戸建てリノベーション、中古住宅リフォーム、二世帯住宅リフォーム、スケルトンリフォーム、 新築そっくりリフォームなら-創業大正8年の株式会社ハイウィル

  • ホーム
  • ハイウィルの誓い
  • 施工事例
  • サービス一覧
  • お客様の声
  • 会社案内
  • スタッフ紹介
  • 5年延長保証について

創業大正8年 4代目稲葉高志の社長ブログ 住まいづくりは生き方づくり

社長ブログ 2005年12月

いや~よく寝た!

2005.12.30

今日ほど良く寝たのは、何ヶ月ぶりだろうか?

普段、時間に拘束された生活をしているからだろうか・・

目覚まし時計をセットしないで寝る喜び・・最高だった・・

毎年恒例で年末は私が仕事疲れでぶっ倒れるはずなのが、

今日(今年)は、一番下の子供が40度の熱を出し、

それどころではなさそうである。

ゆっくりDVD映画鑑賞でもしようかと企んでいたのに・・・

幹部会議

2005.12.29

本日、今年最後の幹部会議!来年度の方針をすべて決定した。

凄いボリュームである。絶対に凄いことになりそうである。

いやぁ~疲れた・・今年最後の飲み!幹部社員だけで行ってきま~す!

今年の私の反省点は・・

展開スピード・実行力に関しては、目標通りだったのですが、

そのすべてを細かく落とし込むことが出来なかったということです。

来年は、1点を見て今だかつてないスピードで走りぬけよう!!

ゴールが見えたから・・・


皆様本年度も有難うございました。

来年の業務開始は1月7日からです。


私も1月5日、6日は久しぶりの家族旅行に出かけます。
(ここで1年分の家族サービスをしようと秘策を練っているところです・・)

面談

2005.12.26

来年に向けての姿勢を全社員と面談して再確認した。

各自いろいろな意見、要望が出てくるので非常に参考になる。

中でも荒井の「社長!!もっと会社厳しくしましょう!!」

という意見は意外であった。

来年は体制も大きく「変革」して望みたいと考えているので、

各自のモチベーションを確認できたことは大きなプラスである。

ヤル気があって今にも爆発しそうな人間もいれば、マイペースな人間

さまざまですが、ここで出た意見も考慮し来年につなげたいものです。

信頼

2005.12.25

考え方を変えました。

弊社は何をするにも比較的自由な会社ですが、その為なのか

私は今まで細かなことまでタッチしすぎていました。

このまま行くと私がいないと何も出来ない会社になるのではないかと

非常に危惧を覚えました。

でも、ここ最近考えが変わってきています。

もっと社員を信じて任せてもいいのではないかと。

弊社のスタッフはどこに出しても恥ずかしくないハイレベルな人間が

揃っていると自負しています。

それぞれの才能をもっと生かさせるには私があまりうるさいことを

いっているとこれ以上伸びないのでは考え始めました。

よし、これからは私が現場の最前線で指示を出すのは辞めよう。

むしろ集客に徹して現場からの声をフィードバックする体制にシフトしよう。

新体制で早速来年からスタートさせよう。

たまには・・

2005.12.24

クリスマスイブぐらいはと、1ヶ月前から休みを取っていたことも幸いし、今年は何とかお休みをいただけました。何年ぶりだろうか・・・

普段、まったくと言っていいほど家庭の事は女房任せで駄目な男ですが、今日だけは
と思い、息子に「好きなところ、どこでも連れて行ってやるぞ!どこがいい?」
と言ったところ、3歳の息子が言った答えは「ばあちゃんのとこ行く!」・・・女房の母親のところへは車で30分もしないところにあり、普段から女房が良く連れて行っているのですが・・・・

「よし、ばあちゃんの家行くか!」といって、義父母宅へ押しかけた。

しばらく子供をじっくりと見たことがなかったのですが、よく見ていると非常に面白い動きをするものだなぁ~と感心してします。同時に、こんな喋れたんだなぁといろいろ気付かされることも多い一日でした。

職人の家に育っている私は、幼い頃より祖父より「男は仕事!」と叩き込まれてきた(ものすごい封建的)ので自分も当然そうなると思って仕事をしていますが、
最近はやはり家事も育児も夫婦でやるのが主流というか当然らしいです。

