夜中なもので、

    まったくといっていいほど、一年中家族サービスがありませんので

    今年はこれで最後!?といったら女房に殺されるかもしれませんが、

    1泊2日で伊豆の下賀茂温泉に来ています。

    オーパスの澤田オーナーに連れて行っていただいた。チロリン村の

    囲炉裏に心打たれてか囲炉裏のある旅館に宿泊しています。

    囲炉裏で飲む酒は格別です。今年もこれで頑張るぞ!!

    まだお休み

    2006.01.04

    今日ぐらいから業務開始の会社も多いことでしょう。

    弊社は7日と業務開始が遅いので、まだ少しお休みが

    残っています。我が家も明日から1泊旅行!!

    体調も完全回復!これで我が家の正月も終わりです。

    来年はスキーにでも行きたいな。4泊ぐらいで・・・

    夫婦の両親が東京出身ということもあり帰省したこと

    がないので、こういう時に帰省される方をうらやましく

    思います。

    わが家もそろそろ

    2006.01.03

    我が家もそろそろマイホームが欲しいなぁ~と

    正月に新聞折込で入ってくるチラシを見て女房が呟く。

    そういえば、人様の住まいばっかりに気がいってしまい、

    自分の住まいの事はまったく考えていなかった。

    賃貸暮らしもそろそろ卒業するか!という話になり

    今年中に家を建てようと決心しました。(早い・・・)

    自分で建てるとなると妥協しなさそうなので、いつまで

    経っても建てられそうにないので、こういうことは、女房に

    一任しよう。(後から文句言われるの目に見えてるし・・)

    ということで、我が家の今年の目標は「今年中に家を建てる!」

    です。

    胃が痛い

    2006.01.02

    ついに年末の飲み過ぎと食いすぎの天罰が・・・

    朝起きたら、胃が痛くて痛くてたまらない。

    サクロン飲んで少し回復、今日は珍しく粗食でした。

    とにかく正月は家族サービス、家族サービス、家族サービス!!

    1日中、子供の相手をしているだけで、かなり疲れます。

    ストレスの胃痛だったりして・・・

    どう考えても飲み&食い過ぎだろう!

    今年はノンストップ!!

    2006.01.01

    明けましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。

    というわけで、年が明けました!
    といっても初詣に行くわけでもなく家でダラダラと・・・
    こんなダラダラは正月ぐらいなんで勘弁してね・・・

    今年の抱負は「すべての体制及び展開を更にスピード&チャージ」
    加速度をどんどん上げていきます!戦い抜きます!
    というのは光はもう見えているからです。
    だからこそスピードが大切なのです。

    一気に駆け抜けるぞぉ~!!今年は!!
    やりまっせ!!

    プロフィール

    稲葉高志

    生年月日:昭和51 年4 月5 日
    血液・星座:A 型 おひつじ座
    出身地:東京都板橋区
    住まい:日暮里
    【私が好きなこと】
    趣味:読書・神社巡り・直会と称した食べ歩き
    好きな言葉:忘己利他
    好きなタレント:菅野 美穂
    好きなスポーツ:スキー・サッカー
    好きなチーム:インテル
    好きな色:モスグリーン
    好きな動物:犬(ラブラドール・パグ)

    稲葉高志Facebookはコチラ 
    ★友達申請お願いします♪

    最新記事(5件)

    カレンダー

          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  

    カテゴリー

    アーカイブ

    LINE 友だち追加

    LINEアプリより「@highwill」で検索! スマートフォンでQRコードを読み取ってください。

    ハイウィルの施工エリア

    当社ハイウィルでは、施工後のアフターケアに素早い対応を心がけているため、当社所在地荒川区より60分圏内を施工可能エリアとしております。(その他地域については、ご相談ください。)


    【東京都】
    荒川区、台東区、文京区、北区、足立区、葛飾区、墨田区、江戸川区、江東区、板橋区、練馬区、豊島区、中野区、杉並区、新宿区、千代田区、中央区、港区、渋谷区、世田谷区、目黒区、品川区、大田区、武蔵野市、三鷹市

    【埼玉県】
    八潮市、草加市、川口市、蕨市、さいたま市(大宮区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区)、三郷市、朝霞市、志木市、新座市、戸田市、和光市

    【神奈川県】
    川崎市(宮前区、高津区、中原区、幸区、川崎区)、横浜市(鶴見区、港北区、都筑区、神奈川区、西区、中区、南区)

    【千葉県】
    松戸市

    【大阪府】
    北摂エリア(豊中市、吹田市、箕面市、池田市、茨木市)

    【兵庫県】
    神戸市(垂水区・須磨区・長田区・兵庫区・中央区・灘区・東灘区・北区・西区)、西宮市、尼崎市、宝塚市、川西市、伊丹市

    お問合せ・お見積もりはお気軽にどうぞ

    フリーダイヤル 0120-246-991 電話受付時間 : 9:00~18:00(月~金)

    お問合せはこちら