なかなか難しい事です。無理だろうなぁ~俺には・・・・

目先のことに縛られない

2005.12.23


目先のことに囚われているときは、本当にいい結果を招かない。

私も若輩ながら何度も苦渋を舐めた経験があります。

勿論、自助努力の時代ですから、経営者に困難を回避するノウハウが無かった自分に

責任はあるのですが、今思うとそれは、必ずといっていいほど、すべて目先のことに

縛られていた時のように思います。

何度も壁にぶつかってきましたが、今は本質だけを見るよう努力しています。

私は、何かに迷ったときは、道義や道徳に反していないか、また「いずれ人の役に立

ちたい」と考えているので、人の役に立つのかを基準に考えます。

なかなか難しいことで、目先のことに囚われがちです。

人の偉大さは、お金や社会的地位のみではないと思います。

かつての日本人に習い、道義心や道徳心を守れる人間でありたいです。

事業計画

2005.12.22

2006年度事業計画を立てました。


商品計画・集客計画・採用計画・評価計画に絞り、丸一日掛けて、役員たちと議


論。激論の末、方向性は決まりました。


来年のテーマは「変革」です。利益/時間という師匠の本質を計画の筆頭に置き


打ち出してあるので、今年も調子は良かったですが、来年はきっともっといい年


になると確信してます。


いや~忙しすぎる。そろそろ年賀状を書かないとですね。


 

忘年会

2005.12.20

今日はリブウェルの忘年会。。そろそろ、行かなくては・・・・


最近忘年会続きで、飲み食いしすぎて体重もそろそろ・・というかかなりヤバくなってきた。


今日は控えめにしとこ。。

デザインリフォーム

2005.12.19

I様邸


 


 


 


ドゥスタジオがオープンしたのとほぼ同時期に竣工を迎えたI様邸の写真が出来上がってきた。これぞ「シンプル&モダン」といった作品ではないでしょうか?


ご夫婦での2人住まいとのことで、デザインを優先でコーディネートさせていただいておりますが、空間を最大限にいかしたお住まいになっております。


ご夫婦共に住まいづくりに真剣なお客様でしたので、機器や素材の一つ一つそしてコストパフォーマンスについても最後まで非常に濃いお打ち合わせができたと思います。


I様、施工事例としてホームページ上にも掲載させていただきますので楽しみにしていてください。あと取材のご協力も是非お願いします。


 


 

耐震偽造問題

2005.12.18

[耐震偽造]発覚から1カ月 心身の不調訴える住民相次ぐ

今日の朝、岐阜にある取引先の社長から「今日、こちらは寒波がやってきて雪が降っ

ています。積もらないといいのですが・・・」というメールが入っておりました。

東京も寒いと思いましたが、晴れていて安心、でも風が強く本当に寒い。

昨日のラジオで今回の耐震偽装問題についての国民のアンケートのようなものあった

ので注意深く聞いていると、現在の住まいについての不安はあるかどうか?

不安だと答えた方は約40%わからないと答えた人が同じく40%大丈夫だろうと考

えている方は20%程度という結果である。

驚いたのは20%程度の方は心配ないと考えていること。

その片方で耐震偽造問題に関心があるかないかというアンケートでは90%近くの人

が関心を持っているという結果もでている。

中古マンション業界は大打撃を受けるだろうが、大手マンション分譲の成約率は

そこまで下がっていないとのデータも出ているが、今後ボディブローのように

きいてくるはずだ。

このような事件は氷山の一角であってほしいと願わざるをえないし行政自体

の体質がかわることも切に願う。

同時に、移住を迫られておられる方たちへの配慮にも留意すべきだと思う。

師走

2005.12.17

高齢者ドライバーを考える

師走で道路も混雑し、いつも渋滞でないところで渋滞にはまってしまったりと車がな

い生活は考えられない我々のような業界は本当に辛い時期です。

今日もラジオで高齢者ドライバーのひき逃げのニュースを聞いたりと高齢者に限った

ことではないですが何かと事故が多いシーズンです。道行く人もクリスマス、正月と

いろいろな意味で忙しなくなりますので、歩行者もドライバーも気を引き締めていく

必要があります。弊社スタッフにも24年間無事故のドライバーがおりますが、見習

いたいものです。

これだけ毎日、渋滞にはまるとバイクで動こうかなとも真剣に考えてしまいます。

この寒い季節に自殺行為ですが・・・・

リブウェル創業物語

2005.12.16

●すべては瓦職人の祖父から学びました。

私の祖父は1919年より瓦職人の仕事をしていました。
私が中学になった頃から仕事を一緒に手伝うようになりました。産まれたとき
から、職人さんたちに囲まれて育っていたので、ごく自然な流れだったように
思います。

荷物を運んだり、一緒に屋根に登っていろいろ教えてもらったり、たまには
こっぴどく叱られたり・・・
いろいろありましたが、祖父からは、仕事に対する誇りと面白さを教えてもら
ったように思います。

いつかは祖父のようになりたいなぁと、子供ながらに惹かれていきました。


●様々な経験を積んだ工務店時代

住宅販売メーカーでの不動産販売を経験後、
私は父の経営する工務店に就職することになりました。
祖父は職人タイプの人間でしたが、父は経営者でした。

不動産、新築、そしてリフォームとさまざまな仕事を経験させてもらいました。
やはりそれぞれの仕事に難しさや面白さがあり、同じ住宅関連の仕事であって
も考え方やノウハウがずいぶん違うんだなぁと実感しました。

中でも私がもっとも面白いと感じた仕事はリフォームでした。

リフォームの仕事は、お客様の現在の住まいを改修することで、新しいライフ
スタイルを実現するのが仕事です。現在のお住まいの構造を考えて、残すとこ
ろと変えるところをプランニングしていきます。さらにお客様は引越しするこ
となく、住みながら工事を進めていかねばならないことも数多くあります。

お客様の要望を引き出すコミュニケーション能力、理想の住まいをつくりだす
プランニング能力、円滑に工事を進めていく管理能力のすべてが求められます。
その難しさを感じる一方で、そのやりがいに私は引き込まれていったのです。


●独立を決意!

リフォームの仕事の面白さとやりがいに取り付かれていく一方で、困った問題
が出てきました。

父の工務店では、リフォーム以外にも新築の仕事もあれば、下請けの仕事もし
ています。
同じ住宅関連の仕事ではあるのですが、仕事の進め方、原価率、収益構造、
対象となるお客様、期待される要望など、それらは全く別なのです。

私はリフォームをもっと積極的にやっていきたい、でも会社の方針は違う…
そんなジレンマを感じるようになっていったのです。

工務店のリフォーム事業部としてできることには限界がありました。
お客様により良いサービスを提供し、ご期待に応えていくためには独立する
しかない!

父とは何度も話し合いました。
援助なし、仕事や取引先などの紹介も一切なしという条件で、私は自己資金だけ
で自分のやりたいリフォームの仕事をするために独立したのです。


●迷い続けた創業期

私は2001年、ついに個人事業主となってリフォーム店を創業しました。

とはいうものの、お金がなかったので借りた事務所はバラックというか、馬小
屋みたいなところでした。(東京にもそんな物件があったのです。笑)

お客様ゼロの状態からの創業ですので、まずはお客様さがしから始めなければ
なりません。
チラシを印刷するための印刷代も、新聞に同封してもらうためのオリコミ代も
ありませんでした。

手書きで原稿を書いて、輪転機を使ってチラシを作りました。(いわゆるガリ
版印刷です)
そして、昼間は打ち合わせや施工管理の仕事がありましたので、夜中に1人で
作業着姿で一軒一軒ポスティングをして回りました。
不審者に勘違いされて怒られたり、犬に吠えられたり、今となってはいい思い
出ですが、当時は必死でお客様探しをしていました。

その結果、少しずつですがお仕事をいただけるようになっていったのです。


●初めての大型物件の仕事

少しずつ仕事がいただけるようになってくる中で、とても記憶に残っている
仕事があります。
Wさんのお宅の全面改築の仕事です。

Wさんは、某大手のリフォーム店さんとも相見積をされていらっしゃいました。
大手のパソコンで出力したきれいなプランに対し、当時の私が用意した提案書
は、方眼紙に鉛筆で手書きした平面図とパース。さらに、創業して間もない私のような若造がやっているリフォーム店となれば、結果は見えているような気もします。
しかし、私の情熱を買っていただけました。
私の人柄を信じてご契約いただくことができたのです。

しかし、それからが正念場です。
それまでいろいろな仕事を経験してきたとはいえ、部下が一人もいない状況での
打ち合わせ業務、プランニング業務、受発注を含めた施工管理業務はあまりに過酷を極めました。
同時にたくさんのお客様を相手にしていた為、必然的に段取りが悪くなり、
スケジュールが狂ってしまったり、住まいの電気がストップしったこともありました。今では考えられないようなトラブルを起こしたこともありました。
そんな際、連日お伺いして、対処させていただいた記憶があります。
(大変ご迷惑をお掛けしました。申し訳ありません)

さまざまなトラブルはありましたが、ついに工事が終わり引渡しの日がやっ
てきました。

Wさんにとっても私にとっても、やっと終わった!という感じだったのです
が、苦労が多かった分、その感動も大きなものでした。
工事が終わったあとにWさまからいただいた手紙を読んで、思わず涙してし
まいました。

いろいろご迷惑をおかけしたけど、喜んでいただけて本当によかった!
これからも喜んでいただける住まいづくりをしていくぞ!そう心に誓いました。


ちなみに今でもWさまとはお付き合いいただき、「塩辛つくったから食べに
おいで」とか「中国のお土産があるから…」とお声掛けいただいております。
そんな縁ができるのもリフォームの仕事の面白さかもしれません。


●新しいステージへ

その後リブウェルは、2003年5月に個人事業から念願の法人組織へ改組。
2004年3月に板橋区前野町に事務所を移転しました。

さらに2005年11月には、デザインに特化したリフォームスタジオ『Reform Doux Studio』を東京都練馬区大泉学園町にオープンさせることができました。

私は“住まいづくりは、生き方づくり”をモットーにしています。
物理的なモノとしての家ではなく、家族みんなが生活する場としての住まいを
ご提供していきたいのです。
住まいは購入するものではなく創るものだということを強く強調しております。


そのために必要なのは、どんどん出店して多店舗化していくことでも、単純に
売上を伸ばしていくことでもありません。お客様の要望をお聞きして住まいづ
くりがご提案できるスタッフ、すなわち人づくりが私の仕事だと考えています。

お客様の住まいづくりを実現するリブウェルになれるよう、これからさらに
努力してまいります。

建築士構造計算偽造問題

2005.12.16

今話題となっている建築士の構造計算書偽造問題がいつ終焉を迎えるのだろう。

これまでに関与した建造物をすべて検証しないことには、事件の全容は解明されない

だろう。

問題は公共の「建築確認」を通っていたことにある。

従来は自治体の建築課が直接すべての「確認申請」を審査してた。

設計図面、構造計算書を見て、建築の認可を出していた。

それが制度の改革で、民間の指定機関が審査を代行するようになり、その指定機関が

事実上ノーチェックで通していた。ここが問題である。

制度疲労が起きてるといわざるをえない。
 
 経済と社会の構造改革は、こういう事件をきっかけに、その業界で劇的に進展す

る。これまでも、不正がバクロされて大企業が淘汰された例は数え切れない。それが

構造計算の不正から、建築業界にも及んだということだ。消費者は、建築確認を信用

するしかないんだから、厳正な運用を要求するしかない。

 不正をした企業が、市場の厳しい反応にさらされるのは当然だ。自由な経済の半面

は、勝敗に与える市場の厳しさだ。当の建築士はもちろん偽造を見逃した検査機関

も、すべて社会的に葬られる。耐震牲というのは、地震国日本では建築の一番のかな

めだ。

この事件をきっかけに余波を食うのが、中古マンションの売買業界だろう。

売買物件が急速に増えて、ブームの状況になっているが、「このマンションは大丈夫

か」としつこく問い詰められる。その中古市場に、今度の事件は大きなショックだ。

肝心の物件への信頼が揺らいだ。「お安い買い物ですよ」

という売り言葉が疑いの目でみられる。どんな業者が建てたのかも詮索される。

超カロリーオーバー

2005.12.15

昨夜も呑んでしまい、家に帰ったのが午前さまになってしまった。

ゆっくり寝るつもりであったのが、朝から女房がラーメンを作ったらしく叩き起こさ

れ起きるやいなやスープをすする。何か物を口にすると何故か目が覚めてくる、食欲

には睡眠欲も負けるのだろうか?・・・だから一向に体重も減らないのだろう。

※うちの家内は無類のラーメン好きで結婚前は関東中食べ歩きました。当時私の体重は58kg。この食べ歩きで今の体重になったといっても過言ではない!女房はというと、仮にも2児の母であるながら体重は腹立たしい事に30kg台を今でもキープ!この差は何なのか。体質だけでは片付けたくない事実である。
とにもかくにも女房はラーメンにはかなりウルサイ!市販の冷凍麺を買ってきても私のお袋が作っていた茹で過ぎのラーメンとは違い、コシのある食感をしっかり味わえる。本日は北海道の「純蓮」
どうしても味噌に言ってしまいがちだが、醤油味もなかなかうまい!


朝から満腹になり目もすっかり覚めたところで、ドライブにアウトレットモール「ラ・フェット多摩」へ行き、昼食に「とんかつ茶漬け」を売り文句にしている
おいしいとんかつ屋でなんと「大盛り」を頼んでしまったのです。

少しでもカロリーを消費しなければと思いぐずって来た子供をダンベル代わりに
抱きしばらく歩いていました。

帰りは大渋滞に巻き込まれマニュアル車を運転する私にはかなり疲れましたが、
今日は外食の日で決めていたので、どこで食べようか車ではなしていたところ
女房は「びっくりドンキーがいい!」
今日の総カロリーだけは計算したくない!!!
結局、g数は抑えたものの食べる羽目に・・・・

生涯青春・生涯チャレンジャー

2005.12.13

逆境にまさる師なし―起業の成功法則

この本を読んで思わず震えました。日々の私が悩んでいる事や不安な事をすべて超越

されてらっしゃると、世の中にここまで苦労されておられる方がいるんだと。

私のような青二才が言うとおこがましいですが、並々ならぬ努力をされてこられた

方です。私も木村勝男さんの強靭すぎる精神力を目指して鍛えなおそうと思いまし

た。文章からも木村さんが持つ温かすぎるほどの愛に満ちた人間力が伝わってきま

す。

対談

2005.12.12

a8b9518a.JPG

 .


 .

 .


本日は取引先の株式会社ソーゴーの佐藤久夫会長がお見えになり、お金と経済の話を

ご教授いただきました。今後5年でこの業界がどう変わっていくのか、そして我々が

今後どうあるべきかがよく分かりました。かねてよりお会いしたかった方だっただけ

に、非常に有意義な時間が過ごせました。会長が執筆している文章でおもしろい内容

があるので紹介させていただきたいと思います。お金の話です。


江戸っ子は宵越しの金は持たないと言われていた。
江戸っ子は、その日に稼いだ金は全てその日のうちに使い切ってしまうのが格好が良
いと思っていた。金に執着しない淡泊な行動スタイルが売り物でした。
勿論、金を稼ぐための技能があり、健康にも自信が無くては出来ないことです。日々
を精一杯に働き、そこで得た金を使って、その日を充分に楽しむ。明日が今日と同じ
様になるという保障があれば、若さ溢れる気楽な生き方と言えます。
しかし、一寸先は見えない世の中である、明日は何が起こるか予想も付かない現実が
ある。だから明日に備えて蓄えておく必要がある。
どの程度、備蓄するかは、それぞれの人の考え方によって違います。心配性にも近い
用心深さで貯めこんで将来に備える人は、未来のために今を犠牲にしている。
そして楽しみを先へ先へと延ばしていく、だから今の生活は慎ましい。
しかし、未来における安心感が醸し出されてくるから、それだけ心に余裕が出てく
る。だが、その様な行動スタイルを続けていくと、それが習い性となり、自分の身が
果てるまで、質素な暮らしを営む結果にもなりかねない。
お金については、蓄えと消費とのバランスをとることが大切である。
蓄えを重視すれば金持ちになり、消費を重視すれば、その日暮らしになってしまう。
誰でも貧乏人より金持ちのほうが良いと考えている。
しかし、金持ちには金があるだけ、ほかの面で自由にならないことも少なくない。
お金を目当てに近寄ってくる人も多い。何とかしてお金を使わせようとか、お裾分け
に預かろうとする人々に付け回される。懐が淋しい人と判れば、ものやサービスを買
わせようとしたり、投資や寄付の勧誘は皆無である。またアプローチしてくる人もい
ない。自分の好きなときに好きな処にいっても、自分の予算内であるから好きなこと
が出来る。人に煩わされることがない自由は貴重である。
また金持ちは、その一挙一動に人々から興味津々の目で見られている。だから常に、
他人の目を意識して振る舞いをして置かねばならない。それも窮屈である。お金に飽
かして栄躍栄華を極めても篭の鳥や囚人と同じで、極めて不自由な状態に置かれてい
ることには変わりない。お金持ちは衣食住の様々な面に置いて目立っている。それだ
け他人がプライバシーの領域まで立ち入ってくる可能性が増えてくる。貧乏人は誰か
らも興味を持たれない。だから人に迷惑をかけることが無い限り、自分自身の蓄えの
範囲内で自由に羽ばたき駆け巡ることができる。
そして将来に対する経済的な不安感さえなければ、気楽な日々を過ごすことが出来
る。そんな人生に憧れるときもあります。そんなことを考えると、『人知れず金持ち
になっても貧乏人』というよりも、心の中では普通の人の様に生きていくことができ
れば最高だと、願う人もいます。言ってみれば『隠れ金持ち』になって普通の人と同
じスタイルで生活を営む願望です。人々に注目されたいと得意になる人がいるが、他
人の視線は自分でなく財に向けられている。他人の抱く羨望の念は何かのはずみで、
理由のない恨みの気持ちに変わっていく。
そうなると、攻撃の的になったり、敬遠されたりするので、好ましい人間関係の輪が
狭まっていくだけだ。お金は諸刃の剣である。大いに役立つこともあるが、大きな害
をもたらす危険もある。社交の場において金を見せたり使ったりするときは、その結
果を、よく考えることだ。
いずれにしても、お金を前面に出すと、どこかでマイナスの効果が生じる。お金その
ものにせよ、お金の話にせよ、お金は出来るだけ隠しておくべきもの。隠しているお
金は余裕であり、落ち着きの源泉であるのです。

私はお金を稼ぐ才覚には自信が無いですが、『隠れ金持ち』になれればいいな。

積算DAY!

2005.12.10

今日は新人佐藤を直接指導のため、朝から相模原まで現場調査。

帰社してからは溜まっている見積もりを作成する為、積算の指導を。

積算については、大手のように完璧なマニュアルは作りたくない

というのが私の工務店的な方針の為、あくまで現場での経験をもとに積算するという

スタンスは今後も守って行きたいと考えております。

営業は営業しかできない。プランナーはプランナーしかできないような会社には

したくないのです。現場を知らない人間が提案などできるわけがないと考えておりま

すので、当社の社員は全員現場に出ます。大手のように完璧なマニュアルは存在しな

い為、即戦力にはなりませんが、じっくり時間をかけて何でもこなせる人材になりま

す。現在いるスタッフもみんなそうです。

年内工事いっぱい!

2005.12.09

おかげさまで、たくさんの工事案件をいただき、現状で年内は施工がいっぱいと

なりました。大変感謝いたしております。

ディレクター(施工監督)の八田は現場に早朝から晩まで現場に張り付き状態。

部長の大谷は来年初旬工事予定のお客様とのご契約ラッシュ。

アドバイザーの北畠・佐藤は来年着工のお客様との打ち合わせに追われ、

プランナーの荒井も来年度初旬のプラン作成等に明け暮れておる状態です。

11月の下旬スタジオオープンで今年は例年になく、静かな年越ができるかと安易

に考えておりましたが、やはり恒例の年末ラッシュ。うれしい悲鳴です。

絶対技術優位の会社としての自負がありますので、自社の身の丈に合わない仕事量

はしない方針です。今年も最後までしっかりとお客様と向き合った姿勢を崩さず

来年に繋げたいものです。

グループ全体会議

2005.12.08

今日は終日、当社を含めたグループ3社と来年の事業計画のすり合わせの会議。

今朝シップの滝川さんからTELがあり、愛知のリフォーム会社さんがスタジオを設

置する予定で当社のスタジオを是非参考にしたいので見学させてください・・・と

連絡があったので、快諾した。このように同業者の方の目に留まり参考にしていただ

けるなんて、我々としても非常にうれしいことです。今回は私が本日スタジオ不在な

ので八田に任せよう。当社のリフォームスタジオ(Doux Studio)は当社

の理念を八田がデザインし八田が施工管理したものであるので魂を語るのに一番いい

と思う。スタジオをオープンさせて間もないのですが、メディアの方からの取材の依

頼も既に来ており、大変うれしく思っております。

マニュアル作り

2005.12.05

当社も最初は私一人で営業し施工管理しと全部一人で行なってきましたが、

ここに来て社員も7人と段々業務も仕事量も増えてきている。

一番困っているのは、社員育成である。

私が当たり前に出来た事が社員にできなかったり、私のモチベーションについてこれ

なかったり(考えてみれば当たり前なのですが・・)とかなり悩みました。

真剣な社員にどう向き合って、育てていけばいいのか。

これらの悩みを50%は解決できるマニュアルが本日完成!!

私が今まで経験したことを元にいろいろな書籍に掲載されている図などをコピーし

極力わかりやすく作ったつもりです。

マニュアルといってもこの業界は例外の方が多いのであとは経験しかないだろう

と思います。今後も改訂を重ねより濃い内容にしていくつもりです。

頑張れ新入社員!!

現調!!

2005.12.04

またまた、朝まで呑んでしまった・・・

AM5:00就寝、AM7:00起床だったがかなり価値のある話ができた。

今後のリブウェルにとっても絶対プラスとなる話ができた。

しかし最近は極端に飲みの回数が増えている・・・・

多分体重も増えているかもしれない・・というか確実にポイントを稼いでいるだろ

う・・・・

体重計に乗る勇気はないので、少し節制して年末に体重計に乗ろう・・・

もう○○クロダイエットしかないだろう・・・周りの反対は無視して・・・・


本日1件目の現場調査は、1F店舗2F、3Fが居住スペースの店舗併用住宅の

お客様で2F、3Fのフルスケルトンリフォームをご要望されておられました。

大泉に支店をOPENして、私としては、記念すべき1回目のスケルトンリフォーム

のお客様ということで気合を入れて行きました!お客様のご要望されておられるスタ

イルが当社プランナー荒井の好きなスタイルであったこともあり、いい意味で共感が

出来たのではないだろうか。新人の佐藤もいい勉強ができたと思います。

ヒアリング段階で私の方で1000万は超えるだろうとお客様にはお話させていただ

きました。お客様にとっての「住まい」(財産)にいろんな意味で価値を高められれ

ばと考えています。きっと良いご提案ができると思いますよ。

2件目の現調はオープンイベントの際、ご来場いただきましたお客様の採寸で1度

部長の大谷と佐藤がお伺いしているお宅だったのですが、私の方で見積上気になると

ころがあり、無理を言って再度、訪問させていただきました。

配管関係のところだったのですが、10分程度で解決!これでしっかりとしたお見積

もりが作れると思います。

大泉にも徐々にお客様が来館されたり、お電話でご相談が来たりと当初の計画では

新天地での年末オープンということもあり、ご相談もさほどないだろうと想定して

おりましたが、非常に有難いことです。

建築士構造計算偽造問題

2005.12.03

今話題となっている建築士の構造計算書偽造問題がいつ終焉を迎えるのだろう。

これまでに関与した建造物をすべて検証しないことには、事件の全容は解明されない

だろう。

問題は公共の「建築確認」を通っていたことにある。

従来は自治体の建築課が直接すべての「確認申請」を審査してた。

設計図面、構造計算書を見て、建築の認可を出していた。

それが制度の改革で、民間の指定機関が審査を代行するようになり、その指定機関が

事実上ノーチェックで通していた。ここが問題である。

制度疲労が起きてるといわざるをえない。
 
 経済と社会の構造改革は、こういう事件をきっかけに、その業界で劇的に進展す

る。これまでも、不正がバクロされて大企業が淘汰された例は数え切れない。それが

構造計算の不正から、建築業界にも及んだということだ。消費者は、建築確認を信用

するしかないんだから、厳正な運用を要求するしかない。

 不正をした企業が、市場の厳しい反応にさらされるのは当然だ。自由な経済の半面

は、勝敗に与える市場の厳しさだ。当の建築士はもちろん偽造を見逃した検査機関

も、すべて社会的に葬られる。耐震牲というのは、地震国日本では建築の一番のかな

めだ。

この事件をきっかけに余波を食うのが、中古マンションの売買業界だろう。

売買物件が急速に増えて、ブームの状況になっているが、「このマンションは大丈夫

か」としつこく問い詰められる。その中古市場に、今度の事件は大きなショックだ。

肝心の物件への信頼が揺らいだ。「お安い買い物ですよ」

という売り言葉が疑いの目でみられる。どんな業者が建てたのかも詮索される。

輸入ブランド取り扱い開始しました!

2005.12.02

本日より以下の輸入ブランドの取り扱いを開始いたしました。

Miele社(ミーレ)・・食器洗い乾燥機・洗濯機・冷蔵庫

GAGGENAU社(ガゲナウ)・・ビルトインオーブン・レンジフード他

ASKO社・・食器洗い乾燥機・洗濯機・乾燥機・ガスレンジ

Magic Chef社・・・ガスレンジ

GE社・・冷蔵庫

AEG社・洗濯機・乾燥機・食器洗い乾燥機・ガスレンジ・IHクッキングヒーター

ROSIERES社(ロジェール)・・ガスレンジ

ヤマゼン・・レンジフード

Amana社・・・冷凍冷蔵庫

Frigidaire社(フリジデア)・・冷凍冷蔵庫

White-Westinghouse社(ホワイト・ウエスティングハウス)・・食器洗い乾燥機他

Waste King社(ウエストキング)・・ディスポーサ

TRANSTHERM社(トランスカーブ)・・・ワインセラー

VIKING社(バイキング)・・・ガスレンジ

どの商品も個性を持った一流商品です。今後のご提案の中でも是非使って行きたいと
考えております。

カルチャー教室

2005.12.01

当社、練馬区大泉学園町のリフォームドゥスタジオでカルチャー教室用にスタジオを

無料貸し出しいたします。お近くの方でカルチャー教室を主宰されておられる方、必

見です。水・土・日・祝祭日を除く日時であれば定期的にご利用いただいても結構で

す。早い者勝ちですのでなるべくお早めに!

プロフィール

稲葉高志

生年月日:昭和51 年4 月5 日
血液・星座:A 型 おひつじ座
出身地:東京都板橋区
住まい:日暮里
【私が好きなこと】
趣味:読書・神社巡り・直会と称した食べ歩き
好きな言葉:忘己利他
好きなタレント:菅野 美穂
好きなスポーツ:スキー・サッカー
好きなチーム:インテル
好きな色:モスグリーン
好きな動物:犬(ラブラドール・パグ)

稲葉高志Facebookはコチラ 
★友達申請お願いします♪

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

アーカイブ

ハイウィルの施工エリア

当社ハイウィルでは、施工後のアフターケアに素早い対応を心がけているため、当社所在地荒川区より60分圏内を施工可能エリアとしております。(その他地域については、ご相談ください。)


【東京都】
荒川区、台東区、文京区、北区、足立区、葛飾区、墨田区、江戸川区、江東区、板橋区、練馬区、豊島区、中野区、杉並区、新宿区、千代田区、中央区、港区、渋谷区、世田谷区、目黒区、品川区、大田区、武蔵野市、西東京市、東久留米市、清瀬市、三鷹市

【埼玉県】
八潮市、草加市、川口市、蕨市、さいたま市(大宮区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区)、三郷市、朝霞市、志木市、新座市、戸田市、和光市

【神奈川県】
川崎市(宮前区、高津区、中原区、幸区、川崎区)、横浜市(鶴見区、港北区、都筑区、神奈川区、西区、中区、南区、保土ヶ谷区、港南区、磯子区)

【千葉県】
松戸市

お問合せ・お見積もりはお気軽にどうぞ

フリーダイヤル 0120-246-991 電話受付時間 : 9:00~18:00(月~金)

お問合せはこちら